Google

« 内海哲也 | メイン | 門倉健 »

小笠原道大

3 11 10 12 3
天格数=24 人格数=22 地格数=15 外格数=17 総画数=39

姓名の最初と末尾の文字に凶相あり
姓と名の最初の文字に凶相あり
天格数と地格数に凶相あり

通算成績:2120安打.310、378本塁打、1169打点、63盗塁

MVP('06、'07)首位打者('02、'03)、本塁打王('06)、打点王('06)、最多安打('00、'01)、最高出塁率('03)、ベストナイン('99、'01、'03、'04、'06、'07、’09)、ゴールデングラブ賞('99~'03、'06)

総画数の39画は大事を成し遂げる大きな成功運を持った画数です。

外格数が17画と努力家の職人肌である性格を示しており、古武士然とした風貌やバッティング・スタイル、守備の上手さにそのまま表われているように思えます。

人格数が凶数の22画なのですが、自己顕示欲の強さがスポーツ選手では、足の速さなどで表われる場合が多いのですが、小笠原選手の場合は独特のフルスイングに表われているのかもしれません。

凶相が3つと割と多め…にも関わらず毎年、数字を残しており、余程徹底した自己管理、あるいは高い目標を課しているのではないかと思います。そういう意味では松井秀喜選手に近い感覚で野球に取り組んでいるような気がします。

指導者としては、自分らしさを抑えて臨む方が、結果はついてくるように思います。