※ページ下部に姓名鑑定、お問合せ用のフォームを設置してあります。





Google

Yahoo!ブックマークに登録

« 凶相について:二~姓名の冒頭と末尾の文字の凶相 | メイン | 凶相について:四~姓と名の最初の文字の凶相 »

凶相について:三~姓と名のつなぎ目の文字の凶相

ここでは、人格数を構成する姓と名のつなぎ目にあたる2文字が等しい事によって表われる凶相について解説します。明快に現れている例として、

13776

上記のように、姓の末尾の文字である「臣」と、それに続く「秀」の文字が共に7画と等しく、凶相を形成しています。姓と名がかみ合わない…反発しあう状態がその人の運気、表面的な健康状態や内面、性格にまで悪影響を及ぼします。

この凶相は健康面で疲れやすいとか、怪我や病気が慢性化する他、性格面でも執念深くしつこい、粘着気質をもたらす点が特徴的です。稀にこうした傾向がほとんど見られない方も見受けられますが、そういう方に限って人生の節目に前後して、大きな転落運が働きます。

寿命などに及ぼす影響は少ないのですが、健康面で不安を抱える場合が多いので、長寿を得てもじわじわと苦しめられるという傾向があります。

事故などに遭う確率は平均的ですが、トラブルメイカーの傾向があります。つまり、被害者よりも加害者に回る事が多いのです。

性格面では先に挙げた粘着気質の他、行動力や積極性に欠ける…言い換えれば、良い意味で慎重、悪い意味で捉えれば、面倒くさがりな所があります。

職業面では芸能、スポーツなどの人気商売に進む方は少なめで、公務員やサラリーマンから実業家といった、より保守的、堅実な方向に進む傾向にあります。







まとめ買いで送料がおトク!「楽天24」


加藤珈琲


お米の稲田






iTunes Store(Japan)
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
映画館で並ばずにチケットが買える!