« GOEMON | メイン | 墨攻 »

レッドクリフ PartⅡ

rc2.jpg

PartⅠは赤壁の戦いに至るまでのドラマであったが、今回はクライマックスとなる決戦の様子を描いている。個々のアクションよりも合戦全体を丁寧に描いた感じで、「関ヶ原の合戦や大坂の陣をジョン・ウーに撮ってもらいたいなぁ」と思った。

後半は合戦とアクション・シーンがこれでもかとばかりに繰り出されるが、それまでは人間ドラマ風で、メリハリのついた展開には、良く考えられた脚本だなぁ、と思った。

配役では曹操がPartⅠより数段、その存在感を増しているのが印象深かった。指導者らしい立ち居振る舞いの中に垣間見られる人間らしさ、弱さを見事に演じていたと思う。

感動して涙に咽ぶという事はなかったが、一大スペクタクル映画として、「凄いな」と感嘆させられる映画ではある。

この手の作品はエンディングが冗長になってしまって、全体の評価というか、余韻がぶち壊しになるケースが見受けられるが、本作はそういう事はない。トニー・レオンと金城武のキャラクターがそうさせるのか、あっさりし過ぎるくらいの爽やかな幕引きだった。


キャスト
周瑜:トニー・レオン
孔明:金城武
曹操:チャン・フォンイー
孫権:チャン・チェン
孫尚香:ヴィッキー・チャオ
趙雲:フー・ジュン
甘興:中村獅童
小喬:リン・チーリン
劉備:ユウ・ヨン
魯粛:ホウ・ヨン
孫叔材:トン・ダーウェイ
驪姫:ソン・ジア
関羽:バーサンジャプ
張飛:ザン・ジンシェン
黄蓋:チャン・サン

スタッフ
監督:ジョン・ウー
製作:テレンス・チャン、ジョン・ウー
脚本:ジョン・ウー、カン・チャン、コー・ジェン、シン・ハーユ
アクション監督:コリー・ユン
水上戦場面監督:パトリック・レオン
第二班監督:チャン・ジンチョン
製作総指揮:ハン・サンピン、松浦勝人、ウー・ケボ、千葉龍平、チン・ウェン・ハン、キム・ウデク、ユ・ジョンフン、ジョン・ウー
美術、衣装デザイン:ティム・イップ
撮影監督:リュイ・ユエ、チャン・リー
編集:アンジー・ラム、ヤン・ホンユー、ロバート・A・フェレッティ
音楽:岩代太郎
VFX監督:クレイグ・ヘイズ
VFX:オーファネージ