« パイレーツ・オブ・カリビアン~ワールド・エンド | メイン | レッドクリフ PartⅠ »

インディ・ジョーンズ:クリスタル・スカルの王国

インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 スペシャルコレクターズ・エディション 【2枚組】 [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2008-11-07)
売り上げランキング: 885
おすすめ度の平均: 3.0
4 インディアナは永遠ですね
2 すべてに措いて衰えたインディ・ジョーンズ
2 早送りモード入りました。
2 こんなもんだったかな?
4 The same old Indiana Jones!

前作から約19年の時を経て製作された第4作目。時代設定もそれに準じて1957年で、求めるお宝も近未来、サイバーな由来のある「クリスタル・スカル」だ。

感心したのはアクションはもちろんだが、122分という時間でストーリーを判りやすく見せる脚本だろう。最近はただ長いだけの映画も多いから。

ユーモア、アクション、グロい映像には過去3作へのオマージュがふんだんに盛り込まれているし、「今後」を想像させるあたりは流石で、前3作を見ている方は普通に入り込めるし楽しめると思う。

ただ初めてシリーズを見る若い映画ファンには、ストーリー面で前半から中盤に掛けてのスピーディーな展開に比してラストは肩透かしな感もなきにしもあらず、かもしれない。個々のアクション・シーンや豪華にして凝りに凝ったセットは、スピルルバーグ&ルーカスに相応しい目を瞠るものだと思うけど。

アクションに関しては「トムとジェリー」のような漫画、アニメを実写で展開しているような凄まじさ、あり得なさで笑える。個人的にはバイクのスタント・シーンとかは「マカロニほうれん荘」を思い出したなぁ。


キャスト
ハリソン・フォード(ヘンリー・"インディアナ"・ジョーンズJr.)
ケイト・ブランシェット(イリーナ・スパルコ)
カレン・アレン(マリオン・レイヴンウッド)
ジョン・ハート(オックスリー)
シャイア・ラブーフ(マット・ウィリアムズ)
レイ・ウィンストン(マック)
ジム・ブロードベント(チャールズ・スタンフォース学部長)
イゴール・ジジキン(ドフチェンコ)

スタッフ
スティーブン・スピルバーグ(監督)
ジョージ・ルーカス(製作総指揮/ストーリー/原案)
デビッド・コープ(脚本)
ジェフ・ネイサンソン(ストーリー)
フランク・マーシャル(プロデューサー)
キャスリーン・ケネディ(製作総指揮)
ヤヌス・カミンスキー(撮影)
ガイ・ヘンドリックス・ディアス(プロダクション・デザイナー)
マイケル・カーン(編集)
メアリー・ゾフレス(衣装デザイナー)
デニス・L・スチュアート(共同プロデューサー)
ジョン・ウィリアムス(音楽)
パブロ・ヘルマン(視覚効果スーパーバイザー)
ベン・バート(サウンド・デザイナー)