メイン | ラスト・サムライ~THE LAST SAMURAI »

父親達の星条旗~Flags Of Our Fathers

父親たちの星条旗 (特別版)
ワーナー・ホーム・ビデオ (2007-05-03)
売り上げランキング: 9324
おすすめ度の平均: 4.0
5 最高傑作
3 安っぽい戦争映画
3 作られた英雄たち
3 単にアメリカ万歳映画ではない
3 表題のとおりです。

太平洋戦争末期、激戦となった硫黄島での戦いを題材にした作品。

硫黄島にある擂鉢山山頂に米兵が国旗を掲揚するする瞬間を撮影した有名な写真にまつわるエピソードから、戦争というものの非道徳ぶりを描き出している。

見ていて、悲しくって切なくって涙が出た…という事はなかったけれど、とにかく色々な部分で重かった。兵士が戦場で生き残る事、そして戦後、生き抜く事の難しさを見て、戦争によって得た勝利の意味をも問うているように感じた。

映像に関しては、見る前は「プライベート・ライアン」のような目を背けたくなるような戦争の現実を見せ付けるようなシーンがワンサカ出てくると予想していたが、それほどでも…セピア調の映像処理によってリアルな場面を残虐と評する手前で上手にぼかしている印象を受けた。

素晴らしかったのは音響、音楽だね。イーストウッド作品は大体、音数の少ないジャズ・ピアノのような音楽が中心で、今回もそうだけど、とても効果的だった。特にエンディングのテーマは尺八の音色が入るところなんか、鳥肌が立った。


キャスト
ライアン・フィリップ(ジョン・"ドク"・ブラッドリー)
ジェシー・ブラッドフォード(レイニー・ギャグノン)
アダム・ビーチ(アイラ・ヘイズ)
バリー・ペッパー(マイク・ストランク)
ジョン・ベンジャミン・ヒッキー(キース・ビーチ)
ジョン・スラッテリー(バド・ガーバー)
ポール・ウォーカー(ハンク・ハンセン)
ジェイミー・ベル(ラルフ・"イギー"・イグナトースキー)

スタッフ
クリント・イーストウッド(監督/製作/音楽)
ポール・ハギス(脚本)
ウィリアム・ブロイレス,Jr.(脚本)
スティーブン・スピルバーグ(製作)
ロバート・ローレンツ(製作)
ティム・ムーア(共同制作)
トム・スターン(撮影)
ヘンリー・パムステッド(美術)
ジョエル・コックス,A.C.E.(編集)
デボラ・ホッパー(衣装)