Yahoo!ブックマークに登録

« 平将門首塚 | メイン | 大圓寺 »

滝の城

埼玉県所沢市。詳細は不明ですが、戦国時代に築かれた城跡と言われ、堀や土塁が残されています。

c-taki3.JPG
本丸跡に立つ碑。神社はきれいに整備されていて、それなりに立派です。

より大きな地図で 黒矢龍作のやって来たMap を表示

 戦国時代、後北条氏によって利用されていたと考えられていますが、城主や利用された経緯に関して、詳しいことのわかっていない城です。場所的に川越城と江戸、滝山、八王子城を結ぶ地域にあるので、その辺りを繋ぐための城郭であったと思われます。あるいは武蔵国内の反北条方の代表格、太田氏の居城である岩槻城に対応する目的があったのかも知れません。

 背後(南側)に柳瀬川の流れる段丘上に築かれていて、比高20mほどの城山頂上が本丸、そこから更に一段高い部分があって物見台、櫓があったのかな、という印象を抱かせます。

 本丸は現在、城山神社として整備されています。そこから空堀を隔てた二の丸は、半分が民家(神社の管理者宅だと思う)ですが、残りの部分はわずかに土塁も残っています。空堀は「こんな住宅街の中に!」と驚くほどしっかり残っていますね。ただ、本丸、二の丸とも規模は小さく、城と言うよりは陣所の大規模な物という感じがします。




c-taki.JPG
二の丸。写真左の暗い部分が土塁でその向こうは空堀です。

c-taki2.JPG
二の丸を囲む空堀は深さ、幅共に5mくらい。400年分の土砂が積もっていますので、城が使われていた当時は、もう少し規模が大きかったと思います。


blogpeople



~日記ブログ・ランキング


私を登録 by BlogPeople


↓スポンサー↓