Yahoo!ブックマークに登録

« 岐阜城 | メイン | 常楽寺 »

甲府城

山梨県甲府市。関東甲信越随一の壮大な石垣が残る平山城です。

c-kohfu5.JPG
甲府城本丸天守台跡。以前は天守閣までは建てられなかったと言われていましたが、最近は存在説が強いそうです。

より大きな地図で 黒矢龍作のやって来たMap を表示

その歴史

 戦国大名、甲斐武田氏の支配下にあった甲斐の国では、その中心は躑躅が崎館でした。天正十(1582)年に武田氏が織田信長によって滅ぼされ、その信長自身もその年の6月2日、本能寺の変でこの世を去ります。

 織田氏の統治が弱まり、一時的に混乱状態に入った甲斐の国に進出したのが徳川家康でした。家康は関東の北条氏、信長の後継者の地位を築きつつあった羽柴秀吉らの脅威に備えて、新たに堅固な城郭を築くことにしました。

 家康は躑躅が崎館から南へ約2km離れ、それまでは見張り用の番所が置かれていた高台、一条小山への築城を決めます。工事は家康の重臣の一人、平岩親吉の手によって行われました。恐らく、城の構造自体はこの時に決められたのではないかと思います。これは城の縄張り図を見ると、複雑な構造が浜松城や岡崎城といった家康の居城に似ているように思えるためです。

 しかし、家康は豊臣秀吉との間に和議を結ぶ事になり、北条氏滅亡後、秀吉から新たに関東への移封を命じられます。

 徳川家の後、領主となったのが秀吉の重臣、加藤光泰で、光泰の死後は浅野長政、幸長親子です。彼らは名将、武田信玄への追慕の念が強い甲斐の人々に対し、新たな時代の到来を示すべく、石垣による壮大な城郭を築きました。

 そのような意図の元に完成したのが、現在も甲府駅の脇に巨大な石塁を残す甲府城です。

 関ヶ原の合戦後、甲斐には義直(家康九男、後の御三家、尾張藩祖)、忠長(秀忠次男、後自害)、綱重(家光次男、六代将軍家宣の父)と徳川一門の続いた後、五代将軍綱吉の重用を受けた側用人、柳沢吉保が入り、整備されていきます。

 柳沢氏が大和郡山に転封後は、甲斐は幕府の直轄(天領)となり、明治を迎えることになりました。


城の構造について

 甲府城は城の原型であった一条小山全体が石垣で固められており、石積みの手法は織田~豊臣時代の手法を色濃く残した野面積みです。この石垣が殆ど残されているのが見所です。江戸、大坂、名古屋城をはじめとする江戸時代に築かれた石垣のような均整の取れた美しさはありませんが、その質実剛健な石積みに戦国乱世の空気を感じることが出来ます。特に本丸入り口にあたる鉄門脇には巨大な石が使われていますし、天守台東側の石垣の高さは10m前後はある壮大なもので圧巻です。

 関東近辺では江戸城跡以外でこれほど豪壮な石垣を見ることが出来る場所はないので、一見の価値はあると思います。

 堀は南側の一部を除いて殆ど埋め立てられており、北から西側にかけては甲府駅や線路が敷かれ、遺構は残っていません。

 近年、線路を隔てた城址北方の山手門が復元整備されましたので、足を伸ばしてみる事をオススメします。

c-kohfu2.JPG
天守台東側の最も石垣が高く築かれている部分です。傾斜の緩やかさが創建時代の古さを予想させます。江戸城の一部にもこういう場所はありますが。

c-kohfu1.JPG
城跡東側には石垣の屈曲が重なり、側面からの銃撃を可能にさせた構造を見ることが出来ます。上の写真の塀のある部分は当時、櫓が連なって堅固な備えを誇っていました。 当時は水堀があったのですが、現在は殆ど埋め立てられていて南側に一部残っているだけです。この写真を撮影した場所も今は道路ですが、当時は水堀でした。

c-kohfu3.JPG
本丸入り口の鉄門跡。階段部分は最近の改修によるものだと思います。 写真では分かりませんが、左側の石積みに巨大な石が使われています。 この付近の石塁の配置は特に複雑で厳重な防備を意図していたものと思われます。

h-kohfu6.JPG
南側の鍛冶曲輪から本丸を見上げたものです。中央の天守台石垣、その下が本丸帯曲輪です。 ここに立つと、右から左まで石塁に囲まれており、万一、敵の侵入を許した場合には、ここに誘い込んで殲滅しようと考えていたようです。

c-kohfu4.JPG
天守台から北東方向、稲荷曲輪櫓の復元工事中でした。

c-kohfu6.JPG
そして復元された稲荷曲輪櫓。こうして城内から見ると簡素な外観です。

c-kohfu7.JPG
稲荷曲輪櫓の東面。城内から見た簡素な様子と違い、多くの格子窓を設置してある他、石落しがせり出しています。破風の組み方が珍しいですね。普通は一階の軒と石落しの屋根が一体化しているものですが、それぞれ独立させて複雑な外観にさせてあります。

c-kohfu8.JPG
稲荷曲輪櫓の北面。破風が東面とは微妙に違っています。

c-kofu-11.jpg
城の北方に開かれた山手門。最近復元されました。立派な高麗門で、奥は桝形を形成しています。

c-kofu-11.jpg
高麗門を抜けると正面及び左手が石垣と土塀、右手には櫓門に囲まれた枡形内に至ります。近世城郭ならではの堅固な防衛施設です。仮に手前の高麗門を突破しても、桝形内で三方から狙撃される事になります。

c-kofu-11.jpg
櫓門を出たところ。櫓門は銃眼はなく、格子窓のみで、全体を白く塗り込めてあり、美観を重視しています。ちなみに櫓門内部は展示室になっています。

c-kofu-14.jpg
石垣上の土塀の裏側の様子はこんな感じです。支えになっている柱には、板を敷くことができるようになっており、屋根の上からも射撃できるように工夫されています。

c-kofu-15.jpg
山手門越に線路を隔てて稲荷櫓を臨む事ができます。写真右端に移る石垣は天守台です。当時の城郭の規模の程が偲ばれます。

城の構造について
c-kofu-nawa.jpg

 図の赤い部分が櫓の類の建築、オレンジ色は門です。中央の茶色の部分が、一条小山で、これを石垣で固めて要塞化したわけです。

 北方に山手門、西方に柳門、南方に追手門を開くと共に城郭を拡張してありますが、東方には地形などの制約があったようで(実際、東面の石垣は急峻で高い)、拡張はしていません。その分、石垣に沿って櫓が並んでいて、防備を固めてあります。

 三ヶ所の門も堅固な構えを誇っていて、いずれも桝形門で固められているほか、門の手前では、必ず側面から援護射撃を加えられるように工夫されています。

 また、万一敵の侵入を許してしまった場合、山際の狭隘な場所に引き寄せて討ち取ろうという狙いが見て取れます。例えば、追手門から入った敵は鍛冶曲輪か、二の丸の石垣と屋形曲輪に挟まれた場所におびき寄せます。いずれも先に進むには、一旦急峻な石垣や城門に阻まれて立ち往生を余儀なくされる場所です。

 甲斐国は地理的に四方が山地ですので、戦乱などの問題が起きた場合、味方の支援を得るのに、ある程度の時間がかかる事が予想されます。そのため、単独でも充分な防禦能力を持った城郭の必要性を、築城した側が認識していたように思います。

 このあたりは守護大名から戦国大名に脱皮した武田氏との築城コンセプトの違いを感じさせられ、興味深いところです。



blogpeople



~日記ブログ・ランキング


私を登録 by BlogPeople


↓スポンサー↓