Yahoo!ブックマークに登録

« 駿府城 | メイン | 平将門首塚 »

関が原古戦場跡

所在地:岐阜県関が原町。

sekigahara-tokugawa.JPG
徳川家康が戦闘終結を迎え、首実検も行った陣所跡。近くに資料館もあります。開戦時は田中吉政が布陣していました。
sekigahara1.JPG
石田三成本陣跡の笹尾山は柵などが復元されてお り、「古戦場跡」という雰囲気が今も残っています。

より大きな地図で 黒矢龍作のやって来たMap を表示

 慶長5(1600)年9月15日、徳川家康率いる東軍と石田三成を中心とする西軍、双方合わせて15万人を超える大軍が豊臣秀吉亡き後の天下の覇権を巡って激突したのが、この関が原です。

 近江国(滋賀県)と美濃国(岐阜県)の境目に位置する関が原は、当時から中山道と伊勢街道および北国街道が交わる交通の要地で、現在も名神高速道路、東海道新幹線が通っていて、その重要性は今も昔も変わりません。

 関が原の戦いを簡単に説明すれば、東軍が関が原を抜けて、京都、大坂方面への進出を目指したのに対し、それまで関が原の東にある大垣城を本拠にしていた西軍が、これを阻止せんと出撃、各街道を封鎖するように布陣したものの、東軍は強行突破を目指して大激突…ということになります。

 細かい戦闘経過は省きますが、早朝から始まった合戦は、正午前後に中山道を南西から見下ろしていた西軍の小早川秀秋が東軍に寝返り、西軍の側背を突いたことで崩壊、たった1日の合戦をもって徳川家康は、自身に対抗する勢力を一掃してしまったわけです。

 通常、古戦場跡というのは遺構が残っていることは少ないものですが、関が原は広い地域に興味深い遺構がいくつかあり、楽しめます。しかも、全て見て回るには、1日かけても無理で、私自身も、東軍諸隊の陣所跡や南宮山には、まだ足を運んでいません。これまで、三度ほど訪れていますが、いくつか、参考になる写真を示しておきます。




sekigahara-sasao1.JPG
笹尾山の石田三成本陣から東方を見下ろした様子です。この周辺が最大の激戦地であったと思われます。左側にうっすらと見える大きな山が南宮山で、その向こう側に西軍の毛利、長束、長宗我部ら3万余が陣取っていましたが、傍観に終始していました。(というより戦況の把握すらできなかったのでは?)写真右側の山の切れ目が伊勢街道で、島津軍が逃走した方向です。左側の赤い印は上が徳川家康の開戦時の本陣、桃配山で、下は東軍先鋒の黒田長政の本陣があった丸山です。そこから右に細川忠興、加藤嘉明…と東軍諸隊が展開し、まっしぐらにここに攻めかけてきたわけです。

sekigahara-sasao2.JPG
こちらは上の写真と同じ位置から南方を見たところ。青い印が島津義弘の陣所跡、右の山が天満山で、ちょうど旗の「大一大万大吉」文様の裏側あたりに小西行長の陣があり、山の向こうに宇喜多秀家、大谷吉継が展開。更に旗の上、白い部分の裏側にあたる山が小早川秀秋の本陣、松尾山です。

sekigahara-ohtani.JPG
sekigahara-shimadu.JPG
左側は、西軍の指導者の中で、唯一、戦場で討ち死にした大谷義継の墓所です。陣所跡はここから更に10分ほど歩きます。中仙道を見下ろしつつ、当初から裏切りの噂があった小早川秀秋の部隊と対峙するにも、絶好の場所です。このあたりを見ると、どうも小早川秀秋の裏切りは確定的であったのでは?と思えます。 右側は旗しか撮影していませんが、やはり西軍の島津義弘の陣所跡です。有名な敵中突破で戦場離脱を試みた千五百人の薩摩兵も、戦場を離脱したときには八十余名にまで激減していたそうです。
sekigahara-hiratsuka.JPG
合戦当時、病の為に視力も失っていた大谷吉継に代わって、大谷隊先陣の指揮を取った平塚為広の陣所跡。背後の山に入って大谷吉継の墓所に向かうのですが、この周辺は段差(現在は畑)が多く、軍勢の陣所の名残のように思われます。
sekigahara-konishi1.JPG
これは島津陣跡近くから小西陣所跡をみたもの。右側の山が天満山で、その裏側の山麓に宇喜多秀家率 いる1万8千人が布陣していました。更にその向こう、写真ではうっすらと浮かぶ山が松尾山で、小早川秀秋が激戦を傍観していました。黒で印をつけたあたりが本陣跡で、現地に行けば、旗も見えます。現地であれを見ると小早川軍の存在が両軍にとって相当な圧力になっていたであろうことが想像できます。
sekigahara-konishi2.JPG
キリシタン武将として知られる小西行長の本陣跡です。約4千の軍勢と共にこの地に陣取った行長ですが、敗れた後に逮捕され、石田三成らと共に斬首されました。朝鮮の役における活躍は目覚しく、過小評価、誤解されている人物といえそうです。


sekigahara-matsuo2.JPG
松尾山山頂の小早川秀秋本陣跡。石碑の後に土塁が築かれているのがわかると思います。しかし、山頂部 分は狭く、武装した将兵が陣取るには、100人入るのがやっとではないかと思われます。
sekigahara-matsuo1.jpg
松尾山山頂への入り口部分は土塁で囲まれた枡形虎口になっていたと思われる、厳重な構造になっています。この入り口を下ると公衆トイレがあるのですが、そこにも土塁が築かれており、陣所であったと思われます。
sekigahara-field.JPG
松尾山山頂、小早川秀秋本陣跡から見下ろした関が原。青い印が上=石田三成本陣、右下=小西行長、左下=宇喜多秀家で赤い印が黒田長政の本陣跡です。宇喜多陣の印の左にある木の裏側が大谷吉継隊の先陣が布陣していたと思われ、戦況をかなり正確に把握できたことが想像できます。ちなみに、ここまで登るのに3~40分かかります。


blogpeople



~日記ブログ・ランキング


私を登録 by BlogPeople


↓スポンサー↓