Yahoo!ブックマークに登録

メイン | 越後福島城 »

犬山城

愛知県犬山市。古風な外観の国宝天守閣で知られる城跡。
c-inuyama9.JPG

より大きな地図で 黒矢龍作のやって来たMap を表示

 木曽川は廃藩置県以前、尾張国(愛知県)と美濃国(岐阜県)の国境でした。その木曽川の南岸の断崖上に建つのが犬山城です。立地的にはいかにも古くから城があったように思えますが、現在地に城郭が築かれたのは戦国時代も終焉に近付いた関ヶ原の戦いの頃であったらしく、元々は城下の平地に木の下城という城があり、その後、現在の城地に近い小山、三光寺山(市役所?駐車場脇の小山)に移転した後に現在地に至ったとされています。

 天正十二(1584)年、羽柴秀吉と徳川家康が争った小牧長久手の戦いにおける緒戦は秀吉方の池田恒興による犬山城攻略でしたが、この戦いも三光寺に城があった頃の話であったそうです。

 現在の城地への移築を実行したのは石川貞清と考えられています。興味深いのは二の丸から本丸への登城ルートが、ほぼ一直線の石段で、その両脇を桐の丸、杉の丸、樅の丸が固めているという構造になっている事です。これは織田信長の安土城の大手道付近の縄張りにそっくりです。石川貞清という人は生年が不詳で、秀吉の家臣としての活躍も小田原の陣が確認される最初のものですが、安土城を見たことがあって、それを参考にしたのではないでしょうか?

 石川貞清は関ヶ原の合戦では西軍に与しましたが、敗れて領地は没収され(晩年は京都で金融業を営んだそうです)、その後、尾張一国を拝領した家康四男の松平忠吉(清洲城主)、次いで九男の徳川義直(名古屋城主)の有力支城として機能することになります。義直の入封時には家老の成瀬正成が犬山城に3万石を与えられて入城し、以後、現在に至るまで、成瀬家によって城は管理されています。国宝建築の城郭で、しかも私有なんて珍しいですよね。

 城の構造(下図参照)は北から西にかけては木曽川が特大の自然堀で断崖を成しており、攻め上ることは極めて難しい構造です。それでも西側には念を入れて空堀を掘ってあります(現存)。他の堀は埋め立てられて残っていません。東側に川が流れていて「堀だ!」とつい喜んでしまいますが、これは明治時代に市民の生活用に掘ったもので城とは関係ないそうです。それでも東側の急斜面は攻め上るのは難しく、残る南方のみが傾斜も緩やかなため、そちらに向かって防備が固められ、同時に城下町が形成されていきました。

犬山城の略図
inuyama-nawa.gif

 大天守の聳える城山の最高所は標高約40mです。天守自体の高さは約18m。石垣は天守閣の土台など、最も高い場所でも5mもないと思います。三の丸までの外周は約1280mあったそうです。近世城郭の規模としては小さい方です。

 木曽川に面した水の手門、及び東側の搦め手門は道が細く狭く、軍勢の進退が難しくなっています。特に水の手門から七曲道は城主の脱出路であると考えるべきでしょう。

 三の丸の外側に整備された外郭にも堀はありましたが、城下町全体を囲むようなものではありません。三の丸は堀と土塁のみで、門以外は建造物は築かなかったようです。かつての城の中枢であった三光寺山には物見櫓くらいあったかも知れませんが。

 城山最前部の松の丸には水堀があり、土塁上に二基の櫓が突き出し、堅固な構えを誇っています。

 その松の丸を西側へ回りこんで黒門から城内に入るわけですが、黒門と本丸入り口にあたる鉄門の防備は特に固く、無理に押し通ろうとすれば周囲の曲輪、櫓から弓、鉄砲の攻撃に晒されてしまう構造になっています。

 ただし、攻め手が大軍で犠牲をいとわず、四方から堀も石垣も構わず攻めるような形を取られると、案外、脆いような気がします。

 城主の居館であった御殿は、築城当初は本丸にあったそうですが、後に松の丸に移転したといいます。

 三の丸は、ほぼ真南に向かって大手門が開かれ、東側に搦め手門、周囲は水堀で囲まれていました。二の丸は松の丸、樅の丸、桐の丸、杉の丸の4つに区画され、その中を本丸に至る登城路が通る形になっています。二の丸手前の松の丸に入るには、西側に回りこむ必要があり、南側には二基の二重櫓が突き出て、防備を固めています。ただし、現状は堀も埋め立てられていますし、杉の丸と桐の丸は神社となって階段で繋がっているので、天守閣までは楽に行くことが出来ます。そういう意味では城址としては物足りないかもしれませんね。

 天守閣の形状ですが、平屋の主殿建築の上に見張り台を乗せたような感じで、こういう建築物の成立過程を想像させる姿がとても貴重になっています。こういう構造の天守閣は望楼式天守と呼ばれています。これとは別に名古屋城のような上層と下層のつながりが一体的な建築は、層塔式天守とされています。

 尾張藩の一支城、砦としては十分だとは思いますが、単独で長期の籠城に耐えられるような構造ではないですね。これは関ヶ原の合戦の際、東軍の進撃を見て、城主の石川貞清が籠城を諦めて城を捨てたことからも明らかでしょう。

c-inuyama11.JPG
木曽川に沿った断崖城に建つ犬山城天守閣。この方向(北東)から見るとまさに要塞ですね。地続きの南側の防備が課題でした。

c-inuyama13.JPG
天守閣南側角から見上げて。観音開きの小さな窓が渋い(古式な建築であるとされる証左の一つ)。写真中央下やや右寄りに銃丸が一つあります。

c-inuyama3.JPG
南東側から撮影した天守。最上階の望楼は素木状態で「寄りかかると危険!」の表示があります。

c-inuyama8.JPG
天守を正面から撮影。右側に突き出た付け櫓や三階にあたる唐破風屋根は後の増築で、築城当初はもっとシンプルな姿でした。もちろん、防衛機能は増したわけですが。ちなみに付け櫓は再建です。



blogpeople



~日記ブログ・ランキング


私を登録 by BlogPeople


↓スポンサー↓