Yahoo!ブックマークに登録

« 掛川城 | メイン | 岐阜城 »

加納城

岐阜県岐阜市。山城の岐阜城を廃して、江戸時代初期に築かれた平城で、石垣の一部が残っています。

c-kanou2.JPG
本丸南東面の石垣で、写真からはよくわかりませんが、セメントなどを流し込んで補修したような形跡があります。空き地部分はかつての堀跡です。

大きな地図で見る

 岐阜城にほど近い加納の地は、古くから美濃守護代斎藤氏の居館を中心に栄えていたようです。実際、稲葉山(岐阜)城主であった斎藤道山が加納の市に対して楽市令を命じている書が残されています。

 その後、関が原の合戦を機に徳川家康は、山城である岐阜城を廃城として、新たに娘婿の奥平信昌を加納城主に据え、近世の美濃国の中心に相応しい城郭を築くことにしました。築城の指揮は徳川四天王の一人、本多忠勝が執りました。

 城は岐阜城の建物や石垣を移して築いた平城で、二の丸には岐阜城の天守が御三階櫓に改造されて据えられました。天守閣は建造されませんでした。

 明治時代に廃城となって、建物は全て撤去、堀も埋められ、わずかに本丸の石垣のみが残されています。近年、周辺の発掘調査が進み、様々な発見が得られているようです。平成16年には堀底を障子の様に区画していた畝が発掘されたそうです。関が原以降に築かれた城郭では極めて珍しい遺構です。

c-kanou1.JPG
本丸石垣の北東面で、天守台跡にあたります(実際には建てられませんでした)。石垣の高さは5m程あったように思います。

c-kanou3.JPG
これは本丸石垣の西面。広い堀に囲まれた大城郭であったことが想像できます。

加納城縄張り図
c-kanounawa1.gif

 太鼓郭から大手門まで500mくらいでしょうか。現存しているのは本丸の石垣のみです。城は西から流れてくる清水川と北東から流れてくる荒田川との合流点に築かれています。

 荒田川を隔てた東岸は深田や湿地であったようで、北東から西に向かって中仙道を通し、城下町もこれに沿って開かれています。

 本丸は三方に門が開かれていますが、全て木橋で、いざというときは取り外す事が出来ました。大手門から本丸に至るには三の丸~厩郭~二の丸と城内をジグザグに移動しなければならない上、その間、常に二つの方向から弓鉄砲の攻撃に晒される巧妙な構造になっています。

 図の緑部分は櫓でピンク色部分は門ですが、二の丸の北東の櫓は岐阜城から天守閣を移築したもので、御三階櫓と呼ばれる城内でも最大の建築でした。本丸に天守閣は建てられず、北東に石垣の天守台だけが築かれていました。それだけに城の中枢が何処なのか、外からではわからなかったかもしれません。

 興味深いのは本丸が西側に面して直接、最前線に晒されてしまっている事で、これを克服するため、長刀堀という南北に渡る巨大な堀を一本通しています。他の方向は川や湿地で軍の展開が難しいので、城を巡る主戦場は西側になるわけで、これを長刀堀で一手に引き受けようという意図を感じます。中仙道の北方には寺町が配されており、西から攻め込んできた敵は大手方向に回りこみにくくしてあります。逆に城方は広い外郭に展開して迎え撃つ事も、城内に引きこもって迎撃する事も可能です。

 このほか、城内太鼓郭近くのA及び二の丸脇のBは舟入だったように思います。城の外からは見通しの利かない位置にあり、普段は物資の搬出入に、戦時においては脱出や迂回奇襲に利用するつもりだったのでしょう。

 方形の郭を並べたシンプルな構造ながら、守りやすいという徳川氏の築城技術が窺える城です。どちらかというと平山城の多い豊臣系の城郭と比較してみると興味深いです。



blogpeople



~日記ブログ・ランキング


私を登録 by BlogPeople


↓スポンサー↓