私の趣味の一つが城址を中心とした史跡探訪です。これまでに訪れた史跡について、あれこれ書き述べてみました。





Google

Yahoo!ブックマークに登録

加納城

城址

岐阜県岐阜市。山城の岐阜城を廃して、江戸時代初期に築かれた平城で、石垣の一部が残っています。

c-kanou2.JPG
本丸南東面の石垣で、写真からはよくわかりませんが、セメントなどを流し込んで補修したような形跡があります。空き地部分はかつての堀跡です。

黒矢の解説 "加納城"について »

大圓寺

寺社

所在地:東京都目黒区。江戸時代初期に建立されたお寺で、江戸三大大火の一つ、明和の大火の火元であるといわれています。

t-daien3.JPG
境内に入るや左手にズラリ並んだ五百羅漢。こんな都会の片隅に…とビックリさせられます。

黒矢の解説 "大圓寺"について »

大池寺

寺社

所在地:滋賀県甲賀市水口町。小堀遠州作と伝えられるサツキの庭園が美しいお寺。

c-daichi3.JPG
小堀遠州作庭と伝えられる枯山水庭。波間に浮かぶ宝船と七福神、七宝を表現したといわれています。

黒矢の解説 "大池寺"について »

姫路城

城址

 兵庫県姫路市。世界遺産指定を受けた国宝天守閣は一度は見ておきたい。かほどに見事な城郭遺構はないでしょう。

c-himeji1.JPG

黒矢の解説 "姫路城"について »

山中城

城址

所在地:静岡県三島市山中新田。

戦国時代の城跡としては屈指の保存状態で遺構が遺されています。

c-yamanaka.JPG
有名な障子堀。堀底を区画して攻めこんでくる敵の動きを制限させるわけです。こうした手間のかかる堀は後北条氏ならではの技法で、他の地方の城郭では見られません。これは西郭の堀。これを見るためだけに行ってみる価値はありますよ。

黒矢の解説 "山中城"について »

岐阜城

城址

岐阜県岐阜市。濃尾平野を見下ろす金華山に築かれた山城です。随所に遺構も残っていますが、とにかく山上からの眺めが圧巻です。

c-gifu2005-3.jpg
二の丸から本丸に登る石段の途中から撮影した模擬天守

黒矢の解説 "岐阜城"について »

岡山城

城址

岡山県岡山市。黒塗りの天守閣(復元)が印象的な平城。

岡山城復興天守
c-okayama1.JPG
復興天守。天守台が不等辺多角形という珍しい平面になっており、創建年代から、織田信長の居城、安土城を模したのではないか、とも言われています(安土城の天守台は不等辺八角形)。外観は2階建ての建築を3段に積み重ねたような古式な手法(望楼式天守と呼ばれる)で建てられています。右手前に大きく突き出た部分は塩蔵と呼ばれる付け櫓で、その裏側に天守への入り口があります。黒い下見板張りが一見武骨ですが、白い格子窓を多数設置しているので、軽やかな印象も与えます。写真は北西方向から眺めたもの。ちなみに現在は修繕工事によって鯱鉾などが金で飾られ、より華麗な印象を与えます。

黒矢の解説 "岡山城"について »

常楽寺

寺社

所在地:滋賀県甲賀郡石部町。奈良時代に建立された古刹で、本堂と三重塔は国宝です。

c-jyouraku3.JPG
国宝の本堂と三重塔。左下に見える石造りの灯篭も重要文化財だそうです。

黒矢の解説 "常楽寺"について »

平将門首塚

墓所、その他

都心に鎮座する伝説の地。戦後の進駐軍すら手を付けるのを止めたと言われている。

g-masakado1.JPG
真新しい石碑。ピンクの付箋らしきものが中央下に見えますが、「お酒をかけてはダメ!」と書いてあります。

黒矢の解説 "平将門首塚"について »

掛川城

城址

静岡県掛川市。二の丸御殿は貴重な重要文化財です。木造による復元天守も見所。

c-kakegawa13.JPG
 私が訪れた日はサッカー、ワールドカップのドイツvsカメルーン戦が行われたため、このような旗が天守に翻っていました。

黒矢の解説 "掛川城"について »

日光東照宮

寺社

所在地:栃木県日光市。

徳川家康を神として奉った場所が今は世界遺産。

tousyouguu-grave.JPG
今も関東の鎮護の役割を担っているのでしょうか…家康公の墓所です。

黒矢の解説 "日光東照宮"について »

松本城

城址

長野県松本市。黒塗りの国宝天守閣が美しい平城。

夕日を浴びる松本城
c-matsumoto5.JPG

黒矢の解説 "松本城"について »

水口城

城址

滋賀県甲賀郡水口町。将軍家光の宿泊施設として築かれた城。櫓を模した資料館があります。

c-minakuchi4.JPG
出丸内、当時の番所跡に櫓風の建築を模して仕上げられた資料館です。

黒矢の解説 "水口城"について »

水口城(岡山古城)

城址

滋賀県甲賀郡水口町。甲賀支配のため、豊臣秀吉によって築かれた山城。

c-minakuchiyama8.JPG
西から見た古城山の遠望。周辺を見下ろす絶好の立地で、いかにも城があったという雰囲気です。 南北はこのようなお椀をかぶせたような形に見えますが、東西方向には長い尾根が伸びています。

黒矢の解説 "水口城(岡山古城)"について »

滝の城

城址

埼玉県所沢市。詳細は不明ですが、戦国時代に築かれた城跡と言われ、堀や土塁が残されています。

c-taki3.JPG
本丸跡に立つ碑。神社はきれいに整備されていて、それなりに立派です。

黒矢の解説 "滝の城"について »

犬山城

城址

愛知県犬山市。古風な外観の国宝天守閣で知られる城跡。
c-inuyama9.JPG

黒矢の解説 "犬山城"について »

甲府城

城址

山梨県甲府市。関東甲信越随一の壮大な石垣が残る平山城です。

c-kohfu5.JPG
甲府城本丸天守台跡。以前は天守閣までは建てられなかったと言われていましたが、最近は存在説が強いそうです。

黒矢の解説 "甲府城"について »

諏訪大社下社秋宮

寺社

長野県下諏訪郡下諏訪町。我が国最古の神社の一つとされています。

suwa-aki06.jpg
狛犬と特大の注連縄に圧倒される神楽殿の正面

黒矢の解説 "諏訪大社下社秋宮"について »

越後福島城

城址

新潟県上越市。石碑以外、何ら痕跡を残さない幻の近世城郭跡。

c-fukushima2.JPG
城の存在を示す石碑。土台の石は城に使われていたものとされています。これ以外に城の存在を示す遺構はほとんど残されていません。

黒矢の解説 "越後福島城"について »

鉢形城

城址

埼玉県寄居町。秩父地方を代表する壮大な戦国城郭跡で、平成十六年に資料館も完成しました。

c-hatigata5.JPG
荒川にかかる正喜橋から見た鉢形城跡。もちろん、当時は橋などなく、荒川の対岸から渡って城に入るのは極めて困難でした。

黒矢の解説 "鉢形城"について »

関が原古戦場跡

古戦場跡

所在地:岐阜県関が原町。

sekigahara-tokugawa.JPG
徳川家康が戦闘終結を迎え、首実検も行った陣所跡。近くに資料館もあります。開戦時は田中吉政が布陣していました。
sekigahara1.JPG
石田三成本陣跡の笹尾山は柵などが復元されてお り、「古戦場跡」という雰囲気が今も残っています。

黒矢の解説 "関が原古戦場跡"について »

難波田城

城址

埼玉県富士見市。私の自宅近くにある城跡です。古民家なども移築されていて、意外と和めます。

c-nanbada3.JPG
本郭跡は宅地化しており、城が存在したことを示す石碑の建つスペースのみが残されています。

黒矢の解説 "難波田城"について »

駿府城

城址

静岡県静岡市。徳川家康の隠居城であった平城。だいぶ破壊されていますが、一部、門などが復元されています。

c-sunpu2.JPG
本丸跡に建つ徳川家康公の銅像…ちなみに右下に写るのは人魂ではなく、雨粒です。

黒矢の解説 "駿府城"について »

























blogpeople





Just MyShop(ジャストシステム)










私を登録 by BlogPeople