Google

Yahoo!ブックマークに登録

参考文献


« 寛正四年(1463) | メイン | 文明十三年(1481) »

寛正五年(1464)

主な出来事
7/19:後花園天皇、後土御門天皇に譲位する。将軍足利義政が後花園院の院執事に就任する。(「戦争の日本史9」)
11/13:管領職が細川勝元から畠山政長に交代する。
11/25:将軍足利義政、弟の浄土寺新門主義尋に還俗して将軍義政の嗣子となるよう命じる。
11/28:将軍足利義政、准后に宣下される。
12/2:足利義尋が還俗して義視を名乗り、従五位下、左馬頭に補任される。



備考、その他
3月:室町御殿の泉西殿が完成する。(「戦争の日本史9」)
4/5:糺河原で鞍馬寺修造のための勧進能が行われ、将軍足利義政をはじめ、諸大名が列席する。
4/7:糺河原で鞍馬寺修造のための勧進能が行われ、将軍足利義政をはじめ、諸大名が列席する。
4/10::糺河原で鞍馬寺修造のための勧進能が行われ、将軍足利義政をはじめ、諸大名が列席する。
8/2:相国寺にて日野重子の一周忌が行われる。
8/7:桃井伊豆入道、富樫泰高、大館又四郎が赦免される。
8/17:関東の諸将に古河公方足利成氏の討伐のため、出陣を命じる御内書を発する。
8/23:後花園上皇による室町殿への行幸が行われる。
9/27:畠山義就、日野重子の一周忌のため、仏事銭二千疋を献上する。
10月:政所執事伊勢貞親と季瓊真蘂、越前国大野郡を領する二宮信濃入道に対し、所領を斯波持種に返付させようと画策する。
11/13:管領畠山政長、細川勝元の依頼を受け、周防国守護大内教弘に対し、伊予国の河野通春討伐のための出陣を求める使者を送る。
11/26:足利義尋が三条第に移る。
12/26:山名是豊が、山城守護に任じられる。(「人物叢書 山名宗全」)








まとめ買いで送料がおトク!「楽天24」


加藤珈琲


お米の稲田





iTunes Store(Japan)
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
映画館で並ばずにチケットが買える!








Just MyShop(ジャストシステム)