Google

Yahoo!ブックマークに登録

参考文献


« 応永三十四年(1427) | メイン | 嘉吉四~文安元年(1444) »

嘉吉二年(1442)

主な出来事
3月:足利義尊が僧形で畠山持国に保護を求める。持国、これを討ちとる。(「戦争の日本史9」)
6/24:管領細川持之、体調悪化のため辞表を提出して出家する。管領職は畠山持国が引き継ぐ。
11/7:足利千也茶丸、九歳で元服し、義勝を名乗る。正五位下、左近衛中将に叙任され、征夷大将軍に宣下される。

死没
3月:足利義尊(30:足利直冬の子孫)
8/4:細川持之(43:満元次男、室町幕府管領、摂津、丹波、土佐、讃岐守護)
8/9:小笠原政康(?:信濃国守護)



備考、その他
8/4:前管領、細川持之が死去、遺言として子の勝元が成人するまで弟持賢に後見を依頼する。(「戦争の日本史9」)
8/22:畠山持国、管領職の出仕始を行う。
8月末:加賀国守護富樫泰高が更迭され、前守護富樫教家の子亀童丸(成春)を守護に任じる。
11/1:興福寺大乗院の経覚、成身院光宣の河上五ヶ関代官職を召し放ち、直務支配を幕府に要請する。これに反発した光宣、七大寺と興福寺内の五社七堂の閉門で対抗する。
11/4:山名宗全が幕命を受け、小早川熙平代官に安芸国内の所領を引き渡すように守護代に命じる。(「人物叢書 山名宗全」)
12月:山名勢が播磨に侵攻する。(「人物叢書 山名宗全」)
12/23:山名宗全が、小早川熙平への合力を安芸国人に申し付けるように守護代に命じる。(「人物叢書 山名宗全」)








まとめ買いで送料がおトク!「楽天24」


加藤珈琲


お米の稲田





iTunes Store(Japan)
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
映画館で並ばずにチケットが買える!








Just MyShop(ジャストシステム)