Google

Yahoo!ブックマークに登録

参考文献


« 享徳二年(1453) | メイン | 永享七年(1435) »

享徳三年(1454)

主な出来事
・幕府、分一徳政令を発布する。(「戦争の日本史9」)
4/3:畠山家臣団に持国の後継者、義夏を廃して義富を擁立する動きが発覚する。畠山持国、神保次郎佐衛門を切腹させ、神保越中守の邸を攻撃、義富一派は没落し、細川、山名氏らに匿われる。
8/21:畠山義富一派、持国の邸を攻撃する。畠山義夏は山名相模守に保護を求めるが拒否され、遊佐河内守の邸に立て籠もる。
8/28:畠山持国が、建仁寺に隠居する。
8/29:将軍足利義政、畠山義夏を匿った細川氏被官磯谷氏の処罰を命じる。
9/29:興福寺、満家以来畠山氏が代々勤めていた大和国宇智郡守護職を興福寺一乗院に返付するように訴える。
11/2:将軍足利義政、阿波国守護細川成之を大将として山名宗全討伐をを命じる。
11/3:管領細川勝元、将軍義政に山名宗全の宥免を取り成し、義政、これを受け入れ、宗全を隠居処分とする。
12/3:山名宗全の嫡男教豊が幕府に出仕し、家督相続が認められる。
12/14:畠山義夏、将軍義政に対面する。
12/27:鎌倉公方足利成氏、関東管領上杉憲忠を暗殺する。

生誕
上杉顕定(関東管領)

死没
・伊勢貞国(?:前幕府政所執事)
12/27:上杉憲忠(22:関東管領)



備考、その他
6/5:山名宗全が、法隆寺領播磨鶴荘の諸公事免許、使者入部停止を守護代に命じる。(「人物叢書 山名宗全」)
8/22:畠山義夏、京都を脱出する。(「戦争の日本史9」)
10/20:幕府、興福寺に大和国宇智郡を返付する事とする。
11/3:赤松則尚が、播磨に下向する。(「人物叢書 山名宗全」)
11/4:赤松則尚が播磨を拝領したとの風聞が流れる。(「人物叢書 山名宗全」)
11/24:播磨国で赤松則尚が挙兵し、山名方が多数討たれたと京都に報じられる。
12/6:山名宗全、但馬国に下向する。
12/13:畠山義夏、軍勢五、六百騎を率いて入京する。
12/27:畠山義富、没落して行方をくらます。








まとめ買いで送料がおトク!「楽天24」


加藤珈琲


お米の稲田





iTunes Store(Japan)
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
映画館で並ばずにチケットが買える!








Just MyShop(ジャストシステム)