Google

Yahoo!ブックマークに登録

参考文献


« 寛正二年(1461) | メイン | 応仁二年(1468) »

文正二~応仁元年(1467)

主な出来事
1/1:将軍足利義政への椀飯の儀が管領畠山政長の勤めで行われる。(「戦争の日本史9」)
1/2:将軍足利義政の管領畠山政長邸への御成が中止となり、畠山義就が室町第に出仕する。
1/5:将軍足利義政、弟義視と共に山名宗全邸を借用した畠山義就邸へ御成を行う。
1/8:斯波義廉が管領に就任する。
1/17:将軍足利義政、畠山義就、政長の争いの調停に乗り出し、細川勝元、山名宗全らの援助を停止させる。
1/18:
・早朝、畠山政長が邸に火を放ち、上御霊社に陣取る。
・14時頃、後土御門天皇、後花園上皇、伏見宮貞常親王が牛飼のみを従え室町殿に避難する。
・16時頃、畠山義就の軍勢が上御霊社を攻撃する。細川勝元、京極持清らが政長に合力せんとするも、将軍義政の命で手を出さず。
1/19:畠山政長、義就方に敗れ、上御霊社拝殿に火をかけ逃走する。細川勝元、これを匿う。
3/5:応仁に改元する。
5/26:応仁の乱開戦する~早朝、細川勝元方の武田信賢が実相院、成身院光宣が正実坊に布陣、室町殿に西面する山名宗全方の一色義直の邸を襲撃し、これを焼き払い、義直は山名宗全邸に逃走する。山名、畠山、斯波勢が応戦のために兵を出し、細川勝久の邸を襲う。
5/28:将軍足利義政、中立の立場を明らかにし、山名宗全、細川勝元双方に停戦を命じる。
6/8:
・室町殿の四足門に牙旗が掲げられる。将軍足利義政、山名宗全追討の総大将に足利義視を据え、鎧始を行う。
・西軍、細川成之を介して降伏を申し入れたため、この日予定していた総攻撃を延期する。
7/6:後花園上皇、伏見宮貞常親王と関白一条兼良を勅使として将軍義政の許に派遣、和平を求める。
8/23:
・摂津国の細川勝元被官池田氏政が大内政弘に内通し、大内軍が上洛、東寺に陣取る。
・後花園上皇、御土御門天皇が三種の神器を携え、室町殿に避難する。
・東軍の陣営から足利義視が姿を消す。
9/2:後花園上皇が出家する。
10/3:後花園法皇が興福寺に山名宗全治罰の院宣を下し、将軍義政も御内書を発し、諸大名に味方に加わるように促す。

生誕
上杉憲房(関東管領)

死没
6/11:飯尾為数(?:幕府奉行人)
9/7:上杉持朝(52:相模守護、扇谷上杉氏当主)
9/9:山名教豊(44:宗全嫡子)



備考、その他
1/5:成身院光宣が畠山政長を支援するため、奈良から伊賀越えで上洛する。(「戦争の日本史9」)
1/6:幕府、畠山政長に屋形の明け渡しを命じるも、政長、これを拒否する。また、管領不在のため、内裏の四足門の警固を引付開闔治部国通らに命じる。
1/11:管領斯波義廉の出仕始、評定始が行われる。義廉、朝倉孝景を通じて古市種栄に所領を与える。
1/15:山名宗全が将軍義政への椀飯を勤める。この際、細川勝元、京極持清、赤松政則が室町殿に乗り込み畠山義就を討つように直訴する動きが報じられ、管領斯波義廉、山名宗全、畠山義就らが阻止する。
1/16:畠山政長が足利義視を推戴する動きを察した山名宗全、畠山義就が室町殿に義政、義視、義尚を入れて、これを警固する。
1/18:朝倉孝景の軍勢が室町殿に現れるも、奉公衆大館持房が追い払う。
1/19:室町殿に管領斯波義廉、山名宗全、畠山義就、一色義直、土岐成頼らが伺候する。
1/20:御土御門天皇、後花園上皇、貞常親王が内裏に還幸する。管領斯波義廉、畠山義就ら、太刀、馬を将軍義政に献上して平定を祝う。
1/21:
・朝倉孝景、斯波持種の邸を襲い、持種と義敏の子二人を追う。
・古市胤栄、斯波義廉への合力のために奈良を発つも、畠山政長の没落を知り、帰国する。
1/23:幕府、興福寺に畠山政長とその被官の捜索を命じる。
1/27:細川勝元、京極持清、赤松政則らが将軍義政と対面する。
2/3:山名宗全が山内氏に備後の所領を給分として与える。(「人物叢書 山名宗全」)
2/6:日野勝光、内大臣に任じられる。
2/11:畠山義就、1月18日の合戦で多くの犠牲が出たため、越智家栄を召し上げる。
2/16:細川勝元、大内政弘上洛の噂を知り、安芸の国人毛利豊元に実否を尋ね、事実であればこれを阻止するように依頼する。
2/24:足利義視が細川勝元と山名宗全を調停したと伝えられる。
3月:青蓮院の仲介で延暦寺と本願寺の和睦が成立する。本願寺法主蓮如が嫡子を順如から実如に代え、本願寺が延暦寺西塔院の末寺として、末寺銭三十貫を納入する事が決められる。(「戦争と日本史14」)
3/3:山名教之の被官人が細川成之の手の者に殺害されるという事件が起きる。
3/10:後花園上皇が日野勝光邸に行幸し、和歌会が行われ、将軍義政、義視も列席する。
3/11:日野勝光の内大臣拝賀の儀が行われる。
3/23:連歌師宗祇、長尾景春に吾妻問答を書き与える。(「武士はなぜ歌を詠むか」)
4月:山名氏が分国から京都へ運び込もうとした年貢を丹後、丹波で細川方が奪い取る。(「人物叢書 山名宗全」)
4/23:将軍足利義政、義視兄弟、日野富子が管領斯波義廉邸に3日間滞在する。
4/27:細川勝元、加賀国の長井家房、天野長景に山名一派誅罰の為、上洛を要請する。
4/28:若狭守護武田信賢が加賀国の長井家房、天野長景に若狭国内の山名方への攻撃に協力を要請する。
4/29:加賀国の長井家房、天野長景が若狭国に入り、武田信賢と協力して山名勢を国外に追放する。
5/1:斯波義廉が左兵衛佐に任じられる。
5/10:
・周防長門守護大内政弘が山口を発つ。
・赤松政則が播磨、斯波義敏が越前、土岐政康が伊勢にそれぞれ兵を率いて侵攻する。
5/11:加賀国の長井家房、天野長景が上洛する。同じく細川勝元の被官で摂津国人池田充正が馬上十二騎野武士千人ばかりを引き連れて上洛する。
5/16:細川勝元の被官、摂津の池田氏の軍勢が馬上12人、野武士約千人を率いて上洛する。(「人物叢書 山名宗全」)
5/20:管領斯波義廉邸で畠山義就、山名宗全、山名政清、一色義直らが参会し、対応を協議する。
5/26:
・奈良興福寺にいる経覚の元に細川勝元が室町殿に伺候し、将軍義政が同心しているとの情報を得る。
・将軍足利義政、畠山義就に御内書を送り、細川勝元の軍事行動を批判し、義就に河内への下国を促す。
5/27:山名方の攻撃で細川勝久(備中守護)、教春(和泉半国守護)の邸が焼亡する。
5/28:細川成春(淡路守護)の邸が炎上する。
5/29:細川成春、軍勢を率いて上洛する。
5/30:
・興福寺大乗院経覚、将軍義政が伊勢貞親を呼び戻し、29日に上洛するとの情報を得る。
・一条大路に東西両陣の境を成す幅二丈、深さ一丈の堀が掘られる。
・山名政清の邸が焼き討ちされる。(「人物叢書 山名宗全」)
6/1:細川勝元、将軍足利義政に将軍旗と山名宗全治罰の綸旨を要請するも、日野勝光が細川、山名の対立を私闘であるとして反対する。これを知った勝元、日野勝光邸を焼き払おうとし、勝光は邸の周囲に堀を掘って立て籠もる。その後、室町殿で将軍義政に保護される。
6/3:
・伊勢貞親、将軍義政の要請に応じて伊勢の国人、関、長野氏の兵を率いて上洛するも、洛中には入らず、東山華頂山に布陣する。
・将軍足利義政、牙旗を細川勝元に与える。
6/8:
・将軍足利義政、西軍方の諸将十一人に御内書を発する。
・斯波義廉、六角高頼、土岐成頼がそれぞれの屋形に引き籠る。
・山名是豊、父宗全に背き、将軍足利義政に伺候し、宇治橋、芋洗橋、淀橋を撤去する。
・一条大宮で山名教之と赤松政則が合戦し、山名方が討たれ、足利義視が首実検を行う。
・前関白近衛房嗣、姫君や女房を岩蔵に非難させる。
6/9:
・西軍の土岐成頼、六角高頼、富樫鶴童丸(政親)が細川成之を通じて降参を申し入れるも、将軍義政、山名と畠山への対応を見て対面するかどうかを決めるとする。
・西軍の朝倉孝景、東軍の京極持清の一族の許に押し寄せる。
6/11:
・西軍朝倉孝景と東軍赤松政則が合戦に及び、一色五郎の邸が焼亡する。
・足利義視、幕府内の山名方への縁者や心を寄せる者を室町殿から追放し、奉行人の飯尾為数を西軍内通の罪で討つ。
6/13:
・山名宗全邸を細川勝元、京極持清、赤松政則、細川成之らが攻撃する。
・将軍足利義政、伊勢国司北畠教具、政郷父子の上洛を止める。
6/14:大和の古市胤栄が西軍の斯波義廉の要請により、上洛する。
6/16:前関白近衛房嗣、五、六十人の兵に守られ、宇治に避難する。
6/17:南加賀守護の富樫政親が京都の館に火をかける。(「戦争と日本史14」)
6/19:畠山義就の猶子政国が紀伊、河内国の軍勢を率いて上洛する。
6/24:細川成之の被官、香川五郎次郎、安富左京亮が上洛する。
6/28:山名一族の安芸、石見、備前、丹波、備後、播磨国六ヶ国の軍勢のうち、半数が上洛し、残りは丹波国内に待機する。
6/29:大和の越智家栄が西軍の斯波義廉の要請により、二千余の軍勢を率いて上洛する
6/25:斯波義廉邸に赤松政則の軍勢が押し寄せ、周辺を焼き払う。
7/6;大納言近衛政家、宇治に避難する。
7/14:京極持清、武田信賢、赤松政則の軍勢が斯波義廉の邸を襲うが、朝倉孝景が反撃する。
7/19:大内政弘配下の先陣が播磨国室津に上陸する。
7/20:
・大内政弘、播磨国兵庫に到着する。
・東軍方が斯波義廉邸を攻める。
7/22:細川勝元が、西軍に協力しなかった大山崎雑掌御中に宛てて感状を出す。(「戦争の日本史11」)
8/3:大内政弘の軍勢が兵庫を出陣する。(「人物叢書 山名宗全」)
8/16:丹波村雲合戦で西軍山名勢が東軍細川勢を破る。
8/20:大内政弘上洛の報に東軍、斯波義廉邸の包囲を解く。
8/24:
・西軍に通じた将軍義政の近習が室町殿から追放され、これを取り囲む細川勝元配下の者が討つ。
・大内政弘、東寺から北野船岡山に陣替えする。
8/25:前関白鷹司房平、政平父子が奈良興福寺一乗院に下向する。
8/26:細川持久、自邸を焼く。
8/30:京極持清、自邸を焼く。
9月:連歌師宗祇、筑波山に登山する。
9/1:武田信賢勢が畠山義就の陣取る等持寺に矢を射ち込み、三宝院に逃走、追撃してきた義就、朝倉孝景勢が三宝院に火をかける。
9/6:将軍足利義政、畠山義就に御内書を送り、和平のために河内に下国し、畠山政長と和睦交渉を行うように要請する。
9/13:畠山義就、内裏、上皇御所に陣取り、夜には細川勝元邸を山名勢が取り囲む。
9/14:
・西軍が日野勝光邸を占拠し、室町殿に矢を射ち込む。
・東軍の赤松、細川勢五千余が上洛し、東寺に陣取る。
9/16:東寺にあった東軍が東岩倉南禅寺山に移動する。
9/18:東岩倉南禅寺山を西軍が攻め、南禅寺上生院が炎上する。
10/3:畠山義就、朝倉孝景が相国寺の武田信賢勢を追い払い、相国寺を焼き払う。山名宗全が室町殿を包囲し、山名方の幕府近習がこれに応じ、室町殿も半焼する。
10/5:山名宗全、畠山義就、斯波義廉が連署して興福寺と東大寺に領地寄進をする旨を伝え、味方になるよう依頼する。
10/25:西軍方八人の武将、土岐成頼、山名政清、山名教之、畠山義就、一色義直、山名宗全、畠山義就、斯波義廉が連署で興福寺、東大寺に対し、近日の出来事は細川勝元の勝手な振る舞いで、将軍に昵近の者はほとんどが西方に馳せ参じているとして、同心を求める。
10/19:大内政弘が相国寺に陣を移し、畠山義就、朝倉孝景の軍勢が山名宗全邸の西に移る。
10月:連歌師宗祇、日光山に参詣する。








まとめ買いで送料がおトク!「楽天24」


加藤珈琲


お米の稲田





iTunes Store(Japan)
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
映画館で並ばずにチケットが買える!








Just MyShop(ジャストシステム)