メイン




Google

Yahoo!ブックマークに登録

参考文献


享禄五年~天文元年(1532)

主な出来事
5/19:畠山義尭、飯森山城に立て籠る木沢長政を包囲する。(「天文法華の乱」)
6/5:本願寺法主証如光教ら首脳部が山科から石山に下向し、摂津、河内、和泉三ヶ国の門徒に飯森山城救援を指示する。
6/20:一向宗門徒、10万の大軍で堺を包囲攻撃し、三好元長が切腹して果てる。
7/29:天文に改元する。
8/23:細川、六角、法華一揆の連合軍が山科本願寺を包囲攻撃する。
8/24:山科本願寺が焼き討ちされる。
9月:今井信元、武田信虎に降伏し、武田信虎による甲斐国統一が達成される。


生誕
大石綱元(上杉家臣)
武田信廉(信玄弟)
温井景隆(越中国人)

死没
1/22:柳本神二郎(19:賢治の子)
6/17:畠山義尭(?)
6/20:三好元長(32:長慶の父)

続きを読む "享禄五年~天文元年(1532)" »

天文二年(1533)

主な出来事
武田太郎(晴信)が扇谷上杉朝興の息女を娶る。
2/9:一向一揆勢が堺を襲撃し、細川晴元ら、淡路へ脱出する。(「天文法華の乱」)
2月末、将軍義晴の在所に細川晴元からの密使が到来する。
3/29:木沢長政率いる法華一揆、伊丹城を救援し、一向一揆を撃破する。
4/7:細川晴元、淡路から摂津池田城に着陣する。
4/29:木沢長政、堺を一向一揆から奪回する。
5/2:木沢長政率いる法華一揆4万余が石山本願寺南方の天王寺に布陣する。
6/18:梅が畑の合戦 ○細川晴国vs薬師寺国長、六角氏、法華一揆● 大将薬師寺国長は討ち死に。
6/22:細川晴元と法華一揆が、三好千熊丸(後の長慶)の仲介で石山本願寺と和睦する。

死没
薬師寺国長(?:細川晴元家臣)
7/27:里見実堯(50:安房里見一族)、正木通綱(42?:安房里見家臣)

続きを読む "天文二年(1533)" »

天文三年(1534)

主な出来事
5月:尾張那古屋城にて織田信秀の嫡子、吉法師(信長)が生まれる。
5/29:本願寺が細川晴元との和議を破棄し、細川晴国と結んで挙兵する。(「戦争と日本史14」)
8月:細川晴元が上洛する。(「戦争の日本史11」)
9月:将軍足利義晴が、六角氏の支援を受けて上洛する。

生誕
畠山昭高
5月:織田信長



o-nobutanaga.gifo-nobutnaga2.jpg
↑織田信長公の花押グッズはこちら↑

死没
塩冶興久(38:尼子経久三男)
4/6:寒田親将(?:大友家臣)、吉弘氏直(?:大友家臣)、里見義豊(?:安房里見一族)
7月:西牟田親氏(?:筑後国人)
7/1:武田恕鑑(50:上総国真里谷武田氏)

続きを読む "天文三年(1534)" »

天文四年(1535)

主な出来事
3月:将軍足利義晴からの使者が豊後国に入り、豊後大友氏と周防大内氏の和議交渉を促す。(「戦争の日本史12」)
4/20:筑前国で豊後国の大友氏と肥後国菊池氏の和議が結ばれ、菊池義宗(大友義鑑の弟)は肥後を追われて肥前国有馬氏の元に逃れる。
8/22:郡内合戦 ○北條氏綱vs小山田信有、勝沼信友●
11月:青蓮院尊鎮法親王の仲介で本願寺と細川晴元が和議を締結する。(「戦争と日本史14」)
12/5:三河の松平清康、家臣の阿部弥七郎に斬殺される。弥七郎は居合わせた植村氏明が討ち取る。


死没
8/22:勝沼信友(武田信虎の弟)
12/5:松平清康(25)

続きを読む "天文四年(1535)" »

天文五年(1536)

主な出来事
・越後守護代長尾為景が、長子の晴景に家督を譲る。(「上杉景勝のすべて」)
2/11:比叡山の僧華王坊、上総出身の法華宗徒松本久吉と宗論し、論破される。(「天文法華の乱」)
3月:武田太郎が元服、将軍足利義晴の諱を受け、晴信と名乗る。同時に左京太夫にも任官される。
5月:大内義隆、朝廷から太宰大弐に任じられる。(「戦争の日本史12」)
5/25:駿河今川家中で御家騒動が起きる(花倉の乱)。氏親三男の梅岳承芳が還俗して義元を名乗り、玄広恵探と家督を巡って争う。
5/29:近江守護、六角定頼が比叡山と法華宗の調停に乗り出す。
6/1:比叡山延暦寺、大講堂にて法華宗討伐を決定する。
7/27:山門、六角勢が総攻撃、法華一揆は大敗して堺へ逃げ延びる。下京の大半と上京の三分の一が放火される。
9月:細川晴元が、三好仙熊丸(長慶)、波多野秀忠、木沢長政らを従えて上洛する。(「戦争の日本史11」)
閏10月:洛中での法華宗禁止の制が下される。

生誕
近衛晴嗣(前久)
千坂景親(上杉家臣)
3/10:足利義藤(義輝)

死没
宇喜多興家(直家の父)
3/17:今川氏輝(24)、今川彦五郎(20:氏輝の弟)
6/14:玄広恵探(20)
8/29:細川晴国(?:高国の弟?)
12/29:少弐資元(46:少弐氏第十六代当主)

続きを読む "天文五年(1536)" »

天文六年(1537)

主な出来事
2/10:武田信虎の息女が今川義元に嫁ぎ、武田、今川の同盟が結ばれる。
2/23:武田、今川の同盟に反発した北條氏綱が駿河に侵攻する。

生誕
・真田信綱(幸綱長男)
2/6:豊臣秀吉(関白、太政大臣)
11/6:足利義昭(室町幕府十五代将軍)



t-hideyoshi.gift-hidenayoshi2.jpg
↑豊臣秀吉公の花押グッズはこちら↑

死没
原胤隆(?:下総千葉家臣)
4/27:上杉朝興(50:扇谷上杉氏)

続きを読む "天文六年(1537)" »

天文七年(1538)

主な出来事
3月:筑前国秋月にて周防大内、豊後大友両氏の重臣が会合し和睦が締結される。これに伴い大内方は筑前国内の旧大友領を返還する。(「戦争の日本史12」)
10/7:第一次国府台合戦 ○足利晴氏、北條氏綱、氏康vs足利義明、里見義堯●(「戦争と日本史10」)

生誕
新発田長敦(上杉家臣)
武田義信(晴信嫡子)

死没
10/7:足利義明(?:小弓公方)、義純(?:義明の子)、基頼(?:義明の弟)

続きを読む "天文七年(1538)" »

天文八年(1539)

主な出来事
・古河公方足利晴氏の元に北条氏綱の娘が嫁ぐ。(「戦争と日本史10」)
6月:三好利長が、細川晴元に河内十七箇所の代官職を三好政長から自身に返還するように要求するも、晴元はこれを拒否する。(「戦争の日本史11」)
閏6/13:将軍足利義晴が、三好利長に細川晴元、三好政長に対する挙兵を思い留まるように諭す。
11/2:播磨枝吉城主明石長行が、妻の一周忌に際して、同国太山寺に『曽我物語』の現存最古の写本をはじめとする古典籍を寄進する。(「黒田官兵衛:「天下を狙った軍師」の実像」)


生誕
小山田信茂(甲斐武田家臣)
長宗我部元親(国親嫡子)
本庄繁長(越後上杉家臣)



t-motochika.gift-motochika2.jpg
↑長宗我部元親公の花押グッズはこちら↑

死没
佐竹義住(?:常陸佐竹一族)
8月:芳賀高経(45:下野宇都宮家臣)
12/9:諏訪碧雲斎(67:頼満)

続きを読む "天文八年(1539)" »

天文九年(1540)

主な出来事
8月:尼子詮久、三万余の軍勢を率いて安芸国に侵攻する。(「戦争の日本史12」)


生誕
・木曽義昌
・北条氏照(氏康三男、武蔵滝山~八王子城主)
3/2:豊臣秀長(秀吉弟、大和郡山城主)



t-hidenaga.gift-hidenaga2.jpg
↑豊臣秀長公の花押グッズはこちら↑

死没
小代重忠(?:肥後国人)
3/14:佐竹義元(?:佐竹義篤の弟)、小場義実(?:佐竹家臣)
6月:武田光和(?:安芸国佐東銀山城主)
9/26:湯原宗綱(23:尼子家臣)
10/11:三沢為幸(?:尼子家臣)

続きを読む "天文九年(1540)" »

天文十年(1541)

主な出来事
1/13:毛利元就、陶隆房の連合軍が郡山城下で合戦し、尼子久幸(経久弟)が討死する。尼子勢夜に入って出雲へと退却を開始する。(「戦争の日本史12」)
6/14:武田信虎、今川義元の元を訪ねるため、甲府を出発。晴信、甲斐と駿河の交通を閉じ、その帰国を阻む。
6/16:武田信虎が駿河に去った事が公表される。
6/28:武田晴信、家督相続の儀式を執行する。
10月:木沢長政、細川晴元に反旗を翻して挙兵する。
10/29:木沢長政が、京都に迫り、細川晴元が岩倉に退去する。(「戦争の日本史11」)
11/1:将軍足利義晴が、近江坂本に退去する。
11/13:尼子経久が死去し、孫の晴久が跡を継ぐ。

生誕
波多野秀治(丹波八上城主)
北条氏邦(氏康四男、武蔵鉢形城主)
前波吉継(朝倉~織田家臣、桂田長俊)
水野忠重(三河刈谷城主)



h-ujikuni.gifh-ujikuni2.jpg
↑北条氏邦公の花押グッズはこちら↑

死没
1/13:尼子久幸(69:経久弟)
2/12:小山田信有(甲斐国郡内領主)
4月:友田興藤(?:厳島神主)
7/19?:北条氏綱(55:相模小田原城主)
11/13:尼子経久(84:出雲守護代)

続きを読む "天文十年(1541)" »

天文十一年(1542)

主な出来事
3/17:太平寺の合戦 ○三好長慶vs木沢長政● 木沢長政は討ち死にする。
4/8:将軍足利義晴、新築の御所に入る。
6月:大内義隆、出雲国へ侵攻し、瀬戸山城を包囲する。(「戦争の日本史12」)
11/14:後奈良天皇の綸旨により、法華二十一箇寺の帰京が許される。

生誕
各務元正(兵庫助、森家家臣)
徳川家康(江戸幕府初代将軍)

死没
木沢長政(?:河内、山城国守護代)
6/7:熊谷直続(33:毛利家臣、三入観音寺城主)
7/21:諏訪頼重(27:信濃上原城主)
7/27:赤穴光清(50:尼子家臣、出雲後瀬山城主)
12/24:長尾為景(66?:越後守護代、上杉謙信の父)

続きを読む "天文十一年(1542)" »

天文十二年(1543)

主な出来事
5/7:出雲国人の多くが離反し、大内義隆が撤退を開始する。尼子勢、反撃に転じる。(「戦争の日本史12」)
5月末:大内義隆、周防山口に帰陣する。
7/21:細川氏綱(尹賢の子)が、和泉槙尾寺にて挙兵する。(「戦争の日本史11」)
8/15:越後守護代長尾為景の次男、長尾景虎が元服する。兄晴景の命により、越後国古志郡司として栃尾城に入る。(「戦争と日本史10」)
8/25:種子島にポルトガル人が漂着する。鉄砲伝来。

生誕
1/8:松永久通(久秀の子)

死没
大井信達(?)(武田信虎の舅)
5/7:大内晴持(20:大内義隆の養嗣子)
5/9:小早川正平(21:安芸国人)
7月:高久義貞(?:佐竹家臣)
7/12:水野忠政(51:尾張緒川城主、徳川家康の生母の父)

続きを読む "天文十二年(1543)" »

天文十三年(1544)

主な出来事
・毛利元就、家督を長男隆元に譲る。(「戦争の日本史12」)
2/12:冷泉為和、駿河に到着する。今川義元、老齢の為和を案じ、13日開催の月次歌会を15日に延期する。(「武士はなぜ歌を詠むか」)
11月:安芸国人竹原小早川氏に毛利元就三男徳寿丸(隆景)が養子として入る。


生誕
9/11:竹中重治(美濃菩提山城主、羽柴秀吉の参謀)

t-hanbee.jpgt-hanbee2.jpg
↑竹中重治公の花押グッズはこちら↑

死没
7月末:宇山広信(?:備後国人)
9/22:織田信康(?:信秀弟)、青山与三衛門(?:織田家臣)、千秋季光(?:織田家臣、熱田社大宮司)

続きを読む "天文十三年(1544)" »

天文十四年(1545)

主な出来事
3月:島津貴久が一族諸家から薩摩、大隅、日向三国太守としての地位を認められる。(「戦争の日本史12」)

生誕
畠山義春(後の上条政繁)
北条氏規(氏康五男、伊豆韮山城主)
増田長盛(豊臣政権の五奉行の一人、大和郡山城主)



h-ujinori.gifh-ujinori2.jpg
↑北条氏規公の花押グッズはこちら↑

死没
長尾為景(74)(「定本常山紀談 上」)←誤伝?
武田朝信(?:上総小多喜城主)
4/9:佐竹義篤(39:常陸佐竹氏当主、義昭の父)
5/15:畠山稙長(42:河内、紀伊、越中守護)

続きを読む "天文十四年(1545)" »

天文十五年(1546)

主な出来事
・織田吉法師、元服して三郎信長を名乗る。(「織田信長文書の研究 上巻」)
3/10:龍造寺家兼が死去し、曾孫の胤信(隆信)が後継者となる。
4/20:河越夜戦 ○北條氏康vs上杉憲政、朝定、足利晴氏●
12/20:足利義藤(義輝)が近江坂本で元服し、征夷大将軍に任じられ、入京する。(「戦争の日本史11」)

生誕
水原親憲(上杉家臣)
11/29:黒田孝高(官兵衛、如水、播磨姫路~豊前中津城主)

k-josui.jpgk-josui2.jpg
↑黒田孝高(官兵衛、如水)公の花押グッズはこちら↑

死没
1/7:千葉昌胤(52:下総本佐倉城主)
3/10:龍造寺家兼(93:肥前水ヶ江城主)
4/20:上杉朝定(22:扇谷上杉家)
7/23:那須政資(?:高資の父)

続きを読む "天文十五年(1546)" »

天文十六年(1547)

主な出来事
・毛利元就の次男元春が安芸国人吉川氏の養子に入る。(「戦争の日本史12」)
3/29:将軍足利義晴、義藤親子が細川氏綱と連携して山城北白川城に入る。(「戦争の日本史11」)
7/12:細川晴元、六角定頼が北白川城の足利義晴、義藤親子を包囲し、近江坂本へ退去させる。
7/29:細川晴元、六角定頼が、近江坂本の将軍足利義藤に出仕する。
11月:斎藤道三、尾張を攻める。信秀が応戦のために出陣した隙を突いて守護代織田達勝が反信秀の立場を明らかにする。(「織田信長文書の研究 上巻」)

生誕
跡部勝資(武田家臣)
織田長益(織田信秀の11男、信長の弟、有楽)
北畠具房(伊勢国司、北畠具教の子)
真田昌幸(真田幸綱三男、信濃上田城主)

死没
7/12:千葉利胤(33:下総本佐倉城主)
7/13:結城政朝(69:下総結城氏当主)
10月:細川国慶(?:細川氏綱の一族)

続きを読む "天文十六年(1547)" »

天文十七年(1548)

主な出来事
・斎藤道三、織田信秀と和議を結び、道三の娘を信秀の嫡子、信長に嫁がせる。
2/14:上田原の合戦 ○村上義清vs武田晴信●
3/19:小豆坂の合戦 ○太原雪斎vs織田信秀●
4月:六角定頼が、細川晴元と遊佐長教との間を仲介し、和睦する。(「戦争の日本史11」)
10/28:三好長慶が細川氏綱と結んで、晴元に反旗を翻す。
12/30:長尾景虎、兄晴景の養子となり、家督を相続する。(「上杉景勝のすべて」)

生誕
高台院(豊臣秀吉の正室、北政所)
牧野正勝(徳川家臣、後の半右衛門康成)
依田信蕃(武田~徳川家臣)

死没
・池田久宗(?:摂津池田城主)
・山名久通(?:因幡守護)
2月14日:甘利虎泰、板垣信方

続きを読む "天文十七年(1548)" »

天文十八年(1549)

主な出来事
6/24:江口合戦 ○三好長慶vs細川晴元、三好政長● 政長は討死する。(「戦争の日本史11」)
6/28:足利義晴、義藤親子、細川晴元が近江坂本へ退去する。
7月:三好長慶が細川氏綱を擁して上洛する。
7/31:イエズス会宣教師、フランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸し、キリスト教を伝える。
11/9:太原崇孚率いる今川勢が三河安祥城を攻略、城主織田信広(信長の庶兄)を捕虜とする。その後、織田方が預かる松平竹千代(後の徳川家康)と人質交換を行う。

死没
3/6:松平広忠(24:徳川家康の父)
6/24:三好政長(42:細川晴元家臣)
7月:平賀隆宗(?:安芸国人)
7/10:冷泉為和(64:歌人)
7/25:大井信為(20:信業の子、武田信虎の婿)
9/17:宇都宮俊綱(37:下野宇都宮氏当主)

続きを読む "天文十八年(1549)" »

天文十九年(1550)

主な出来事
2/10:大友二階崩れの変~豊後国大友家臣津久見美作守、田口新蔵人が主君大友義鑑の館を襲撃、義鑑の妻と三男塩市丸が殺され、義鑑も重傷を負う。津久見、田口両人はその場で討ち取られる。(「戦争の日本史12」)
2/12:重傷を負った大友義鑑が死去し、家督を嫡子義鎮が継ぐ。
5/4:前将軍足利義晴が死去する。(「戦争の日本史11」)
10/1:砥石崩れ ○村上義清vs武田晴信●
11/21:将軍足利義藤が、中尾城を放棄して近江堅田に退去する。


生誕
甘粕景継(上杉家臣)

死没
2月:入田親廉(大友家臣)、親誠(?:親廉の子)
2/10:大友塩市丸(?:義鑑三男)、津久見美作守(?:大友家臣)、田口新蔵人(?:大友家臣)
2/12:大友義鑑(49:豊後、肥後国守護)
2/26:上杉定実(73:越後守護)
5/4:足利義晴(40:室町幕府十二代将軍)
7/13:井上元兼(65:毛利家臣)
9/27:吉川興経(43:安芸国人)
10/1:横田高松(64?:武田家臣)

続きを読む "天文十九年(1550)" »

天文二十年(1551)

主な出来事
3/14:京都の伊勢貞孝の邸での酒宴の席で、三好長慶が奉公衆の進士九郎に襲撃される。長慶は三度、刀で突かれるも難を逃れ、九郎を討ち取る。その後、京都を離れて山崎へ退去する。(「戦争の日本史11」)
5月:真田幸綱が、信濃戸石城を攻略する。(「真田幸綱・昌幸・信幸・信繁―戦国を生き抜いた真田氏三代の歴史」)
5/5:河内守護代遊佐長教が、高屋城にて暗殺される。
8/1:長尾景虎、謀叛した房景、政景親子に最後通告し、降伏を促す。(「上杉景勝のすべて」)
8/28:大内家臣陶隆房、主君義隆に対して挙兵して、山口に攻め込む。義隆は法泉寺に脱出する。(「戦争の日本史12」)
9/1:大内義隆、大寧寺で自刃する。

生誕
三好義継(十河一存の子、三好長慶の養子)

死没
1/22:那須高資(?:政資の子、資胤の兄)
5/5:遊佐長教(61:河内守護代)
8/20:武田信隆(?:上総真里谷武田氏、椎津城主)
9/1:大内義隆(45:周防、長門、石見、豊前、筑前国守護)
9/2:大内義尊(7:義隆の子)
9月以降?:杉興運(?:大内家臣、筑前守護代)

続きを読む "天文二十年(1551)" »

天文二十一年(1552)

主な出来事
・細川氏綱が三好長慶に擁され、管領に任じられる。
・陶隆房、豊後から大友晴英を養子として大内氏家督に据え、自らは晴賢を名乗る。(「戦争の日本史12」)
1/2:近江守護六角定頼が死去する。(「戦争の日本史11」)
1/28:六角義賢の仲介で将軍足利義藤と三好長慶とが、和睦して上洛する。
3月:織田信秀の死を受けて、嫡子信長が弾正忠家の家督を継ぐ。(「織田信長文書の研究 上巻」)
4月:幕府が尼子晴久を因幡、伯耆、隠岐、出雲、美作、備前、備中、備後八ヶ国の守護に任じる。
4/23:越後守護代長尾景虎が、後奈良天皇より従五位下弾上少弼の位階を賜る。(「上杉景勝のすべて」)
12月:古河公方足利晴氏が、家督を梅千代王丸(後の義氏、北條氏綱娘の子)に家督を譲る。(「戦争の日本史10」)

生誕
高山重友(右近)
森可隆(可成長子)

死没
1/2:六角定頼(58:近江守護)
3/9:織田信秀(42:信長の父)
5/7:武田信虎正室大井夫人(55)
8/15:長尾房長(50:上田長尾氏、政景の父)
11/4:武田信政(?:上総真里谷武田信隆の子)、信応(38:上総真里谷武田信隆の弟)

続きを読む "天文二十一年(1552)" »

天文二十二年(1553)

主な出来事
7月:龍造寺隆信が筑後蒲池氏、肥前横岳氏らの支援を得て佐嘉城を奪還する。(「戦争の日本史12」)
8/1:三好長慶が、霊山城を攻略し、将軍足利義藤は近江朽木に退去する。(「戦争の日本史11」)
秋:陶晴賢が石見国に侵攻し、津和野城主の吉見政頼と交戦し、毛利元就に加勢を依頼する。元就はこの要請を一旦は受けるも、嫡子隆元は反対する。
11/19:長尾景虎、高野山に登る。(「上杉景勝のすべて」)
12月:備後国甲山城主山内隆通が宍戸隆家を通じて毛利元就に降伏する。陶晴賢、毛利氏が攻略した同国旗返城を毛利氏から召し上げ、大内家臣江良房栄を城主とする。
12/8:長尾景虎、大徳寺に詣でる。(「織田信長文書の研究 上巻」)

生誕
佐治信方(織田家臣、信長妹婿)
色部長実(上杉家臣)

死没
細川持隆(57:阿波守護)
閏1/13:平手政秀(62)
2/10:長尾晴景(45:越後守護代、上杉謙信の兄)
9月:
・杉重矩(56:大内家臣、豊前守護代)
・内藤国貞(?:丹波国人)

続きを読む "天文二十二年(1553)" »

天文二十三年(1554)

主な出来事
1月:尾張の織田信長が、村木城への出陣に際し、美濃の斉藤道三に援兵を依頼し、道三は家臣の安藤守就を派遣する。(「戦争の日本史13」)
5/11:毛利元就、隆元親子が安芸国人衆に陶氏との断交を表明する。(「戦争の日本史12」)
6/5:宮川口の合戦 ○毛利元就vs宮川房長●
7/12:尾張守護代織田彦五郎と坂井大膳が共謀し、守護の斯波義統を殺害する。難を逃れた子の岩龍丸(義銀)は那古野城の織田信長の元に逃げ込む。(「織田信長文書の研究 上巻」)
8月:大友義鎮が肥前守護職に任じられる。
11/20:菊池義武、豊後国木原にて大友義鎮の命により、自害して果てる。

生誕
上杉景虎(北条氏康の七男、上杉謙信養子)



u-kagetora.gifu-kagetora2.jpg
↑上杉景虎公の花押グッズはこちら↑

死没
6/5:宮川房長(?:陶家臣)
6/14:三木直頼(57)
7/12:斯波義統(42)
11/20:菊池義武(50:大友義鑑の弟)

続きを読む "天文二十三年(1554)" »

天文二十四~弘治元年(1555)

主な出来事
4月~閏10/15:第二次川中島合戦 △長尾景虎vs武田晴信△
駿河の今川義元の調停により、武田、長尾両氏が和睦を結んで撤兵する。
10/1:厳島の合戦 ○毛利元就vs陶晴賢●
10/23:弘治に改元する。


生誕
牧野貞成(徳川家臣、後の右馬允康成)
11/27:上杉景勝

死没
江良房栄(30:陶家臣)
本山清茂(48:土佐国人)
4/20:織田信友(?:尾張守護代)
6/26:織田秀孝(?:信長弟)
9/8:朝倉宗滴(81)
10/1:陶晴賢(35)
10/3:弘中隆包(35:大内家臣)
11/26:織田信光(41:信長叔父)

続きを読む "天文二十四~弘治元年(1555)" »




blogpeople



~人間考察ブログ・ランキング








まとめ買いで送料がおトク!「楽天24」


加藤珈琲


お米の稲田





iTunes Store(Japan)
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
映画館で並ばずにチケットが買える!