メイン




Google

Yahoo!ブックマークに登録

参考文献


応仁三~文明元年(1469)

主な出来事
1/8:足利義視が山名宗全邸に御成を行う。西軍諸将から馬、太刀を献上される。(「戦争の日本史9」)
3/14:足利義視が山名宗全邸に御成を行う。
4/28:文明に改元する。
10月:南朝の後裔小倉宮の息を上洛させるべく、越智家栄が大和国に下向する。

死没
9/1:長尾頼景(80:越後守護代)
10/17:一条政房(27?:権大納言)
11/20:成身院光宣(80:興福寺僧、筒井順覚の子)

続きを読む "応仁三~文明元年(1469)" »

文明二年(1470)

主な出来事
3/23:将軍足利義政が、室町殿に御土御門天皇、後花園法皇の臨幸を請い、観世座と細川被官らに猿楽を行わせる。(「戦争の日本史9」)
12/6:畠山政長が、南朝の末裔を称する日尊を討ち、首を京都に献ずる。

死没
8/4:京極持清(64:出雲、隠岐、飛騨、近江国守護)

続きを読む "文明二年(1470)" »

文明三年(1471)

主な出来事
2/29:興福寺の尋尊が朝倉孝景が東軍に帰参し、子の氏景も越前に下り、斯波義敏の被官になったという情報を得る。(「戦争の日本史9」)
5/21:将軍足利義政、越前守護職に任じる御内書と管領細川勝元の添状を朝倉孝景に送る。
6/6:京都の西軍に朝倉孝景が東軍に属したとの情報がもたらされる。
6/24:長尾景信の攻勢を受けて、古河公方足利成氏、下総の千葉孝胤の元に逃走する。
8/26:南朝小倉宮息が大和国壺坂寺から上洛し、北野松梅院に入る。その後、内裏に入る予定であったが、消息不明となる。

生誕
武田信縄(甲斐武田家第十七代当主)

死没
6月:六角政尭(?:前近江国守護)
6/3:武田信賢(52:若狭国守護)
9/18:山名豊之(?:伯耆守護、教之の子)
12/26:大内教幸(43:政弘の伯父)

続きを読む "文明三年(1471)" »

文明四年(1472)

主な出来事
・斯波松王丸、元服して義良(すけ)と名乗る。
1/15:山名宗全と細川勝元が和睦交渉を行う。(「戦争の日本史9」)
5/14:細川勝元と勝之をはじめ、内者14人が髻を切った他、山名宗全が切腹を計る。
8月:山名宗全が隠居し、子の政豊が跡を継ぐ。

続きを読む "文明四年(1472)" »

文明五年(1473)

主な出来事
6/23:山内上杉氏の家宰長尾景信が死去し、後継者に嫡子景春を差し置いて弟の忠景が就く。(「戦争の日本史9」)
11/24:足利成氏が五十子の上杉陣を急襲し、扇谷上杉政真が討死する。(「武士はなぜ歌を詠むか」)
12/19:足利義政、将軍職を子の義尚に譲る。義尚、元服し将軍宣下を受ける。畠山政長、元服式のために一時、管領に就任する。

生誕
諏訪頼満

死没
小早川煕平(58?:安芸国の国人)
1/13:山名教之(?:伯耆、備前国守護)
1/21:伊勢貞親(57:前政所執事)
3/18:山名宗全(70:山名氏総領)
5/11:細川勝元(44:細川氏総領)
6/23:長尾景信(61:関東管領上杉氏の家宰)
11/24:上杉政真(23:相模守護、扇谷上杉氏当主)

続きを読む "文明五年(1473)" »

文明六年(1474)

主な出来事
4/3:山名政豊と細川政元が講和を締結する。東軍赤松政則、西軍畠山義就が反対したため、両家のみの単独講和になったという。(「戦争の日本史9」)
7/26:加賀国で真宗本願寺派と高田派の対立が表面化し、同国守護富樫幸千代が高田派を、富樫政親が本願寺派をそれぞれ支援し、合戦となる。(「戦争と日本史14」)


死没
4月:島津立久(43:薩摩、大隅、日向国守護)

続きを読む "文明六年(1474)" »

文明七年(1475)

主な出来事
・加賀国で本願寺の威光を背景とした国民が、白山社への年貢納入を拒否する。(「戦争と日本史14」)
1/1:四方拝、平座の儀が行われ、朝議が再興される。(「戦争の日本史9」)
2/19:甲斐八郎、将軍足利義尚と対面し、遠江守護代に任じられ、斯波義良と共に遠江に下向する。
11/18:斯波義廉、尾張に入国する。以降、義廉の動向が不明となる。

続きを読む "文明七年(1475)" »

文明八年(1476)

主な出来事
・太田道灌が駿河に出陣する。(「武士はなぜ歌を詠むか」)
6月:長尾景春が挙兵する(長尾景春の乱)。
9月:足利義視と大内政弘が幕府と和睦交渉をはじめる。(「戦争の日本史9」)

死没
2/6:今川義忠(41:駿河守護)
6/15:日野勝光(48:日野富子の兄)

続きを読む "文明八年(1476)" »

文明九年(1477)

主な出来事
1/18:長尾景春、五十子の両上杉勢を破る。(「武士はなぜ歌を詠むか」)
5/13:太田道灌、山内上杉顕定、扇谷上杉定正と合流し、用土原で長尾景春を破る。
7月:足利成氏、長尾景春の援軍として出兵する。
9/22:畠山義就、東軍の兵が見物する中、二千余の兵を率いて京都を退去、河内国に下向する。
10/3:幕府、大内政弘に周防、長門、豊前、筑前四ヶ国守護職を与え、石見国仁摩郡、安芸国東西条当知行地が安堵される。
11/11:西軍諸将が分国への帰国を始める(応仁の乱終わる)。足利義視は聖護院道興、三条公躬と共に土岐成頼に護られ、美濃国に下向する。
12月:畠山政長が管領に就任する。

死没
5月:長野為兼(?:上野国人?)
12月:布施英基(?:足利義政の奉行人)

続きを読む "文明九年(1477)" »

文明十年(1478)

主な出来事
1/1:山内上杉、扇谷上杉両氏と古河公方足利成氏が和議を締結する。(「戦争の日本史9」)
1/11:幕府、土御門内裏の修理費用調達のため、京都七口に新関を設ける。
4月:畠山政長、山城守護職に任じられる。
7/17:太田道灌、長尾景春の居城、鉢形城を攻略し、山内上杉顕定の居城とする。景春は秩父に逃走する。(「武士はなぜ歌を詠むか」)
9/16:大内政弘、北九州に出兵し、少弐政資や大内教弘の残党らを討伐し、豊前、筑前両国を平定する。少弐政資は肥前国に逃亡する。(「戦争の日本史12」)

続きを読む "文明十年(1478)" »

文明十一年(1479)

主な出来事
4/26:内裏の修理が始まる。(「戦争の日本史9」)
11/22:将軍足利義尚、判始、評定始を行い、石清水八幡宮に寄進状を発給するも、父義政の判を使用する。

続きを読む "文明十一年(1479)" »

文明十二年(1480)

主な出来事
1/6:太田道灌、長尾景春討伐のため、武蔵国児玉に布陣する。(「武士はなぜ歌を詠むか」)
5/2:将軍足利義尚、髻を切って父義政に抗議し、遁世を図る。義政、これを宥める。(「戦争の日本史9」)
6/24:太田道灌、長尾景春の日野城を攻略する。景春は逃走する。

死没
2/21:斎藤妙椿(70:美濃国土岐家臣)
10/5:一条教房(58:前関白、土佐国幡多荘領主)

続きを読む "文明十二年(1480)" »

文明十三年(1481)

主な出来事
1/9:将軍足利義尚、髻を切って父義政に抗議する。(「戦争の日本史9」)
1/11:日野富子が京都七口に関所を設置しようとするも、住人に破られて失敗する。
10/20:足利義政、寺社本所領の返還が進まない事に腹を立て、小川御所を出て岩倉の聖護院に隠居する。

死没
3/29:結城氏弘(31:下野結城城主)

続きを読む "文明十三年(1481)" »

文明十四年(1482)

主な出来事
5/1:将軍足利義尚、伊勢貞宗邸から小川御所に移る。(「戦争の日本史9」)
6/29:大和の越智家栄の仲介で細川政元と畠山義就が和睦し、政元が義就に鷹を贈る。(「戦争の日本史11」)
7/13:足利義政が、子の将軍義尚に権限委譲を表明する。
11月:幕府、堀越公方の伊豆一国支配を条件に古河公方への追討命令を撤回する。(「武士はなぜ歌を詠むか」)
11/27:足利義政、古河公方足利成氏に御内書を与え、成氏の御料所の一部を堀越公方足利政知に譲る条件で和睦する(享徳の大乱終わる。都鄙合体)。
12月:将軍足利義尚と日野富子が、畠山義就を山城国守護に任じようとするも、政所執事伊勢貞宗の反対意見を支持した足利義政が許さず、逆に義就治罰を命じる。

死没
2/25:長尾重景(58:越後守護代)
閏7/14:河野通春(62?:伊予国河野一族)

続きを読む "文明十四年(1482)" »

文明十五年(1483)

主な出来事
・少弐政資、肥前国綾部城の渋川万寿丸を攻め、筑前国に追う。(「戦争の日本史12」)
1月:幕府、山城国守護職に武田国信を任じるべく、候補として打診するが、畠山義就が南山城を占拠している状況では任を全うするのは困難であるとして辞退される。(「戦争の日本史9」)
8月:畠山政長が、畠山義就を朝敵とする綸旨を手に入れる。(「戦争の日本史11」)

続きを読む "文明十五年(1483)" »

文明十六年(1484)

主な出来事
・豊後、筑後守護大友政親が家督を子の義右に譲る。(「戦争の日本史12」)

続きを読む "文明十六年(1484)" »

文明十七年(1485)

主な出来事
6/21:島津武久率いる守護勢が日向国飫肥城にて島津久逸、伊東祐国を破る。久逸は薩摩に召喚され、祐国は討死する。(「戦争の日本史12」)
6/15:足利義政が、出家する。(「戦争の日本史9」)
12/11:山城国の国人が集会を行い、同国内に滞陣する両畠山軍に退去を促す(山城国一揆)。(「戦争の日本史11」)
12/26:足利義政、奉行布施英基を召し返して室町殿へ出仕させる、幕府奉公衆が将軍義尚に直訴して決起、英基をはじめ4人の奉行衆が誅殺される。

死没
6/21:伊東祐国(36:日向国人)

続きを読む "文明十七年(1485)" »

文明十八年(1486)

主な出来事
2/13:山城国人衆が宇治平等院に会合し、国掟を定める。(「戦争の日本史11」)
7/26:太田道灌が、主君上杉定正に討たれる。
辞世の句:かかる時さこそ命の惜しからめかねてなき身と思ひしらずば(「定本常山紀談 上」)

生誕
冷泉為和(歌人)

死没
・千葉胤朝(?:肥前小城城主)
7/26:太田道灌(55)

続きを読む "文明十八年(1486)" »

文明十九年~長享元年(1487)

主な出来事
6/25:堀越公方足利政知の子、香厳院清晃(後の義澄)が上洛して足利義政と対面する。(「戦争の日本史9」)
7/20:長享に改元する。
9/12:将軍足利義尚、近江守護六角高頼征伐のために出陣する。加賀守護富樫政親らが将軍に従う一方、守護大名の多くが出兵に反対し、子息を代官として義尚に同行させる。

生誕
・横田高松(?:甲斐武田家臣)

死没
・渋川万寿丸(?:筑前亀尾城主)
11/9:小鹿範満(?:駿河今川氏一族)

続きを読む "文明十九年~長享元年(1487)" »




blogpeople



~人間考察ブログ・ランキング








まとめ買いで送料がおトク!「楽天24」


加藤珈琲


お米の稲田





iTunes Store(Japan)
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
映画館で並ばずにチケットが買える!