メイン




Google

Yahoo!ブックマークに登録

参考文献


康正三~長禄元年(1457)

主な出来事
・政所執事伊勢貞親、将軍御所造営段銭を課す。(「戦争の日本史9」)
1/1:斯波義敏、父持種と共に出奔して東山東光寺に立て籠もる。
7/23:幕府、畠山義富を赦免する。
9月:畠山義富が死去し、成身院光宣の画策で、義富の弟政長が後継者として擁立される。
12月:幕府、足利義政の庶兄を政知と還俗させ、新たな鎌倉公方として関東に派遣する。
12/2:赤松氏旧臣が吉野の南朝の子孫兄弟二人を討ち取る。丹生屋帯刀左衛門尉、四郎左衛門尉兄弟が一度は神璽も奪還するものの、逆に南朝方に討たれる。
12/19:天龍寺香厳院主清久が還俗して名を政知と改め、左馬頭に任じられる。
12/24:
・足利政知、渋川義鏡とともに京を出陣、近江国園城寺に入る。(「戦争の日本史9」)
・足利政知、伊豆に到着し、三島大明神に参詣、木戸孝範を加冠役として元服する。(「武士はなぜ歌を詠むか」)

死没
・山名宗全の妻(?:)
9月:畠山義富(?:持富の子)

続きを読む "康正三~長禄元年(1457)" »

長禄二年(1458)

主な出来事
・山名宗全、赤松氏旧臣の石見太郎左衛門を暗殺する。(「戦争の日本史9」)
3月:赤松氏旧臣小寺藤兵衛、越智家栄の協力を得、小川弘光と共に神璽を奪回する。
7/25:将軍足利義政、内大臣に任じられる。
8/9:山名宗全、入京して将軍義政と対面し、赦免される。
8/30:神璽が入京し、内裏に安置される。
10/14:季瓊真蘂、将軍足利義政に赤松次郎法師(政則)への恩賞に関して伺いを立てる。
11/10:関東で幕府方が敗れたとの注進が幕府へ届けられる。
11/19:管領細川勝元の仲介で赤松次郎法師が将軍足利義政に対面を果たし、赤松氏の再興が成る。
11/27:将軍足利義政、上御所の地に室町殿の新造を管領細川勝元らに命じる。

続きを読む "長禄二年(1458)" »

長禄三年(1459)

主な出来事
・赤松次郎法師、季瓊真蘂に対して、拝領した加賀国及び備前国新田庄について幕府からの御教書を求める。(「戦争の日本史9」)
1/2:幕府政所執事二階堂忠行が辞任する。
1/9:将軍義政室の日野富子に子が生まれるも、そのまま早世し、義政の乳母今参局による呪詛が噂される。
1/18:今参局、自害して果てる。
5月:越前、尾張、遠江国守護斯波義敏、周防国の大内教弘の元に没落する。義敏の守護職は剥奪される。
8/13:越前、遠江国守護代甲斐常治が死去し、家督を子の敏光が継ぎ、斯波義敏が没落した後の守護職には子の松王丸が任じられる。
10/9:将軍足利義政が、畠山弥三郎を赦免し、「政久」の諱を与える。(「人物叢書 山名宗全」)
11/16:上御所の造営が完成し、将軍義政、それまで居住していた烏丸殿より移徒する。

死没
1/18:今参局(?:将軍義政の乳母)
8/11:堀江利真(?:越前国人)
8/13:甲斐常治(?:越前、遠江守護代)

続きを読む "長禄三年(1459)" »

長禄四~寛正元年(1460)

主な出来事
6月:伊勢貞親が政所執事に就任する。(「戦争の日本史9」)
7/18:近江国守護六角政尭、家臣伊庭某を討って出奔して剃髪する。幕府、政尭の叔父久頼の子、高頼に家督を継がせる。
9/20:畠山義就、河内へ没落し、政長が畠山氏惣領となる。政長支援のため、大和筒井勢三百ばかりが上洛する。
閏9/5:幕府、管領細川勝元をはじめ、諸大名に畠山義就討伐を命じる。
閏9/18:畠山義就討伐のため、治罰の綸旨と旗が下される。

12/21:寛正に改元する。

続きを読む "長禄四~寛正元年(1460)" »




blogpeople



~人間考察ブログ・ランキング








まとめ買いで送料がおトク!「楽天24」


加藤珈琲


お米の稲田





iTunes Store(Japan)
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
映画館で並ばずにチケットが買える!