メイン




Google

Yahoo!ブックマークに登録

参考文献


享徳四~康正元年(1455)

主な出来事
1/21~25:足利成氏と上杉勢が武蔵国立河原、分倍川原で合戦し、上杉勢が大敗する。(「戦争の日本史9」)
2/28:邦康親王、後崇光院の猶子として、親王宣下を受ける。(「戦争の日本史8」)
3/26:前管領畠山持国が死去し、家督を子の義夏が継ぐ。
3/28:幕府、新たな関東管領を上杉房顕と定め、京都から関東に下向する。
6/16:駿河守護今川範忠、足利成氏討伐のため、鎌倉に侵攻する。(「武士はなぜ歌を詠むか」)
7/25:康正に改元する。
8/27:足利義政、右近衛大将に補され、日野富子を御台所に定める。
9/24:足利成氏追討の綸旨が下される。

生誕
赤松政則

死没
赤松時勝(23:政則の父)
1/21:上杉憲顕(?:犬懸上杉家)
1/24:上杉顕房(21?:扇谷上杉家)
3/26:畠山持国(58:前管領)
5/12:赤松則尚(31:赤松満祐の甥)

続きを読む "享徳四~康正元年(1455)" »

康正二年(1456)

主な出来事
1/18:将軍足利義政、小笠原国松(政秀)に祖父政康以来の所領を安堵する。(「戦争の日本史9」)
9月:信濃国守護小笠原光康、足利成氏征伐のため、出陣する。
10/2:近江国守護六角久頼、度重なる京極氏からの干渉に憤り、自害して果てる。跡を兄時綱の子政尭が継ぐ。

死没
・山内時通(?:備後国人)
10/2:六角久頼(?:近江国守護)
11月:馬加康胤(?:下総千葉城主)

続きを読む "康正二年(1456)" »

康正三~長禄元年(1457)

主な出来事
・政所執事伊勢貞親、将軍御所造営段銭を課す。(「戦争の日本史9」)
1/1:斯波義敏、父持種と共に出奔して東山東光寺に立て籠もる。
7/23:幕府、畠山義富を赦免する。
9月:畠山義富が死去し、成身院光宣の画策で、義富の弟政長が後継者として擁立される。
12月:幕府、足利義政の庶兄を政知と還俗させ、新たな鎌倉公方として関東に派遣する。
12/2:赤松氏旧臣が吉野の南朝の子孫兄弟二人を討ち取る。丹生屋帯刀左衛門尉、四郎左衛門尉兄弟が一度は神璽も奪還するものの、逆に南朝方に討たれる。
12/19:天龍寺香厳院主清久が還俗して名を政知と改め、左馬頭に任じられる。
12/24:
・足利政知、渋川義鏡とともに京を出陣、近江国園城寺に入る。(「戦争の日本史9」)
・足利政知、伊豆に到着し、三島大明神に参詣、木戸孝範を加冠役として元服する。(「武士はなぜ歌を詠むか」)

死没
・山名宗全の妻(?:)
9月:畠山義富(?:持富の子)

続きを読む "康正三~長禄元年(1457)" »




blogpeople



~人間考察ブログ・ランキング








まとめ買いで送料がおトク!「楽天24」


加藤珈琲


お米の稲田





iTunes Store(Japan)
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
映画館で並ばずにチケットが買える!