メイン




Google

Yahoo!ブックマークに登録

参考文献


嘉吉四~文安元年(1444)

主な出来事
2/5:文安に改元する。
2/18:管領畠山持国が、分国内に禁闕の変に関与した者がいた事の責任を取り、辞任を表明する。細川勝元、山名持豊らが慰留する。(「戦争の日本史9」)
2/28:足利三春、日野重子が畠山持国を慰留し、持国、辞意を撤回する。

死没
3/13:筒井実憲(?:大和の国人)

続きを読む "嘉吉四~文安元年(1444)" »

文安二年(1445)

主な出来事
1/20:播磨国東三郡において山名一族と赤松一族が合戦となる。敗れた赤松満政、摂津国有馬の赤松(有馬)持家の元に逃れる。(「戦争の日本史9」)
1/26:後花園天皇による赤松満政への治罰の綸旨が山名持豊に下される。
1/28:近江守護六角氏の被官が一揆を催し、守護持綱の弟時綱を擁して満綱、持綱親子を攻め、自害に追い込む。
3/4:管領畠山持国、辞表を提出する。
3/24:細川勝元、管領に就任する。
4/4:赤松満政らの首が京都高辻河原に晒される。
4/23:幕府、近江国守護に満綱の四男で相国寺の僧である久頼を還俗させて任じる。

死没
1/28:六角満綱(45:前近江国守護)、六角持綱(?:近江国守護)
6/13:小泉重弘(?:大和の国人)

続きを読む "文安二年(1445)" »

文安三年(1446)

主な出来事
春:信濃国漆田原で守護小笠原宗康と従兄持長が合戦に及び、宗康が討死する。(「戦争の日本史9」)
10/16:管領細川勝元、加賀国守護の問題を受けて辞意を表明する。次期将軍足利三春(義成)、これを承認せず、勝元は留任する。
9/5:近江守護六角久頼、治罰の御教書を得て近江に出陣、京極持清の助勢を受けて飯高山を攻略し、持綱を討つ。
12/13:次期将軍足利三春、後花園天皇の命名により義成に改名する。
12/15:足利義政、従五位上に叙される。

死没
小笠原宗康(?:信濃国守護)
渋川満頼(75:前九州探題)
9/5:六角持綱(?:満綱三男)

続きを読む "文安三年(1446)" »

文安四年(1447)

主な出来事
2/25:管領細川勝元が、山名持豊の養女を娶る。(「武士はなぜ歌を詠むか」)
3月:幕府、足利持氏の遺児、万寿王丸を新たな鎌倉公方とし、成氏と名乗らせる。
5/17:管領細川勝元、加賀国を成春と泰高が半国ずつ守護を務めるように提案し、足利義成の御教書も発給されるも、成春方がこれを拒否し、加賀国に入った幕府使節が攻撃を受ける。(「戦争の日本史9」)
6/28:摂津、河内国で徳政を求めた土一揆が蜂起する。
7/4:上杉憲実の子、龍忠丸(憲忠)を関東管領に補任する綸旨が管領細川勝元に発せられる。
7/15:京都周辺で徳政を求めた土一揆が蜂起する。
7/16:
・幕府、土一揆の洛中侵入を阻止すべく、諸大名に警固を命じる。
・山名持豊、自身への治罰の綸旨が畠山持国に下されたとの噂から、分国の軍勢を京都に召し寄せる。
8/7:富樫成春、加賀国江沼郡を泰高に明け渡す。
8/27:足利万寿王丸(成氏)、鎌倉に入る。

生誕
武田信昌(甲斐武田家第十六代当主)

続きを読む "文安四年(1447)" »

文安五年(1448)

主な出来事
8/8:河内国当麻に潜んでいた赤松則繁が、甥の赤松則尚に討ち取られる。(「戦争の日本史9」)
11/12:畠山持国が、実施義夏(後の義就)を僧籍に入れ、家督を弟持富とする。(「戦争の日本史11
11/21:畠山持国が、家督を弟持富ではなく、石清八幡宮の社僧にする予定であった実子義夏に譲る事とする。

死没
8/8:赤松則繁(?:満祐弟)

続きを読む "文安五年(1448)" »

文安六~宝徳元年(1449)

主な出来事
・足利万寿王丸、元服し、将軍義成の一字を拝領し、成氏と称する。
4/16:足利義成、加冠役を管領細川勝元が務めて元服する。三代将軍義満の例に倣い、この日のみ、勝元は官位を右京大夫から武蔵守に改める。同時に政所執事も伊勢貞国から二階堂忠行に交替する。(「戦争の日本史9」)
4/29:足利義成に征夷大将軍宣下が下される。義成、判始を行うものの、御教書は享徳六年まで発給せず。
7/28:宝徳に改元する。
9/5:細川勝元、管領を辞任する。
10/5:畠山持国、管領に就任する。

死没
2/27:上杉房朝(29:越後守護)

続きを読む "文安六~宝徳元年(1449)" »




blogpeople



~人間考察ブログ・ランキング








まとめ買いで送料がおトク!「楽天24」


加藤珈琲


お米の稲田





iTunes Store(Japan)
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
映画館で並ばずにチケットが買える!