メイン




Google

Yahoo!ブックマークに登録

参考文献


元暦二~文治元年(1185)

2/8:源義経、屋島の平氏討伐のため、出陣の許可を後白河法皇に求める。(「戦争の日本史6」)
2/10:源義経、京都を出陣する。
2/19~21:屋島合戦 ○源義経vs平宗盛●
3/24:壇ノ浦の戦い 平氏滅亡する。
4/3:壇ノ浦における平氏滅亡の報が京都に届く。
4/11:壇ノ浦の合戦のk記録をまとめた源義経の報告が鎌倉に届く。
4/21:梶原景時より、源義経の行動を告発する書状が鎌倉に届く。
4/29:源頼朝、田代信綱に関東に忠を尽くす武士は義経に従わぬように命じる。
5/15:源義経、捕虜とした平宗盛、清宗親子を伴って相模国酒匂駅で北條時政の出迎えを受ける。
5/24:源頼朝、義経の鎌倉入りを拒否する。
6/21:平宗盛、清宗が近江国篠原宿で処刑される。
8/4:源頼朝、佐々木定綱に源行家追討を命じる。
8/14:文治に改元する。
8/29:源義経、伊予守に任じられる。
9月:源頼朝、源義経、行家の監視のため、梶原景季を京都に派遣する。
10/6:源頼朝、梶原景季より、義経の動向に関する報告を受ける。
10/13:源義経、後白河法皇に対して頼朝追討の命を下すように願う。
10/16:後白河法皇、源義経、行家に頼朝討伐の院宣を発する。
10/28:源頼朝、京都を目指して鎌倉を発つ。
11/1:源頼朝、黄瀬川に到着。
11/3:源義経と行家、京都を発つ。
11/6:源義経と行家、摂津国大物浜から船出するも、船が転覆してしまう。
11/8:源頼朝、上洛を取りやめて鎌倉に戻る。
11/11:源義経、行家追討の院宣が発せられる。
12/25:源頼朝、日本国惣追捕使、惣地頭に任じられる。

続きを読む "元暦二~文治元年(1185)" »

文治二年(1186)

主な出来事
5/12:和泉国に潜伏していた源行家が討たれる。

生誕
2/26:貞暁(源頼朝の三男)

死没
3/9:武田信義(59:甲斐源氏総領)
5/12:源行家(?)

続きを読む "文治二年(1186)" »

建久二年(1191)

生誕
北条政範(北条時政と正室牧の方との子)

続きを読む "建久二年(1191)" »

建久三年(1192)

主な出来事
7/12:源頼朝、征夷大将軍に任じられる。(「戦争の日本史5」)


死没
3/13:後白河法皇(46)

建久四年(1193)

主な出来事
5/16:源頼朝が開催した富士の巻狩りで、嫡子頼家が大鹿を射止める。(「鎌倉源氏三代記~一門・重臣と源家将軍」)
8月:源頼朝が、弟範頼を謀叛の疑いで誅殺する。

死没
8月:源範頼(頼朝弟)
11/29:安田義資(?:鎌倉幕府御家人)

続きを読む "建久四年(1193)" »

建久五年(1194)

主な出来事
2/2:北条泰時が元服する。源頼朝、泰時に三浦義村の娘を嫁がせる事とする。(「鎌倉源氏三代記~一門・重臣と源家将軍」)

死没
安田義定(61:鎌倉幕府御家人、前遠江守護)

続きを読む "建久五年(1194)" »

建久六年(1195)

主な出来事
3月:源頼朝、東大寺落慶供養参列のため、上洛する。(「武士はなぜ歌を詠むか」)

続きを読む "建久六年(1195)" »

建久十~正治元年(1199)

主な出来事
4/6:源頼朝の持つ諸国守護職を、嫡子頼家が継承する事を承認する朝廷からの使者が鎌倉に到着し、頼家の鎌倉殿相続が行われる。(「鎌倉源氏三代記~一門・重臣と源家将軍」)
4/27:正治に改元する。
11/13:源頼家が、梶原景時に御家人六十六人連署の景時弾劾文を示し、弁明を求めるも、景時は弁明せず、相模一宮に退去する。

続きを読む "建久十~正治元年(1199)" »

正治二年(1200)

主な出来事
1/20:梶原景時が、上洛の途次、駿河で御家人の討伐を受け、討死する。(「鎌倉源氏三代記~一門・重臣と源家将軍」)

死没
梶原景時(?:幕府御家人)

続きを読む "正治二年(1200)" »

建仁三年(1203)

主な出来事
5/19:千幡(後の源実朝)の乳母夫である阿野全成が謀叛の疑いで捕縛される。(「鎌倉源氏三代記~一門・重臣と源家将軍」)
7/20:源頼家が病床につく。
8/27:源頼家の家督継承に関する評定が開かれ、頼家の子一幡に日本国惣守護職と関東二十八カ国の地頭職、頼家の弟千幡(実朝)に関西三十八カ国の地頭職を譲る事を決める。
9/2:北条時政が、源一幡と比企一族を討つ。
9/7:源頼家が落飾し、伊豆修善寺に護送される。
9/10:源実朝が、北条政子亭から北条時政亭に移る。
9/15:
・源実朝が、北条時政亭から北条政子亭に移る。
・京都から源実朝の征夷大将軍補任の除目聞書が鎌倉に到来する。

死没
6/23:阿野全成(51:源頼朝弟)
7/16:阿野頼全(?:全成の子)
9/2:源一幡(6:頼家の子)、比企能員(?:鎌倉幕府御家人)

続きを読む "建仁三年(1203)" »

建仁四~元久元年(1204)

主な出来事
2月:伊勢、伊賀にて平氏に残党が蜂起し、守護山内首藤経俊を追放する。(「鎌倉源氏三代記~一門・重臣と源家将軍」)
2/20:元久に改元される。
4/10-12:平賀朝雅が伊勢の平氏残党を討伐する。
7/18:源頼家が、北条氏によって殺害される。

死没
7/18:源頼家(23:鎌倉幕府二代将軍)
11/5:北条政範(14:北条時政と正室牧の方との子)

続きを読む "建仁四~元久元年(1204)" »

元久二年(1205)

主な出来事
6/22:畠山重忠が、謀叛の疑いで誅殺される。(「鎌倉源氏三代記~一門・重臣と源家将軍」)
閏7/19:北条時政が鎌倉を退去し、伊豆北条に隠居する。

死没
6/22:畠山重忠(42:鎌倉幕府の御家人)
閏7/26:平賀朝雅(?:鎌倉幕府の御家人、京都守護)

続きを読む "元久二年(1205)" »

元久三~建永元年(1206)

主な出来事
・源頼家の遺児、公暁が将軍源実朝の猶子となる。(「鎌倉源氏三代記~一門・重臣と源家将軍」)
2/4:源実朝が、北条義時の山荘へ雪見に出向き、「和歌御会」を行う。(「武士はなぜ歌を詠むか」)

承元二年(1208)

主な出来事
・源頼朝の子で、仁和寺にあった僧貞暁が、高野山に入る。(「鎌倉源氏三代記~一門・重臣と源家将軍」)

承元三年(1209)

主な出来事
・和田義盛が、上総介推挙を将軍源実朝に求めるも、北条政子の反対により、これを拒否する。(「鎌倉源氏三代記~一門・重臣と源家将軍」)
11/14:北条義時が、将軍源実朝に北条氏郎党に対し、御家人に準じた待遇を求めるも、実朝はこれを拒否する。

承元四年(1210)

主な出来事
9/13:源実朝、将軍邸にて歌会を行う。(「武士はなぜ歌を詠むか」)
11/21:源実朝、将軍邸にて歌会を行う。

承元五~建暦元年(1211)

主な出来事
3/9:建暦に改元する。
9/5:源公暁が、鶴岡社務定暁の元で落飾する。(「鎌倉源氏三代記~一門・重臣と源家将軍」)

建暦二年(1212)

主な出来事

9/26:源仲章が、藤原定家を訪ねる。(「現代語訳 吾妻鏡 1~頼朝の挙兵」)

建暦三~建保元年(1213)

主な出来事
2/16:信濃源氏泉親衡の謀叛が露見する。(「鎌倉源氏三代記~一門・重臣と源家将軍」)
5/2-3:和田合戦。鎌倉で和田一族と幕府方が市街戦となり、和田義盛はじめ、一族が討死する。
12/6:建保に改元する。

死没
5/3:和田義盛(67:侍所別当)

続きを読む "建暦三~建保元年(1213)" »

建保二年(1214)

主な出来事
11/13:京都で、和田義盛の残党に擁された源頼家の遺児、栄美が幕府勢に討たれる。(「鎌倉源氏三代記~一門・重臣と源家将軍」)

死没
11/13:栄美(14:源頼家三男)

建保七~承久元年(1219)

主な出来事
1/27:将軍源実朝が、鶴岡社にて源頼家の遺児である、鶴岡社務公暁に暗殺される。公暁も北条義時によって誅殺される。(「鎌倉源氏三代記~一門・重臣と源家将軍」)
4/12:承久に改元する。
7/19:九条頼経が、鎌倉に到着する。

死没
1/27:源実朝(28:鎌倉幕府三代将軍)、公暁(20:源頼家の子、鶴岡社務)
7/13:源頼茂(?:政所別当)

続きを読む "建保七~承久元年(1219)" »

承久二年(1220)

主な出来事
4/15:京都東山で源頼家の四男禅暁が誅殺される。(「鎌倉源氏三代記~一門・重臣と源家将軍」)

死没
4/15:禅暁(?:源頼家四男)

続きを読む "承久二年(1220)" »

承久三年(1221)

主な出来事
5月:承久の乱 ○鎌倉幕府vs後鳥羽上皇●

貞応二年(1223)

主な出来事
・北条政子が、高野山に金剛三昧院を建立する。(「鎌倉源氏三代記~一門・重臣と源家将軍」)

嘉禄二年(1226)

主な出来事
・畠山重忠誅殺後、空席としていた留守所惣検校職に、河越重員が任じられる。(「鎌倉源氏三代記~一門・重臣と源家将軍」)

仁治二年(1241)

4月3日:関東で大地震発生、由比ヶ浜に津波が押し寄せる。(「地震の日本史」)

仁治三年(1242)

主な出来事
1/20:邦仁親王、即位する。(後嵯峨天皇)

生誕
11/22:宗尊親王(後嵯峨天皇の第一皇子)

死没
1/9:四条天皇(12:)

仁治四~寛元元年(1243)

主な出来事
2/26:寛元に改元する。

生誕
6/10:後深草天皇

寛元四年(1246)

主な出来事
1/29:久仁親王、即位する。(後深草天皇)
3月:北條時頼、執権に就任する。
10月:西園寺実氏、関東申次に指名される。(「戦争の日本史8」)

寛元五~宝治元年(1247)

主な出来事
・宝治合戦 ○北條時頼vs三浦泰村●
2/28:宝治に改元する。

死没
6/6:三浦泰村(64)

建長三年(1251)

主な出来事
・足利泰氏が出家する。(「戦争の日本史7」)

生誕
北條時宗

建長四年(1252)

主な出来事
2/20:幕府、征夷大将軍藤原頼嗣を解任する。(「武士はなぜ歌を詠むか」)
4/1:宗尊親王、新将軍として鎌倉に到着し、執権北条時頼の邸に入る。。

続きを読む "建長四年(1252)" »

建長八~康元元年(1256)

主な出来事
10/5:康元に改元する。
11/23:北条時頼、執権職を一族の長時に譲って出家し、最明寺入道を号す。(「戦争の日本史8」)

続きを読む "建長八~康元元年(1256)" »

康元二~正嘉元年(1257)

主な出来事
3/14:正嘉に改元する。
8/23:鎌倉周辺で大地震発生する。(「地震の日本史」)

続きを読む "康元二~正嘉元年(1257)" »

正元二~文応元年(1260)

主な出来事
3/21:鎌倉で将軍宗尊親王の婚儀が行われる。(「武士はなぜ歌を詠むか」)

続きを読む "正元二~文応元年(1260)" »

文応二~弘長元年(1261)

主な出来事
2/20:弘長に改元する。

続きを読む "文応二~弘長元年(1261)" »

弘長四~文永元年(1264)

主な出来事
10月:執権北條政村、北条時輔を京都六波羅南方探題に移す。(「戦争の日本史7」)

死没
8/21:北条長時(36:執権)

文永二年(1265)

主な出来事
9/17:宗尊親王、中務卿に任じられる。(「武士はなぜ歌を詠むか」)

文永三年(1266)

主な出来事
6/20:北条時宗、政村、実時、安達泰盛、「深秘の御沙汰」を行う。(「武士はなぜ歌を詠むか」)
・執権北條政村、征夷大将軍宗尊親王を解任し、京都に送還する。
7/20:宗尊親王、上洛し六波羅の北条時茂邸に入る。
7/23:宗尊親王の第一王子、惟康が征夷大将軍宣下を受ける。
8月:モンゴル皇帝クビライ、日本へ使者を派遣するも、朝鮮半島巨済島で引き返す。(「戦争の日本史7」)

文永四年(1267)

主な出来事
11月:高麗使潘阜、モンゴルの国書を持って筑前国博多に到着する。(「戦争の日本史7」)

文永五年(1268)

主な出来事
・正月:高麗使潘阜、筑前国守護、少弐資能に面謁し、モンゴルの国書と高麗王からの書簡などを渡す。(「戦争の日本史7」)
・閏正月:執権北條政村が辞任し、時宗が後任となる。
閏1/8:少弐資能、潘阜から渡されたモンゴルの国書と高麗王からの書簡などを大田長盛、伊勢法橋に持たせて関東へ送る。
2月:幕府、潘阜から渡されたモンゴルの国書と高麗王からの書簡などを佐々木行信、二階堂行綱に持たせて京都へ送る。
2/8:関白近衛基平、モンゴルからの国書を実見する。

続きを読む "文永五年(1268)" »

文永六年(1269)

主な出来事
3月:モンゴル、高麗からの使節六十余人が対馬に至る。(「戦争の日本史7」)

死没
西園寺実氏(76:関東申次、太政大臣)

文永七年(1270)

主な出来事
幕府、前年のモンゴル、高麗からの使者への返蝶を中止させる。(「戦争の日本史7」)
4月:高麗で三別抄がモンゴルの統治に対して反乱を起こす。

文永八年(1271)

主な出来事
・幕府、九州に所領を持つ東国御家人に九州に下向しての異国からの防禦と領内悪党の鎮圧を命じる。
9月:モンゴルからの使者、趙良弼が大宰府に到着する。 
9/2:高麗から京都にモンゴル軍の日本侵攻と三別抄への救援要請が届く。(「戦争の日本史7」)

文永九年(1272)

主な出来事
・モンゴルからの使者、趙良弼、一旦帰国するも、数ヵ月後に再来日して大宰府で交渉を続ける。(「戦争の日本史7」)
2/11:鎌倉で名越時章、教時が殺害される。
2/15:北条時輔が誅殺される。

死没
2/11:名越時章(北條一族:58)、名越教時(時章弟:38)
2/15:北条時輔(時宗庶兄:25)
2/17:後嵯峨上皇(53:)

続きを読む "文永九年(1272)" »

文永十年(1273)

主な出来事
・モンゴルからの使者、趙良弼、大都に帰国する。

文永十一年(1274)

主な出来事
10/3:モンゴル軍が合浦を発ち、対馬を目指す。(「戦争の日本史7」)
10/5:モンゴル軍、対馬に上陸する。
10/14:モンゴル軍、壱岐島に上陸、守護代平内経隆ら、防戦するも討ち取られる。
10/19:モンゴル軍が博多湾に侵入し、上陸を開始する。数日の攻防を経て撤退する。

死没
7/29:宗尊親王(33:征夷大将軍、後嵯峨天皇第一皇子)

続きを読む "文永十一年(1274)" »

文永十二~建治元年(1275)

主な出来事
2月:少弐経資、鎮西九ヶ国を四期に分け、それぞれに三ヶ月の警固を割り当てる事とする。(「戦争の日本史7」)
4/15:杜世忠、可文著ら、モンゴルからの使者5人が長門国室津に到着する。
4/25:建治に改元する。
9/7:幕府、モンゴルからの使者5人を鎌倉竜の口で斬る。
12月:幕府、西国の守護に明年三月に異国征伐を行う旨を表明する。

死没
8/13:千葉頼胤(肥前小城郡地頭:37)

続きを読む "文永十二~建治元年(1275)" »

建治二年(1276)

主な出来事
1/11:長門国守護として、北條宗頼(時宗弟)が着任する。
3月:鎮西西方奉行少弐経資、博多湾沿岸防備のため、石築地の構築を命じる。(「戦争の日本史7」)
3/21:鎮西西方奉行少弐経資、肥前武雄大宮司家と薩摩の島津氏に異国征伐のための動員令を発する。
8月:幕府、長門国に山陽、南海道の御家人を投入する事を決める。

続きを読む "建治二年(1276)" »

建治三年(1277)

主な出来事
11月:東大寺僧堯寛、年貢米収納のため、九州筑前国に下向したものの、足止めを受けた上、年貢米を差し押さえられる。(「戦争の日本史7」)

弘安二年(1279)

主な出来事
6/26:モンゴルからの使者が対馬に到着する。ほどなく博多に送られ、斬首される。(「戦争の日本史7」)

続きを読む "弘安二年(1279)" »

弘安四年(1281)

主な出来事
1/4:モンゴル皇帝クビライ、日本遠征を宣言する。(「戦争の日本史7」)
5月初:モンゴル東呂軍4万が朝鮮半島の合浦を出帆する。
5/21:モンゴル東路軍の内、高麗軍1万が対馬に侵攻する。
6/5:モンゴル東路軍が博多湾に侵入、志賀、能古島に進む。以降、数日に渡って幕府軍と戦闘する。
6/18:モンゴル軍、博多湾を出る。同日、慶元に集結したモンゴル江南軍が出帆し、平戸へ向かう。
7月初:モンゴル東路軍と江南軍が平戸島近くに合流する。
7/30:モンゴル軍、激しい風雨に襲われる。
閏7/1:モンゴル軍、暴風に襲われ、壊滅的打撃を受ける。
閏7/7:鷹島に残されたモンゴル軍の残兵が、幕府軍の掃討を受ける。
死没
6/29:少弐資時(経資長男、壱岐守護代:19)

続きを読む "弘安四年(1281)" »

弘安六年(1283)

主な出来事
・比叡山の僧徒が天王寺の別当職を要求するため、日吉、祇園の神輿を担いで入洛して禁中にまで入り込む。幕府、朝廷から警備の手薄さを糾弾される。幕府、二階堂行忠、安達長景を上洛させ、釈明する。(「戦争の日本史7」)

弘安七年(1284)

主な出来事
5/20:幕府、新御式目三十八ヶ条を制定する。(「戦争の日本史7」)
5/27:幕府、悪党鎮圧令を制定する。

死没
4/4:北條時宗(34)

弘安八年(1285)

主な出来事
10/17:幕府、鎮西の地頭御家人の鎌倉参向を禁止する。
11/17:霜月騒動

死没
11/17:安達泰盛(55)

弘安九年(1286)

主な出来事
・幕府、鎮西談義所を設置する。少弐、大友、宇都宮、渋谷氏の合議によって、訴訟、軍事統率機能を与える。(「戦争の日本史7」)

死没
少弐景資(41)

正応二年(1288)

主な出来事
9月:美濃国只越郷領主菅原静全、所領を二分し、一方を嫡男経意、一方を次男盛祐に譲与する譲り状をしたためる。(「戦争の日本史8」)

正応五年(1292)

主な出来事
・高麗からの使者が大宰府を訪れ、国書を呈する。(「戦争の日本史7」)

正応六~永仁元年(1293)

主な出来事
4月13日:鎌倉で大地震が発生する。(「地震の日本史」)
8月5日:永仁に改元する。

続きを読む "正応六~永仁元年(1293)" »

永仁二年(1294)

主な出来事
・幕府、筑前国から肥前国にかけて烽火の制度をつくる。(「戦争の日本史7」)

死没
クビライ(モンゴル皇帝:80)

永仁三年(1295)

主な出来事
4月:北條兼時、名越時行、九州から関東に戻る。

永仁四年(1296)

主な出来事
8月:金沢実政、鎮西探題として九州に下向する。

生誕
佐々木高氏(導誉)

永仁六年(1298)

主な出来事
・幕府、京極為兼を佐渡へ流罪とする。

正安三年(1301)

主な出来事
8/25:山名俊行が謀反の疑いで幕府に捕らえられて誅伐される。(「人物叢書 山名宗全」)

乾元二~嘉元元年(1303)

主な出来事
8/5:嘉元に改元する。

嘉元三年(1305)

生誕
足利尊氏(室町幕府初代将軍)

嘉元四~徳治元年(1306)

主な出来事
12/14:徳治に改元する。

生誕
足利直義(尊氏弟)
上杉憲顕(初代関東管領)

徳治三~延慶元年(1308)

主な出来事
10/9:延慶に改元する。

死没
平棟子(?:宗尊親王の母)

文保二年(1318)

主な出来事
2/26:後醍醐天皇が即位する。

生誕
上杉憲藤

文保三~元応元年(1319)

主な出来事
4/28:元応に改元する。
10/10:足利高氏、元服し、従五位下治部大輔に任じられる。(「武士はなぜ歌を詠むか」)

元応二年(1320)

主な出来事
12月:美濃国只越郷にて、禅林寺僧の禅観が所領を横領し、領主菅原経意、盛祐がこれを訴え、後宇多天皇の院宣によって事なきを得る。(「戦争の日本史8」)

元亨四~正中元年(1324)

主な出来事
9/19:正中の変が起きる。(「戦争の日本史8」)
9/23:鎌倉に正中の変報が届く。
12/9:正中に改元する。

続きを読む "元亨四~正中元年(1324)" »

正中二年(1325)

10月21日:近江で大地震が発生する。(「地震の日本史」)

正中三~嘉暦元年(1326)

主な出来事
2/13:北條高時、出家して崇鑑を号する。佐々木高氏、これに従い、自らも出家し、導誉を号する。
4/26:嘉暦に改元する。

死没
3/20:邦良親王(27:後二条天皇の第一皇子、後醍醐天皇の皇太子)

続きを読む "正中三~嘉暦元年(1326)" »

嘉暦三年(1328)

死没
7/17:冷泉為相(66:歌人)

嘉暦四~元徳元年(1329)

主な出来事
8/29:元徳に改元する。

死没
8/29:永嘉門院瑞子(58:後宇多院後宮、宗尊親王の五女)

元徳二年(1330)

生誕
6/18:足利義詮

元徳三~元弘元年(1331)

主な出来事
8月:後醍醐天皇、京都を脱出して笠置山に挙兵する。
8/9:元弘に改元する。
9月末、笠置山が幕府軍に攻略され、後醍醐天皇は捕えられる。

続きを読む "元徳三~元弘元年(1331)" »

元弘二~正慶元年(1332)

主な出来事
3月:後醍醐天皇、隠岐に流罪となる。
4/28:正慶に改元する。

死没
4月:菅原経意(美濃国只越郷領主:?)

続きを読む "元弘二~正慶元年(1332)" »

元徳四~正慶元年(1332)

主な出来事
4/28:光厳天皇が正慶に改元する。

続きを読む "元徳四~正慶元年(1332)" »

正慶二~元弘三年(1333)

主な出来事
1/29:楠木正成討伐のため、二階堂道蘊率いる軍勢が入京する。(「戦争の日本史8」)
閏2/24:後醍醐天皇、隠岐を脱出し、出雲に移る。
3/13:菊池合戦 ○北條英時vs菊池武時●
3/27:足利尊氏、鎌倉を出陣する。
4/27:久我畷の合戦 ○赤松則村vs名越高家●
足利尊氏、討幕軍に加わることを決意する。
5月上旬:新田義貞、討幕方として挙兵する。
5/7:足利尊氏、六波羅探題を攻略する。
5/18~22:鎌倉の合戦 ○新田義貞vs北條高時●
5/22:鎌倉幕府が滅亡する。程なく正慶の元号が廃され、元弘に復する。
5/25:博多合戦。討幕方が鎮西探題を攻略する。

生誕
上杉能憲(関東管領)

死没
3/13:菊池武時(42:肥後国御家人)、頼隆(?:武時の子)、覚勝(?:武時弟)
4/27:名越高家(?:北条一族)
5/8:北條時益(?:六波羅南方探題)
5/9:北條仲時(28:六波羅北方探題)
5/22:北條高時(31:第14代執権)
5/25:北條英時(?:鎮西探題)
10/12:西園寺禧子(31:後醍醐天皇の中宮)

続きを読む "正慶二~元弘三年(1333)" »




blogpeople



~人間考察ブログ・ランキング








まとめ買いで送料がおトク!「楽天24」


加藤珈琲


お米の稲田





iTunes Store(Japan)
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
映画館で並ばずにチケットが買える!