~人間考察ブログ・ランキング

« 武市哲郎 | メイン | 松平容保 »

前田利家

9 5 7 10
天格数=14 人格数=12 地格数=17 外格数=19 総画数=31

戦国武将。織田信長の家臣で、豊臣秀吉とは結婚の媒酌人を務める仲であった。若い頃は信長側近、馬廻衆の一人として活躍した豪勇の武将。

本能寺の変時には能登七尾城主で、その後の賤ヶ岳の戦いでは秀吉と柴田勝家の対立の中、双方と親しい立場から苦悩する事になるも、合戦途中で戦場離脱。勝家敗戦のきっかけを作る。

その後は秀吉に仕え、加賀、能登、越中(現在の石川、富山県)を領する。

秀吉晩年に至って五大老の一人に任じられ、徳川家康に次ぐ政権No.3の地位を得る。しかし、既に病魔に冒されており、秀吉の死の翌慶長4(1599)年、61歳で死去.




↑前田利家関連商品↑