~人間考察ブログ・ランキング

« 宇喜多直家 | メイン | 王貞治 »

宇喜多秀家

6 12 6 7 10
天格数=24 人格数=13 地格数=17 外格数=28 総画数=41

天正元(1573)年~明暦元(1655)年

父直家の死後、羽柴秀吉の後見で家督を継ぐ。豊臣政権下では一族に準ずる扱いを受け、備前美作二ヶ国に約57万石を領し、中納言、五大老の一人として若くして重きを成した。

関が原の合戦では西軍の副将として前線に立つも敗戦、一旦薩摩に逃れるた後出頭した。島津家久、前田利長らの助命嘆願により死罪を免れ、八丈島へ流罪となる。そのまま島で約50年間生き続けた。



↑宇喜多秀家関連商品↑