~人間考察ブログ・ランキング

« 石井一久 | メイン | 宇喜多秀家 »

宇喜多直家

6 12 6 8 10
天格数=24 人格数=14 地格数=18 外格数=28 総画数=42

備前(現在の岡山県)の戦国武将。享禄二(1529)年~天正九(1581)年

祖父の代に一度は没落するが、舅を通じて守護大名浦上家に仕官するようになる。その後、舅の中山信正をてはじめに周辺の敵対勢力を謀殺し、ついには主君、浦上宗景を追放し、備前美作の戦国大名として自立する。

毛利、織田の大勢力に挟まれながらも、両者の対立の間を巧みに泳ぎ、最終的に織田氏に屈服する。
織田氏の尖兵として毛利氏と激しく争う中、52歳で病死。

合戦による武勇よりも暗殺などの謀略によって出世を果たした珍しい人物だが、見方によっては合戦による犠牲者を最小限に抑えていたわけであり、領民、家臣からは慕われていたのかもしれない。



↑宇喜多直家関連商品↑