blogpeople



~人間考察ブログ・ランキング



私を登録 by BlogPeople





Google

Yahoo!ブックマークに登録

« 2014年01月 | メイン | 2014年04月 »

2014年03月13日

12月24日の日記:クリスマス

夕方から実家に行ってクリスマスの食事会。

2013-12-24 21.37.35.jpg

ケーキは妹が要町にある「エコールクリオロ」なるお店で購入してきた。これは、これまで食べて来たケーキで格別に美味しかった。とても繊細な味で、例え手元に材料があっても、自分らには作れない、そう思わせるものでした。

ちなみに上に侍っているのは妻が作ったシュトーレン。


プレゼントは今年の冬はやたらと寒く感じるので、防寒具系を色々と…。自分は妹から財布を頂きました。

2014年03月10日

12月20日の日記:"Clockwork Angels Tour"

昨日RUSHのブルーレイ"Clockwork Angels Tour"が到着した。自分は音楽DVDはまず最初に特典映像を見てしまうタイプなので、昨日は特典映像をざっと見て、本編は今日になってから見た。

二部構成となっているライヴで、前半は主に'80年代中~後期の楽曲を演奏していて、自分なんかはライヴ音源としては初めて聴いた曲もある、マニアックな選曲で驚かされた。

後半は最新作"Clockwork Angels"収録曲の大半をストリングス・セクションを加えて披露し、その後は彼らのクラシック・ソングを次々とプレイ、アンコールではストリングスを引っ込めてトリオのみで演奏して大団円を迎えた。ラストの"2112"の熱演、凄まじかったなぁ。

しかし、それ以上に凄かったのはライヴのクライマックスが最新作の楽曲で成り立っていた事だと思う。デビューから40周年を迎えようというバンドである。普通は昔の曲が中心に盛り上がって、新作の曲はアルバムから1、2曲しか披露しない…というのが普通なのに、RUSHは未だに最新作を中心にセットが組める。

レアな曲が'80年代中期の楽曲というのも、興味深かった。シンセサイザーを派手に導入していた頃で、自分なんかは曲によっては「これはROCKじゃないだろ?」と思った曲もあった。しかも、そんな風に感じていた"Grand Design"とか、プレイしているし。でも、これが今になって聴くと良いんだよね。不思議な事に涙が出そうになったくらい。

ま、ゲディ・リーの声の衰えは確かではあるけれども、見応え、聴き応えのあるライヴ映像でした。

Clockwork Angels Tour [Blu-ray] [Import]
Rounder / Umgd (2013-11-19)
売り上げランキング: 7,783

下の映像は、そのライヴ映像から"The Garden"。豪華なステージセットにも驚かされます。

2014年はデビュー40周年だけれども、「R40」ツアーでもやるのかな?

2014年03月09日

12月18日の日記:"ゼロ・グラヴィティ"

昨日から、LED ZEPPELINがSpotifyで聴けるようになったので、1stから聴いてプレイリストに振り分けてた。


氷雨が降る中、豊島園のユナイテッド・シネマへ映画「ゼログラヴィティ」を見に行った。先月、「スルー・ザ・ネヴァー」を見に行った時に予告映像を見てぶったまげたんだよね。自分が死ぬまでに宇宙旅行が出来る時代が来るのか判らないけれど、この映画はそれに近い体験が出来るように思えた…というわけで、妻と母親も誘って行ってみた。

3D IMAXならではの映画だった。最後の地上の映像のホッと来る感覚たるや…。時間にすると、そんなに長い作品ではなかったが、あれ以上はキツイかもしれない。次から次へとトラブルが発生して、あちこちから何かが飛んでくるし…遊園地のアトラクションのような映画だったね。

キャストもサンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーだけというのも、面白いアイディアだし、共に素晴らしい役者という事もあって、宇宙空間の疑似体験に容易に引き込まれてしまった。

ただ、映画館で見た後に家で見直すって事はないんじゃないかなぁ…特大のモニターやスピーカーシステムがあれば別だけど。



楽天で探す
楽天市場



最近のエントリー