blogpeople



~人間考察ブログ・ランキング



私を登録 by BlogPeople





Google

Yahoo!ブックマークに登録

« 2012年11月 | メイン | 2013年01月 »

2012年12月30日

12月29日の日記

ヴァン・へイレン、ストーン・サワー、ユニソニックを聴いた。


WWE「ロウ」を見た。リック・フレアーの登場はやっぱり燃えるな。番組最後のラングストンの乱入劇はイマイチだったなぁ…。彼のキメ技にどうも、説得力がないのだ。

12月28日の日記:WWE「TLC」

朝、出かける前に松井選手の引退会見を見た。DHだけなら、まだまだやれたと思うけれど、本人はそれは受け入れられなかったんだろうな…長い間、お疲れ様でした。


朝は渋谷に行って、読書会。年末でK氏しか来ていなかったけれど、それはそれで、ディープな話が出来るので楽しめた。自分は「織田信長文書の研究」を持って出ていたので、それを持参した。

2012-12-28 08.40.14.JPG

いつも、読書会での朝食写真を撮り損ねてしまうのだが、今日は忘れずにパチリ。


帰宅後、WWEのPPV「TLC」を見た。注目はシールドのPPVデビュー戦だったが、怪我で欠場したC.M.パンクの穴を見事に埋めていたね。試合自体はストリート・ファイト・マッチ的な乱闘劇だったが、出場した6人がそれぞれ、持ち味、見せ場を作っていた。

R・オートン、ホントに怪我したのか…それでA・デルリオの唐突な善玉転向というわけね。

メインのハシゴ戦も良かった。現在は基本的に流血戦NGのWWEだが、二人ともアクシデントで流血してた。

12月27日の日記

イン・フレイムス"Clayman"、"Reroute To Remain"を聴いた。


年賀状のデザインに関するアイディアが、今年は湧かないなぁ…。


夜は新宿にてkato-chan氏とお酒。幕末居酒屋で飲んでから「凪」でラーメンというのんべえなコースを選択した。


帰りに実家に寄って母と「FRINGE」を見た。

2012年12月27日

12月25日の日記:クリスマス

ソナタ・アークティカ"The Days Of Grays"、"Stones Grow Her Name"を聴いた。


午前中はクリスマス・プレゼントの買い物。先んじて妹のプレゼントをネットで探したのだが、入荷は来年以降らしい…この日の購入は諦めたが、別のものを近々買った方がいいな。でも、何にしよ…?


WWE「スマックダウン」を見た。R・オートンがシールドにやられっぱなしという展開は、何だか無理があるなぁ…。


夜は実家に行ってクリスマス・パーティーでした。プレゼントに冬物の服とキーケースをもらった。ありがたや。

2012年12月24日

12月23日の日記

ソナタ・アークティカ"The Days Of Gray"、ラッシュ"2112"を聴いた。


WWE「NXT」を見た。「ロウ」や「スマックダウン」とは全く別物としてストーリーは展開しているみたいね。メインはS・ロリンズvsJ・マハルで、試合時間も長かったが、些か間延びしていた。こういうのを見ると、トップの選手との差に気付かされる。


実家で25日にクリスマス・パーティーをやるのだが、ウチではケーキだけでも…という事で、近所の「とかち村」で予約購入したケーキがこれ。珈琲に合う味で美味しかった。

2012-12-23 20.22.58.JPG


「平清盛」の最終回を見た。出演者、スタッフの皆様、長い間お疲れ様でした。

低視聴率が話題となったけれど、自分は好きだった。後々、質の高かった大河作品として、語られると思う。ただ、低視聴率のせいか、最終回は放送時間の拡大もなし…そこは残念だった。どんなエンディングで締めるのかと思っていたが…なるほどねぇ。

しかし、清盛は家の将来に不安を抱きつつ、60歳代前半で死去か…見ていて、豊臣秀吉に通じるものを感じた。

2012年12月22日

12月21日の日記:『復活』?

ソナタ・アークティカ"Reckoning Night"、"Unia"を聴いた。前者は今になって聴いてみると、結構骨太な作りしてたんだな…後者から、より多彩な曲調を志向するようになったのか。ギタリストの交替も大きかったのかな。シンガーのT・カッコが仕切っている印象が強かったのだが、他のメンバーからのインプットが、実際は大きかったのかもしれない。


WWE「ロウ」を見た。珍しく、乱闘でカオス状態のまま、番組終了という内容だった。C.M・パンクがザ・ロックについてのコメントをここにきて話し出したのは、唐突に見えたけど。

試合で印象的だったのは、A・セザーロだな。自分の実力を上手く見せられるようになって来たように見える。


昼食を食べながら、「アニマル・プラネット」を見ていたら、チンパンジーが他の類人猿を襲うドキュメンタリーで、妻がたまらず、チャンネルを変えた。で、「スーパー・ドラマTV」で「FRINGE」を放送していたので、再放送でも、食事のBGVだからと流していたのだが、これがどう思い出しても見たことのないエピソードで、さりとて、キャストの見た感じは初期としか思えない。

そこで、ネットで副題の『復活』で調べてみたら、本国でも放送されなかった話だというから驚いた。放射能や悪魔祓いといった題材が、東日本大震災などと相まって長い間、放送が見送られていたものらしい。確かにリアリティのある内容で…まぁ、放射能云々はそれほど問題ないように思えたけれど、何らかの大人の事情が絡みそうな脚本ではあった。

しかも、改めて家にあるDVDボックスを調べてみたら、ボーナス映像集に収録されていたりして…面白かったから、もう一度見てしまいました。

2012年12月20日

12月19日の日記

キッスやスレイヤーを聴いた。

5.1chスピーカー・システムを新調した。早速、ラッシュの"Fly By Night"のDVDオーディオ、レッド・ツェッペリン"Celebration Day"を視聴した。Great!"2112"のDVDオーディオがリリースされたらしいので、今度、それも注文しよsつと。


朝はABCに顔を出したが、行きがけの電車の中で、ヘッドホンの延長プラグがiPad内で大破するというトラブルに見舞われた。使い込んでいるうちにコードが断線するのは、仕方ないかと思うが、買ってわずか二週間でプラグがバラけるなんて、あり得なくないか?もう、このメーカーの商品は買わないなぁ…

2012-12-19 15.32.54.JPG


帰りはクリスマス・プレゼントの下見やら買い物やらでした。

12月18日の日記

キッス"Monster"を聴いた。


現地でリック・フレアーがWWEに復帰したらしい。めでたいことだ。


夜は実家に行ってハンバーグ食べながら"FRINGE"のシーズン1を見た。最終話は何度見ても、ゾッとする。

12月17日の日記

チルドレン・オヴ・ボドムをあれこれと聴いていた。

ベスト盤が出たんだよね。LOUDPARK 2012のセットリストも、本作から作られていたようだ。


WWE「スマックダウン」を見た。最近、流血とかの過激な描写は抑えているものの、内容のハードな試合が増えてきたように見える。シェーマスvsA・デルリオとか、シビアな攻防だった。

現地ではPPVも開催されたみたいだけれども、内容は良かったようなので、二週間後の日本放送が楽しみだ。

2012年12月16日

12月15日の日記

ラッシュ"Clockwork Angels"を聴いた。


WWE「ロウ」を見た。C.M.パンクの演説が面白かったなぁ。オーディエンスに向かって「俺が気に入らないなら、帰れ!」とは良く言ったもんだ。

J・シナとD・ジグラーの抗争は、つまらない方向に進むことになりそうだ。肝心の試合はシェーマスとA・セザーロのパワーに驚嘆した。シールズの3人については、現時点では乱入して暴れているだけなので、何とも言えないな。

12月14日の日記

米国を襲ったハリケーン、サンディからの復興支援チャリティ・ライヴを見た。ロジャー・ウォーターズやローリング・ストーンズも元気だったが、大トリのポール・マッカートニーはカッコ良かったなぁ…サウンドも強力だった。

ただ、オーディエンスの年齢層が高く、盛り上がりがイマイチだったのが気になった。出演者が若いリスナーを対象としていない…チャリティ、寄付してくれる人々をターゲットに出演者を決めたのかな?大人の事情がありそうだ。


整理をしていたら、頭にプラスチックのケースが落ちてきて直撃、流血という惨事と相成った。これで出血量が多ければ、A・ブッチャーかR・フレアーかという状況だったが、それほどな事態には至らず。意外と簡単に額って割れるもんだなぁ…と思った。

2012年12月15日

12月13日の日記

ラッシュ"Clockwork Angels"を聴いた。


午前中は車検(泣)。自動車税や重量税も無事故無違反に応じて還付されれば良いのになぁ…。


FRINGEのシーズン4をレンタルして来た。この日はDISC1...冒頭2話しか借りていないけれど、今回も素晴らしいストーリーですな。

FRINGE / フリンジ 〈フォース・シーズン〉 コンプリート・ボックス [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-10-03)
売り上げランキング: 2771

12月12日の日記

VAN HALEN"A Different Kind Of Truth"、ガンマ・レイ"Skeletons & Majesties Live"などを聴いた。GAMMA RAYのライヴ盤は予想以上に良かったなぁ…来年、HELLOWEENと一緒にくるらしいけれども、ダブル・ヘッドライナーという形よりも、単独公演で見た方が満足度が高そうな内容だ。DVDを買うか…

ライヴ - スケルトンズ&マジェスティーズ(2枚組DVD)
ビクターエンタテインメント (2012-12-19)
売り上げランキング: 1726


午前中はABCに顔を出してから帰宅した。


最近、DVD用のオーディオ・システムを物色中で、あちこち覗いてる。


2012年12月12日

12月11日の日記:難波田城址でうどん食べて"Hungarian Rhapsody"

クイーン"live At Wembly"などを聴いた。


昼間、両親を実家で拾ってから、自宅近くの難波田城址へ行った。月一回城址内に移築されている古民家で行われる田舎うどん定食を食べに行ったのだ。

5月に一度妻といった際、「これは親も気に入るかも…」と思ったので誘ってみたのだが、12月ということで古民家内はちょっと寒かったけれど、美味しいうどんや地元で取れた野菜中心の献立を楽しんでもらえたようだ。

121211.jpg


夕方には、東武練馬のワーナーマイカルで、クイーンが'86年にハンガリーはブタペストで行ったライヴ映像を上映しているというので、見に行ってきた。

いやぁ、素晴らしいライヴでした。東西冷戦終結において、いかなる大量破壊兵器をも凌駕したのは、QUEENのライヴ・パフォーマンスだったのね。ま、当人達にそんな政治的な意図なんて、まるでなかったんだろうけど。それにしても、当時の共産圏がQUEENを招いたというのが不思議で仕方がない。


「成増のコンビニの店員は酷い!」とは、母親がよくぼやく言葉だが、自分が映画を見た帰りに立ち寄ったセブンイレブンは確かに酷かった。「ありがとうございます」も言わないのには呆れたわ…つり銭貰って礼を言っているのに、返事も出来ないんだから、困ったもんだ。特にセブンイレブンは数あるコンビニの中でも、従業員の教育が行き届いていると思っていただけに、驚いた次第。

夜は実家で、そのセブンイレブン限定のビールなどを飲み食いしながら、「FRINGE」を見た。『悪夢』で主人公のオリビアが夢を見る場面になると、何故か母まで一緒になってうたた寝してしまう様子が、可笑しかったなぁ。

12月10日の日記

レッド・ツェッペリン"Remasters"を聴いた。


楽天がA・ジョーンズ選手を獲得したそうだ。これは楽しみだね。


WWE「スマックダウン」を見た。D・サンドゥが観客を罵倒する新コーナーが出来たみたいだ。更に売り出すつもりだな…妻は彼の入場時の「ハ~レルヤ!♪」のテーマ曲が気になるらしい。

番組はJ・シナとD・ジグラーの抗争を軸に展開していたが、自分はどうもピンと来ない。

2012年12月09日

12月8日の日記

アルカトラス"No Parole From Rock'nroll"、"Disturbing The Peace"を聴いた。B誌の表紙で思い出したように聴いた感じ。


夕方からは飲み会。忘年会と友人のちびた氏の快気の目処がついたお祝いの会みたいなもんだったが、ちびた氏より、aoちゃん氏の急激な肥えっぷりに驚いた。そっちの方が心配になったな。

二次会で行った店にカラオケがあって、個室でもないのに軍歌(12/8なので…)やら"Painkiller"とか歌いだしたのには笑ったわ。

帰宅途中に実家に立ち寄って一泊。母と火曜日に中身を間違えた"FRINGE"を見た。

12月7日の日記

レッド・ツェッペリン"Remasters"を聴いた。"Celebration Day"を見聴きすると、オリジナル・ヴァージョンも聴きたくなって来た次第。


朝、買い物に行って近くのレンタル屋でDVDを物色、レジに並ぶ直前になって財布を忘れてきた事に気付いた…がっくりした気分で帰宅したが、「ダーク・ナイト」のBOXセットと「インセプション」のDVDが届いていて少し持ち直した。


WWE"ロウ"を見た。C.M.パンクはこの時点で、すでに膝の具合が悪そうだった。それでも、巨漢のケインとの試合を凌ぐのは大したもんだと思ったけれど、あの状態でTLCマッチは無理だろうね。

あと、シェーマスvsA・セザーロとは興味深い組み合わせだった。どちらもフィジカルが強いし…結果はセザーロのリングアウト負けだったが、完敗を避けたような感じで、彼の格上げを期するWWE側の意向が窺えたね。

2012年12月06日

12月5日の日記

レッド・ツェッペリン"Celebration Day"を聴いた。カーステで物凄いヴォリュームにして聴いたのだが、やはりZEPは大音量で聴くに限るな。


早朝、中村勘三郎氏の訃報に接した。あまりにも大きな…我が国の伝統文化の領域を越えた国家的な損失、ただただ残念という思いだ。大河ドラマ「武田信玄」の今川義元役、あれ以上の義元を見ることはないだろうな…。ご冥福をお祈りいたします。


朝はABCに顔を出してから、軽く新宿で買い物して帰宅した。ヨドバシカメラをブラつくと欲しいものリストがあっという間に増える…


C.M.パンクが怪我したらしい。会長自らステイトメントを発したあたりに、事態の深刻さが窺える。次のPPVへの興味がガクンと下がるもんなぁ…それでも見るけどさ。

2012年12月05日

12月4日の日記

ハロウィンをあれこれ、聴いていた。


WWE"Smackdawn"を見た。番組のエンディングは大混乱だったな。


夜は実家に行って飲み食いしながら「FRINGE」を見るはずが、間違ったディスクを持って行ってしまいました。なんだか間抜けな夜…ただし、肉じゃがは超美味。これ以上の肉じゃがは、他では味わった事ない。

121205.jpg

11月28日の日記

午前中はABCに顔を出した後、手土産に「青野」のみたらし団子持って再度実家に立ち寄ってから、近所のスーパーで買い物を兼ねて両親と「王将」でランチ。普段、買い物する地元のスーパーに比べると凄くいづらい感覚があった。単に混んでいるというのとは違う居心地の悪さだったなぁ…何だろう?

で、スーパー前の八百屋で製菓用のリンゴ「紅玉」を購入。この手のリンゴは最近、スーパーの果物売り場にないんだよね。

帰宅後、今年最初のリンゴケーキを作ってもらった。記事のフンワリ感はカスピ海ヨーグルトの投入によるものとの事。美味い!

121129.jpg

11月27日の日記

ソナタ・アークティカ"Stones Grow Her Name"に、バックチェリーをあれこれ、聴いた。SONATA ARCTICAはLOUDPARKで、SEBASTIAN BACHやBUCKCHERRYより後に演奏する時代になったんだもんなぁ…実際、ライヴ・バンドとして安定していて驚いた。欧州で地道に実績を積み重ねていたんだね。


夜は実家で飲み食いしながら、「FRINGE」を見た。

121127.jpg

母曰く、「祖母秘伝のけんちん汁」との事。確かに子供の頃、祖母の家でけんちん汁を良く出されていた記憶があるが、実家の献立では、あまり食べた事はなかったような…肉じゃがや鶏の唐揚げは良く覚えているけどね。

11月30日の日記:WWE"Survivor Series 2012"

クイーンの"Rock Montreal"の他、クリプトプシーをあれこれ、聴いていた。QUEENは当時、問題作だったアルバム"Hot Space"リリース時のツアーでのライヴ音源。まぁ、今になっても"Hot Space"は滅多に聴かないもんなぁ…ただ、バンドは当時絶好調でライヴ自体は素晴らしいパフォーマンスを披露しているのがわかる。


朝、渋谷の読書会に顔を出した。自分が少々寝坊したので、大した話も出来なかったけど。


帰宅後、WWEのPPV"Survivor Series 2012"を見た。噂では現地での観客動員がイマイチだったらしいけれども、試合内容はいずれも悪くはなかった。メイン戦は意外な展開だった。しかし、C.M.パンクというレスラーは凄いというか不思議というか…小柄で体格もマッチョとは言い難いのに、動きは他のパワー・ファイター二人に見劣りしない。切り返しが上手いよね。リング上で自分を大きく見せる技術も抜きんでている。

恒例の5vs5のイリミネーション・マッチがああいう結果になるとは思わなかった。ようやくD・ジグラーの格を上げて、マネバン行使の下地を作りはじめた感じかな。実際、ジグラーは動きが攻守に渡ってキレキレだった。

シェーマスvsビッグショーの世界王座戦は今回も凄かった。試合後も椅子を振り回して大暴れしていたシェーマスのフィジカルは異常だね。この試合で大会全体が引き締まった感じだった。

最近、地味にUS王者のA・セザーロが良くなって来た。この日はR・トゥルースとの王座戦だったけれど、実際に相対するとセザーロってデカいんだな。随所で見せるパワーや、漫画で見るようなエルボー・スマッシュはじめ、技のエグさにも納得。

次のPPVはデス・マッチ中心の"TLC"だから…派手な内容に期待したいが、あまり過激な事はやらないだろうなぁ…

2012年12月02日

11月23日の日記

レッド・ツェッペリン"Celebration Day"のボーナスDVDを見たり、CDを聴いたりしていた。


WWE「ロウ」を見た。放送中に心臓発作を起こして入院していたジェリー・ローラーが復帰、感動的な観衆の反応にジェリーのスピーチで、涙なしでは見られない…というところでC.M.パンクが登場「この死にぞこないが!」とばかりに罵倒はするわ、おつきのP・ヘイマンが心臓発作をまねて苦しみのた打ち回り、それをパンクが解放するわとやりたい放題。この二人は町を歩けないね。ぶん殴られるわ。

ミズが善玉に転向して、再ブレイク出来るかな?マイクは問題ないんだけど、彼は印象的な試合が少ないので、そこら辺が良くなってくれば…。まぁ手の合う相手がいないと、成り立たないという面もあるけどね。

11月22日の日記:Celebration Day!

昨日に引き続き、レッド・ツェッペリン三昧の一日。で、今日は"Celebration Day"のDVDを見た。少し前に映画館でも見たけれど、やっぱりZEPは偉大ですな。

ロバート・プラントの高音シャウトが全盛時に程遠い事は、遥か以前から判ってはいたけれど、彼の場合、高音域の出る出ないよりも、艶っぽい声質は維持されているわけで、キーを下げつつも、その辺を生かす歌唱で臨めば、意外と違和感はないんだよね。まぁ「移民の歌」なんかはそうはいかないだろうけれど、そこは選曲でどうとでもなるわけだし。

選曲は冒頭三曲がつかみとしては見事に機能していたし、ライヴのハイライトを"Stairway To Heaven"ではなく、"Kashmir"にしたのも今のZEPPELINを伝えるに相応しかったと思う。賢いよなぁ…

あと、ジェイソン・ボーナムがバッキング・ヴォーカルで意外なほど貢献していたのには、ビックリしたな。

祭典の日(奇跡のライヴ)デラックス・エディション(2CD+BD+ボーナスDVD)
レッド・ツェッペリン
ワーナーミュージック・ジャパン (2012-11-21)
売り上げランキング: 90

ボーナスDVDはリハーサル映像だった。映像としては、ステージ正面から距離を置いた場所にカメラを固定した状態での映像で、さして面白くはないが、音源として貴重だ。一昔前はこういうのがマニア向けの海賊版として、商売が成り立っていたわけだからね。それが、こうして楽に手に入るんだから、有難い。

2012年12月01日

11月21日の日記:上野東照宮~Celebration Day

ソナタ・アークティカ"Stones Grow Her Name"を聴いた。

レッド・ツェッペリンのDVD"Celebration Day"、"Song Remain The Same"が届いた。

121121-00.jpg

"Song..."については当時、DVDプレイヤーを購入した際に真っ先に購入したのだが、リマスター版が出るとか知った際に中古で売り払い、リマスター版を購入し忘れる…という状態になっていた事を最近になって思い出して、"Celebration Day"と一緒に注文した次第。とりあえず、今日は"Song Remain The Same"を見た。

「当時のZEPのカッコ良さはSMAPを凌駕するな…」とZEPの勇姿を見ながら呟くと、妻が「それ、比較の仕方がおかしいと思うよ」と言われた。そういうものか?


朝は赤坂見附へ出かけて、ABCに顔を出した。今朝はお開きになるのも早く、9時半ごろには散会と相成ったので、かねて訪れてみたいと思っていた上野東照宮へ行ってみた。地下鉄を使えば、赤坂から上野まで、こんなに近いとは知らなかったよ。

上野駅の公園口から一直線に突き進むと動物園、途中を右に進むと国立博物館、逆に左に進むと東照宮がある。上野公園周辺は江戸時代は寛永寺の境内にあたり、明治維新の際には彰義隊と官軍が交戦した事で知られているが、東照宮周辺は戦火に巻き込まれず、建立された当時の状態で遺されているそうだ。

121121-01.jpg

大石鳥居は寛永十(1633)年に、譜代大名の重鎮で幕府大老にも任じられた酒井忠世の奉納で、この奥には諸大名が奉納した石、あるいは銅で出来た燈篭がずらりと並んでいる。

早速、iPadのメモ・アプリを開いて燈篭の配置、奉納者を記録していたら、掃除のおじさんに「燈篭の位置の図ならありますよ」と親切に教えてもらった。なんと便利な事かとスマホのカメラでパチリ。これ、日光でもやって欲しいなぁ…

121121-02.jpg

この燈篭は銅製のものでは境内で最古、寛永五(1628)年に藤堂高虎が奉納したもの。他の燈篭に関しては、その大半が慶安四(1651)年の三代将軍徳川家光による立替に際して奉納されたものだ。慶安年間て、確か家光が亡くなったのもこの時期だったような…と後で確認してみたら、同年の4月20日に家光は死去していた。ちなみに燈篭が奉納されたのは家康の命日である4月17日、つまり再建工事完了のわずか3日後に家光は亡くなってしまったわけだ。

家光の墓所はその翌年に日光に造営されていて、そちらにも諸大名が燈篭を奉納しているから、なかなか出費は厳しいものがあったんじゃなかろうか?

燈篭の配置など、細かい事に関しては、改めて史跡ブログやFACEBOOKページで折を見て触れようかと考えています。

かくして東照宮を存分に堪能して昼過ぎに帰宅後、先に書いたように、この日はLED ZEPPELIN三昧でした。



楽天で探す
楽天市場



最近のエントリー