~日記ブログ・ランキング

Yahoo!ブックマークに登録

« 7月11日の日記:選挙 | メイン | 7月13日の日記:夏風邪流行ってるの? »

7月12日の日記:スペイン優勝!

早起きしてワールドカップの決勝戦オランダvsスペインを見た。

審判が、ワールドカップ決勝という大舞台で、退場者を出して数的不利を強いる事を嫌っていたように見受けられ、オランダ側がそれを察知してか知らずか、厳しいファウルを連発して、スペインの華麗なプレイスタイルを封じにかかったが、スペインは挑発には乗らずに耐え忍ぶという試合展開た。

そして、オランダの攻撃陣も続々とスペインゴールに迫ったが、守備がまた素晴らしい。

激しい攻防は延長戦にまで及んだが、延長後半に至ってついにオランダに退場者が出て、その直後にスペインに待望の得点が入った。

オランダのフリーキック後の判定について、誤審云々という話があったが、それまで、あれだけのファウルで一発レッドがオランダに出なかった訳だし、帳尻は合っていたんじゃないかな?ただし、決勝戦全体を通じて審判が試合を上手く裁けていたかというと、甚だ疑問が残るのは確かだ。

ともかく、こうして予選リーグから接戦を耐え忍んできたスペインが、この決勝も1ー0で辛勝して初優勝を手にした。試合前は日本と予選で当たったオランダに勝ってもらえれば…と思っていたが、決勝戦を通して見ていて、スペインが勝つべきだと思えたし、然るべき者に栄冠が与えられたと思う。

自分は大会MVPはスペインのGK、カシージャス選手かと思っていたけれど、意外にもウルグアイFWのフォルラン選手だった。でも、ウルグアイは決して諦めない姿勢が試合を通して現れていて、学ぶべきものが多かったし…十分受賞に値すると思う。見ている人は見ているんだなぁ、と思った。

あと、今回はほとんどの試合をスカパー!で見ていて、試合終了後にオシム氏の解説や総括があるのだが、毎回勉強になる話ばかりだった。あれは編集してDVDか書籍にでもすべきだと思う。サッカーやスポーツの好き嫌い云々でなく、全ての人が生きていく上での糧となるような素晴らしい内容だった。


執行部の責任の取り方は人それぞれだと思うが、有権者に不信任を突きつけられた者が、党の事情で国務大臣を居座り続けるというのは、おかしな話だと思うが、これ如何に。

与党は衆議院の2/3を占めてないのか…これじゃあ法案が一つも通らなくなるな。どうするんだろ?


数週間前にサボテンのトゲが刺さった左手人差し指だが、微妙に腫れてるし、痛みや痺れも残っているけれど、本当に自然治癒するのかな?


帰宅後、WWE「スマックダウン」を見ながら寝た。クリスチャンかマット・ハーディーはヒールに路線転向かな?







まとめ買いで送料がおトク!「楽天24」


加藤珈琲


お米の稲田





iTunes Store(Japan)
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
映画館で並ばずにチケットが買える!