blogpeople



~人間考察ブログ・ランキング



私を登録 by BlogPeople





Google

Yahoo!ブックマークに登録

« 2010年06月 | メイン | 2010年08月 »

2010年07月31日

7月30日の日記:VINUSHKA

ディル・アン・グレイ"UROBOROS"を聴いた。

そのDIR EN GREYのアルバム"UROBOROS"をCDカタログ・ブログに掲載しようとYou TUBEでビデオ・クリップを見ていたのだが、9分超の大作"VINUSHKA"のクリップが作られていたのみならず、その内容にたまげた。原爆がテーマだったのね。


イチロー選手ってホワイトソックス戦でよく打つ印象がある。


WWE「ロウ」「NXT」を見た。ジョン・シナがエッジやクリス・ジェリコと結託して並ぶ姿って初めて見た気がするな…。こうなるとネクサスも完全に役不足だろう。やっぱり黒幕がおるんだろうなぁ…

ウェイド・バレットはマーク・ヘンリーをよくぞ持ち上げたもんだが、もっと鍛えないと、腰を壊しそうだ。身長差はあっても、クリス・ジェリコは太腿とか、鍛えているのが判るから…だから怪我しないんだろうしね。

他にもミズがシェーマスを襲撃したシーンとか、結構今週の「ロウ」は面白かった。PPVでのイマイチ感を払拭したね。

2010年07月30日

7月29日の日記:Money In The Bank 2010

ドリーム・シアター"Scenes From Memory"を聴いた。


夜はABCのS嬢より頂いた豆菓子をつまみに、焼酎や自宅で作ったグレープフルーツサワーを飲みながら、WWEのPPV"Money In The Bank"を見た。

番組タイトルに冠された8人争奪のはしご戦は「スマックダウン」組の方が見せ場が多く,
見ていて面白かった。ビッグショーが梯子に埋もれてしまう様子は悲惨だった(Don't Try This!)。対して「ロウ」組の試合はちょっと呆気なかったなぁ…メインも消化不良だったし。

というわけで、全体にスマックダウン組が目立ったPPVだったと思う。ロウ組はタッグ王座戦は良い試合だったかな。カナダ軍とサモア軍はプロレスが上手い。

2010年07月29日

7月28日の日記:占い師、就活生にゲーム攻略法を教わる

ドリーム・シアター"Images & Words"、"Awake"、"Falling Into Infinity"を聴いた。


朝はABCに行った。就活中のN村君が久々に登場「内定もらうまで、ABCには顔を出さない」という不退転の決意が実を結び(?)2社で内定をもらったそうだ。エラい!でも、レギュラー陣からは相変わらず手荒い歓迎を受ける。

で、そのN村君とiPadのアプリ談義をする。彼も"Tower Madness"に入れ込んでいた時期があったらしい。配置した武器の撤去が出来ることを自分は知らず、そのやり方や、各種兵器の違いを教わった。我ながらしょーもない…

どういう話の流れか忘れたが、関ヶ原の合戦の布陣を解説をした。よく判らないが、あの手の話は女子も好むものなのかな?

あと、フォトグラファーの諸N氏にドーミング商品の撮影方法についてアドヴァイスを頂いた。とても勉強になりました。

というわけで、朝から有意義だったなぁ…


今回の死刑執行には色々な見方が出ているね。そういうものを全て判った上で判を押して現場にも立ち会ったんだろうと思いたい。


夕方、ABCで諸N氏に教わった写真撮影法を実験した。途中でデジカメの電池が切れ気味で止めたけど、確かにそれなりの準備は必要だと思った。でも、上手くいきそうだ。

7月27日の日記:史跡探訪好き発見!

クイーン"A Kind Of Magic"、ドリーム・シアター"Alchohole Suite..."を聴いた。


史跡探訪好きが、意外と身近にいてビックリした。昼間っから随分と会話が弾んだ。甲府の川尻秀隆の墓とか、自分も行ったことはあるけれど、写真までは撮影してないわ。


今まで回線をつなげてなかったパソコン3台にネットワークを張るので、ウィルス対策ソフトを投入、ウィルスチェックをくまなく断行したところ、凄いことになっていた。


巨人、首位陥落か…

2010年07月28日

7月26日の日記:パンク坊主

ガンマ・レイ"To The Metal!"、イングヴェイ・マルムスティーン"Perpetual Flame"、パパ・ローチ"Metamorphosis"を聴いた。

う~ん、やっぱりPAPA ROACHは頭に残らない音だなぁ…。こういう「悪くはない」バンドやアルバムは何とも評しづらい。世の中、そんなのが殆どなんだけどね。


くまさんが、携帯の十字キーにヒビを入れてしまっていた。何でもせっかちで無駄に力を入れ過ぎなんだよ。

しかし自分もいい加減なこと話してるよなぁ…1年ほど前、くまさんに「twitterは不向きだろ」と言った理由は、とても公に出来ない内容だった。しかも自分はそんな発言をしたことを全く覚えていない。言いそうな事は確かだけど。


夜はWWE「スマックダウン」を見た。CMパンク師が、マスクで隠していた坊主頭をついに披露していた…というか、ビッグショーにマスクを剥がされた。二人並ぶと敵同士というより強大に見えたけど。

PPV前の最後の放送のはずだが、あまり盛り上げにはなってなかったような気がした。

妻がD・マッキンタイアは長髪が似合っていないというか、動きの邪魔になっているような仕草が多いと、実に鋭い指摘。確かにエッジなんかは同じ長髪でも見せ方が上手いかもしれない。まぁ、マッキンタイアも最近、試合運び自体は巧くなってきたなぁ…とも感じているんだけどね。

2010年07月26日

7月25日の日記:

ディル・アン・グレイ"UROBOROS"を聴いた。


ようやく勝ったな、エンジェルス。明日も勝たないと。

マリナーズは、前日ベンチで揉めたフィギンズ選手が先発出場していた。普通の監督なら、あそこで解雇にしてもおかしくないけどね。


今日は祖父の日記の記事やら年表記事を若干追加した。昭和44年の冬は物凄い雪が都内で降ったそうだが、今年の夏の暑さも祖父が健在ならば必ず日記に書いていた事だろう。


最近、車に乗ってなかったもんで、バッテリーが心配…というわけで、夜は実家に行って来た。コーヒーとブルーベリーの酢漬けを渡して程なく帰った。

2010年07月25日

7月24日の日記:内部分裂?

マリナーズvsレッドソックス戦、マリナーズのベンチ内で乱闘が起きた。よく判らないが、前の回の守備でミスがあったフィギンズ選手をベンチに下げるという事で揉めたらしい…。ま、日本ではたまに見かけるけど、メジャーではミスした選手を試合中でベンチに下げるというのは、あまりやらないから…チーム成績もイマイチだし、個人成績もエンジェルス時代からガタ落ちのフィギンズ選手も溜まってたんだろうなぁ…

ちなみにイチロー選手はその時、バッターボックスにいた。


WWE「ロウ」改めて見直したが、シェーマスは椅子を持って乱入したものの、勢い余って椅子を場外に落として、慌てて拾いに行ってる…おっちょこちょいだなぁ。最近、キャラが憎めなくなって来たような気がする。


オールスター第2戦は東野投手が4失点、これをセ・リーグ打線が追いつこうという展開。結局引き分けで終ったが、見ていて面白い試合にはなった。


久々に年表ブログを少し更新した。第一次世界大戦関係を少しだけね。近世から近代にかけての情報をどんどん書き込みたいんだけど、時間が…

7月23日の日記:オールスター

メッツvsドジャースは先発が高橋投手と黒田投手という日本人対決だった。両投手共に好投していた。結果的には8回無失点の黒田投手に軍配が上がった。


今日はウェブページのバナーを直したり、アクセスカウンターを直したり…全部じゃないけど。


WWE「ロウ」「NXT」を見た。「ロウ」はネクサス勢がバックステージで暴れているシーンばっかりで退屈…お陰でうたた寝して肝心のシーンを見逃した。R・オートンがE・ヴォーンに放ったRKOは見事だった。技をかける側、受ける側、お互いの身体能力が高くないと出来ない芸当だったね。

「NXT」もネクサス勢が暴れているだけ…


NPBオールスターはセリーグが小刻みに得点して勝利。MVPは阿部選手だったが、山﨑選手の本塁打が印象的だった。ダルビッシュ投手も宣言どおりに新球を披露していたし、なかなか見応えのある試合だった。

2010年07月22日

7月20日の日記:コンピ完成

アングラ"Temple Of Shadow"、"Aurola Consciousness"などを聴いた。


明日のABCに届けるメタル・コンピCD2枚が、ジャケットなどを含めて完成した。

1枚は日頃、Y嬢からランニングする際のBGMに…というリクエストを受けて選曲したので、そんなに苦労しなかった。"Run"のつく曲をや、応援歌っぽいものを抜き出して、出来上がったのがこんな内容。

1.Death Alley Driver:RAINBOW
2.Heading Out To The Highway:JUDAS PRIEST
3.Highway To Hell:AC/DC
4. I Don't Wanna Stop:OZZY OSBOURNE
5. Live To Win:PAUL STANLEY
6. Running Free:IRON MAIDEN
7. Walk:PANTERA
8. Runnin' Wild:AIRBOURNE
9. We Will Rise:ARCH ENEMY
10. Ghost Rider:RUSH
11. Don't Give Up:FAIR WARNING
12. Addicted To That Rush:MR. BIG
13. I Can:HELLOWEEN
14. Superheroes:EDGUY
15. Free Fall:IN FLAMES
16. Sent By Heaven:ZENO
17. Running Alone:ANGRA
18. Here I Go Again:WHITESNAKE

最初の選曲では、ラストの"Here I Go Again"がなくて、15曲目辺りにRAGEの"Saddle The Wind"を入れていたのだが、ドイツ系が3連発である事と"Running Alone"で締めというのはしっくり来ないと感じたので、RAGEを外して"Here I Go Again"を入れた。下は外したRAGEの"Saddle The Wind"の音。

ジャケットは"Run"がテーマなので、動物の走っている写真を選んだ。チーターとバシリスク、ライオンを使ったけど、本当は鳥と無脊椎動物…蜘蛛とか、虫を選びたかったのだが、虫の走り回る様子を撮影した写真がなかった…


もう一枚のコンピCDは「普段、趣味などで音楽を聴く事がない」というS嬢に向けた内容で…色々なタイプの曲を入れるというのは、最初から決めていたのだが、当初は「喜怒哀楽」「起承転結」「東西南北」みたいなテーマごとに1曲ずつ全12曲…で12曲だと、それなりの余白ができるだろうから、そこに大作を入れて締めくくる、みたいな構成を考えたのだが、どうにもしっくり来ない。

例えば「起承転結」は一つのバンドを選んで、その歴史を辿るような構成を考えたのだが、4曲でそれを上手く表現することがどうしても出来ない。LED ZEPPELIN、QUEEN、RAINBOW…色々やってみたが、どうもピンと来ない。全体の流れもイマイチだし…

結局、最初のコンセプト自体を破棄して、喜怒哀楽、それぞれをテーマに4曲ずつ選んで起承転結っぽい流れを作る事にして、出来たのがこれ。

 喜
1. Angels Of Heaven:FAIR WARNING
2. Mama, I'm Coming Home:OZZY OSBOURNE
3. Life Is Beautiful:Sixx:A.M.
4. Everyday Glory:RUSH
 怒
5. People=Shit:SLIPKNOT
6. Kick The Chair:MEGADETH
7. A Touch Of Evil:JUDAS PRIEST
8. Black & White:IN FLAMES
 哀
9. Tragic Comic:EXTREME
10. One:METALLICA
11. The Day You Died:ARCH ENEMY
12. Space Dye Vest:DREAM THEATER
 楽
13. Future World:HELLOWEEN
14. Hot For Teacher:VAN HALEN
15. Circles Of DAWN:ZENO
16. Paradise City:GUNS N' ROSES

とはいえ、これも収録曲の選択にはすったもんだ…「怒」に入れた"I Don'T Believe Love"はコンセプト・アルバムの曲なので、抜き出すと不自然なのでやめたし、「楽」にGAMMA RAYの"Money"を入れたものの、音質が悪くて外したりした。最終的に収録時間が足りないということでGLENN HUGHESの"From Now ON..."を外してOZZY OSBOURNEに入れ替えて完成した。

ジャケは国立博物館の仏像の展示会の仏像の顔から喜怒哀楽選んで製作、色合いをメタリックに加工して統一感を出しても良かったなぁ…などと反省。下の動画は先に述べた外した3曲、QUEENSRYCHEカッコ良いわ。


夜は家で餃子とホッピー。

P1010273.JPG

2010年07月23日

7月22日の日記:

ドリーム・シアター"Octavarium"、"Systematic Chaos"、"The Black Clouds And Silver Linnings"を聴いた。


松井選手が二試合連続本塁打も、試合には勝てず。打率が上がらないなぁ…


夕方、鳥の餌を買いにペットショップを覗いたが、海外のカブトムシってそんなに高価ではないのね…しかし、これだけ暑いと、なかなか表で激しく動くのは怖いな。


警備が厳重になるのは止むを得ないが、ヘリで関東周遊はやり過ぎだったと思うな。理由はどうあれ、100人以上が空のテロで亡くなっているんだし、遺族感情への配慮が欠けているような気がする。

あと、素朴な疑問として、爆破事件~逮捕から20年以上経過した人物から得た情報に、どれだけの効果が認められるのか?とは思う。

余程、近年の脱北者から地道にコマメに聞き取り作業を行って、仮に拉致事件にたどり着かなくとも、国内の社会情勢などを随時公開した方が、相手だって嫌がると思うのだが…。

7月21日の日記:散歩断念

Sixx:A.M"The Heroin Diaries"、ドリーム・シアター"Train Of Thought"を聴いた。


chizuさんもtwitter始めたんだな。twitterといえば、これまで「今日は何の日」みたいなネタを呟いてきたが、「明日は何の日」に変えようかと思ってる。その方が読んだ人がネタに使いやすいかと思ったので。


朝はABCに顔を出した。メタル・コンピCDもY嬢とS嬢に油断なく手渡した。K嬢にも依頼されたので…ピアノを演奏されていたそうなので、その辺を配慮して…ヨレヨレのリズムの曲ばっかり選んだりして…選曲するこっちが辛いからやらないけど。

S田氏の振りに対応できるようにiPadに姓名判断データを早めに突っ込んどこうと思った次第。でも、色々な方がいる中で全てぶっちゃけるのは難しい。


松井選手が久々に本塁打を放った。

夜、新宿から池袋まで歩こうと思ったが、あまりの暑さに新大久保の八百屋まで行って断念した。しかし流石新大久保、キュウリが4本¥105円とは亀の餌には最適だ。

2010年07月20日

7月19日の日記:

マリナーズ、ようやく勝った。松井選手もスタメンだったけど、駄目だったね。


巨人vsヤクルトは、巨人が逆転されたところで、WWE「スマックダウン」に変えたのだが…野球にチャンネル戻したら14-8で再逆転して勝利。生観戦していたら楽しかったろうなぁ…

「スマックダウン」はマッキンタイアがヘタレと化していて、面白かった。今まではお客さんの受けがイマイチだったが、評価変わってくるかな?


ABCで依頼されていたコンピCD、ジャケも含めて完成。


連休中はほとんど引き籠って仕事していたが、夕方から買い物に行った。アスファルトの熱が…そりゃあ、打ち水すれば効果出るわ。犬とか、散歩も出来ないね。

2010年07月19日

7月18日の日記:伊勢谷高杉良かった

CASTLORRY」にデザインものの花押アクセサリーを全てアップした。残りはボチボチ付け加えていこう。


マリナーズまた負けた…イチロー選手出塁~フィギンズ選手内野ゴロゲッツーという場面、今期何度目だ?


今日はしてやられたなぁ、巨人…


「龍馬伝」を見たが、伊勢谷友介演じる高杉晋作の存在感にぶっ飛んだ。実はストーリー自体は大して進んじゃいないが、芝居で見せる回だったね。大河ドラマはこうじゃないといけないと思う。「史実と違う!」とかいう突っ込みを吹っ飛ばす役者の熱演こそが大事なのだ。龍馬、西郷、高杉が長崎の花町で出くわして、高杉が西郷に拳銃を突きつける…痛快至極だった。

高杉晋作がドラマで、これほどフィーチャーされた姿を見たのは初めてかもしれない。


大河ドラマのあと、NHKスペシャルの恐竜から哺乳動物への転換の時代を描いたやつ、大して期待してなかったが、予想以上に面白かった。

2010年07月18日

7月17日の日記:悪癖

エンジェルスvsマリナーズはエンジェルス連勝。お互い、ピッチャーが良かったね。


iPadで下らないゲームを無料ダウンロードして試してしまう悪癖が身についてしまった…。

"Trundle HD"は映像、BGM共に怪しい仕上がりでなかなか面白い。今までやった事がないタイプのゲームだ。

"Figerzilla"はiPadを叩き過ぎて壊しそうで怖い…。

"TowerMadness"はマップ上に大砲を配備して、宇宙人を迎え撃つゲームで、自分好み。

でも、一番燃えるのは"Harbor Master"だな。先に挙げたゲームは繰り返してやろうとは思わないのだが、"Harbor..."だけは一日十回はやってる。もはや病気だ…

…で、風呂ではアクション系は裸眼に不向きなので、ナンプレをやっている。湯船に浸かって頭使うと、物凄い汗が出る…

とはいえ、連休中を生かしてゲームばかりではなく、iPadを色々仕えるようにしないといけない。占いとか…


巨人は投手がいかんね。点を取られ過ぎだ。


今日も一日、「Castlorry」関連の作業をしていた。

2010年07月17日

7月16日の日記:癖

昼間は「CASTLORRY」関連の更新の準備をしていた。


エンジェルスvsマリナーズを見た。4打数1安打だったけれど、松井選手はやや調子が上向きっぽい。ボール球を悠然と見逃す感じが出てきたので…それにしても、マリナーズはエンジェルスに弱いわ。イチロー選手は攻守に見せ場を作っていたけどね。


WWE「ロウ」「NXT」を見た。ネクサス勢も、あのままではレスリングのスキルが上がらないと思うのだが…。「NXT」のトーク対決は内容自体がイマイチだった。


夜はテレ東の情報番組を見ていた。深海魚とか、人の癖とか…結構勉強になった。ノコギリザメってのは深海魚の部類に入るのね。自分は人の動きから来る癖については、あまり意識しないけれど、口癖に気付くのは早い方だと思う。

癖って自分では気がつかないものだと思うけど…自分は少ない方じゃないかなぁ。考えてみると、自分の家族には、変わった癖を持っている例がないと思う。

昔「うそ!?」って言う口癖があると指摘された事はある。そう言われて「うそ!?」って本当に返す自分に驚いたもんだ。

2010年07月16日

7月15日の日記:暑い!

ドリーム・シアター"Alchohol Suite…"を聴いた。


関東にいると、大雨、豪雨の実感がない…新宿高層ビル界隈は灼熱地獄だ。ゲリラ豪雨の可能性も捨てきれないので、傘も持ち歩いているのだが、今週は宝の持ち腐れ。


iPadでついついインストールした"Harbor Master"なるゲームにハマってしまい、実に無駄な時間を浪費している。


夜はふぐを炙って丹後で買ってきた焼酎でぱくついた。どちらも美味かった。

2010年07月15日

7月14日の日記:買い物疲れ

朝はABCへ行った。kimitomoさんに新大久保のスパイス屋の場所を教えたのだが、メタル・コンピCDの制作も依頼された。超意外…とりあえず興味を持っている女子が多いという事が分かった。

コンピCD製作の様子を番組化したら面白いかもね…

今日は仕事の都合で、いつもより早めに退散した。


くまさんは平熱が常人より1度ばかり低いそうだ。


メジャーのオールスターは久々にナ・リーグが勝った。派手な打ち合いにはならなかったみたいね。


ようやくDrop Boxの使い方が判ってきた…遅すぎるけど。


さる理由できっちりした蓋のついた瓶を探していたのだが、ようやく購入。思い出したくもないくらい疲れた…とりあえず西友成増店に感謝。ダイエーに入って目前で、雑貨売り場に向かうエスカレーターに「本日は閉店しました」の柵を設置された心の傷はしばらく癒えそうにない。

2010年07月14日

7月13日の日記:夏風邪流行ってるの?

ウィンガー"Winger"、テスラ"Great Radio Contrabacy"、UFO"Live"の他、Last.fmをあれこれ聴くなどしていた。


ワールドカップが終わると何だか淋しいなぁ…


メジャーリーグ、オールスター前のホームラン競争はボストンのオルティス選手が優勝した。今シーズンは決して好調とは言えないけど…


何だか、周りで風邪っぴきが増殖している…


今日は帰宅が遅くなってしまい、やりたい事も出来ないまま、爆睡。

2010年07月13日

7月12日の日記:スペイン優勝!

早起きしてワールドカップの決勝戦オランダvsスペインを見た。

審判が、ワールドカップ決勝という大舞台で、退場者を出して数的不利を強いる事を嫌っていたように見受けられ、オランダ側がそれを察知してか知らずか、厳しいファウルを連発して、スペインの華麗なプレイスタイルを封じにかかったが、スペインは挑発には乗らずに耐え忍ぶという試合展開た。

そして、オランダの攻撃陣も続々とスペインゴールに迫ったが、守備がまた素晴らしい。

激しい攻防は延長戦にまで及んだが、延長後半に至ってついにオランダに退場者が出て、その直後にスペインに待望の得点が入った。

オランダのフリーキック後の判定について、誤審云々という話があったが、それまで、あれだけのファウルで一発レッドがオランダに出なかった訳だし、帳尻は合っていたんじゃないかな?ただし、決勝戦全体を通じて審判が試合を上手く裁けていたかというと、甚だ疑問が残るのは確かだ。

ともかく、こうして予選リーグから接戦を耐え忍んできたスペインが、この決勝も1ー0で辛勝して初優勝を手にした。試合前は日本と予選で当たったオランダに勝ってもらえれば…と思っていたが、決勝戦を通して見ていて、スペインが勝つべきだと思えたし、然るべき者に栄冠が与えられたと思う。

自分は大会MVPはスペインのGK、カシージャス選手かと思っていたけれど、意外にもウルグアイFWのフォルラン選手だった。でも、ウルグアイは決して諦めない姿勢が試合を通して現れていて、学ぶべきものが多かったし…十分受賞に値すると思う。見ている人は見ているんだなぁ、と思った。

あと、今回はほとんどの試合をスカパー!で見ていて、試合終了後にオシム氏の解説や総括があるのだが、毎回勉強になる話ばかりだった。あれは編集してDVDか書籍にでもすべきだと思う。サッカーやスポーツの好き嫌い云々でなく、全ての人が生きていく上での糧となるような素晴らしい内容だった。


執行部の責任の取り方は人それぞれだと思うが、有権者に不信任を突きつけられた者が、党の事情で国務大臣を居座り続けるというのは、おかしな話だと思うが、これ如何に。

与党は衆議院の2/3を占めてないのか…これじゃあ法案が一つも通らなくなるな。どうするんだろ?


数週間前にサボテンのトゲが刺さった左手人差し指だが、微妙に腫れてるし、痛みや痺れも残っているけれど、本当に自然治癒するのかな?


帰宅後、WWE「スマックダウン」を見ながら寝た。クリスチャンかマット・ハーディーはヒールに路線転向かな?

2010年07月12日

7月11日の日記:選挙

自作CDを聴いた。昨日、曲順的に気に入らない部分も改善した。最初はQUEENSRYCHEの"I Don't Believe Love"を選んだのだが…やっぱりコンセプト・アルバムの曲を違和感なく並べるのは難しい。


ワールドカップの3位決定戦ウルグアイvsドイツは予想通りの好ゲームだった。ウルグアイは本当に良いチームだったな。準決勝、3位決定戦と敗れはしたが、敢闘賞ものの戦いぶりだった。


今日は朝イチで水道管掃除が入っていて、その後に選挙に行ってきた。投票所がいつもは小学校の体育館だったのが、修繕工事中という事で教室を使っていた。懐かしい雰囲気というか、こんなに狭く感じるものか…


ワールド・カップの3位決定戦の充実度に比して、エンジェルスvsアスレチックスは酷い試合内容だった。カズミア投手は気のせいかな?一回り程、小さくなったように見えたけど…体調面が心配だ。


一方、ヤンキースvsマリナーズは接戦で面白かった。チェンバレン投手がぶち壊していた。


夕方、アニメ「戦国BASARA」を見た。豊臣秀吉が拳王様のような豪傑に設定されていたりする時代劇ファンタジーだった。ちょっと自分にはついていけない脚本だが…


大相撲名古屋場所は、上手く立ち回れば、安い席で結構良い場所に居座れそうだ。


参議院選挙は投票率がねぇ…50%を切った選挙に効力を求めて良いのだろうか?と思うこともある。

与党は内閣を入れ替えて間もないせいもあったのだろうが、説明不足、説明下手の上に、首相が取材も受けないからメディアとも角を立ててしまう悪循環。この結果は仕方ないだろうね。消費税10%がどうというよりも、報道に振り回されるように発言内容を変えるから信用を失うんだよ。

2010年07月11日

7月10日の日記:撮ってはいけない

あれこれ聴いてCD2枚分のプレイリストを作っていた。1曲だけ、しっくり来ていない所があるんだよな…


ヤンキースvsマリナーズとエンジェルスvsアスレチックスを見た。それにしても驚いたのはマリナーズがクリフ・リー投手を、目下のライバルである同地区首位のレンジャースに放出した事だ。現状、最下位のマリナーズが今シーズンの地区優勝を放棄したという事になるが、普通同地区に放出しないと思うのだが…煽りを食うのは2位のエンジェルスという事になる。負けずにサプライズ補強はあるのかな?

巨人も絶不調だ…久々に地上波で放送していたのに。


先週来の旅行をまとめるのに手間取って、ようやく日記が追いついた…


夕食後、実家に米を届けに行き、新宿方面に母とドライヴ&買い物に出かけた。話題は先週の旅行を振り返るような話が中心になったが、一つ、自分が写真撮影した場所について気になっていた事があったのだが、その点について母も覚えていて指摘された。

詳しい事については書かない方が良いと思う。一つ言える事は、この世には撮影してはいけない…出来ないものがあるらしいという事。帰ってから妻に話したら、似たような話が欧州にあったと教えてくれた。

2010年07月10日

7月9日の日記:スポーツ観戦三昧

マリナーズvsヤンキースは終盤での選手層の差がでてしまう切ない展開だった。7回くらいまではなぁ…。ファウルボールでイチロー選手と交錯した女性ファンの熱狂的反応が面白かった。

エンジェルスはレンジャースとの差が縮まらない。ちょっと心配になって来た。


その後はWWE「ロウ」と「NEXT」を見た。今日はネクサス勢にレジェンド達がボコられていた。メールによる謎のGMの指令とか、ちょっとも面白くないんだけど…最近、引っ張り過ぎで飽きられるというパターンのストーリーが多い気がする。SESの新メンバーもマスク被ったまんまだし。

「NEXT」はシーズン2を初めて見たけど、まだ新人達の動きが固いかな?新しく指導者役のプロに抜擢されたメンバーがそれなりに輝いて見えるのが興味深い。


滋賀で買ってきた赤蒟蒻はホッピーに合うな…などと飲み食いしながら巨人vs中日戦を見たが、巨人は継投をミスったね。それ以上に打線が吉見投手を攻略できなかったのがまずかった。


涼しかったもんで、一日中玄関を開けていたら、ゴキブリの侵入を許す羽目になり、深夜に大仕事とあいなった。

7月8日の日記:スペイン決勝進出

ドリーム・シアター"Octavarium"、"Systematic Chaos"、"Black Clouds And Silver Linnings"を聴いた。


早起きしてワールドカップ準決勝、ドイツvsスペインを見た。イングランド、アルゼンチンを大差で下したドイツを止められるチームはないだろうと思っていたが、この日のドイツは何故か元気がない。ミューラー選手の欠場が痛かったのか…

スペイン押し気味の中、コーナーキックからスペインDFのブジョル選手がヘッドでゴールしたが、後のドイツの反撃も思い通りに機能せず、スペインが押し返す場面も多く、結局ドイツは負けてしまった。オシム氏が「スペインが勝ったというより、ドイツが負けた試合」と表現していたが、まさにそんな感じだ。

ただ、スペインもここまで「さすがは無敵艦隊!」と言わせるだけの試合を披露してはいないんだよね。苦労しながら一歩一歩勝ち進んでいった印象がある。徐々に完成度を高めているわけだが、それが決勝でオランダの攻撃陣とどういった攻防を展開するのか…オランダだって守備に弱点があると言われながら、圧倒的な攻撃力で相手を飲みこんでいったからね。

決勝以上に3位決定戦が良い試合になりそうな気もするけど…。ウルグアイもドイツも攻守のバランスが良く取れているチームで、お互いどのように相手ゴールを攻略するのか、興味深い。決勝進出を逃したメンタル的な要素が影響すると凡戦になりかねないけどね。


夕飯はトロロ蕎麦。先週来、栄養価の高いものを食べているようで、ニキビが出来ている。調整しないといけない。

7月7日の日記:オランダ決勝進出

ドリーム・シアター"Six Degrees Of Inner Terbulence"、"Train Of Thoughts"を聴いた。


早起きしてワールドカップ準決勝のオランダvsウルグアイ戦を見た。結果は予想通り、オランダの勝利だったが、ウルグアイの健闘が光る良い試合だった。オランダの2点目はオフサイドっぽかったけど、結果には変わりなかったかな。でも、ウルグアイの最後まで試合を捨てない姿勢には感動した。


サッカー観戦後、そのままABCに参加した。今日は参加者が沢山いたけれど…旅行の疲れも残っていたし、ワールドカップ見ていて半呆け状態だったので、大人しくしていた…というか、今朝は自分の反応自体が鈍かったと思う。

今日はその後もダラダラ気味。


帰宅後の夕食で、中央道のSAで買ってきたヤマイモを食べたが、美味しかった。

7月6日の日記:痒い!

ニッケルバック"Three-Sides Of Coin"、"The Long Road"、"All The Right Reason "、"Dark Horse"を聴いた。

旅行明けで普通の一日、かなり辛い…昨日、京都の進々堂でカレーパンを買って帰ったのだが、予想通りスパイシーで美味しかった。

冷蔵庫にお土産を入れているとき、ハムのような包みを見つけた。留守中に妻がサイボクハムにでも行ったのかな、と思っていたら、何とハムを自作したらしい。しかも美味しいし。

昨日、安土城址で妹が蚊に刺されまくっていて、笑っていたのだが、実は自分も相当に刺されていたらしく、何故か24時間ほども経ってから腫れと痒みが出てきた。この反応の遅さは何故?

近江八幡のクラブハリエでバームクーヘンを買ったが、これは美味しい。いくらでも食べられそうだ。

2010年07月09日

7月5日の日記:安土城址へ

ザ・ダークネス"One Way Ticket To Hell And Back"、アングラ"Rebirth"、"Temple Of Shadows"、ラッシュ"Presto"、"Roll The Bones"、"Counterparts"を聴いた。


朝食は昨年と同じく進々堂でフレンチトーストを食べた。お土産用のパンまで購入して、すっかりお気に入り。関東にないのが残念だ…

P1010238.JPG

午前中は上賀茂、下賀茂神社を廻り、例によってキティちゃんのスタンプ集め。京都には5ヶ所あるそうで、石清水八幡宮を除く4ヶ所のスタンプを得た。

賀茂神社も初めて訪れた場所だが、広大で神聖な雰囲気が強い。平安遷都以前からこの地にあったというのだから、驚きだ。今は屋根の檜皮の葺き替え工事が進められている。写真は下賀茂社内に残る古代の祭祀施設跡で、ここから先は立ち入り禁止。

100705-01.jpg

上賀茂社では、本殿の特別拝観が行われていて、たすきをかけての御祓いと案内を受けた。たすきをかける時、自分の着ていたTシャツが、SLAYERの"God Hates Us All"である事に気付いて一人失笑…神罰必定だ。

上賀茂社では餡入り餅、下賀茂社ではみたらし団子が名物だと言うので、それぞれ食べてから出京、安土城に向かった。

この時、iPad搭載の地図をナビ代わりに使った事が仇になって道を間違えた末、渋滞に巻き込まれる羽目に陥った。毎年来てるんだから、自分の勘に頼るべきだったと反省。

滋賀県に入って国道を外れるとドライブは快適になった。昼食は近江八幡で取ることにして、日牟礼八幡宮の駐車場に車を入れたが、月曜日だと言うのに、車は多い。どーなってるの?

これまでにも何度かお世話になったことのある、八幡堀に沿って建つ蔵を改装した食堂「浜ぐら」に入ったが、以前と内装が違う。カウンター席が出来てIH調理器も設置されている。前はもう少し和テイストが強い内装だったが…

お店の方から話を聞いたところ、1年半ほど前に改装されたそうだ。しかも今は近江牛で知られるカネ吉さんの手が入っているらしい…ここ2年ばかり同じカネ吉さんの「ティファニー」で食事を取る事が多かったが、その間に近江八幡城下にも進出していたとは…当然献立も変わっていて、近江の食材をフィーチャーした「浜ぐら弁当」がなくなって牛肉を使った献立中心になっている。

自分はスキヤキカツなるものを注文してみたが、本当にスキヤキがカツとじされている。初めて味わう献立だ…。これを温泉卵で食べるのだが、サクサク&ジューシーで、ご飯に乗せても美味だ。赤蒟蒻や丁字麩といった近江の食材もアピールされているのは以前のお店と変わらなかった。

100705-02.jpg

かくして安土城址に到着したのは午後3時過ぎだった。天気が良いので、真昼間に上るよりはましだけど、山を下りるのは5時近くになるだろうし、家に帰るのが深夜だな…

城址に着いてまず驚いたのは、新しい休憩所とトイレが出来ていた事だ。

100705-03.jpg

私が初めて安土城址を訪ねたときは、まだ整備工事は始まっておらず、トイレは汲取り式だった。確か、大河ドラマで「信長」が放映された頃に、トイレが水洗に改装されたと思うが、今回は新しい敷地に新造してある。休憩所にはエアコン、液晶テレビにプロジェクターも装備され、発掘調査報告などにも対応できるようになっていた。凄いなぁ…時代は変わったわ。昔はあの辺りは大型トラックが乗り付けて寝泊りしていたはずだ。

100705-04.jpg

ちなみにかつてトイレと休憩所のあった辺りは上の写真のように景観もスッキリした感じになった。大手門跡周辺の整備もひと段落ついて、今は門の東方の発掘、整備を考えているようだ。

いつもは6月に訪れているわけだけど…7月はアジサイが咲き乱れているのは趣があるが、オオスズメバチの活動も本格化していて危険極まりない。よりにもよって天守台上の木の樹液がお気に入りらしい。写真は大手道の石垣沿いのアジサイ。

100705-05.jpg

あと、築城以来の数少ない遺構の一つである仁王門にも修理工事が行われるようで、鉄骨が組まれていた。


…というわけで、今年の安土旅行は丹後~京都方面を中心に探訪して、帰宅は深夜になりました。

2010年07月08日

7月4日の日記:天橋立~京都市内へ

フェア・ウォーニング"Rainmeker"、"Go!"、キッス"Sonic Boom"を聴いた。


朝方、スペインvsパラグアイ戦を見た。スペインの攻撃陣を粘り強く凌ぐパラグアイという予想通りの試合展開だったが、後半、ついにパラグアイの堅守を破り、スペインが1ー0で勝利をもぎ取った。パラグアイが勝つには、あれしかなかったと思うが、やはり守り勝つのは難しい…

今日も天候はイマイチか…写真は宿の温泉から望む日本海。

P1010197.JPG

朝風呂後、散歩に出てみた。近くのお寺を目標に歩いたが、既に海岸にサーフィンに興じている人が見えた。なるほど、それで栄えてるのか…。お寺の建築物はかなり新しいが、裏に古びた鳥居が見えたので、落ち葉で滑りコケながら石段を登り、小さな祠にたどり着いた。温泉街の繁栄を見守っているのだから、小さくても余程の御利益があるのでは…というわけでお裾分けをお願いした。

P1010202.JPG


散歩から帰ってすぐに朝食、御飯が進むおかずがタップリあった。

P1010203.JPG

食後、程なく宿を出て天橋立に向かった。自分はまだ、カメラがフィルムだった時代だから20年くらい前かな?…とにかく、一度来たことがあるのだが、現像に出したフィルムを写真屋が巻き込んでしまい、貴重な写真の多くを駄目にされた苦い思い出がある。

その時は快晴だったけれど、今日はどんよりと曇っていて、時折雨が降る感じ。

前に来たときは自転車を借りてすぐに展望台に行ったように記憶しているが…正直、お寺や神社の存在は全く覚えていない。自転車を借りるといっても天気は悪いし…

取りあえず駐車場近くの智恩寺をお参りして、「さてどうしようか?」と思案していると、

「モーターボートで向こう岸まで送り迎えしますよ」

と声をかけられ、面白そうなので乗ってみる事にした。大型の観光船を追い抜く様はなかなか爽快だ。

かつて明智光秀親子が宮津を訪ねた際、細川幽斎、忠興親子と共に舟を宮津港に出して、和歌を楽しんだと聞いたことがあるが、このモーターボートの航路と重なっていたのだろうか?なかなか興味深い体験だった。

向こう岸には皇室や伊勢神宮とも縁のある籠神社があった。近年、整備工事が着々と進んでいる印象だ。

その後、ケーブルカーに乗って展望台へ行った。展望台の記憶ははっきり残っている。ただ、残念なのは雨模様で向こう岸がほとんど見えない。それなりに神秘的な感じもするけど…

P1010209.JPG

有名な股覗きで見るとこんな感じ。

P1010210.JPG

糞真面目にわざわざ股覗きして撮影したが、考えてみれば普通に撮った写真を180度回転させれば良かったんだよなぁ…

帰路、母が4袋¥1,000円の安さに目がくらんで丹波の黒豆を購入していた。実際、他のドライヴインでは1袋¥300円強で売られており、賢い買い物だったようだ。中身も本当に旨かったし、色艶も違う。恐るべし、丹波の黒豆。

帰りのモーターボートは行きと違って小型なタイプだった。船底にダイレクトに座る感じで、もの凄いスリル。後ろの席に子供が座っていたが、下手したら落ちるんじゃないかというくらいの勢いだった。子供達は喜んでいたけどね。

昼食は智恩寺近くの手打ち蕎麦屋でニシン蕎麦を食べた。智恩寺にちなんで、お土産に智慧餅をオススメしており、食べてみたが、美味い…舌触りと歯ごたえが良いね。

P1010226.JPG

写真はコーヒーときなこ餅も一緒に撮影、きな粉にも丹波の黒豆が使われていて美味しかった。

食後に天橋立を発ち、京都に向かった。一般道で丹波路を経て亀岡~沓掛~老の坂…本能寺の変での明智軍の進路だね。こんなに楽に移動できるとは知らなかった。そりゃ、クーデターも出来るわ。

丹波路を移動する間に天気が晴れてきた。お参りしまくった御利益かな?どうせ晴れるなら天橋立で晴れてくれれば…

京都に入ったのは夕刻で、まずは八坂神社を訪ねた。妹が全国の神社で捺せるキティちゃんのスタンプを集めているので…八坂神社はいつも門前を通り過ぎるだけで、中に入るのは初めてだった。予想していたほど広大ではなく、手早く参拝を済ませた。

キティちゃんのスタンプがインクが薄いわ、型崩れしているわで妹は不満顔。参拝客の人数に比例するんだろうな。

京都御所近くの宿に入って一休みした後、夕食と引き続きスタンプ集めの為(苦笑)に地下鉄に乗って繁華街へ。新京極通にある錦天満宮に向かった。社務所が夕刻過ぎまで開いている神社は珍しいが、ここは21:00までやっているそうだ。敷地こそ小さいが、繁華街のど真ん中にあって参拝者が絶えない。

100704-01.jpg

夕食はうどんをメインにあれこれ飲み食いした。

P1010236.JPG

更に丹後で買った地ビールを宿で飲みながら「龍馬伝」を見た。地ビールはどれもスッキリした飲み口で美味しかった。半分寝ぼけてたけど。

2010年07月07日

7月3日の日記:丹後探訪

ドリーム・シアター"Awake"、"Black Clouds And Silver Linning"、デフ・レパード"Hysteria"、ニュークリア・ヴァルテス"I Am I"、エアロスミス"Pump"に、自分で編集したリストを聴いた。


A.M.5時ちょい前に目覚める。

サッカーのウルグアイvsチリ戦をTVで見てみると、引き分けていた。延長戦濃厚な試合展開だったが、5時出発と決めていたので、家を出た。程なくウルグアイがPKで勝利したことを知った。

後で知ったが、色々なことがあったのね…ウルグアイにとっては、点取り屋のスアレス選手の出場停止は準決勝に響きそうだ。


で、今回の旅行だが、まず目指したのは丹後半島。久々に東名高速に乗り、伊勢湾道を経て新名神を通って大津に至るというドライヴコースを初体験。名古屋港、埠頭に停泊する船や工業地帯はなかなかの迫力だった。

それにしても困惑したのは猛烈な雨だ。海沿いを走っていたので、降るときはこんなものなのかと思っていたが、後で報道を見たら、記録的な豪雨だったらしい。

運転にもかなりの疲労がかかる天候だったため、丹後宮津に到着したのは午後2時過ぎだった。昼食は駅前の富田屋(とんだや)にて、定食、うどんを食べた。

P1010182.JPG

写真は私が食べた焼き魚定食(¥600)だけど、総じて価格が安くて驚いた。母が冷やしの素うどんにあれこれ天ぷらを注文したのだが、案の上、山盛りで登場、取り分けてお腹一杯になった。店内の雰囲気も良かった。宿も提供しているらしいので、もう一度機会があったらお世話になりたいな。

丹後に到着して驚いたのは、その蒸し暑さだ。潮風もあって、べた付くという感じで、なかなか厳しい環境だ。

幸い、雨の方はほとんど止んだので、食後、周辺を散策してみた。

宮津城は織田信長の命で丹後を与えられた細川藤孝、忠興親子が居城としていた。城跡は明治維新後にほとんど破壊されている。

…とは言え、かつて城があった事を示す案内板や石垣の名残は残っており、そうしたものを見て回った。案内板を見て思ったが、城の構造が明智光秀が琵琶湖に面して築城した坂本城に似ていたようだ。

宮津城も日本海、宮津湾に面しており、似たような形で築かれた事は十分考えられる。でも、坂本も宮津も城はほとんど破壊されており、残念至極だ。

かつての石垣の名残や古木を撮影して廻っていたのだが、中でも驚いたのはかつての三の丸内にあたる場所に建てられている祠で、江戸期の不義密通事件に絡む祟りを祀ってあるそうだが、ここだけは他とは違う空気が漂っていた。妹はビビって撮影しなかったが、自分はパチリ。

100703-01.jpg

「さわらぬ神に祟りなし」を絵に描いたような様相で、ある意味、本日のハイライトだったなぁ…

その後、宮津小学校に城の建造物で唯一残されたという門が移築されているというので、それを見たが、門扉以外は後補のようだ。

100703-02.jpg

…というわけで、宮津城にまつわる遺跡をブラブラ廻った後、この日の宿へ向かった。車に乗った途端に、再度、叩きつけるような雨が降ってきた。天運にだけは滅法強いんだな、自分。

宿は、よく知らないままに予約したのだが、なかなか栄えた温泉街で、夕食は日本海の幸を味わった。

P1010192.JPG

P1010193.JPG


夜はワールドカップのドイツvsアルゼンチンを見た。ドイツの衝撃的なほどの強さに絶句。マラドーナ監督の打つ手なしといった表情が切なかった。

2010年07月04日

7月2日の日記:ブラジル負けた

エンジェルスvsレンジャースを見たが、松井選手は調子悪そう…ボール球を打ちにいきそうな動きをする時は、総じて良くない。


WWE「ロウ」を見た。ついに会長もNXT勢にボコられたな…演出とはいえ、上場企業のトップが自ら新入社員に袋叩きにされるんだからWWEは凄い。婿殿はどう出る?


夕方は図書館へ。一冊返し忘れてた…


巨人vs阪神は良い試合だったけど、負けた。


夕食後、実家へ行った。で、ワールドカップのブラジルvsオランダを見た。オランダの攻撃陣は凄いわ。ブラジルは意外にメンタルが弱かったね。翌朝早朝に出かけるので、ウルグアイ戦まで起きるのはやめて寝た。

2010年07月02日

7月1日の日記:Fatal 4 Way

ドリーム・シアター"Falling Into Infinity"、"Scenes From Memory"を聴いた。


朝、駅に向かう途中に生えている巨大なサボテンに手が触れてしまい、大きな棘が突き刺さって抜けなくなってしまった。腫れてはいないが、痛い…放っておけば、何とかなるらしいけど。


近所のスーパーが最近、毎週木曜日に10%OFFセールをやっているので、勇んであれこれ籠に入れてレジに並んだら、今週は月曜日がセールだったらしい…やられたわ。

…で、あれこれ買ってきたものをつまみながら、WWEのPPV"Fatal 4 Way 2010"を見た。主要な王座が軒並み移動する結果だった。何というか…PPVっぽくない雰囲気だったような気がした。それなりに面白かったけど、王座戦がいずれも乱入による混乱の中で移動するという展開だったのがイマイチだった。

2010年07月01日

6月30日の日記:無駄に忙しい気分

ドリーム・シアター"Images And Words"、"Awake"、"Black Clouds And Silver Linings"を聴いた。


朝はABCに出席、今日は選挙絡みで、取材や候補者の方もいらしていて、いつもと違う雰囲気。にも関わらず私は前日に見て衝撃的だったオオスズメバチのネタを披露するKYっぷり。

実際の経験談として、消費税導入~5%に増税されたときの不満や怒りと、ガキの頃、スズメバチの巣に誤って片足突っ込んだ時の恐怖と衝撃とは、比較にならないものだ。

結果の別なく、ワールドカップの舞台で日本代表がスペインかポルトガルと戦う姿を見たい方が多かった事が、何だか嬉しかった。

また、O氏から先週、BOB DYLANのCDを貸したお礼にと、THE BEATLESの貴重なジャム音源を借りた。何度聴いても"Get Back"のカッコ良さはたまりません。


未だにEvernoteやDrop Boxの使い勝手に馴染めない自分が腹立たしい。バカなのか?自分。おかげでiPadが宝の持ち腐れ…

そんなこんなで手一杯のはずなのに、更にブクログにも加入してみた。簡単に電子ブックを書いたり売ったり出来るらしいので…ウェブ上の本棚みたいなもんで、取りあえずと、そこにDREAM THEATERのCDを次々と突っ込んだら、1件1件Tweetされていた…大迷惑なので、丁寧にマイペースにやることにした。全てのCDなり蔵書をアップロードする頃には、この世の者ではないと思うなぁ…


"Castlorry"は新たに作った蒔絵風仕様のデザインのうんちくを書いていた。まだウェブでは公開してないけどね。公開は来週以降になる予定です。


「サーバー移転に伴う作業」とか、医者や床屋に行くのと同じくらい、時間の無駄に思えて大嫌いなんだけど、止むを得ず深夜にメンテナンスして寝た。

6月29日の日記:負けた…

ドリーム・シアター"Train Of Thought"、"Octavarium"、"Systematic In Chaos"を聴いた。


噂には聞いていたが、こうして自分で使うようになってiPodは音が悪い事がわかった。なので、携帯プレーヤーは未だにサービスも終ったPanasonicのを使っている。


ワールド・カップの日本戦の前に「アニマル・プラネット」で海外のTV局が制作した日本のオオスズメバチを取り上げた番組を見た。いやはや、その一年の活動たるや恐るべし!冬の寒さと飢餓で滅亡するのかと思いきや…最期は内ゲバで滅亡するとは知らなかった。他の種類の蜂を含めて、日本のハチは世界最強だな…と思った次第。サッカー日本代表も「ハエのように…」などと卑下しないで、スズメバチを目指すべきだ。

…で、サッカー日本代表はパラグアイと120分間スコアレスドローでPK負けだった。残念で悔しい結果だったけれど、一番悔しいのは、当事者の選手たちだろうし、仕方ない。たらればを言い出したらきりがないが、岡田監督は現地で最善の手段を講じたと思う。

日韓で16強入りするも完封負け、今回はスコアレスドローだから、次は勝てるよ。ドイツでの惨敗を計算すると、次回は予選リーグ落ちで8強入りは8年後になってしまうが、あれはなかった事にして、倍速で代表を強化して欲しい。

4年後にはオオスズメバチと比較されるような強豪国にのし上がっている事を祈って…お疲れ様でした。



楽天で探す
楽天市場



最近のエントリー