~日記ブログ・ランキング

Yahoo!ブックマークに登録

« 6月18日の日記:花押コレクション | メイン | 6月20日の日記:一日中スポーツTV観戦 »

6月19日の日記:惜敗

キッス"Sonic Boom"、パパ・ローチ"Metamorphosis"を聴いた。

"Sonic Boom"には、6曲入りのブエノスアイレスでのライヴDVDが付いていたのだが、これはオーディエンスの盛り上がりの凄まじさが印象的な内容だった。ステージセットは相変わらず巨大だが、パイロとかの量は普通だったと思う。


エンジェルスはカブスと対戦、若手の選手が伸びてきていて、福留選手の出番が減ってきているのね。試合は松井選手がタイムリーを放つも、大差が付いた時点でお役御免…その後はカブスの追撃をかわして勝利した。

「エンジェルスは監督の采配、人使いが凄いね」

とは妻の弁。確かに、嫌らしいほどにね…

ヤンキースvsメッツでは高橋投手が好投して6勝目を挙げた。高橋投手は来年どうなるかだね。


巨人vs中日はブラウン選手の二本塁打で逆転負け。まぁ打率10割、防御率0.00なんてないわけなんで、こういう日もあるわね。


そしてワールド・カップ日本vsオランダは日本が善戦するも、シュナイデル選手のミドル・シュートに屈した。あれは仕方なかったね。素晴らしいシュートで、高い「個」の力は賞賛に値する。

日本の守備陣はよく1点に抑えていたし、そこは誉め讃えるべきでしょう。序盤は明らかに相手の攻勢を封じ込めていたし、後半、日本が前掛かりになってからの二度の決定機は、よくぞ凌いだと思う。GKの川島選手は素晴らしい動きだった。

逆に岡崎選手のシュートはなぁ…せめて枠内に蹴りこんで欲しかった。

カメルーン戦と同じ布陣で試合に臨んで、負傷者やカードが出なくてよかった。オランダ戦はなかったものと忘れて、デンマーク戦でよい結果が出して欲しい。デンマークは勝たなければいけないので、かえって勝機は得られると思う。

カメルーンvsデンマーク戦は勝った方が決勝リーグ進出を最終戦に望めるだけに、激しい攻防が展開された。先制はカメルーンだったが、結果的にデンマークが逆転、カメルーンの反撃を凌ぎきって勝った。デンマークとの直接対決で決着が付くのは、判りやすくて良いね。日本は引き分け以上で決勝リーグ進出なので、有利な戦術を立てられるし。

一方で残り一試合を残して予選敗退が決まってしまったカメルーンは残念だった。オランダとの試合が最終戦になってしまうけれど、良い試合を見せて欲しい。







まとめ買いで送料がおトク!「楽天24」


加藤珈琲


お米の稲田





iTunes Store(Japan)
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
映画館で並ばずにチケットが買える!