blogpeople



~人間考察ブログ・ランキング



私を登録 by BlogPeople





Google

Yahoo!ブックマークに登録

« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月31日

1月30日の日記:連日の諸々試聴

MSG"Arachnophobiac"、"In The Midst Of Beauty"WIG WAM"Hard To The Rock'n Roll..."THE USED"Lies For The Liars"を聴いた。

マイケル・シェンカーとゲイリー・バーデンの相性というのは、本当に不思議…まったくもって「魔法」の域だね。

WIG WAMは丁度今頃、新作が発売になったと思うが、自分はデビュー作をちゃんと聴いた。いわゆるアリーナ・ロックだね。ボーナス・トラックの「ジンギスカン」のカヴァーは笑えるが、KISSの"I Was made For loving You"のカヴァーはイマイチだ。オリジナル曲は結構良いので、買い揃えるか…

THE USEDは、一聴すると好印象だが、繰り返して聴くと、個性、角が取れ過ぎてしまい、飽きが来るのも早いような気がした。デビュー作での絶叫が裏返って吐きそうになるような歌い方が、いつまでも出来るとは思わないけど、まだトンガった部分は残しておいてもらいたかったなぁ。


100130.jpg

苦心して撮影した我が家のブック様。基本的に動物は、カメラのレンズをむけられると睨まれているように感じるらしく、どうしても視線を逸らしがちになるものらしい。この時も長い間、カメラを構えて追っかけ続けた末に「いい加減、こっちを向け!」とキレ気味に声をかけて何とか撮れた。上手くカワイ子ぶってるね。


夜は久しぶりに実家へ行った。ちょっと借りたいものがあったので…途中、レンタル屋で「LOST」セカンド・シーズンの3、4巻を借りて行き、翌A.M.3:00までかけてビールやコーヒー、紅茶をすすりながら、母と一緒に見ていた。

2010年01月30日

1月29日の日記:あれこれ試聴

先日来の流れでスリップノット"All Hope Is Gone"を聴いた他、一週間ほど前に手に入れたMSG:"Arachnophobiac"セパルトゥラ"Roorback"KORN"See You On The Other Side"をようやく聴いた。

MSGは、一部の収録曲で何故か、ジェフ・ワトソンがギターを弾いている。もちろん、ジェフも素晴らしいぎたりすとだが、リズム・ギターなどの部分も併せると、やはりマイケル・シェンカーの方が魅力的なんだな、と聴いてみて実感した次第。興味深い作品ではあるが、アルバムの出来は並。

SEPULTURAは地味だったなぁ。ヴォーカルがマックスが離脱してからの作品で、初めてまともに聴き込んだんだけど…音楽的な舵取り役が不在なんだな。演奏自体はビシッとまとまっているだけに歯がゆいな。

KORNもこんな風になっていたのか?正直、装飾音が多過ぎて好みの音ではないが次のアルバムも聴いてみたくなった。愛聴する類の音ではないが、ジョナサン・デイヴィスというヴォーカリストは凄いと思う。


WWE「ロウ」を見た。懐かしいなぁ、ドン・ジョンソン。昔「マイアミ・バイス」をTVで見てました。シェーマスとランディ・オートン、対峙するとどちらが王者かわからないね。

通常の「ロウ」の時間帯を押しのけてフィギュア・スケートをやっていたので、それも見た。優勝したけれど、浅田選手は硬くなってるんだよなぁ…「ちゃんと飛ばないと!」みたいな意識が伝わりすぎて、上手いけれど華やかさ、伸びやかさに欠けるというか…周りも煽るからいけないんだろうけど。以前に見られたスケートを楽しんでいるようなオーラを発して欲しい。

2010年01月29日

1月28日の日記:SLIPKNOTばかり聴いてます

ここ数日SLIPKNOTとLast.fm三昧だ。実はSLIPKNOTは携帯プレイヤーに入れる曲の取捨選択をしているんだけど、本などを読みながらなので、なかなか進まない…で、連日聴いているという状況。


年表ブログで西南戦争についての記録をしているのだが、西郷隆盛の意図というのがよくわからない。挙兵が彼の望むところではなかったのはわかるが、隠遁生活に徹しているかと言えば、そうでもないし…


白いたい焼きと言うやつを食べた。もちもちした食感で、お腹にたまりそうだが、普通のたい焼きの方がいいな。


朝青龍関はどうなるんだろ?報道されていることが事実とすれば、プロの格闘家が一般人に手を挙げるのはさすがにマズい。横綱だからねぇ。


夕飯はカレーだった。

2010年01月28日

1月27日の日記:じゃこにタツノオトシゴ?

スリップノット"Slipknot"、"Iowa"、"Vol.3"、"All Hope Is Gone"に、Last.fmであれこれ聴いていた。

BLACK SABBATHにフォローされた。ちょっと嬉しいというか、光栄です。Last.fmでまめにハートマークを入れた甲斐があったかな。


朝はABCに参加した。

100127-075722.jpg

ZOKA COFFEEの朝メニューがチェンジしていた。サービス券がたまってコーヒーが無料だったので、サイズアップと朝メニュー(トーストとゆでたまご)の追加で¥100しかかからなかった。あまり安いと何だか申し訳ない気もする。


TVでマイケル・ジャクソンの"This Is It"の映像を見ていて気がついたが、晩年のフレディ・マーキュリーに近いものを感じた。フレディの方が先立ってしまったわけだが、実は彼がマイケルの影響を受けていた可能性もあるけどね。

MJの後TVで、じゃこにタツノオトシゴやヒトデが混じっているような話を取り上げていた。家のじゃこを取りだして引っ掻き回したのは自分だけじゃないはず…

2010年01月27日

10月26日の日記:ベジバーグ&ベジドッグ

スリップノット"Slipknot"、"Iowa"を聴いた他、Last.fmであれこれ聴いていた。


年表ブログにリンク間違いやら記載漏れがあったので、直しておいた。それにしても関ヶ原での西軍のグダグダっぷりは酷い。決戦の前日まで、徳川家康の動静を掴めていないんだよね。

今は西南戦争関連を中心に粛々と入力中です。


kumiさんが、胡椒とチーズのクッキーと、抹茶のクッキーを持って来てくれた。前者はなかなか辛い(胡椒の分量間違えたらしい)が私には美味。ビールとの相性が良さそうで、バーとかに常時在庫すべきだと思った。


夕食にサブウェイでベジバーグとベジドッグを買った。ちなみに写真右は妻が自作した生姜とゴマのケーキ。これがまた大人の味で、美味でした。
100126.jpg

ベジバーグはちょっとあっさりし過ぎていて、ベジドッグと一緒に食べると薄味に感じるかもしれない。それにしても、ファーストフードが好きだな、自分。とりあえず妻の名誉のために言っておくが、妻が飯を作ってくれないとか、飯が不味いとかいうわけではありません。

2010年01月26日

1月25日の日記:SCORPIONS活動停止

スリップノット"Slipknot"、"Iowa"、"Vol.3"を聴いた。

SCORPIONSが3月リリース予定の新作と、それに伴うツアーをもって活動を停止するらしい。寂しいけれど、彼ららしい引き際と言うべきか。

自分はこの曲"Blackout"を初めて聴いた時、ショックで鳥肌が立ったもんだけど、エンディングも強烈で…アルバムではここから曲間なしに次の曲に雪崩込むんだけど、これがまたカッコ良かった。カミソリのような切れの良いギター・リフ、当時はシンプルに「カッコ良い!」としか感じなかったが、年が経つにつれ、こんな風に弾ける人はルドルフ・シェンカーしかいない事がわかった。


kumiさん、今度はお菓子の購入禁止令が出たらしい。


WWE「スマックダウン」を見た。最近、バティスタは負けが混んでないか?これから美味しいところを持って行きそうな予感…クリス・ジェリコは休みなしで御苦労様としか言いようがない。彼の昨年のBest TuneはMEGADETHの"Headcrusher"だとTwitterに書き込んでた。自分はDREAM THEATERTHEの"COUNT OF TUSCANY"かなぁ…下の動画はMEGADETHの"Headcrusher"です。DREAM THEATERは20分近いから収まりきらない。

2010年01月25日

1月24日の日記:豚と水菜のとろろ鍋

ボン・ジョヴィ"The Circle"を聴いた他、Last.fmを垂れ流して聴いていた。今日はMEGADETHを検索して聴いてみたが、やっぱりMETALLICAはかからず…


少しサイトのサイドバーとメニューを変えてみました。見やすくなったかな?


100124.jpg

夕飯は"R-25"に出ていた豚と水菜のとろろ鍋を作ってみた。ま「作った」のは妻で、自分は長芋を摺り下ろしただけ。ポン酢や柚胡椒で散々豚肉を食べた後、とろろを混ぜ込んである鍋の汁を御飯にかけて食べた。あまりの旨さに学生時代なら絶対おかわりしたなと思いつつ、我慢我慢。「龍馬伝」を見て、自分も少しは鍛えないとなぁ、と思ったもので…。

その「龍馬伝」谷原章介の桂小五郎は笑った。今回の大河は演出、脚本が良く、ユーモアとか、陰と陽の対比が見事で上手く話を展開させていると思う。まだ3回目だけどね…「天地人」も序盤は悪くなかったし。

2010年01月24日

1月23日の日記:ごちそうツナバーガー

スリップノット"Slipknot"、"Iowa"、チープ・トリック"The Latest"を聴いた。あと、図書館でクリストフ・フォン・ドホナーニなる指揮者によるブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」というのを見かけたので、たまには…と借りて聴いてみたら、酷い演奏で苦笑。ま、各楽器の分離は悪くないが、奥行き、深みがないというか、硬質な演奏で「こんな曲だったっけ?」とカラヤンのと聴き比べてしまった程。


年表ブログにて、関ヶ原合戦関連の記事の入力に一区切りつけた。次は幕末~明治の記事を追加する予定。


午前中、近所の畑を回って野菜を買い物した。店で売れないくらい歪んだバカでかい大根を¥100円で売っていた。

100123-02.jpg

エコバッグに入りきらないほどデカかったけど…亀やアナログ・レコードと比べてもこんな感じ。


先日、友人から中国土産で頂いたロバ肉を食べた。馬より、羊に近い感じかな?


夕方、モスバーガーに「ごちそうツナバーガー」を買いに行った。Twitterで「品切れになるかも」みたいな書き込みにつられて行ってしまった自分は、ITメディアに操られた犬のようだが、美味しかったので良かった。

味は生姜醤油とブイヤベースの二種類があったが、どちらが美味しいとは決められないのが、正直なところ。ツナというと缶詰の油っぽい印象があるけれど、そういうのはなかった。写真は少々ピンボケです…

100123-01.jpg


大相撲初場所は横綱朝青龍関が、歴代単独3位となる25回目の優勝を千秋楽を待たずに達成した。今場所はもう一人の横綱白鵬関がなぁ…今日も勝ったけれど調子が悪そうだ。特に包帯などは見えないが、下半身に故障でも抱えているのかな?

2010年01月23日

1月22日の日記:マイク・タイソン

メタリカ"Death Magetic"を聴いた他、Last.fmで"METALLICA"と設定して聴いていたが、METALLICAは一度もかからなかった。METALLICAは昔、Napsterと揉めた事があったし、「大人の事情か?」と、勘繰りたくもなるが、実際、どうなんだろ?


100122.jpg

昼食はペペロンチーノ。新年会で引き取った激辛スパイスを一滴だけ混ぜたが、やっぱり辛いわ。まぁ、このくらいだと身体も暖まって丁度いいかな。


WWE「ロウ」を見た。マイク・タイソンがホストとして登場して、最後にクリス・ジェリコにパンチをくれていたが、パンチのスピード、体重の乗っけ方は相変わらず凄いね。あんなの、まともに食らったらたまらん。もちろん、ボクシングの試合をするにはフットワークやスタミナが衰えまくっているのだろうけど。

2010年01月22日

1月21日の日記:ロバの肉

スレイヤーのBox Setを聴いていた。


昼間、仕事のことで色々なアイディアが飛び交って盛り上がった。あとは実行あるのみですな。


夕方、ガキの頃からの友人とお酒。年末に中国に行って来たという友人から、お土産にロバ肉をもらった。

100121-1.jpg

彼は歴史関係の仕事をしているので、最近話題になった曹操の墓に関して行って来たのかと思っていたが、別件だったそうで、帰国してから知ったそうな。曹操の墓所である事を確定するには、もう少し研究の余地があるらしい。

今晩は寝過ごさずに帰宅した。

2010年01月21日

1月20日の日記:お菓子製造禁止令

スレイヤー"World Painted Blood"、ニッケルバック"Three Side Coin"、"The Long Load"、"Dark Horse"を聴いた。


100120-081113.jpg

朝はABCに顔を出した。上はカフェラテのハートマーク。雑誌「an an」の朝活特集に取り上げられていたものの、表紙は櫻井翔の素っ裸で、男の裸体特集がメインで、私から見ると本屋ではとうてい手に取れない代物だった。男子のアレは店頭にドンと出せて、女子は未成年者×って奇怪千万だと思う。

中身も妄撮とか…宅配便屋さんの何気ない仕草を透かした写真とか、爆笑というか失笑というか、男子の草食化に対応して、女子の肉食化を促すような内容が売れるという事なのだろうが…この日のABCに参加している女性陣は皆「言語道断、理解不能」と言っていたけど。

どうせなら「朝活」も妄撮して欲しかったなぁ…

ろくに当たらない占いを取り上げて庶民を惑わすよりは健全なのかも知れないけど。


kumiさんが、自宅でお菓子製造禁止令を親から下されたらしい。お菓子ばかり食べさせられて太ってきたという家族からのクレームが元になったそうだが、「それなら全部事務所に持って来いよ。食べる人間はいくらでもいるんだから」と言っておいた。

100121.jpg

実際、今日は胡麻クッキーを妻に持って帰った。あれは飲茶みたいで良い。母親も「胡麻はアンチエイジングに効果的なのよね」と食べたがっていたくらいだ。

2010年01月20日

1月19日の日記:規格外に…

ディスターブド"Believe"、"Ten Thousand Fists"、"Indestructible"、スリップノット"Slipknot"を聴いた。あと、Last.fmでは"RUSH"で検索してみたが、さしたるものはかからず。


昨日、kumiさんから手作りゴマ・クッキーをもらう事になっていたのだが、準備までしたのに忘れたとの事。

「電車の中で思い出したんですよ」

と言うので、

「それはいいが、電車の中でいきなり手を合わせて『はうぁっ!』とか言わなかったろうな?」

と聞いたら図星だったらしい。彼女の動き、くせとかが妙に漫画チックで他人から見たら、かなり変に見えるはずなので、どこかで恥をかいてるんじゃないだろうかと心配になる。


帰りに新大久保の八百屋で、規格外にデカい人参3本¥100円などを買って帰ったら、丁度TVで規格外に小さい人参を取り上げていた。チンゲン菜もやたらに小さいものをまとめて売っていたのだが、あれはカメの餌に打ってつけでまさに掘り出し物。なんでも、トマトには体を冷やす効果があるとかで(TVでキムタクに与えて実験してたのを見た)、実際、この時期に食べさせるとおとなしくなっちゃうんだよね…


今、年表ブログで島津氏の関ヶ原合戦前の動向を入力中。これがまたヒッチャカメッチャカで、関ヶ原に大軍を動員できなかったのも納得のていたらくだ。同時に石田三成の辣腕ぶりには感心させられるが、秀吉に知られてたら、島津義久はただでは済まなかったろうなぁ。

2010年01月19日

1月18日の日記:KILL THE KING♪

ニッケルバック"Three-Side Coin"、"The Long Load"、"All The Right Reason"、"Dark Horse"にLast.fmであれこれ聴いた。今日は"DIO"で検索して聴いていたけど、昨日に続いてツボに入る曲が良くかかった。

特に昨日一昨日と連日かかって、仕事モードをフリーズさせたのがRAINBOWの"Kill The King"。

この曲におけるリッチー・ブラックモアのギターとコージー・パウエルのドラムのコンビネーションがもたらすスリルの前には、いかなる激音、轟音もひれ伏すのみだ。自分にとってはドラミングまで口ずさんでしまう数少ない曲だね。ラジオだと、これが予想していない場面でいきなりかかるわけだが、思わず手がエアドラムしちゃうんだよな…


Kumiさん自作のチョコチップ・クッキーを食べた。材料を間違えたそうで、クッキーと言うよりパンのような仕上がりだった。味はコーヒーに合っていたし、イケてたと思う。


帰宅してWii Fitでヨガやってから夕食食べたら、一気に睡魔が押し寄せてきて眠ってしまった。その代わり、A.M.3時に目覚めてしまったけど。あまり健康な生活のリズムとは言えないなぁ。

2010年01月18日

1月17日の日記:テキサス・バーガー

今日もLast.fmをダラダラとかけていた。"OZZY OSBOURNE"とかで検索するとツボにはまるのが、ガンガンかかるわ。


今日も年表ブログで関ヶ原合戦関連記事を粛々と書き込む。

しかしこれ、調べれば調べるほど、西軍の酷さがわかるなぁ…宇喜多秀家とか、本人はやる気満々なんだけど、指揮系統が破壊されているし。有能な指揮官が家康に引き抜かれていて、東軍には「備前衆」と称した一部隊が存在している。しかも、彼らの暗躍によって、更に家臣の多くが家中を退去する事態に至り、関ヶ原の決戦5日前になって国元の留守居に人質出せとか指示してる。秀家の元に残った有力家臣は明石全登くらい?

宇喜多秀家は石田三成の書状によると一万八千もの大軍を動員しているのだが、関ヶ原合戦では福嶋正則の六千余と言われる軍勢と一進一退の攻防を展開している。これ、福嶋正則の勇猛さだけではなく、宇喜多勢の指揮系統の崩壊というのも、大きかった気がするね。当日までには、多少の脱落者もあったかもしれないし。


夕方、買い物がてらマクドナルドの新商品テキサス・バーガーを食べた。

100117-171927.jpg

ベーコン入りのハンバーガーとしては、好感度の高い部類に入ると思った。一瞬「天カスか?」と思ったフライドオニオンのサクサクした食感がアクセント入っていて良いね。パンに改善の余地はあろうが、そこに手を入れると、あの値段では出せないのだろう。

ところで、春になって発売されるカリフォルニア・バーガーとハワイアン・バーガーについては福岡、佐賀県では発売しませんとの注意書きが書かれていたが、これは何故?


「龍馬伝」1話を見たとき、予想はしていたものの、福山雅治は殺陣がイマイチだと思ったが、今日はカメラワークで上手く編集していた。普通にカッコ良くキマっていたね。


元巨人~阪神の小林繁投手の訃報には驚いた。本人の画数にもそういう気配が見られないし…。

自分がプロ野球に興味を持ち出した頃の好投手だったので、よく覚えている。カッコいい投手だった。いわゆる「空白の一日」事件には、それほど関心を持たなかったように記憶しているが、結果的に巨人は小林投手を放出したほどの勝ち星を江川投手で稼げてないように見えた上、散々にメディア叩かれてアンチも急増したので、選手がどうこうと言うより、球団がアホだなぁと思っていた。

ご冥福をお祈りいたします。

1月16日の日記:二日酔い

CDは聴かず、Last.fmを軽く聴いた。"IN FLAMES"で検索して似たような音の良いバンドに巡り合えるか試してみたが、思い通りにはならなかったな…


今朝はA.M.3:00に酔っ払って帰宅したまま眠りこけて、8:00に目覚めたものの頭がクラクラ…で、起きて年表ブログを更新しては、力尽きて寝るというパターンを夕方近くまで繰り返した。

関ヶ原合戦の際の西軍…というか、毛利軍は思っていた以上にグダグダだったんだなぁ…


メディアの編集のせいかもしれないが、与党がカルト教団に見えてきた。それにしても、世論を味方にするのが下手な一方で、敵を作るのが上手な政権だと思う。

2010年01月16日

1月15日の日記:濃い目のホッピーで…

イン・フレイムス"Come Clarity"、"A Sence Of Purpose"を聴いた。


年表ブログで関ヶ原合戦に関わる記事を追加した。


WWE「ロウ」を見た。ブレット・ハートは一時、体調を崩していた頃とは別人と言って良い回復具合で感動した。


夜、ちびたさんと待ち合わせて、上板橋でお酒。新しく出来たお店というやきとん「ひなた」に行ってみた。安くて美味しいお店で大満足。
話題もMichael Schenkerから「最高のメカ・キャラは何?」とか、たわいのない話をして、二人で大盛り上がり。ちびたさんはホッピーセットで飛ばしすぎたようで、酔いどれ状態に。中身濃い目だったもんなぁ…

100115-194422.jpg

煮込みやら焼き鳥やら…

100115-203616.jpg

生牡蠣、1個¥180円だったと思う。

「大丈夫かなぁ」と心配しつつ、ちびたさんと別れたのだが、自分にとって悪夢はここからだった。寝過ごして気がついたら川越…10年以上住んでいて4駅も乗り越したのは初めてだ。当然、上り線は終了していた。

タクシーも考えたが、今日は引き籠っていたし…という事で健康の為に歩いて帰ってみた。極寒の中、トボトボ川越街道に沿って歩いたのだが、平日に新宿~池袋で住宅街を縫うように歩くのに比して、国道は空気が悪い。帰宅後は、鼻も咽喉も妙な具合だった。

途中、大昔から気になっていた川越街道沿いの超小規模店「岡ちゃんラーメン」に立ち寄ってみた。駐車場がない上、席は5つくらいしかないお店で、学生時代から気にはなっていたんだよね。下り線が旧道と新道で二股に分かれる所にあるので、見たことがある人は沢山いると思う。

豚骨ラーメンで、¥600円からあった。自分は一番ベーシックな醤油ラーメンを頼んだのだが、飲み食いした後の締めには向かないコクのあるラーメンだった。店内に「豚骨とフルーツの組み合わせ」云々と書いてあったが、確かにクリーミーでほのかな甘みが感じられるし、麺も美味しい。

しかし、内臓がラーメン一杯、全てを受け付けてくれない…無理して食べると偉い事になりそうなので、少し残して店を出た。申し訳ないことしたなぁ。お店のおじさんが凄い良い人っぽかったし。近い内、もう一度寄らせてもらおう。

…というわけで、家にたどり着いたのは3時、そのまま倒れこむように寝た。

2010年01月15日

1月14日の日記

イン・フレイムス"Colony"、"Clayman"、"Reroute To Remain"、"Soundtrack To Your Escape"、MSG"One Night At Budokan"の他、last.fmにてあれこれ聴いていた。

DIOの"Don't Talk To Stranger"の'85年のライヴ映像。当時、友達がこのビデオ持っていて興奮したなぁ…。未だに禍根を残しているヴィヴィアン・キャンベル(g、現DEF LEPPARD)はロニーの病を知って何を思っているんだろう?


昼間、練馬高野台への所用のついでに東高野山長命寺に行ってみた。江戸期の石灯籠とかの年号は、徳川家光の頃だった。奉納した大名は大藩ではなかったが、興味深かった。

100114-110721-225x300.jpg

写真の金堂は、比較的新しい時代の建立のようだった。仁王門の仁王様より、南大門の四天王の方が巨大だった。意外と、見所のあるお寺さんでした。


関ヶ原前夜―西軍大名たちの戦い (NHKブックス)
光成 準治
日本放送出版協会
売り上げランキング: 109020
おすすめ度の平均: 4.0
3 それぞれの西国大名の内部事情の交差した「関ヶ原」
5 関ヶ原の戦いをより詳しく学びたい方へ

今、この本に夢中です。一級史料を元にした興味深い事実がかなり掲載されています。結論が出ているというより、史料の内容から来る制約、例えば史料の文書中の「彼」が誰なのか明解でない点など、読み手に考える余地も残されているのも良いです。ただ、初心者には内容が難しすぎるかもしれないのと、文体が読みづらいかもしれない。歴史小説ではないので、要注意。

2010年01月10日

1月10日の日記

たまさぶろう氏宅にて目覚めたのがA.M.7時頃?適当にTVを見たりしてくつろいでいたが、実家に寄る用があったので、まどろむたまさぶろう氏に一声かけて帰路に着くが…寒い。


実家に寄って用を済ませて自宅に帰ったのが昼頃、実家では、妹がこの日から台湾に出張に行ったそうだ。


帰宅したら、家にAppleのパソコンがありましたとさ。


戊辰戦争の年表が一区切りついた。

2010年01月15日

1月13日の日記

デフ・レパード"Adrenalize"から"Songs From The Sparkle Lounge"まで、ぶっ通して聴いた。あとはLast.fmを垂れ流し…


朝はABCに立ち寄った。RicoさんがブルーノートとYoutubeの共催企画のコンテストに参加しているとの事。下の画像を見て気に入られた方はRicoさんのmyspaceの日記ページを参照して投票してあげて下さい。


日頃女性ヴォーカル嫌いを公言している私を知っている方からすると、不審に思われるかも知れませんが、歌声がハスキーでいわゆる女性ヴォーカルものとは違うとわかって頂けるかと…見た目とのギャップも結構あるし、インパクトあると思います。

MySpaceのトップページでもド真ん中のスーザン・ボイルの脇で取り上げられたそうで、本人も驚いておりました。


大関千代大海、引退か…あの突っ張り相撲がもう見られないのは残念。お疲れさまでした。


野菜(亀の餌)が高い!


夕飯は鍋でした。寒い日はこれに限ります。

2010年01月13日

1月12日の日記:MSG Live!

デフ・レパード"High 'n Dry"、"Pyromania"、"Hysteria"にLast.fmであれこれ聴いていた。


都内で雪が降ったそうだが、自分が出歩いた時間は雨だった。それなりに防寒対策をしたせいか、思ったほど寒さで泣きが入る事はなかった。


大関魁皇が幕内最多の808勝目を記録、17年間積み上げてきた記録だそうだが、自分はその頃何をしていたんだろう?と、ふと考え込んでしまった。普通にサラリーマンしていた頃か…


100112.bmp

夕方、中野サンプラザにMSGのライヴを見に行った。寒い中、プロモーターの仕切りの悪さにはイライラさせられたが、ライヴは素晴らしい内容だった。チケットを譲ってくれたちびた氏、どうもありがとうございました。今度Tシャツを渡しますね。セット・リストなど、詳しくは下の続きでどうぞ。

帰りは同行したkato-chan氏とyada-chan氏とラーメンを食べて帰った。

1/12:Michael Schenker Group Live At Nakano Sunplaza

ステージには例のMSGのロゴのバックドロップの他、髑髏をモチーフにした幕がアンプにかけられた程度のシンプルなものだった。結成30周年なのね。まぁ見る側も演出よりもシェンカーの演奏する姿が見たいわけだから問題ではないけれど。

自分がMichael Schenkerを見るのは4回目…伝説のRay Kennedyを据えた「SUPER ROCK 84」と、UFOを再結成させて"Walk On Water"をリリースした時、そしてリーフ・スンディンをヴォーカルに迎えた"Written In The Sand"の時の来日公演の時。で、今回だから7、8年振りか…

開演時間を少々過ぎたところで暗転、重低音を効かせたSEが響く中、メンバーが登場した。シェンカーは機嫌が良さそうで、手を振って応えつつ軽く弾きまくる。

「結構フラッシーに弾くんだな」

と思っている所で始まったオープニング曲は"Feels Like A Good Thing "だった。1st収録曲とは言え、なかなか地味な選曲だ。ライヴで見るのは初めてだったから嬉しいけど。

ヴォーカルのゲイリー・バーデンは出で立ちがクラウス・マイネを思わせるような印象だが、歌唱力は…昔から判っている事だが、高音は全く出ない。で、辛くなるとマイクを客席に差し出す。自分としては想定内の事なので、大して気にはならない。

続く"Cry For The Nations"で歓声が一際大きくなる。 それにしても、この日のシェンカーは絶好調だ。ソロはまさしく、レコードで聴いたままに、印象深いメロディを弾きまくってる。素晴らしい!

パワフルな"Let Sleeping Dogs Lie"では、サイモン・フィリップス&ニール・マーレイといったベテラン二人が見事に厚みのある演奏を聞かせてくれた。前回の来日公演ではクリス・グレン&テッド・マッケンナという往年のメンバーが加わっていたそうだが、kato-chan氏が言うには「ただのメタボだった」そうで、やはりリズム隊がしっかりしていると、引き締まって聞こえる。例え、G・バーデンが歌っていても…

更に名曲"Armed And Ready"~"Victim Of Illusion"(これまた地味なというか、渋い)~"Ready To Rock"と続く。この流れだとアンコールの曲は予想がついてしまうわね。序盤から中盤で定番曲をプレイし終わってるし。

ここで私の知らない曲が2曲続いた。調べたら、"I Want You"と"A Night To Remember"というタイトルらしい。ただ、曲自体は悪くなかった。新譜買ってみようかな。何年か前に酷いのを聴いてガックリ来て以来、買ってないんだよね。

2曲ほど最近の曲が続いたので、

「もしかして序盤は初期の曲で、後半新曲、アンコールでUFOの曲で締めると言う構成じゃあるまいな?」

なんていう不安がよぎったところで、マイケルが弾きだしたのが"Into The Arena"だった。ハード・ロック・インストゥルメンタルでも、際立った構成を誇る名曲だ。中盤のベース・ソロ以降、若干短縮していたような…ギターはバッチリだった。

続く"Lost Horizons"では、イントロの鐘を突くようなパートをかなりしつこく弾いていた、というか、最前列のオーディエンスに弾かせていたようだ。最近のライヴでの演出の一環なのかもしれないが、以前では想像もつかないサービスっぷりだ。この曲、四半世紀ほど前に初めて聴いた頃はスロー&ヘヴィな曲調がまったく受け付けなかったが、今は大好きだ。音色とか、シェンカーの存在が唯一無二である事がよくわかる。あと、この曲辺りからG・バーデンのヴォーカルが安定してきたような…慣れってやつか?

基本的に初期2枚の作品から選曲された今日のライヴで、唯一4作目の"Built To Destroy"から"Rock My Nights Away"が披露された。ポップだなぁ、好きな曲だけど。後半のソロが即興っぽかったが、やや乱れていた感じだった。

一瞬キーボード・ソロをやるのかと思わせた壮大なイントロから"On And On"へ。 これは終始素晴らしいギター・プレイが堪能できた。ラストのか細いゲイリーの歌から雪崩込むギター・ソロの切なさよ(もちろん良い意味で)。

本編ラストは"Attack Of The Mad Axeman"。成る程、締めにはまだこの曲があったか。確かにこの曲は後半でガツンと盛り上がる。

一旦メンバーがステージ前に出てきて挨拶するのだが、その時、サイモン・フィリップスが意外に小柄な事に驚いた。あの身体であれだけ叩けるんだ…

アンコール一発目は"Ride On My Way"、知らない曲だ。最近の楽曲に手応えを感じているということか。実際、疾走感のある曲で、悪くない。ギターのメロディも面白い。

間髪入れず"Rock Bottom"のリフに突入したが、かなりギター走ってる。名盤"UFO LIVE"のヴァージョンを若干コンパクトにした感じだったけれど、シェンカーのギタープレイは鬼神の如し。

2度目のアンコールも最初は新曲"Dance Lady Gypsy"だった。こういうメロディ、リズムの曲もやるようになったんだなぁ。

最後は"Doctor, Doctor"で締めた。約2時間のライヴだったけれど、大満足でした。

欲を言えば、"Looking For Love"、"Red Sky"あたりもプレイしてくれたら「完璧」だったけれど…多分、泣いただろうな。実際 "On And On"で少し涙ぐんでしまいましたが。

というわけで"Looking For Love"のライヴ・ヴァージョンの映像。後半のギター・ソロは永遠に弾き続けてもらいたくなる見事な音世界です。

見直しましたねMichael Schenker、新作も聴いてみよっと。

2010年01月12日

1月11日の日記

WWE「ECW」、「スマックダウン」を見た。トミー・ドリーマーもWWE退団か…実際、動きが悪くなってきているし、仕方ないのかな。


今日はブログの記事をあれこれ更新しつつ、Wii Fit Plusをやって遊んだ。

新しいゲームの中で、ゴルフは振り上げる動きで何故かミス・ショットを放ってしまい、怒り心頭。ジャグリングなどはタイミングがどうにも合わず、これまた激怒。地道に頑張って腕を磨こうかな。

Wiiでネットにもつながるソフトも入れてみた。TVとステレオをつなげてあるので、これでLast.fmなどがまともな音で聴けるわ。


HELLOWEENの新作が昔の曲をアレンジし直してリ・レコーディングした作品なんだけど、"Dr.Stein"のビデオ・クリップが出来たらしい。

ホーンなどを加えて大改造が施されている。ちなみに下が原曲。こっちも結構コミカルなんだけどね。特にヴォーカルが違うので、印象が全然違うかもしれない。

2010年01月10日

1月9日の日記

昼近くに家を出て平和台へ。今日はたまさぶろう氏宅で新年会だった。

総勢8人で、鍋3回withうどん、妻に作ってもらったスペシャル・ピーマン肉詰めなどのつまみを食べながら、メタル・ビデオを見ながらわいわい、あっという間に時間は過ぎて終電近くに至った。

"落武者"Tommy氏が自宅で食べきれない激辛煎餅やらスパイスを持ってきて皆に勧めて回っていた。

100109-01.jpg

特にこのスパイスの辛さは異常、ラベルもデス・メタリックだ。一滴たらせば、充分な辛さを得られる…使用し過ぎると後で偉い目に遭う逸品だ。多分、自分が家などで使いそうなので、もらって帰ることにした。

皆はそれぞれ終電に合わせて帰ったけれど、私はそのまま残って一泊させてもらった。辛いもん食べ過ぎた。

100109-233622.jpg

宴の跡を記念撮影。でも、昨年あたりより、大分飲む量は減ってきたと思う。

ちびたさんから12日のMSGのライヴのチケットを頂いた。代わりに会場でTシャツを買って来て欲しいとの事。ゲイリー・バーデンのみの顔入りTシャツでもあれば面白いのだが。

2010年01月09日

1月8日の日記

ドラゴンフォース"Ultra Beatdown"を聴いた。


年表ブログで、戊辰戦争に関する記事を書き込んでいるのだが、明治元年に起きた事があまりにも多く、遅々として進まない感じになっている。

しかし、奥羽越列藩同盟の辺りの逸話を読んでいると、喜劇を思わせる面もあるね。もちろん、人が死んでいるので、笑い事では済まないのだが。

ちなみに、これが一段落したら、又レイドバックして戦国期の記事を書き加える予定です。


WWE「ロウ」を見た。いよいよブレット・ハートが登場するのか…。


アニマル・プラネット、今度は「BIg Bear Diary」かよ。これも見逃せないな。

2010年01月08日

1月7日の日記

メガデス"United Abomination"、ボン・ジョヴィ"The Circle"を聴いた。


小澤征爾氏の食道がん告白にも驚かされたが、ロニー・ジェイムス・ディオが胃がんに罹ったという話にはショックを受けた。メディアやファンにも気を使う人らしいので、それが災いしたのかな…平癒して再び力強い歌声を聞かせることを願います。


帰宅したら、何と「一番搾り」1ケースが懸賞で当選した。実に目出度い。

2010年01月07日

1月6日の日記

ボン・ジョヴィ"Lost Highway"、"The Circle"、メガデス"Killing Is My Business..."、"Peace Sells...""So Far,So Good...So What!?"、"Rust In Peace"を聴いた。

BON JOVIの新作は、何か足りないなと思えるんだが、ジョンの声量の低下が大きいのかもしれない。以前よりコーラス、シンガロング・パートあたりでキーを下げてるんじゃないかな?DOKKENなんかもそう思ったけど…演奏陣と違ってヴォーカルの声の維持ってのは難しいよなぁ。


朝はABCに顔を出した。H庭氏のキューバ訪問の話は面白かった。以前、AUDIOSLAVEだったと思うが、キューバ公演のドキュメンタリーを見て、自分が感じた印象と、実際に現地で感じた話とが近かった。

他にも色々な話が聞けて楽しかったです。


帰りにデパ地下でたこ焼きと鯛焼を買って帰った。クリームチーズ入りが美味しかった。頭から尾っぽまで入っているのが嬉しい。これらの土産をネタに、妻に9日の飲み会での手料理をお願いした次第。

2010年01月06日

1月5日の日記

ボン・ジョヴィ"Lost Highway"、"The Circle"を聴いた。


昼間、成子天神の富士塚を再チャレンジした。常日頃せっかちだと思っていたが、「くま」さんはお参りの二礼二拍手一礼も、やたらと早くて吹き出しそうになった。まさに外格数22画の典型だね。

100105-01.jpg

これが富士塚です。実際に登ると意外とおっかない。

夕方、ヨドバシカメラでWii Fit Plusを買った。ただ、帰宅後はゲームはせず、ワインとシチューで過ごした。一応、最近は早起きして軽いストレッチなどをしているので、年末年始の休み太りはない…と思う。

2010年01月05日

1月4日の日記

ボン・ジョヴィをあれこれ聴いていた。


まだ4日だと通勤の人の数は少ないね。事務所の寒さには参った。


昼間、成子天神に立ち寄ってお参りした。お正月だけ公開しているという富士塚に登ってみた。


WWE「スマックダウン」を見た。やはりクリスマスをネタにしていたが、「ロウ」の方が面白かったかな。

2010年01月04日

1月3日の日記

リンキン・パーク"Munites To Midnight"スリップノット"All Hope Is Gone"ドラゴンフォース"Ultra Beatdown"を聴いた。

SLIPKNOTは音が整理されて正統派メタル化がますます顕著になったな。それでいて9人編成の大所帯を維持して各メンバーの聴かせどころを作るんだから、凄いコンポーザーが揃っているな、と感心させられる。


昼間はレンタルしてきた映画「最高の人生の見つけ方」を見た。後半、涙なしでは見られません。こういう作品は劇場より、むしろテレビ向けだと思うけどなぁ。

最高の人生の見つけ方 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2009-11-18)
売り上げランキング: 421
おすすめ度の平均: 4.0
5 出会えて良かった作品
5 この映画はある年齢にならないとわからないかも
3 役者に尽きる
4 余命半年と宣言された2人の男

そのレンタル屋、「プリズンブレイク」サードシーズン第2巻の在庫が1枚しかなく、他の巻は複数在庫しているというのは、どういう事なんだろう?なかなか続きが借りられそうもないんですけど。


「龍馬伝」第1話を見た。福山雅治は良いんじゃない?土佐藩の上士と下士がぶつかったぶつからないで揉めるシーンが繰り返し続くのは、安っぽい学園ドラマみたいだったけど。昨年と同じように脚本が集中砲火受ける予感が…

カメラワークや照明の色合いに関する批判を見かけたけど、自分は気にならなかった。そういうのって多分液晶テレビのせいじゃないかと思うが…ウチ、メインのテレビはまだブラウン管だから。

2010年01月03日

1月2日の日記

リンキン・パーク"Minutes To Midnight"を聴いた。随分と落ち着いた作風になったなぁ…酷いとは思わないが。


WWE「ロウ」を見た。クリス・ジェリコがサンタクロースに扮したコントに大笑いした。


夕方からは「柳生武芸帖」を見つつ、とんねるずのスポーツ王で野球と王子だけ、チラ見した。「柳生武芸帖」は速水もこみち君が意外に頑張っていたなぁ。最近の松方弘樹は大河ドラマでの徳川家康役もそうだったが、少し弾けすぎの観がある。

2010年01月02日

2010年1月1日の日記

ニッケルバック"Dark Horse"、エヴァネッセンス"The Open Door"を聴いた。


朝、正月番組には目もくれず、FOXの「プリズンブレイク」を見る。「シーズン1」は一度見ているが、やっぱり面白い。


昼は妹と待ち合わせて、赤坂の山王日枝神社に初詣に行った。妹は待ち合わせ前に地元の神社に初詣に行った際に、参拝客の行列に遭い、遅れて来た。今年の正月は、大晦日から両親が旅行に行っているので、部屋の大掃除をしているらしい。ファイナル・ファンタジーの新作をやるためにプレステ3も購入したそうだが、まだ繋げてもいなかった。

昼食は毎週水曜日にABCでお世話になっているZOKA COFFEEの赤坂店で食べた。お店の方にも気付かれて、ご挨拶も頂きました。今年もヨロシクです。

100101-01.jpg
今日はカフェラテのクリームの模様が凝っている…。あとはソーセージ・サンドとワラビ餅を食べた。

100101-03.jpg
この写真を撮影した後、カラスがお菓子をくわえて鳥居の上にやって来て食べていた。残り物を下に落としたりもしていたが…不埒千万なカラスだ。

100101-02.jpg
神社は初詣客で予想以上に混んでいた。去年は実家近くの神社に、夕方から夜にかけて行ったんだっけ。殆ど人がいなかったんだけどなぁ…ここは由緒が大変古いらしいので、40分くらい並んだと思う。たまにはこういうのもいいか。

100101-04.jpg
これは鳥居の根本に生えていた寒桜の花。正月の天気は大荒れとの予想もあったが、快晴だった。


帰りに、ワインなどを買って帰宅。夜は「相棒」を見た。

2010年01月01日

12月31日の日記

チープ・トリック"The Latest"ボン・ジョヴィ"The Circle"ラット"Tell The World"を聴いた。

BON JOVIは良い意味で予想通りの内容だったが、CHEAP TRICKには驚いた。素晴らしいアルバムだ。


日本で活躍してきたプロレスラー、スティーヴ・ウィリアムスが亡くなったそうだ。新日本プロレスでアントニオ猪木に放ったバックドロップにはたまげたものだった。ご冥福をお祈りいたします。


夜のTVは「Dynamite!」を見つつ、あれこれ廻していたけれど、どれもこれもつまんなかったなぁ…さすがの石井選手も、デビュー戦は固くなるものなんだね。吉田選手共々、互いに打撃で意地になった事も試合内容をイマイチにさせてしまったかもしれない。



楽天で探す
楽天市場



最近のエントリー