blogpeople



~人間考察ブログ・ランキング



私を登録 by BlogPeople





Google

Yahoo!ブックマークに登録

« 2009年02月 | メイン | 2009年04月 »

2009年03月31日

3月30日の日記

ドリーム・シアター"Images & Words"、"Awake"、"Falling Into Infinity"を聴いた。


愛ちゃんの後任のお天気姉さんの違和感のなさっぷりには驚いた。


夜はWWE「ロウ」を見た。HHHの復讐劇は完全勝利で終わるのかな?でも、オートンにも声援が少々出てるんだよなぁ。クリス・ジェリコは世界中を敵に回してるけど、ちょっと損な役回りだよね。抗争相手がいない、みたいな…。
エッジ、ビッグショー、ジョン・シナの三つ巴の争いは混沌として来た。

2009年03月30日

3月29日の日記

クイーンズライク"Empire"、AC/DC"Live"、キッス"COLLECTION"のDisc-1,2を聴いた。

"Kissology"はようやく日本語ブックレットの小さい方を読んだ。まだデカいのがあるんだよな。そもそも肝心のDVDを全く見ていないし。
090329.jpg


WBC関連の番組は何度見ても楽しいな。

「気が晴れる…」~「北斗の拳」の牙一族の族長の気分だね。


フィギュアは浅田選手が表彰台から外れるというのも珍しい結果に終わった。周りの雑音なんか聞かずに自由に、のびのびやってもらいたいけどなぁ…余計なプレッシャーを背負わされているようで、ちょっと可哀想な気もする。

もちろん、そうしたものをキム・ヨナ選手は撥ねのけて優勝したわけで、これはこれで凄いことなのだが。壁を越えて、一つ上のレベルに達した観がある。


「天地人」の演出はホント、良くも悪くも斬新だなぁ…。歴史ファンを挑発しているようにすら思える。自分はエンタメとして楽しんでいるけど、あれを事実と感じる視聴者が少なからずいる事が怖い。

2009年03月29日

3月28日の日記

オジー・オズボーン"Diary Of A Madman"、"No Rest For The Wicked"、"No More Tears"、スコーピオンズ"Pure Instinct"、"Eye Ⅱ Eye"、"Unbreakable"、"Humanity-HourⅠ"を聴いた。


SCORPIONSのアルバム"Eye Ⅱ Eye"はエレクトロニック・ポップに接近したかのような音作りで、あまり好きな作品ではないが、"Be No 1"のビデオ・クリップは楽しい。バラードの"What U Give U Get Back" は何かアジア映画に使われたのかな?

Eye II Eye


世界フィギュア、女子ショートプログラムは浅田選手が毎度御馴染みの出足の低調っぷり。今回はそれ以上にキム・ヨナ選手が良すぎたなぁ。


オヤツに食べたプリン。器に卵の殻が使われていた。
090328-155626.jpg


サッカー日本代表はバーレーンを破り、一方でカタールがウズベキスタンに敗れた事でワールド・カップ出場をほぼ手中に収めた。本戦の予選リーグを突破目指して頑張って欲しい。

2009年03月28日

3月27日の日記

ザック・ワイルドの自作バラード・ベストを聴いた。


昨日届いたKISSのDVDボックスは、開くと'77年の初来日公演時のステージセットになる(苦笑)。というわけで、とりあえず中身を取り出して組み立ててみた。細かい部品はもったいなくて組み立てられないので、そのままだけど。

090327.jpg
ただし、今日も映像を見る時間はなし。


夜「ルパン三世vsコナン」を見た。結構よく出来てたんじゃない?

WWE「ロウ」も少し見たが、エッジ&ヴィッキーは面白過ぎ。

3月26日の日記

午前中に帰宅。普段、都心に車で行く事がない私だが、今朝は新宿に車を停めていたので、珍しくというか、初めての車通勤を経験した。想像していたほど、渋滞はなかった。しかし駐車料金がアホらしいほどかかる。


帰宅すると、デカい荷物があった。KISSのDVDボックスだ。残念ながら、忙しくてしばらくの間見られないが、取りあえず箱だけ開けてパチリ。

090326.jpg

Wii Fitと並べると大きさがわかりやすいかな、と。この中に18枚のDVDにTシャツなどが入っているわけ。


DVDに後ろ髪引かれつつ、昼前にはトンボ帰りで仕事に戻った。

3月25日の日記

ザック・ワイルド関連のバラード系の曲ばかりを編集したリストを作って、それを聴いていた。ライヴで演奏されない曲ばかりだけどね。


昼間はお寺で祖母の葬儀に参加した。


夕方から徹夜で仕事をこなす。葬儀の後だったので、着替えを持って移動していたのだが、着替えようとしたらトレーナーと誤ってトレパンを持って歩いていた事が判明して絶句。寒いのにシャツしかない…

更に携帯プレーヤーを車に接続して使っていたため、ヘッドホンも忘れて来てしまった上、CDも持って歩いていなかったので、静寂の中で深夜粛々と仕事をする羽目に…なかなかついてない一日だった。

2009年03月25日

3月24日の日記

朝、帰宅。今日は祖母の葬儀だった。

自分の幼少期の記憶の多くは祖母の存在が大きいので、残念な気持ちでいっぱいだった。


その間、WBC決勝は何とも劇的な展開で日本が韓国を下して二連覇を果たした。

選手にはただただ、感謝の気持ちだね。しかし、やっぱりイチロー選手はスーパー・ヒーローだった。丁度今、征夷に関する本を読んでいるせいもあるが、時代が時代なら勅使派遣、位階授与だよなぁ…なんて思ってしまった。「侍JAPAN」の時代なら、一国一城、御加増あって然るべしってところかな。

そんなわけで夜はWBC関連の番組をハシゴしながら寝た。

3月23日の日記

前回のWBCにあやかって、2006年の音源をランダムに色々聴いていた。EDGUYの"Super Hero"とかね。


そのWBC準決勝のアメリカ戦、アメリカ先発はオズワルト投手、メジャーでの投球を見た印象は「ハイパー桑田真澄」だったので、なかなか打てないような…でも、日本の本格派投手に近いから与しやすいかもしれないなぁ、と思っていたら、何と6得点でボコボコに打ち崩してKOしてしまった。普通に強いじゃないか、日本。見ていて意外だったのは、ドジャー・スタジアムなのに日本への声援が割と飛んでいて、完全アウェーな状況ではなかった事。

しかし8回、米国が2点を返して反撃して2点差に詰め寄り、スタジアムに「USA!」コールが響き、不安な状況になった。ところが、次の攻撃で日本が3点を返して改めて突き放し、試合はほぼ決まった。

前日にベネズエラが韓国に大敗した時にも思ったが、どうやらアジアの野球がチーム・スポーツとして世界の頂点にあるらしい。しかし、米国で日韓対決によって野球世界一が決められるとは…何とも誇らしい気分だ。

結局、メジャーが凄いといってもアメリカだけでなく、ドミニカをはじめとする連合軍だから強いということだったんだなぁ…次回は日本や韓国も地域で分割させてチームを作らされるんじゃないの。アメリカも優勝するためのルール作り、選手召集の改善とか、また考えるだろうし。


今日も徹夜で仕事…

2009年03月23日

3月22日の日記

スコーピオンズ"Face The Heat"、オジー・オズボーン"Diary Of A Madman"、"No Rest For The Wicked"、"No More Tears"、プライヴェート・ライン"EVEL KNIEVEL FACTOR"、ダーク・ルナシー"The Diarist"を聴いた。

徹夜にはOZZY OSBOURNEを聴くに限るな…

ダイアリー・オブ・ア・マッドマン(紙ジャケット仕様)
オジー・オズボーン
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル (2007-06-20)
売り上げランキング: 12504
おすすめ度の平均: 4.5
5 クラシックテイストを更に押し進めたアルバム。リマスターで音は太くなりました。
5 リミックス、と言うより、「録り直し」盤。オリジナル盤と聴き比べるもよし。
5 1stの次の奇跡
3 オリジナル音源?

これ、私のブログ・タイトルのネタ元でもあるのだが…ランディ・ローズのギターを聴くと泣けます。ギター・ソロの部分だけ抜き出しても、立派に曲になっているもの。
ラストのアルバム・タイトル曲は中盤のクラシック・ギター・パートが切なくて切なくて…現実にランディがこの作品を最後に亡くなったという事実を知っているだけに、悲劇的な曲調が感傷的な思いを増幅させてしまうのだ。


WBCの準決勝韓国vsベネズエラ戦は韓国が10-2と大勝した。自分は映像では見ていなかったが、妻が言うには、試合後半にはベネズエラは戦意喪失していたようだったらしい。その様子を見て、妻の気持ちも折れて寝てしまったとの事。

エースのフェルナンデス投手を決勝に向けて温存したのが誤算だったとはいえ、ベネズエラの5失策10失点は酷い。韓国が強いのか、アメリカ大陸のベースボールが劣化したのか、まぁ両方なんだろうけど、世の中、変わったわ。


夕方、祖母の訃報を受ける。あす以降のスケジュールを調整するため、仕事は徹夜で処理、息抜きは大河ドラマとヨン様の「太王四神記」の最終回を見たくらい。

大河ドラマは上杉謙信死後の後継者争い、御館の乱の場面だが、何故かその御館の主、前関東管領上杉憲政が出てこないという不思議なストーリー展開。景勝、景虎と共に謙信の養子扱いだった上条政繁はようやく登場して来た。新発田重家はどうなるんだ?

「太王四神記」の最終回は無理に詰め込んで終わらせた感じで、昔の「ガンダム」シリーズの終盤を思い出させた。

しかし、あのストーリーでの諸悪の根源を考えるに、ヨン様演じる太王が元凶と言わざるを得ない気がする。エンディングは視聴者の想像に委ねる形だったが、あのままじゃ更に大乱となるように思えるが…敵役の人たちの演技は良かったな。もちろん、ヨン様も、その凄まじい人気を得るのも理解できた。佇まいがやはり、同じ韓国の役者の中でもちょっと違うんだな。

2009年03月22日

3月21日の日記

昨日に引き続き、携帯プレーヤーでランダムに音を聴いていたので、特にこれを聴いたというのはなし。


 …で、確かGOTTHARDを聴いたよな、と言う事で動画を拾ったのだが、このビデオ、曲はパワー・バラードだけど、意外にグロいシーンが出てきて驚いた。ベーシックなハード・ロックだが、このバンドのヴォーカル、スティーヴ・リーは素晴らしく歌が上手だ。

他にもCDカタログなどを更新していたのだが、SCORPIONSのアルバム"FACE THE HEAT"のビデオ・クリップに規制がかかっているのには戸惑った。"WOMAN"での黒魔術の儀式っぽい映像が問題なのかな?このアルバム、当時は違和感感じたけど、今聴くと悪くない。ブルース・フェアバーンのプロデュースが効いてるね。しかも、今だと前作の"CRAZY WORLD"とカップリングされていたりする。

Face the Heat/Crazy World
Face the Heat/Crazy World
posted with amazlet at 09.03.22
Scorpions
Polygram International (2006-06-22)
売り上げランキング: 491361
おすすめ度の平均: 4.0
4 おもしろい

2009年03月21日

3月20日の日記

特に何を聴いたというのはなく、携帯プレーヤーで色々聴いていた。


WBCは日本が韓国に雪辱して1位通過で準決勝でのアメリカとの対戦を決めた。前回大会での判定もそうだが、環境面で開催国アメリカを勝たせようという雰囲気が最大の敵だな。まぁ、メジャーリーがーを含めて日本選手のアメリカを見返したいという思いは相当なものだろうから、十分期待は出来る。

4強進出が決まった中、消化試合のような形になるかとも思ったが、さすがに日韓戦ともなると、そうはいかないようで、なかなか見応えのある試合だった。

村田選手の負傷退場は痛いというか、残念だった。監督やエース、ストッパーと並んで注目される4番打者の重責を引き受け、攻守に渡って貢献していただけに…シーズンにも響きそうだし、ただただ、残念と言うほかない。代わってカープの栗原選手がすんなり追加召集に応じてくれたのは良かった。村田選手は養生して一日も早くペナント・シーズンに復帰して頑張って欲しい。

しかし、こうなると村田選手の分まで…と優勝目指してまとまりそうな空気になってきたね。妹とかも「ここまで来たら優勝以外、考えられない」と言っていたし。

実際に頑張っている選手はともかく、今回のWBCは実況&解説etc.外野のコメントが酷い。野球中継の視聴率低下は伝える側の劣化も大きいんじゃないの?


夕食は実家でおでん&寿司をビールとワインで乾杯!

2009年03月20日

3月19日の日記

ドリーム・シアター"Scenes From Memory"、"Octavarium"を聴いた。


WBC日本代表は2戦連続でキューバに完封勝ちして4強進出を決めた。岩隈投手は簡単には打たれないと思ってはいたが、見事に抑えてくれたね。試合後半にイチロー選手が打ったことが大きい。

準決勝以降はボーナスみたいなものだと思っているけれど、次の韓国戦には勝っておきたいなぁ。

とりあえず、4強進出を祝って夜はシルク・エビスで乾杯!前回キューバ戦に勝った際には、その晩に飲む分しか買わなかったが、今日は残り試合全てに勝利した分まで買いだめして帰った。

2009年03月19日

3月18日の日記

ドリーム・シアター"Images & Words"、"Awake"、スコーピオンズ"Face The Heat"を聴いた。

SIXX:A.M.のビデオ・クリップを今頃になって初めて見たが、これはカッコいい。ニッキー・シックス自身の若い頃のドラッグ漬けの日々を綴った内容で、音はキャッチーなロックンロールだけど、ジェイムズ・マイケルの歌が痛々しさを感じるほどにヘヴィな歌詞にリアリティを乗せて迫ってくる。ビデオも特に"Life Is Beautiful"は素晴らしい出来だ。


野球は負けたなぁ。やっぱり先制点がモノを言ったね。ダルビッシュ投手は立ち上がりをやられた。その後は調子が出ていたし、初回に韓国は物凄い集中力で望んで来ていたという事か。日本はイチロー選手の不調に尽きる。

さすがにスタメンは外さないだろうが、イチロー選手と岩村選手とを入れ替えるという手はあるんじゃない?9番に下げてイチロー選手の奮起を促すと同時に、回が進めば1番イチロー2番岩村3番中島選手という裏オーダーにもなる。初回は岩村選手から3番の青木選手でじっくり相手先発投手の球種、球数の消費、分析も見込める。

ま、試合後の選手に暗いムードは感じられなかったし、チームを信頼して次のキューバ戦で連勝してくれるのを願いましょう。


ここ数日、急に暖かくなってきたが、花粉症持ちには辛い…


夜はWWE「スマックダウン」を見た。マット・ハーディーとMVPが1年経って善悪立場が入れ替わっての対決は興味深かった。MVPはベビーフェイスはまだやりにくそうだけどね。見ていて微笑ましい。

逆にマットは何をやらせても巧いよなぁ。

2009年03月18日

3月17日の日記

メタリカ"Death Magnetic"、ガンズ・アンド・ローゼズ"Appetite For Destruction"を聴いた。


明日の日本vs韓国の敗者はキューバとあたるそうだ。メキシコvsキューバ戦のキューバベンチは異様なテンションだった。出来れば敗者復活戦でキューバとやりたくないな…怪我人が出そうだ。

そういえば、昨日の日本vsキューバ戦は松坂投手に逆球が多く、不思議にキューバ側がそれを見逃したり打ち損じたりしていたが、あれ、狙ってやっていたそうだ。何でも、キューバは捕手の構えからベンチが内外角を判断して声出しして伝えているらしく、それを逆手にとってのリードだったそうな。あの決め打ちしたかのようなスイングの鋭さの基礎はそこにあったのね…


夜はWWE「ECW」を見た。ジョン・モリソンとクリスチャンはシングルで見たいな。


粛々と歴史年表の記事を追加しているが、なかなか奈良時代の征夷戦争も激しい…

蝦夷と東北戦争 (戦争の日本史)

2009年03月17日

3月16日の日記

ドリーム・シアター"Awake"、"Falling Into Infinity"を聴いた。

DREAM THEATERも6月頃に試作が出るらしい。ジャケは"Awake"風だけど音はどうなってるかな?

bcsl_big.jpg


早起きしてWBC日本vsキューバを見た。松坂投手がシーズン中でも滅多にお目にかかれないほどの快投を披露(城島選手のリードも大きかったが)して、キューバ打線を抑え込み、打線は若いチャップマン投手を揺さぶって早々と攻略、6-0という大勝利という結果になった。

キューバ打線に関しては、確かにメキシコラウンドでは打ちまくっていたが、あれは球場が高所に位置して気圧の影響があるらしいと妻がどこかのニュースで見かけて教えてくれたので、これはあまりビビる事もないというか、振りが大きくなって、かえって抑えやすいかもしれないと予想していたが、案の定だった。

2回の表に2度もランナーが牽制死していたが、あれは日本ではボーク。左投手の牽制球について、アメリカの審判は甘いと言うことを身を持って知ったわけだ。もし、アウトになった走者がメジャーでプレイしている選手なら大失敗だが、小笠原選手と内川選手なら仕方ないと思うし、次戦以降に生きてくるでしょう。

むしろビックリしたのはイチロー選手と城島選手が続けざまにファウル・フライを落としたことだね。実に珍しいことだと思うけれど、チームにはかえって良い影響を及ぼしたんじゃないかな。

あとは中盤、打線が大振りして無得点を重ねた後、9回につないでダメ押し点を取ったのも良かった。ベンチの指示か選手が自主的に判断したのか判らないが、攻撃にリズム、押し引きがあった。4強には残りそうだね。その先は運もあるから…

でも、アジア・ラウンドで韓国にコールド勝ち、そして今日はキューバを完封と、まさに歴代最強の日本代表だと思う。しかし、韓国も強いなぁ。あの球場で初対戦の投手相手に三本塁打は普通に凄い。ま、明後日はダルビッシュ投手が日本で投げる調子でいけば、そうは打たれないでしょう。先発投手の立ち上がりをどちらが捉えられるかで、勝敗を左右するのではないかな?

というわけで、帰宅後はキューバ撃破に祝杯だった。万歳!!

2009年03月16日

3月15日の日記

スコーピオンズ"Vergin Killer"、"Lovedrive"、"Blackout"、"Face The Heat"、"Pure Instinct"、"Eye To Eye"を聴いた。


昼間は祖母のいる施設へお見舞いに行ってきた。久々に道路が混雑していた気がする。政府の経済対策効果が出た?

帰りにナカタヤに寄ってケーキを買った。チーズケーキが絶品ですわ。
090315-163258.jpg


WBCでアメリカが負けたのか…日本も明日は兜の緒を締めないとね。


大相撲春場所も始まった。さすがに今日は波乱もなかったが…相撲を見てから帰宅した。

2009年03月15日

3月14日の日記

スコーピオンズ"In Trance"を聴いた。

復讐の蠍団~イン・トランス

この頃のSCORPIONSってバラードとかも悲劇的、切ないを通り越して絶望的な雰囲気がある。


今週のWWEは放送スケジュールの変更で二週分が放映されたので、見るのが大変だった。今日も「ECW」「スマックダウン」を一気に見た。前者のクリスチャンvsジャック・スワガーは珍しく20分超のタフな試合で見応えあった。スワガーも急激に試合内容が良くなってきた。観客を煽るキンドーちゃんばりのゴリラ・ダンスは失笑ものだけど。


今日はホワイト・デーなので、近所のケーキ屋、Beurre secでケーキを買った他、モス・バーガーで昼食を食べた。男爵芋のコロッケバーガーが美味しかった。

090314-1.jpg

上は自分が食べた栗のタルトと米粉のロールケーキ。米粉って軽い食感なのね。


夜は実家へ行ってそのまま一泊した。

2009年03月14日

3月13日の日記

ドリーム・シアター"Awake"、"Falling Into Infinity"を聴いた。


やっぱりキューバは打つなぁ。序盤はメキシコも対等に渡り合っていたんだけど…、ただ、キューバ打線は落ちるボールを空振りする場面も多かった。決して勝てない相手ではないわね。


夕方はサントリー美術館で三井寺展を見た。

090313-01.jpg

中興の祖である高僧円珍への厚いリスペクトを感じさせる秘仏をはじめ、国宝、重文に指定された展示物がズラリ。「黄不動」と称される不動明王像は背中まで筋骨隆々でWWEのジャック・スワガーみたいだった。異様なのは円珍が唐からの帰途に出会い、三井寺へと導いたという新羅明神像で顔面中央に両の目が寄って垂れ下がる容貌は見たことない類の像だった。

090313-02.jpg090314-3.jpg

左が智証大師円珍坐像で、内部には遺骨が納められていると言われており、「御骨坐像」とも呼ばれている。右は新羅明神坐像。

TVもインターネットもない時代、一心不乱に修行に励めば、不動明王や新羅明神が夢に現れるというのは判る気がする。

夢といえば、私の妹は最近、夢に金城武とジダンが出てきて、家で会食をしたらしい。「金城武はファンだから判るけど、ジダンは意味不明」と首を傾げていた。対照的な存在なんじゃないの?ちなみに私は最近、自宅の裏庭の池(実際にそんなものはない)で新種の動物を発見した夢を見た。これがニョロニョロにそっくりな奇怪な動物で…とても神や仏のようにも見えなかったな。

美術館を出た後は、お好み焼きを食べて帰った。さすがに六本木で食べると価格の桁が違うわ。

2009年03月13日

3月12日の日記

ドリーム・シアター"Images & Words"、"Octavarium"、"Systematic Chaos"、ターヤ"My Winter Storm"アヴァンタジア"The Scarecrow"を聴いた。

AVANTASIAは良いね。SCORPIONSのルドルフ・シェンカーがゲスト参加している曲があるのだが、見事にルドルフしているキレの良いリズム・ギターは笑っちゃったよ。やっぱり違うんだな。

ザ・スケアクロウ


寝坊はするし、朝は歯医者に予約を入れていたしで、朝食は抜いて、歯医者の帰りにマクドナルドで新商品のマックホットドッグクラシックを食べてみた。朝からホットドッグってパワフルな感じだが、美味しかった。ただ、腹減ってたから写真撮り忘れた…


先日、ドイコーヒーなる所からコーヒー豆を購入して、普段飲んでいる加藤珈琲のグルメブレンドと飲み比べてみた。



ドイコーヒーのは酸味がない、というのが大きな違いかなぁ…ミルクを入れずとも飲みやすい。特に冷めてからの味が顕著かな。まぁ、大概は冷める前に飲むものだけど、自分は猫舌でもないのに珈琲をやたらとダラダラ飲む事が多い気がする。

ただ、加藤珈琲も値段と味のバランスを考えるとお得感があるんだよねぇ。


月曜日にサントリー美術館で行われている三井寺展が15日で終わってしまうので、行かないといけない、と"風と共に"さんにぼやいていたら、彼女が先んじて行って来たそうな。自分も週末行かなきゃ!

2009年03月12日

3月11日の日記

オジー・オズボーン"No Rest For The Wicked"、プライマル・フィア"New Relegion"、サージ・タンキアン、ドリーム・シアター"Train Of Thought"、"Octavarium"を聴いた。


朝はABCに参加した。保険会社で働くH氏は「世の中がダークな中、少しでもお客さんに笑ってもらおうと思って」と、髪の毛を剃って髭を蓄えて松本仁志風にイメチェンしていて、見事にはまっていた。そういう発想は自分の中にはないので、素直に感銘を受けた。

足の具合が悪くて霊媒師にまでみてもらったというY氏(何故か朝からワインや醤油を配っていた)から、足の様子について具体的な話を聞いて思ったのは「それって、痛風じゃないの?」。写真家のH氏も同意見で、普通に医者に行くことを勧めたけれど、来週どのような経過報告が出るかな。


ドミニカ、予選で負けたのか…


連日、夜は北風が身に染みるわ。帰宅後WWE「スマックダウン」を見ながらラーメン食べて寝た…昨日と変わらんな。

2009年03月11日

3月10日の日記

スリップノット"Iowa"、ターヤ、サージ・タンキアン、オジー・オズボーン"No Rest For The Wicked"、"No More Tears"を聴いた。


DREAM THEATERの楽曲"Dark Eternal Night"をテレビ・ゲームのスーパー・マリオ・ブラザーズを見事にシンクロさせた爆笑映像がこれ。実際にバンドがライヴでも使用したものらしい。日本では使ってなかったけれど、これは受けた。


夜は北風がつらかった。で、帰宅後の夜食にラーメン食べてWWE「ECW」を見て寝た。

2009年03月10日

3月9日の日記

スリップノット"Slipknot"、ドリーム・シアター"Metropolice Pt.2 Scenes From Memory"を聴いた。


今日は細々としたことで忙しかった。


野球日本代表は1-0で韓国に惜敗した。これからのことを考えれば、負けておいて良かったんじゃないの。試合自体は悪い内容ではなかったし、全体に投手陣は安定している。打線はどんなチームでも浮き沈みはあるからね。練習試合から通してみても、全試合通して圧勝というのは難しい…ドミニカがオランダに負けた例をみても、野球のレベルが上がって来ているんだよ。

しかしトーナメントのブロック配分は変だよなぁ。前回優勝の日本、北京五輪で金メダルの韓国、WBCと北京五輪共に準優勝のキューバが同じブロックというのは…米国をなんとしても決勝へ進めたいという主催者側の作為が加わっているように思えてならない。予選ですでに二回当たっている同地区のチーム同士は本戦ではブロック分けした方が興味深い組み合わせも出来るし、あるいは抽選で振り分けすべきだと思う。

2009年03月09日

3月8日の日記

ナイトウィッシュ"Dark Passion Play"、UFO"Misdemeanor"、"クイーン"Live Killers"を聴いた。


野球韓国代表は中国代表を14-0でコールド勝ち。明日の決勝は接戦かな?海の向こうでは優勝候補と言われたドミニカがオランダに敗れるという波乱があった。メキシコの試合はまだ見ていないけれど、ベネズエラも強そうだったなぁ。


週末は久々に「画数大全」に記事を追加したけれど、史跡の方でも、松本城のページに写真を追加して改造を施した。

2009年03月08日

3月7日の日記

クワイエット・ライオット"Rive Riot"UFO"Ain't Misbehavin'"を聴いた。


 QUIET RIOTのライヴ映像。ケヴィン・ダブロウ(vo)が既にこの世の人ではないとは、未だに実感が湧かない。


Jリーグが開幕!いきなりの好カードといえる浦和vs鹿島戦を見たが、浦和が0-2で敗れた。ちょっとディフェンスがなぁ…鹿島のマルキーニョス選手を止める事が出来ていなかった。監督も替わったし、新たな戦術が馴染んで来るのにはGW頃までかかるんじゃないかな?去年もそんな感じだったかもしれないが…


WBC日本vs韓国戦はよもやの日本のコールド勝ちだった。しかし、出場した選手の表情は気合が入っているどころか、殺気だってて北京五輪とは別人のようだったね。原監督の選手起用も図に当たっていた。初スタメンの内川選手は目の色違っていたし。本塁打を放って4番の仕事を見事に果たした村田選手は守備でも大いに貢献していたし、昨年の経験を踏まえて物凄く練習したんじゃないかな?

韓国チームは、打線については五輪時に劣るとは思わなかったが、守備がイマイチに見えた。

でも、明後日には韓国ともう一回当たるかもしれないんだよなぁ…。チームは今後も気が抜けないけれど、頑張って欲しい。

2009年03月07日

3月6日の日記

ストレイタス"Throwing Shapes"、サージ・タンキアン"Elect The Dead"、プライマル・フィア"NEW RELIGION"を聴いた。

PRIMAL FEARは思った以上に良かったなぁ…曲、メロディとか、ツボを押さえてるし、ラルフ・シーパーズのヴォーカルが凄いわ。

ニュー・レリジョン
ニュー・レリジョン
posted with amazlet at 09.03.07
プライマル・フィア
キングレコード (2007-09-26)
売り上げランキング: 87570
おすすめ度の平均: 5.0
4 通算7枚目のアルバム
5 メロディック且つエネルギッシュなメタルアルバム!
5 ↓の方へ
5 どんな感じ?

Primal Fear - New Religion←iTunesで試聴できます

STRATUSがiTunesで試聴できるのには驚いたな。'84年にアルバム1枚で解散したバンドなのに…音は憂いのあるハード・ポップと呼ばれるもので、キーボードの音色が今となると古臭く聴こえるかもしれないけれど…良い音楽は残るのね。でも、当時は賛否が分かれたんだよな。自分も発売時はラジオで聴いただけで、後に手に入れたのは中古レコードで¥100円だった。

Throwing Shapes
Throwing Shapes
posted with amazlet at 09.03.07
Stratus
Krescendo (2008-08-04)
売り上げランキング: 4881
おすすめ度の平均: 4.5
5 なによりも
5 私の中の1枚
5 何よりも
4 待望のCD化
3 手放しでは喜べない…

Stratus - Throwing ShapesiTunesで試聴できます


WWEのPPV「No Way Out 09」の後半部分を見た…結局主役はエッジですか?番組冒頭でジェフ・ハーディーに丸め込まれて真っ先に脱落して驚愕、ガックリ肩を落とす姿から、メイン戦で強引に割り込んで再び王座を手にして狂喜するまで、彼の顔芸でショーが成り立っていた。


野球韓国代表が絶好調のようで、明日の日本戦は期待と不安が入り混じるわ。

2009年03月06日

3月5日の日記

ドリーム・シアター"Octavarium"、"Systematic Chaos"、ロキシー・ブルー"Want Some?"ビューティフル・クリーチャーズを聴いた。


WBCもいよいよ開幕、日本代表は中国を4-0で撃破した。練習試合での対中国戦における西武、巨人打線の爆発を見ていたので、ちょっと消化不良に感じられたけれど、次戦以降こそ、爆発しなければいけないので、ネンルギー充填中と期待しよう。


夜はWWEのPPV"No Way Out '09"を見た。メイン戦だけ寝てしまって見ていないのだが(苦笑)、シェーン・マクマホンvsランディ・オートンは強烈な試合だった。特に中盤、場外でTVモニターでぶん殴られて顔の右半分が鮮血に染まったオートンの姿は鬼気迫るものがあって、何と言っていいのか…絵画や彫像のような、一個の芸術作品のような佇まいすら感じられた。プロレスの面白さを凝縮させた一戦だったね。

2009年03月05日

3月4日の日記

ドリーム・シアター"Train Of Thought"を聴いた。


朝はABCに参加した。ZOKAのクロワッサン・サンドを初めて食べたけど、旨かったなぁ。

雑誌「ゆほびか」の編集をやっている方と知り合った。自分は知らなかったけれど、周りの人は皆知っていた。いつもスーツで来ているY氏は少々、足が悪いのだが、先日、霊能力のある坊さんに診てもらったそうだ。結局「治らない」と言われたらしい。ただ、徳のある方ではあったそうで、他にもいろいろ有り難いお話をした末、何らかの心境の変化を得たそうで、この日はスーツではなく、カジュアルな格好で参加しておられた。

ま、私も服装はGパンとか、完全にカジュアルだけど。


夜は豊洲で当選したレッド・クリフPt.1のDVD発売記念の試写会に参加した。映画は素晴らしいアクション・エンタテインメント作品で面白かったけれど、プレイヤーがおかしいのか、はたまたディスクがおかしいのか定かではないが、途中で同じ場所で何度も映像がストップしてCMにスキップしてしまう…「この不手際で割引券くらいはもらえそうだな」と妻と話していたら、お詫びにと割引券どころか、無料鑑賞券をくれた。さすがavex!太っ腹!!(普段は音楽業界の悪の枢軸とかボロカスに叩いてたりするけど)

レッドクリフ Part I コレクターズ・エディション
エイベックスマーケティングコミュニケーションズ (2009-03-11)
売り上げランキング: 11
おすすめ度の平均: 4.0
1 映画館で見ましたが…
3 ジョン・ウー「俺国志」
5 かなり良い〜。
4 痛快の極み
5 三国志がこれ程とは!!


そんなこんなで試写会が終わったのが10時で、駅近くでラーメン食べて帰った。帰り着いた頃には時計は翌日…

2009年03月04日

3月3日の日記

ブラック・レーベル・ソサイエティ"The Blessed Hellride"、"Hangover Music Vol.6"、プリティ・メイズ"Jump The Gun"、スリップノット"Iowa"を聴いた。

ようやくBLSのアルバムをCDカタログ-Sに移転できた…次はザック・ワイルド関連でオジー・オズボーンのアルバムを移すかな。


蝦夷と東北戦争 (戦争の日本史)

 今読書中なのがこれ。東北の歴史は奥州藤原氏以前は全く無知なので、読んでいて「へぇ」と思う場面が多数ある。薄々は感じていたが、奈良~平安期の大和朝廷は、その支配を本州全域に及ぼす事は出来ていなかったのね。


夜、みぞれ混じりの中、東急ハンズへ行った。ハンズでは特に何も買わなかったが、クリスピー・クリーム・ドーナツが空いていたので、お土産に買って帰った。いつも混んでいるので、ランダムで選んでもらうセットしか買ったことがなかったが、初めて自分で選んで買えた。やっぱり他とは味が違うな…。


韓国のナショナルチームがジャイアンツに完封負けした。一発勝負となれば、野球はわからんな。


WWE「ECW」を見た。祝、クリスチャン復帰!

2009年03月03日

3月2日の日記

プライド&グローリー、ブラック・レーベル・ソサイエティ"1919 Eternal"、ガンズ・アンド・ローゼズ"Appetite For Destruction"、"Chinese Democracy"を聴いた。


 ↑ザック・ワイルド率いるサザン・ロック・テイストの強いハード・ロック・バンドのPRIDE & GLORYのビデオ・クリップ2曲。良い音楽なんだけど、ファンがザック・ワイルドに求める音楽とややかけ離れていたためか、後にザックはよりヘヴィなBLACK LABEL SOCIETYを結成する。この頃は髭もまだ蓄えてなかったのか…若いというか、懐かしいなぁ。


レッド・クリフの試写会に当選したと聞いて、すっかり今度公開のパート2と思い込んでいたが、DVD発売記念によるパート1の試写会だった。ま、パート1も見てなかったので、ちょうど良かったけど。


学習院の隣にデカいマンションがあるのだが、帰りに近くを歩いていたら、沢山の消防車が来ていた。なんかあったのか?それにしても帰路は北風が強くて寒かった。歩くのやめて電車に乗ろうかと思ったよ…自分は帰路は新宿~池袋間を歩く事にしているのだ。


家に帰ったらTVで「チーム・バチスタの栄光」を放映していて、後半を見た。竹内結子は上手いなぁ…加えて綺麗だし。ちなみに、明日はさくみさんが「ジェネラル・ルージュの凱旋」の試写会に当選して見に行くそうだ。


京都の仏像盗難がほぼ同一犯だった上、捕まえられて良かった。まこと仏罰覿面というべきか、珍重な事だ。


今日は深夜WWE「ロウ」を眠らずに見た。クリス・ジェリコが現地でファンに詰め寄られたというトラブルがあったらしいが、それも頷けるほどの嫌な奴っぷりが見事。それにしても、ジョン・シナへの声援が凄まじい。

2009年03月02日

3月1日の日記

ターヤ"My Winter Storm"、サージ・タンキアン"Elect The Dead"、アヴァンタジア"The Scarecrow"を聴いた。

TARJAはALICE COOPERの"Poison"のカヴァーを収録していた。なかなか良いアレンジじゃないの。元々キャッチーな曲だけど、癖のあるアリスの声とオペラチックなターヤとでは偉い印象の違いで聴き比べてみても、面白い。

Trashマイ・ウィンター・ストーム


ALICE COOPERと言えば、AVANTASIAにもゲストで参加していて驚いたが、これはドラムにエリック・シンガーが参加している関係もあるかもしれない。エリックがスピード・メタルでドカドカ叩いてるのが、なかなか興味深い。


朝、実家から呼び出しを受けて、祖母の施設へ行ってきた。で、買い物のお裾分けなどを頂いた上、夕方に帰宅した。


それにしても、ホントに妻夫木兼続は毎週泣いてるな…。この頃の上杉家中のことはよく判らないので、何とでも描けるわけだが、あまりドロドロした世界にさせるのも難しいわな。

その点「太王四神記」は戦場の描写に関してはリアルというか、その残酷さを意外なほど見せていて、きれいごとで終わらせてはいないね。その代わり、衣装、美術とかの時代考証は?だが、国民性の違いかな。


野球日本代表は急に打線がつながらなくなって来たね。5日でバイオリズムが絶好調になるのを祈るしかないね。

2009年03月01日

2月28日の日記

スリップノット"Slipknot"を聴いた。


昨日買ったCDのクレジットをブログに書くのに大分時間がかかった。


 ↑元SYSTEM OF A DOWNのシンガー、SERJ TANKIANのソロ・アルバムからのプロモ・ビデオ4曲。アーティスティックな内容で興味深い。


昼間は中国代表、夜は日本代表と野球の代表チームがそれぞれ、巨人、西武と対戦したが、共に代表チームが敗れるという大波乱。特に日本代表は意外だった。北京でも代表チームが負けて不安に思ったもんだけど…本番に向けて気を引き締めるのには良い試合だった、と後で言われるように頑張って欲しい。



楽天で探す
楽天市場



最近のエントリー