blogpeople



~人間考察ブログ・ランキング



私を登録 by BlogPeople





Google

Yahoo!ブックマークに登録

« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月30日

6月29日の日記

今週日本で放映されたWWEをまとめて見た。クリス・ベノワはエッジとシングル・マッチで、相変わらず、クォリティの高い試合内容を披露していた。あまりに現実離れした最期と画面上の姿がどうにも重なり合わず、特に感傷的にもならずに試合を見る事が出来た。ヴィンスの鬱の演技が影響を及ぼしたのだろうか?…もちろん、だからと言って正当化できる事件ではないが。

キャメロット"Gohost Of Opera"、ゴットハード"Domino Effect"、ボン・ジョヴィ"Lost Highway"、ヴェルヴェット・リヴォルヴァー"Libertad"、サクソン"The Inner Sanctm"を購入。
いつもお世話になっているショップにと、クリスピー・クリーム・ドーナツをお土産に持っていこうなどと、似合わない事を考えたところが、1時間半待ち…参ったわ。日頃、さくみさん達に買いに行かせてきた報いだな。でも、並んでいるとお水とかドーナツを無料でくれるのね。

ジャイアンツはカープを撃砕。

テレビ東京の戦国史バラエティに大爆笑。突っ込みどころ満載やんけ。

2007年06月29日

6月28日の日記

ドリーム・シアターの自作バラード・ベスト、マスタープラン、オーディオスレイヴの自作ベストを聴いた。

松坂投手は8回1失点とまぁまぁだったが、試合はマリナーズがものにしていた。ヤンキースは打線が重症だね。

夜は友人とお酒。しゃぶしゃぶで御腹一杯、良い心持ちでとっとと帰って寝た。

2007年06月28日

6月27日の日記

ドリーム・シアターの自作バラード・ベスト、ラッシュ"Snakes & Arrows"を聴いた。

昼間、歯医者へ行った。先日、看板が落ちて負傷者が出た店はその歯医者の下だった…びっくり。

夜は自宅で餃子食べて御満悦。食後、程なくぱったり眠りこけてしまったけど。

2007年06月27日

6月26日の日記

ドリーム・シアターの自作バラード・ベスト、マスタープランの自作ベストを聴いた。

朝、HPを眺めているとき、現地24日に行われたWWEのPPV"VENGEANCE"にクリス・ベノワが「家族の病気のため」欠場したという情報を読んで、妙な違和感を感じた。自分が知るベノワは「家族の病気のため」という抽象的な理由で興行に穴を開ける選手とは思えなかったのだ。もちろん、理由はWWE側が取って付けただけに過ぎないのかもしれないが、ベノワのキャラクターにそぐわないと言うか…「ベノワもWWEを離脱するのかな?」ふと、そんな事を思いながら出かけた。

そんな私のふとした危惧は考えられる中でも最悪の結末を迎える。昼過ぎ、友人のフッチー氏からメールが届いた。「そう言えば職場を辞めたんだったな、連絡入れてないや」なんて考えを及ぼす前にメールのタイトルに眼が釘付けになった。「ショック!クリス・ベンワー死去!」メールを開くとベノワだけでなく、妻子の遺体も自宅で発見されたという。

「あぁ、やっぱり…」無理やり事態を納得しようとするが、キーボードを叩く手が震え、軽い吐き気すら覚えた。結論が出るのにはまだ数日、かかるようだが、警察は無理心中として捜査しているらしい。最初に妻が首を絞められて死亡、やや時間を置いて翌日くらいに、息子が首を絞められ死亡し、その数時間後にベノワが首を吊った…

元は新日本プロレスの留学生として来日し、デビュー時から私はTVで彼の試合を見ていた。ペガサス・キッド、ワイルド・ペガサスを名乗って小柄な身体を徹底的に鍛え上げ、激しい試合を見せるスタイルが好きだった。後にその試合スタイルをほとんど崩さないまま、米国WCW、ECW、WWEで活躍、ベノワは私に取って誇るべきレスラーだったのに…ただただ、残念でならない。

相手の胸板一面をミミズ腫れさせる凄まじい逆水平チョップ、手術した首の怪我をも省みず相手の首を狩る大見得を切ってのダイビング・ヘッドバット。元オリンピック金メダリスト、カート・アングルとはメイン・イベントを食うほどの凄まじいレスリング勝負を披露し、遂には王座にまで上り詰めた。勝利の瞬間、やはり日本で実績を積んで成功を手にしたエディ・ゲレロと歓喜して抱き合う姿が感動的で、どれほど誇らしい気持ちになったことか…そのエディも既に亡く、ベノワまでもがこんな最期を迎えるとは…辛い一日でした。

三人のご冥福を心からお祈りします。

2007年06月26日

6月25日の日記

昨日、一昨日の日記の日付が「3月」になってた…

ドリーム・シアター"Six Degrees Of Inner Terbulence"を聴いたが…Disc-2がない!何処にしまったんだろう?あとは同じくドリーム・シアターの"Systematic Chaos"、ラッシュ"Snakes & Arrowes"、タリスマン"7"、イン・フレイムス"Come Crality"を聴いた。

ヤンキース、あかんな…

2007年06月25日

6月24日の日記

マスタープランとオーディオスレイブの自作ベスト、ファスター・プッシーキャットを聴いた。改めて聴いてもファスター・プッシーキャットはチープだなぁ。当時からヴォーカルの声が苦手で敬遠していたのだが。

夕方、大雨の中、図書館を経由して実家へ行って夕食。

ザ・ヨウム―ヨウムとの楽しい暮らし方

時間がなかったので、図書館の新刊コーナーだけを見回って表紙のかわいさに借りてみた。ペットショップでやたら高額で売られているという程度の知識しか知らなかったが、4~50年も生きるとは知らなかった。仮に今から飼育したら、自分が看取られそうだ。

大河ドラマの寅王丸役の少年、上手い下手を超えて本気で号泣してなかった?見ていてビックリした。しかし今回の大河ドラマは晴信といい勘介といい、主役がダークサイドに落ちていく展開に驚かされる。最終回でどう決着をつけるのだろうか?

2007年06月24日

6月23日の日記

井川投手、惜しかったなぁ。B・ボンズ選手を空振り三振で抑えたときとか、行けそうだったんだけど。

松坂投手は出だしコントロールがままならず、無死満塁になるも、何とか切り抜けてたね。捕手のバリテック選手と呼吸が合わないのかな…岡島投手はホント、危なげないのだけれど。

中日vsソフトバンクを見ていたけど、川上憲伸投手が1イニングにあれだけ打ち込まれたのを初めて見た気がする。先週、珍しく大崩れしたカープの黒田投手がこの日は完投勝利だった。オールスターのファン投票が首位だそうで…一昔前の特定の球団に偏った人気投票のような時代から見ると、変わったもんだ。

夜はWWEのPPV「ONE NIGHT STAND」を見た。メインの2試合がなぁ…WWEも今が過度期というか、ここからどう盛り上げていくかだな。

2007年06月23日

6月22日の日記

ラッシュ"Test For Echo"、"Vapor Trails"、"Feedback"を聴いた。

イチロー選手が桑田投手にあのように無様な三振を喫するとは思わなかった。桑田投手にはメジャーのボールが馴染んでいるみたいだ。

夜は市ヶ谷でジンギスカンを食べた。酔って有楽町線で西武線に乗り越して、戻って終点で駅員さんに起こされたりと、なかなか帰るのに一苦労。酔った勢いでコンビニでジョージア缶コーヒーの超微糖を買って飲みながら帰った。最近、「R25」の広告に踊らされてるなぁ。

そういえば、ナインティナインの矢部氏の破局会見の「じゃあ…」のくだりは、何週間か前に「R25」の高橋秀実氏のコラムで似たような経験談が語られていた。矢部氏も「R25」のあのコラムを読んでいたら…と感じた次第。

2007年06月22日

6月21日の日記

ドリーム・シアター"Systematic Chaos"、ミートローフ"Bat Out Of HellⅢ"、メガデス"United Abominations"、ラッシュ"Roll The Bones"、"Counterparts"を聴いた。

ヤンキース、ロッキーズに連敗とは意外だ。ちょっと打線が低調気味か。

「風と共に」さんがお年玉年賀はがきの2等を当てていた。自分はこういうくじ運という奴はあまりないんだよな。

夜、マクドナルドでメガテリヤキを食べてみた。やっぱりヴォリュームが凄いわ。

2007年06月21日

6月20日の日記

ラッシュ"Signals"、"Grace Under Pressure"、"Powerwindows"、"Presto"、"Roll The Bones"、"Test foe Echo"、"Snakes &Arrows"を聴いた。

陰陽座の新作は織田信長を扱ってるのか?

渋谷の温泉ガス爆発は随分とずさんだったみたいで…ああいう甘い管理体制でコーヒーも売ってたのかな?何度かウチにもセールスで来てたけど。

最近、忙しくて野球を見る時間がない。ジャイアンツがロッテに連勝したとか、ニュースで結果だけ見てる。年来の遺恨を少しだけ晴らしたね。

2007年06月20日

6月19日の日記

ラッシュ"Presto"、メガデス"Killing Is My Bisiness..."、"Peace Sells..."、"So Far,So Good..."、"Rust In Peace"、"Coutdown To Extinction"を聴いた。

新丸ビルへ行った。我ながら場違いだよなぁ。

2007年06月19日

6月18日の日記

ラッシュ"2112"、"Farewell To kings"、"Hemisphere"、"Permanent Waves"を聴いた。

週末は引き籠り気味だったが、今日は歩き回って疲れた。毎日、ほどほどに運動しないと駄目だね。

2007年06月18日

6月17日の日記

デフ・レパード"On Through The Night"、ラッシュ"Snakes & Arrows"、ドリーム・シアター"Systematic Chaos"、メガデス"United Abominations"を聴いた。

松坂投手と岡島投手のナイス・ピッチングでボストンが1-0で接戦を制した。唯一の特典シーンのM・ラミレス選手の本塁打とB・ボンズ選手の見逃し三振のシーンは痺れたねぇ。

昼間、祖母のお見舞いに初めて妹もついて来たのだが、祖母は理解できたようで今までになく、笑っていた。良かった良かった。

その一方で道路は渋滞しまくり、昼食のパスタで胸焼けと散々だった。

2007年06月17日

6月16日の日記

クリプトシー"Once Was Not"を聴いた。

ヤンキースの連勝がストップ。メッツの投手陣が良かったな。松井選手の飛び出しも痛かったけど、ああいうプレイは珍しい。負けるときはあんなものか。

2007年06月16日

6月15日の日記

デヴィルズ"FUCK OFF DIE"、キル・アグリー・ポップ"PURPLE HAZE"、ジャージー・ドッグス"Don't Worry,Get Ungly!"、ドリーム・シアター"Systematic Chaos"、オジー・オズボーン"Black Rain"を聴いた。
ドリーム・シアターはようやくアルバム制作の様子を収録したDVDも見たけど、この人達は本当に楽しみながら作品を作っているんだなぁと感じた。5.1chでもアルバムを通して聴いてみた。ウチのスピーカー、オーディオを聴くにはイマイチだからなぁ…
冒頭の3枚は数年前にまとめて頂いたアナログ盤で、全く知らないバンドばかり。いずれも出来はイマイチ。

「武田信虎のすべて」で彼の履歴を追ってみたけど、この人、確かに恨まれるわ。暴君ですよ。

武田信虎のすべて

2007年06月15日

6月14日の日記

ドリーム・シアター"Systematic Chaos"、ラッシュ"Snakes & Arrows"、タリスマン"7"、イン・フレイムス"Come Crality"を聴いた。

梅雨入り、季節の変わり目のせいもあるのか、インコのブックに元気がない。

ヤンキース8連勝。松井(秀)選手も調子が良いのか悪いのかわからない状態が続いていたが、本格的に上向いてきたかな?ボストンはロッキーズに負けたので、徐々にゲーム差が縮まってきた。松井(稼)選手もナイス援護だ。松坂投手との元ライオンズ同士での対決が見られないのが残念だ。

2007年06月14日

6月13日の日記

オーディオスレイブの自作ベスト、エンター・シカリ"Take To The Skies"、タリスマン"7"、ダブル・ディーラー"Double Dealer"、"Deride To The Top"を聴いた。

Take to the Skies

メタルやパンクにレイヴ、ダンス・ミュージックを合わせたような音で、「レイヴ meets メタル」のうたい文句を目にしたときは、どんなにしょうもない音かと思ったが、これが意外と良くて面白かった。装飾音にディスコ調のシンセが使われているものの、リズムはデジタルではなくてバンドによるものなので、メタル・リスナーが悪い印象を受ける事は少ないと思う。

ヤンキース、ついに勝率5割復帰。打線でB・アブレイユ選手の調子が上がってきたのが大きいね。

私は昼食時、インスタントでもいいから、お味噌汁を飲むようにしているのだが、誤ってお湯ではなく、コーヒーを味噌と具にかけてしまって大パニック。どういうボケをしているんだろう?

楽天の田中投手が初完封勝利。いや大したものです。

2007年06月13日

6月12日の日記

ドリーム・シアター"Systematic Chaos"、ラッシュ"Snakes & Allows"、ノーマ・ジーン"O' God The Aftermath"、シルヴァー"Gold"、ジ・アブセンス"From Your Grave"、デミリコス"One"、ミキーラ"Glorious"を聴いた。
ミキーラは私の大嫌いな女性シンガーによるポップス・アルバムだった。数曲でドイツのメタル系アーチストが参加しているようだけど、これは通して聴くの辛かった。良かったのはデミリコス

ワン

邪悪なサウンドと爆走する曲展開はほとんどスレイヤー。元MSGのゲイリー・バーデンが歌うシルヴァーも思いの他出来が良くて感心した。もうベテランなのに頑張るよなぁ。

ドリーム・シアターはDVDが見たいのだが、時間がない。今日は予想外に帰宅が遅れたし。

2007年06月12日

6月11日の日記

珍しく携帯電話を忘れた。ドリーム・シアターの新作を聴く事にウキウキしていたせいか?

システマティック・ケイオス~スペシャル・リミテッド・エディション (DVD付)
ドリーム・シアター
ロードランナー・ジャパン (2007/06/06)
売り上げランキング: 34
おすすめ度の平均: 3.5
5 聴き込める人にはお勧めします
2 酷い
1 特に

その新作だが、全8曲でトータル80分弱…と相変わらずの超大作。取り敢えず2回聴きこんだ。歩きながら聴く途中、千川通りで大雨に晒されたけど。
25分強の大曲を二つに分けてオープニングとエンディングに配し、間に様々なタイプの曲を並べたという構成だ。良く言えば聴き込み甲斐がある、悪く言えば歌メロにしろリフにしろ、印象が弱い。というのが現段階での印象だね。

桑田投手、メジャー初登板はヤンキースとは…A-ロッドに打たれたなら仕方ないわな。これからナ・リーグ相手に頑張ってもらいたいね。

松坂投手は5敗目、悪くはなかったけど、R・ジョンソン投手がR・クレメンス投手の復帰に刺激されたのか、好投してた。相手が悪かったという感じ。

2007年06月11日

6月10日の日記

クリス・コーネル"Carry On"、メガデス"United Abomination"、オジー・オズボーン"Black Rain"を聴いた。
クリス・コーネルはマイケル・ジャクソンの大ヒット曲"Bilie Jean"をカヴァーしているんだけど、まるで違うヴァージョンになっている。ブルーズだよ。

キャリー・オン

夕方、叔父に呼ばれて先週、安土城に叔母を同行したお礼との事で寿司をご馳走された。

巨人、悔しかったなぁ。なんで矢野選手にバントなんだよ…

Gacktの上杉謙信は予告だけ見た感じだと、悪くなさそうだ。

2007年06月10日

6月9日の日記

ラッシュ"Ssakes & Arrows"を聴いた。このアルバム、目茶苦茶プロダクションがいい。前作ほどアグレッシヴではなく、大人のロック的な趣だけど。

スネークス&アローズ

いよいよヤンキースは調子が上がってきたかな?

ソフトバンクvs広島で黒田投手が松中選手に、西武vs中日で西口投手が森野選手に打たれた本塁打が印象深かった。

ジャイアンツは楽天に大勝。

WWEのPPV、"Judgement Day"を見た。選手総動員の割に内容が薄かったような気がした。試合を作れる選手が軒並み、故障してるからなぁ。エッジやジョン・シナが頑張ってはいるけど。

2007年06月09日

6月8日の日記

ミートローフ"Bat Out Of HellⅡ"、メガデス"United Abominations"を聴いた。
メガデスはプロダクションが良いね。ベースが良く聴こえる。J・ロメンゾのプレイスタイルがD・エレフソンと違うというのもあるのだろうけど。

ユナイテッド・アボミネイションズ

午前中に帰宅。WWE「スマックダウン」を見た。エッジのポジションがHHHみたくなってきた。世代交代…時代は変わったな。

妹が映画「300」の試写会に行ってきたそうだ。「残酷なシーンもアニメみたいに処理されているアクションものだけど、感動も何もない」との事。

夕飯は宮崎和牛の「平家の郷」でハンバーグを食べた。

TVで映画「ボーンコレクター」を見た。ちょっと無理のあるストーリーだったような気がした。吹き替えがなぁ…デンゼル・ワシントンが名優に見えなくなるんですけど。

2007年06月08日

6月3日の日記~彦根城築城四百年

朝食はホテル内のバイキング。食堂が広くて、おかわりに行くのが億劫な感じだった。母は皿の上のものを全て食べていないのに下げられてちょっと不満げ。まぁ食事を出す側の思う壺ですな。

今年は彦根城が築城四百年という事で、観光客も随分と集まっている。普段は二の丸佐和口近くの駐車場に車を停めるのだが、この日はそこで観光物産展が開催されており、大手の普段はグランドに使われていると思われる臨時駐車場に車を入れて、これまた珍しく、大手橋から城内へ。

城内の片隅にある西の丸三重櫓の内部が公開されているというので、旧米蔵跡、現在は梅林となっている地域を散策しながら、大回りで西の丸に向かった。梅林では家族連れが梅の実を採集している。意外と人手が出ていて、ビックリ。大分遠回りにはなるが、この方が本丸へ向かう石段が緩やかで、文句の多い母親でも比較的、楽に登れるのだ。

西の丸三重櫓はシンプルなデザインの建築で、江戸時代の城郭建築の典型とも言える。中は意外と広い。長屋風に部屋が区切られていた形跡があり、防衛施設であると同時に、警固の武士達の居住も出来たと思われる。

070603-01.jpg
070603-02.jpg

西の丸からは本丸まですぐに着く。天守内への見学に行列が出来ているなんて初めて見た…自分はこれまで、何度か登っているので、今日はキャンセル。売店で日付や名前を自分で打てる記念メダルを購入した。

070603-03.jpg

本丸入り口の太鼓門櫓内では、普段、日本全国の城の写真が貼られていたが、今回は「彦根城を世界遺産に」というキャンペーンを展開していた。周辺の整備も行き届いているので、将来的には可能なんじゃないかな?

旧表御殿を復元改装した博物館では、彦根藩伝来の太刀を特集していた。さすが、譜代筆頭格の井伊家だけあって、拵えの豪華さたるや目を見張るものばかり。また、近くの多聞櫓内では「井伊家十四代物語」と題して、彦根藩井伊家の歴史をわかりやすく解説。展示も子供でも楽しめるように工夫されていて、なかなか面白かった。彦根藩主愛用の庭園玄宮園は天守と同じく、数度訪れているので、今回はキャンセル。京橋口を抜けてキャッスルロードで食事とお土産のショッピング。

昼食は「ほっこりや」という比内地鶏の店で親子丼を食べた。昼は親子丼と蕎麦しか扱っていないようだ。前日に牛肉は食べていたので、ちょうど良い。半熟卵と地鶏の歯ごたえ、汁とご飯の混ざり具合といい、味付けも良かった。大満足。

今回、彦根では築城四百年事業を進めるにあたって、「ひこにゃん」なるキャラクターを作って、派手な宣伝を行い成功を収めている。ひこにゃんのデザインが受けて、キャラクターグッズもバカ売れらしい。そんなわけで、皆で土産物を買いまくり。

かくして、夕方5時頃まで彦根で遊びほうけて、帰路についた。日付が変わる前に実家に着いてめでたしめでたし。コーヒー一杯飲んで自宅に引き上げようと思ったのだが、コーヒーを待つ間に疲れがドッと出たのか、前日に続いて爆睡…A.M.4:00頃一人目を覚まして家路に着き、今回の旅行は終了。

来年は上洛でもしようかな。

6月2日の日記~安土城址へ墓参

ミートローフ"Bat Out Of Hell"シリーズ3作、マスタープラン、オーディオスレイヴの自作ベストを聴いた。

早朝、母、妹、叔母を連れて滋賀県に向けて出発。天正10(1582)年のこの日は本能寺の変が起きた日…つまり、織田信長の命日というわけで、その墓参りに出かけたのだ。私の場合、ここ15年ほどは毎年恒例のことだけど。

昼前には近江八幡に到着、近江牛肉のレストラン、ティファニーで昼食。以前はランチメニューが少なかったが、リーズナブルなメニューが増えていた。叔母が一人だけ、ハンバーグを注文したのだが(ステーキの赤みが苦手らしい)、これがフワフワした食感で絶品。

20070602-01.jpg

食後、安土城跡の信長公墓所に向かう前に琵琶湖近くにあるという岡山城址に向かってみた。ここはかつて、足利幕府11代将軍義澄が京都から避難して無念の生涯を終えた場所なのだが…どうやら、遺跡の整備はされていないようだ。一人なら侵入を試みたかもしれないが、家族もいるし、今回は諦めて車で城跡というか山の周りを廻って安土城へ向かった。

途中、巨大な水車が見えてきた。ガイドで見たことがあったが、能登川水車だ。映画「パイレーツ・オヴ・カリビアン」のアクション・シーンを思い出させるデカさだ。直径10mくらいはあるか?

070602-02.jpg

ちょっと売店が…外に元気のない子猫がいたのだが、店内に獣の臭いがこもっていた。早々に立ち去って安土城へ向かった。

安土城址には能登川水車を経由するという、いつもと違う道路を使ったので、搦め手口に到達、山裾を廻るようにして、登城口に行ったが、こうしてみると改めて広大な遺跡であることを実感した。毎年、信長公の命日直近の日曜日は町で安土信長祭りを開催するので、周辺は準備で忙しそうだ。

駐車場に車を止めて、まずは昨年より整備の進んだ大手門跡周辺を見た。この大手門跡は幅110mにも及ぶ石垣に沿って四カ所も門が開かれている奇怪な構造であるのが特徴だ。どうも身分によって使う門が違っていたらしい。このような形態の門構えは武家の城郭では見られない。天皇が住む御所にみられるものなのだ。
このことから、信長がいずれ天皇をここに招こうと考えていた事が推測出来るわけだが、当時の公家の日記などの史料に、そうした信長の意図を推測させるような記述は見られない。個人的には単に行幸を仰ぐというより、時の正親町天皇を譲位させて遷都させる腹だったような…この日、整備された遺跡を見て、ふと感じた事なんだけどね。

大手道に入ると、新たに建てられた管理事務所と門が見えてきた。この城跡は昨年秋から入山料を徴収することになっているのだ。イタズラや事故があるんじゃないかな…ところが、今日は信長公命日につき、入山は無料と張り紙がしてあった。ただし、無料は嬉しかったが、入山記念のお札を買ったり、スタンプを押せないというのは残念だった。

070602-05.jpg

山内に入ると、さすがにお金を取っているだけに急勾配の石段に土嚢を積むなどの配慮が新たにされている。母親は大喜びだ。一番驚いたのは多少、木の枝などが払われて山頂天主跡からの見晴らしが良くなっていた事。気になるのは台所郭の高石垣で…いずれ崩壊するんじゃないか?

070602-06.jpg

信長公の墓所には今回は飴玉を供えておいた。次男の信雄とその子孫の墓にも、今回は飴玉を御裾分け。

帰りは百々橋口に回って総見寺跡を見た。毎年来ているので、寄らずに帰ることも多いのだが、昨年からの有料化にあたって、百々橋口が閉鎖されたそうなので、見学順路がどのように変更されたのか、確認したくて行ってみた。現在、重文の三重塔と山門が残っているが、本堂跡の脇に樹種はわからないが、石垣をも押しのけて凄まじい根を張る木が一本生えている。

070602-07.jpg

まるでイカの化け物クラーケン…これを見ると毎度、自然の力強さを感じるのだ。

百々橋口の階段は段差も勾配も急な上、湿気もあるので足元が滑る。大手と違い、こちらは特に整備されておらず、母は下りながら、ず~っとブーイング。

百々橋口は登場口から数mのところで閉鎖されており、結局、そこまで下りて山裾の道を伝って大手へ抜ける道筋になっていた。この道を通るのは初めてで新鮮。途中、いくつか巨岩、巨石の類を見た。これらのいずれかが、信長が京都から運んで、一万人ほどの人数を動員して山に上げようとした蛇石なのだろうか?

070602-08.jpg

夕方、琵琶湖沿いのホテルに到着。

夕食は今回、父親が来ていないので、父が一緒の時には食べないもの、という事でお好み焼き屋「まさ味」へ行くことにした。彦根の駅前に昔からあって気にはなっていたが、一度も行った事がなかったのだ。その前に隣の居酒屋「彦一」で牛刺などを頼んで乾杯!頼んだものが出てくるのは早いし、食べ物も美味しいし、店内の雰囲気も良い。

締めは「まさ味」のお好み焼き。味はもちろん、値段が安くて驚いた。一番人気は鳥皮というので、頼んでみたら、鉄板で油を徹底的に抜いたスナックのような仕上がりで、ビールのつまみに最高。こういう店が地元にあればなぁ…

食後は彦根城の夜景を見ながら散々歩いて、ホテルに帰った。運転の疲れもあってか、私はすぐにバッタリ爆睡。しかし、A.M2:30頃TVの音で一旦目を覚ましたら、母がソファーの固い肘あてを枕に大いびきをかいてる。せっかくフカフカの布団やベッドがあるのに…余程このまま晒しておこうかとも思ったが、翌日、風邪でもひかれたら悪夢なので、叩き起こして寝床に放り込んでから再度爆睡…

6月7日の日記

ミートローフ"Bat Out Of Hell"、オーディオスレイブの自作ベストを聴いた。

夕方、友人のカネゴンと会って、しばし夕食しながら歓談。中国に行った土産に上海蟹やふかひれなど、中国ならではの味付けの施されたポッキーを貰った。

帰りは実家に立ち寄って「24シーズン3」のラストを母と見た。 しかし「24」シリーズは複数回見ても飽きないね。よく出来てるわ。

6月6日の日記

ラッシュ"Snakes & Arrows"、クリス・コーネル"Carry On"、オジー・オズボーン"Black Rain"を聴いた。

はにかみ王子の若さにそぐわない人格者っぷりに比して、周りの大人のモラルのなさ、醜さが際立つねぇ。若い人たちに「こういう大人になってはいけない」というメッセージを発しているという点では意義があるのかもしれないが。

6月5日の日記

昼間、錦糸町~東京駅~目黒と廻った。久しぶりに見たなぁ、赤レンガの駅舎。

メガデス"United Abominations"、ドリーム・シアター"Systematic Chaos"、クリス・コーネル"Carry On"、ラッシュ"Snakes & Arrows"、オジー・オズボーン"Black Rain"を購入。

とりあえずクリス・コーネル、ラッシュ、オジー・オズボーンを聴いた。オジーは年齢的に声の衰えは隠せないけれど、ザック・ワイルドの書いた曲との相性はバッチリだね。他の2枚は仕事をしながら流す感じでよくわからなかった。

ブラック・レイン

夜はお酒。友人のフッチー氏が会社の上司と対立して退社を決めたと聞いてビックリ。

6月4日の日記

キコ・ルーレイロ"No Gravity"、タリスマン"7"、イン・フレイムス"Come Clarity"を聴いた。

相変わらず、ヤンキースvsレッドソックスは凄い試合をするなぁ。

2007年06月05日

6月1日の日記

マスタープランの自作ベストを聴いた。

翌日から家族と出かけるので、夕方実家へ。

サッカー日本代表vsモンテネグロ戦を見た。見た人の多くが感じたんだろうけど、前半と後半で試合運びの出来に差があった。ディフェンスは危ない場面はほとんどなかった。モンテネグロもヨーロッパとは環境、湿度などが違うので、実力がどの程度発揮されていたのか、わからないけどね。

2007年06月01日

5月31日の日記

セリオン"Gothic Kabbalah"、シャドウズ・フォール"Threads Of Life"、ポーキュパイン・トゥリー"Fear Of A Blank Planet"を聴いた。

ヤンキース、久々に勝ったな。松坂投手は負けてしまったが…なかなか防御率が上がらないなぁ。

ジャイアンツはソフトバンクに連勝。矢野選手、打つとは予想していたが、まさか満塁ホームランとは思わなかった。



楽天で探す
楽天市場



最近のエントリー