blogpeople



~人間考察ブログ・ランキング



私を登録 by BlogPeople





Google

Yahoo!ブックマークに登録

« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月29日

4月28日の日記

フィリップ・セイス"Silver Wheel Of Stars"、フォリナー"Records"、ミートローフ"Bat Out Of Hell"を聴いた。
やっぱりカッコいいな、フィリップ・セイス。

シルヴァー・ホイール・オブ・スターズ

ヤンキース、7連敗…。松坂投手は相変わらずムラッ気が多いが、結果としてヤンキース相手に2勝したのは大きいね。それにしてもヤンキースは投壊状態だ。先発が5回持つ事がほとんどないもの。

妻の風邪が長引いていて、昨日今日と食事を作った。今晩はうどん。ただ、明日は出かけるので、夕食を食べてから夜に実家へ。


4月27日の日記

あれだけ沢山CDを買ったのに聴く暇なし…

ヤンキース、ブルージェイズに負けて6連敗。この日は打線に粘りがなかったな。

2007年04月27日

4月26日の日記

アンセム"Immotal"、ジョー・リン・ターナー"Second Hand Life"、ダブル・ディーラー"Desert Of Lost Souls"、ブラック・サバス"The Dio Years"を聴いた。
アンセムは良いね。ダウン・チューニングされてない正統派メタルの良盤は今時珍しいよ。

イモータル

ダブル・ディーラーは、実際分裂したわけだけど、ギターとヴォーカルの相性の悪さが音に出てるよね。歌メロを誰が書いてるのか知らないが、その辺のセンスが今回もない。曲はヴァラエティに富んでいて悪くないんだけど。もし、ジョー・リン・ターナーあたりが歌メロ乗せたら、少なくとも日本人リスナーが万歳するような曲に仕上げてくれそうだ。ま、たらればだけどさ。

妻が風邪を引いたというので、池袋の「夢民」でカレーを買って帰った。

今日(も?)はCDを大量購入。マノウォー"Gods Of War"、エアロスミス"Honkin' On Bobo"、シャドウズ・フォール"Threds Of Life"、ポーキュパイン・ツリー"Fear Of A Brank Planet"、フィリップ・セイス"Silve Wheel Of Stars"、セルティック・フロスト"To Mega Therion"、"Into The Pandemonium"、フォリナー"Records"(紙ジャケ)、ソニック"Seediq Bale"、ペイン・オヴ・サルベイション"Scarsick"、ミートローフ"Bat Out Of Hell"、"Bat Out Of Hell Ⅲ"、セリオン"Gothic Kabbalah"…CD、当分買わないかもね。

2007年04月26日

4月25日の日記

昨日購入したアンセム"IMMOTAL"、ジョー・リン・ターナー"Second Hand Life"、ブラック・サバス"Best Of Dio Years"、ダブル・ディーラー"Desert Of Lost Soul"を聴いた。まぁながら聴きだったので、あれこれ言えないけど、ジョーは以前のソロ作より良いような気がした。ダブル・ディーラーは御家騒動の影響か、少し、ヴォーカル引っ込められてないか?気のせいかな。

SECOND HAND LIFE


松井選手1号ホームラン、出かけに妻に「今日は松井が一発かますから見とけ」といい置いたのだが、予言は的中。妻は見ていなかったようだが…それよりヤンキース5連敗で最下位とは悪夢だ。あれだけ打ってるのに。

今日は新宿から上板橋まで2時間かけて散歩。しかし、飲食店とかって多いねぇ。皆、儲かってるのだろうか?

WWE「スマックダウン」を見た。キング・ブッカー哀れ。

2007年04月25日

4月24日の日記

ジョージ・ハリスン"The Best Of"、ザ・ビートルズ"HELP!"、マシンヘッド"The Blackening"を聴いた。

井川投手2敗目。松坂投手といい、メジャーのボールに合わないのかな?日本にいたとき以上に良いボールを放っている投手もいるわけだし…

アンセム"IMMOTAL"、ジョー・リン・ターナー"Second Hand Life"、ブラック・サバス"Best Of Dio Years"、ダブル・ディーラー"Desert Of Lost Soul"を購入した。

2007年04月24日

4月23日の日記

ザ・ビートルズ"Help!"、ジョージ・ハリスン"The Best Of..."、マスタープラン"Masterplan"、"Aeronautics"、MkⅡ"を聴いた。

松坂投手、6失点ながら2勝目を挙げた。シリング、ベケットというエース級からそれぞれ5点を取っているヤンキース打線なので、仕方ないか。ヤンキースは先発投手がなぁ…この補強が成されたら、負けなくなっちゃうだろうけど。クレメンス投手が意外と早く戻ってくるかもね。

夕方、新宿から中板橋まで歩いてみた。知らない道を歩くと心細いというか、やたら長く感じるわ。小滝橋通りにある潰れた学校だか病院のようなホラーチックな建物があったけど、元は何だったのだろう?

WWE「ロウ」、坊主頭から一夜明けたマクマホン会長は連日の醜態晒しあげで大笑い。あとはエッジの演説がHHHみたいだった。偉くなったもんだなぁ。

2007年04月23日

4月22日の日記

セブンダスト"Best Of"、ジャーニー"Generations"、マストドン"Call Of Mastodon"、マスタープラン"Masterplan"を聴いた。
セブンダストは初めてちゃんと聴いたけど、好みとは違うなぁ。ジャーニーも思いの他、普通の出来だった。バラードが特に弱い気がした。マストドンは初期音源だが、当初から強烈だったのね。弾けまくってた。

ヤンキースはレッドソックスに連敗。打線は昨日のシリング投手に続いてベケット投手から5点を挙げている事から、調子は良さそうだが、先発投手が故障者続出で人手不足になっている。序盤で7失点はキツイ。
この日もレッドソックスは岡島投手が好救援。

ジャイアンツがタイガースを撃砕して首位に踊り出た。昨年のこともあるので油断は出来ないが…門倉投手は本当に不調だな。夏場に調子を上げてくるタイプなのだろうか?

2007年04月22日

4月21日の日記

ナイアレイター"Schizo Deluxe"、フィアー・ファクトリー"Transgression"、ザ・ビートルズ"Rubber Soul"、"Revolver"、を聴いた。
フィアー・ファクトリーは丸くなったような感じがした。以前は音の壁みたいだったけど。アナイアレイターは良かった。まぁ、曲、リフは昔からの使い回しっぽいものもあるけど、ジェフ・ウォーターズのギターが相変わらずカッコいい。

ヤンキースvsレッドソックスの今年の初戦、まるでプレーオフのような盛り上がりだった。レッドソックス=シリング、ヤンキース=ペティットとエース対決だったし。仔細は下に追記してあります。

Jリーグ浦和、川崎に負けて首位陥落…今年の浦和は失点が多いね。

夜はWWE最大のイヴェント、レッスルマニア23のPPVを見た。8万人の大観衆を集めた中、行われた8試合についてはヤンキースvsレッドソックス同様、下に追記してあります。

ヤンキースvsレッドソックス

序盤はA-Rodの2本塁打に度肝を抜かれる展開で…特に2本目は打球を追っていた外野手までスタンド・イン(笑)。松坂投手のレッドソックス加入で初めてA-Rodを見た人はさぞ驚いただろうな。彼は打った瞬間外野フライという当たりがスタンドに入ることが多いのだ。しかし15試合で12本塁打30打点って単純に年間162試合に換算したら凄い数字になるんだけど。夏場、どうなるんだろう?

ヤンキースにとって悪夢の展開は8回、死球&連打で4点差をひっくり返されたことで、守護神リベラ投手の投入時期を誤ったかな…プロクター投手を続投させても良かったような気がしたけど。

そして岡島投手の登板機会が訪れたという予想外の展開へ。本来は守護神パベルポン投手が出るはずなのだが、この日までの連投が祟って、岡島投手に初セーブの機会が訪れたのだ。しかも打席は2番ジーターからという痺れる場面だ。結果は変化球を見切って四球を選んだアブレイユ選手以外は無難に抑えて初セーブ。特にA-Rodとの対決は一発出れば逆転だったので、凄まじい緊張感が感じられた。

岡島投手はドジャースの斉藤投手と同じく、メジャーのボールが合っているのかもしれない。変化球が良く切れ、いいところに決まっていた。あとは捕手のバリテックかなぁ。2、3球ワンバウンドの玉があったけど、彼は後ろに逸らさないんだよね。あれならランナーが出ても思い切ってカーブが投げられる。

試合終了直後、レッドソックスのフランコーナ監督の大はしゃぎが印象的だった。観衆も大騒ぎだったけど。

__________
レッスルマニア23

第1試合:マネー・イン・ザ・バンク戦
●Mr,ケネディvsM・ハーディーvsJ・ハーディーvsエッジvsR・オートンvsフィンレーvsCM・パンクvsキング・ブッカー
 リング中央に吊り下げた世界王者挑戦への契約書を取り合う8人参加のマネー・イン・ザ・バンク戦、ハシゴ使用がOKという事もあって危険な技が次々と炸裂。特にエッジは途中退場、まぁ、彼は怪我を押して強行出場していたらしいが…
結果的にMr.ケネディが勝ったけど、早くにエッジとJ・ハーディーが戦線離脱してしまった事もあって、過去2回に比べると盛り上がりに欠けたかな。

第2試合:●ザ・グレート・カリvsケイン○
 カリのこれまでの試合ではベストだと思うけれど、面白い試合ではなかった。ケインがボディスラムで投げたりするシーンでは盛り上がったけど。不器用で技の少ないカリを今後、どう扱うのかが問題だね。相手がいないし。下手に技をかければ怪我しそうだし。

第3試合:US王座戦●クリス・ベノワvsMVP○ ベノワが王座防衛
 会場が南部のデトロイトということで、ベノワのようなアスリート気質の強い選手は人気があるようだ。試合はMVPが予想外のインサイドワークを披露し、レスリング主体のまともな攻防が見られた。ただ、最後はダイビング・ヘッドバットから3カウントというベノワの試合では珍しい、呆気ない決まり方だった。ベノワの技の引き出しの多さが勝ったという感じかな。MVPのスタミナ不足もあったかもしれないが。

第4試合:世界王座戦●ジ・アンダーテイカーvsバティスタ○ アンダーテイカーが新王者に
 メインに据えられるべき試合がなんと、中締めとも言える第4試合に置かれていた。試合をする当事者にはかなりの不満があったとも勘繰られるが、内容は見応えがあった。
大型のパワー・ファイター同士の試合は第2試合なんかその典型だけれど、大味な試合に終わる事が多いが、互いに大技を繰り出して見せ場を演出。バティスタが場外テーブルにオクラハマ・スタンピートでテイカーを叩きつけ(実況席はペシャンコ)、テイカーはトップロープ越しのトペを披露。御年45歳にして、2m8cmの巨体が場外へロープに触れずに飛ぶのだから凄まじい。
試合はやはり技の引き出しの多いテイカーが勝利し、レッスルマニア15年連勝と記録を伸ばした。ただ、バティスタも多くの見せ場を作ったし、あと一つ大技があれば…と思った。

第5試合:●RVD&サンドマン&サブゥー&トミー・ドリーマーvsイライジャ・バーク&マーキス・コー・ヴォン&ケビン・ソーン&マット・ストライカー○
ECW初期から活躍する"Originals"と近年台頭してきた"New Bleed"のタッグ戦は、あっさりRVDがフロッグ・スプラッシュで勝利。試合内容も見ているほうの盛り上がりもイマイチだった。

第6試合:●ボビー・ラシュリーvsウマガ○ Battle Of Billionares
 WWE会長ヴィンス・マクマホン氏と不動産王ドナルド・トランプ氏が互いの髪の毛を賭けて望んだ対決はそれぞれがウマガ、ラシュリーと代理を立てて、レフェリーにスティーヴ・オースチンがつくという殆ど結果の予想が出来るマッチメイクだが、その期待通りの展開に大盛り上がり。中盤、ヴィンスの長男、シェーンが乱入し、まさかの展開も見られたが、後半ストーンコールドが大暴れ、トランプ氏もヴィンスに殴りかかり、見せ場を作った。
 そして試合はウマガの敗退、ヴィンスは頭にシェービング・クリームを山盛りに塗りたくられ、坊主頭に。泣きながら退場するヴィンスには、同情の思いすら沸いて来たが…。その後、ビールで勝利を祝うストーンコールドはトランプ氏にもスタナー!(痛くないようにね)日頃、理不尽な上司、政治や社会のシステムからのストレスを見事に発散させる一戦だった。

第7試合:女子王座戦●メリーナvsアシュリー○ メリーナが王座防衛
 女子選手、ディーバ全員がリングを囲む中で行われた試合はほとんどランバージャックの意味も成さぬまま終了。プレイボーイ紙の表紙を飾ったアシュリーが勝つのかと思ったが、やはり体格的にも技術的にも危ういアシュリーに勝たせなかったね。まぁWWEとしては女子の試合内容はどうでも良いのだろうが…

第8試合:WWE王座戦●ジョン・シナvsショーン・マイケルズ○ ジョン・シナが王座防衛
 今回のレッスルマニアの王座戦はアンダーテイカーvsバティスタもそうだったけど、アメリカン・プロレスの定番であるベビーフェイスvsヒールの勧善懲悪の定番ドラマではなく、ベビーフェイス同士の対決を組んだ珍しい大会だった。これはHHHの負傷欠場という事情もあったのだろうけれど、試合に感情移入しにくかったような気がする。
 この大会のメイン・イヴェントとなるシナもHBKも絶対的なベビーフェイスだが、観客は長きに渡る貢献度から、HBKへの声援が多かったのは当然。試合をコントロールしていたのもHBKだった。序盤は大会場に似合わない関節の攻防で盛り上がりに欠けた(TVで見るには面白かったが)ようだが、後半は動きが激しくなり、互いの決め技を返しあう展開で盛り上がった。こういう試合の組み立て方も古典的な王座戦らしいものなんだけどね。
 試合はシナがリング中央でST-FUをガッチリ決めてタップアウトで王座防衛。スーパーキック一本で今日の地位を築いたショーンを決め技の引き出しの多さで下したのが印象的だった。
 まぁシナには賛否あるけど、苦労しながらキャリアを積み重ねているし、努力の跡も見えるので自分は好きだ。5年後が楽しみだよ。

2007年04月21日

4月20日の日記

ココバット"I Versus I"、ナイトウィッシュ"Oceanborn"、サンダー"The Only One/Play That Funky Music"、マスタープラン"MkⅡ"、マシン・ヘッド"The Blackening"をレビュー書きながら聴いた。

ガス給湯器が大破。全とっかえかよ…

マリナーズはツインズに3タコ。追い上げたんだけどなぁ。やっぱりサンタナ投手みたいな、メジャーの一流投手はボールが高めに来ないね。

ヤンキースはAロッドがまたもやサヨナラ本塁打。今年70本行けるんじゃないか?明日からのボストン戦がワクワクしますな。

巨人vs阪神、11回までの投手戦と12回のグダグダ感のギャップが凄かった。妻が12回のダラダラした展開にキレてしまい、私はウトウト…。豊田投手は抑えは無理かもしれないね。キャッチャーを替えていたので、リードの問題もあったのかもしれないが。ストレートとフォークの球速差がなくなって来てるよね。あれじゃあ、中軸の選手には見極められてしまうと思う。

2007年04月20日

4月19日の日記

ココバット"I Versus I"、サンダー"The Only One/Play That Fanky Music"、マシン・ヘッド"The Blackening"、マスタープラン"MkⅡ"を聴いた。

井川投手、ヤンキースで初勝利。2失点に抑えれば、あの打線だからねぇ…。まぁボストンの打線も良いはずなんだけど、何故か松坂投手とリズムが合っていないようだ。

開幕当初、スタジアムに雪が降る映像などを見て、選手の体調はどうなんだろう?と心配していたが、両松井選手の故障に続いてデビルレイズの岩村選手が風邪で欠場した。

ジャイアンツは危なげなくカープに勝ち越したが、ソフトバンクが楽天に3連敗するわ、タイガースは6点差をドラゴンズにひっくり返されるわ、古田監督は退場させられるわと、他球場の展開も面白かった。

セヴンダスト"Best Of"、アナイアレイター"Schizo Deluxe"、マストドン"Call Of The"、フィア・ファクトリー"Transgression"、ジャーニー"Generations"を購入。

2007年04月19日

4月18日の日記

ナイトウィッシュ"Oceanborn"、マシン・ヘッド"The Blackening"、マスタープラン"Masterplan"、"Aeronautics"、"MkⅡ"、ザ・ビートルズ"Lubber Soul"、"Revolver"を聴いた。

松坂投手は勝ち運がないなぁ。西武時代からそうした傾向は見られたけれど、そういう意味では「エース」ではないとも言える。
4回に崩れる直前、ボール、ストライクの微妙な判定に対して首をガクッとさせるようなジェスチャーを見せたけど、ああいう判定に対する反応は彼の悪い癖で、審判の心証を害する可能性があるから、やらない方がいい。

楽天の田中投手がソフトバンク相手に完投で初勝利とはビックリ。

ラオウの葬儀に参列したかった…

2007年04月18日

4月17日の日記

ココバット"I versus I"、サンダー"Backstreet Symphony"、"Behind Close Doors"、"The Only One/Play That Fanky Music"、ミートローフ"Bat Out Of HellⅡ"、テスラ"Into The Now"、ナイトウィッシュ"Oceanborn"、マシンヘッド"The Blackening"を聴いた。
ココバットが想像以上に酷い出来でガッカリした。ジャケット・デザインはパスヘッド、プロデューサーはフレミング・ラムッセンとメタリカ絡みで固めているのになぁ…

I Versus I

雨は知っていたものの、予想以上に寒くて電車で帰ったが、物凄い混雑でうんざり。歩いて帰ったほうがましだった。かえって疲れて早寝してしまった。あぁ時間がもったいない。

米国ヴァージニアでの乱射事件を知り、「日本じゃ有り得ないな」と思っていたら、長崎市長が選挙活動中に撃たれた。言語道断!

ジャイアンツ、まぁ負け方としてはあんなもんでしょう。

ドラゴンズの山本昌投手、200勝まであと8勝、頑張ってください。しかし完封は凄過ぎ…

ECWはもはやECWじゃないな。メインは「ロウ」「スマックダウン」勢に奪われているし。

2007年04月17日

4月16日の日記

ハートマン"Home"、ローディ"Arockalypse"、ジ・アンサー"Rise"、サンダー"Castles In The Sand"、ストラトヴァリウス"Black Diamond"を聴いた。後者の2枚は中古で買ったマキシ・シングルだ。
ストラトヴァリウスは恐らく、この頃が全盛なんだろうけれど、実はあまり聴いた事がなかった。"Fourth Dimension"で充分という気分になっちゃったんだな。今になって聴いてみると安定感があるね。「凄い!」と鳥肌を立てるような気分にはならないけど。

イチロー選手の調子が上がって来たかな?

WWE「ロウ」を見た。見事にヴィンス・マクマホン会長のショウと化していた。

2007年04月16日

4月15日の日記

キャンドルボックス"Lucy"、テスラ"Psychotic Supper"、サージャント・フューリー"Little Fish"、ファイアーハウス"Hold Your Fire"、マスタープラン"MkⅡ"を聴いた。

ヤンキースvsアスレチックスは前日同様、またも延長までもつれる接戦になった。A-ロッドとジオンビーの本塁打とセーフになったものの、ジーターのスーパー・ジャンピング・スローが見られただけで大満足。しかし、今年のジーターは普通のゴロでエラーが早くも5つというのが…困ったもんだ。

野球を見た後は図書館へ行って来た。開発で新しく出来た道路を歩いたが、これは便利だ。ま、歩くなら江戸時代のお地蔵さんや寺、神社を眺めながらくねくねと旧道を使った方が楽しいけどね。

Jリーグは浦和レッズが首位に立った。当初は怪我人が多くてどうなるかと思っていたが、ともかく大慶至極。ACLなど、過密日程で選手も大変でしょうが、頑張って下さい。

ジャイアンツの高橋尚典投手はどうかしたのか?調子良すぎだろう。打線も昨日は藤井投手にしてやられたが、総じて好調を維持しているし、自分の予想以上に投打の歯車は噛み合っている。門倉投手を勝たせてやりたいんだけどなぁ…

2007年04月15日

4月14日の日記

シンデレラ"HEARTBREAK STATION"ヨーロッパ"PRISONERS IN PARADISE"ディープ・パープル"KNOCKING AT YOUR BACK DOOR"ファイアーハウス"FIREHOUSE"キングダム・カム"HANDS OF TIME"ザ・スクリーム"LET IT SCREAM"をCD-カタログ・ページにコメントを書きながら聴いた。

井川投手はまぁまぁだったんだけど…逆転してもらってから、勝負強いチャベス選手に走者を置いて、あそこに投げたのは失投だった。捕手の構えたところからまるっきり外れていたしね。ただ、試合自体は両チームとも勝利にこだわっているのが伝わる好ゲームだった。ああいう試合を見せられると、メジャー・リーグ・ファンが増えてしまうんだよね。

J-リーグ、ガンバ負けたなぁ。後半に新潟があれだけ押すとは、見ていてビックリした。まぁU-22勢が不在なので、今節は波乱が起きるとは思っていたけど。明日、首位の柏と当たる浦和に頑張って欲しい。

2007年04月14日

4月13日の日記

ポイズン"Flesh & Blood"、エリック・クラプトン"Journeyman"を聴いた。

午前中一杯かけてアンプ設置のため、オーディオ周辺の掃除とセットアップ。
当時、コンポが壊れたら、個別にハードを買い揃えようと考えていたら、結局、15年も修理せずに使い続けられた。こうした経験から思うに、ケンウッドの商品はタフだと思う。ちなみに今回買ったアンプはデノン。
ゴミ捨て場から拾ってきたスピーカーやら5.1chホーム・シアターなどを合わせると居間にはスピーカーが11個ある。これらをコツコツ繋ぎ合わせて完成。やっぱり音質が違うなぁ。ちなみに最初に試し聴きしたのはCDがジ・アンサー、アナログがデヴィッド・リー・ロスでした。

どっと疲れて午後は昼寝。マシン・ヘッド"Blackening"のタフなDVDを見ながら眠ってしまうんだから、余程疲れていたのだろう。

夜は西武vsロッテを見てた。ロッテのTSUYOSHI選手は良い動きをしてるね。関東は我が家も含めて暴風が吹き荒れていたので、こういう天候の日のマリンスタジアムは打ち上げると何が起こるかわからないので面白い。

2007年04月13日

4月12日の日記

昨日買ったマシン・ヘッド"The Blaxkening"、マスタープラン"MkⅡ"を聴いた。前者はなかなかの内容だったが、後者は…やっぱりマイク・ディメオじゃ駄目だな。

The Blackening + DvdMKII

松坂投手、ホーム初登板は負け投手になった。イチロー選手にのみ集中していたような…悪い癖が出たね。イチロー選手とは個人的な交流もあったのだろうけれど、パ・リーグで覇を競い合っていたダイエー~ソフトバンクの司令塔、城島選手をスルーしたのは彼のプライドを刺激したんじゃないかな。
恐らく城島選手を通じてシアトルには松坂投手の対策はある程度、施されていたような気がする。まぁ、城島選手の2安打という結果は松坂投手というより、バリテック捕手の配球を読まれたのではないかと思うけど。
それにしても、シアトルのF・ヘルナンデス投手は昨年とは別人か…ムラがなくなっている。

オーディオアンプを購入した。全額ポイントカード購入にも関わらず、丁寧に梱包してくれたヨドバシカメラのスタッフに感謝!

2007年04月12日

4月11日の日記

ガンズ・アンド・ローゼズ"Appetite For Destruction"、"G N' R Lies"、"Use Your IllusionⅠ&Ⅱ"、ヴェルヴェット・リヴォルヴァー"Contraband"を聴いた。

近所のCDショップが店じまいするそうで、今月出たばっかりのマシン・ヘッド"The Blackening"、マスタープラン"MkⅡ"を半額で購入した。
この店で自分が買い物をするのは初めてだが…妻の話では、店長らしき人にポイントカードの件で質問したら、舌打ちされたそうで、以来、行くのを辞めたそうだ。今時、接客業のアルバイトでそんな事したら、即首が飛ぶだろうに、大人がそれじゃあ店の末路も知れたものか。

2007年04月11日

4月10日の日記

エリック・クラプトン"Journeyman"、ポイズン"Flesh & Blood"、シンデレラ"Heartbreak Station"を聴いた。後者2枚を耳にしたのは学生時代以来かもしれない。

「北斗の拳~ユリア伝」を見た。オリジナルのサイドストーリーもあったが、総集編的な内容。映画の「ラオウ伝」もそうだったけど、テンポが速すぎる気がした。ユリア役の石田ゆり子の声が、合う合わない以前に棒読みに聞こえて辛かった。

2007年04月10日

4月9日の日記

ダーク・ルナシー"The Diarist"を聴いた。

松井選手は故障者リストか。復帰後の大爆発に期待したい。

Chizuさんが明日からカナダへ1年ほど見込んで旅立つとの事で挨拶に来た。水晶のお守りを渡しておいた。

昼間は晴れていたが、夕方は大荒れ、天気予報が当たったな。

WWE「ロウ」を見た。壊れたマクマホン会長がユージーンを丸刈りにしてしまった。地上波のヴァラエティ番組だったら、いじめを髣髴とさせるみたいな抗議が殺到しそうな映像だった。
メインのジョン・シナvsクリス・ベノワは結果はシナの勝ちだが、全体的にはベノワがシナを圧倒、ボコボコにしてた。可愛そうに…

2007年04月09日

4月8日の日記

テスラ"Mechanical Resonance"、カンサス"Power"を聴いた。スティーヴ・モーズ、偉い弾きまくりっぷりに驚いた。

徹夜明け、西新宿の電気店で小一時間悩んで結局、何も買わずに帰宅。自宅のコンポが大破したのだ。

ヤンキース、井川投手の初登板は7失点と散々だったが、試合後のコメントを聞く限り、大丈夫そうだ。しかし、あの展開を逆転するヤンキースは凄いわ。驚いたのは松井(秀)選手の負傷交代。まぁ、あの寒さじゃあ、肉離れなんか起きてもおかしくないけどね。

ジャイアンツvsタイガースは2-0でジャイアンツ高橋(尚)投手が完封勝利。ちょっとタイガースの打線が元気ないね。
夕方、ドラゴンズvsベイスターズも見たけど、あれはチーム力の差が出てたなぁ。仁志選手が満塁フルカウントでボール球に手を出したのには苦笑…昨年までだったらTVに向かって罵倒しただろうな。
オリックスvsライオンズでコリンズ監督が退場させられる所も見ていたけど、あの判定は気の毒だった。

2007年04月08日

4月7日の日記~SKYLARK試聴会

ハロウィン"World Tour 2005/2006"を聴いた。

夕方、御茶ノ水のCDショップで待ち合わせて花見飲み会。私はああいう狭くて混んだ店でCDを物色するのは苦手だ。

早々に店を出てから、コンビニでビール、つまみを買い込んで北の丸公園で乾杯。武道館では大学の入学式をやっていた。

その後、新宿に移動して居酒屋で軽く飲んだ後、サウンドホリック社さんからの招きでイタリアのシンフォニック・メタル・バンド、スカイラークの新譜試聴会へ行った。バンドのメンバーも登場した。下の写真は頂いたサンプル盤にじゃんけん大会で貰ったピック。今、思い出したけど、名刺ももらったんだった。
メンバーの話で印象的だったのは雑誌などで表現される「臭メロ」なる言葉への嫌悪感だった。マイナー調のありがちなメロディを評したものだけど、「臭くはない!」と強調してた。「臭い」という言葉に非常に傷つけられたようだった。しかし、そんな論評までミュージシャンの耳に入ってるものなんだね。

試聴会の後はメタル・ミュージックをBGMにした徹夜飲み会。スカイラークのメンバーも一晩中残っていたのには驚いた。

070407.JPG

2007年04月07日

4月6日の日記

ほぼ一日中、野球ばっかり見ていた。

ヤンキースvsデビルレイズは岩村選手が見事に順応しているように見えた。開幕戦6番、今日は7番だったけど、打順は時間を経るにつれ、上がるんじゃないかな。足を絡めたチームの戦術もはまっていたし、今年のアリーグ東部地区はデビルレイズが頑張れば、大激戦になるだろう。
しかし、雪の中での野球は辛そうだ。サッカーと違い、常に動いてるわけではないし。

改めて松坂投手の初登板を見るとストレート主体、力で抑え込むというより、狙い球を絞らせないように変化球主体で抑えていたと言う印象。ボストンのバリテックと言う捕手はリードが冴えているからね。ペドロ・マルチネスをリードしている感じに近いんじゃないかな?

ジャイアンツがタイガースを6-1で撃砕。内海投手が開幕戦に続いて好投していたのも目出度いが、打線が負け越したとは言え、ドラゴンズ戦で山本昌投手、下柳投手と左腕を攻略したのが大きいね。

「鬼平犯科帳」、再放送かと思ったら新作か。長門裕之の彦十は故江戸屋猫八に比べ、下品な感じがして、合わない様な気がした。

2007年04月06日

4月5日の日記

昼間は一日中、中世音楽をまったり聴いていた。

昨日の都心は雷雨は知っていたが、雪まで降っていたとは…もう桜も散りつつあるのに。

やはり中日は楽に勝たせてくれないなぁ。昨日に関しては3本塁打5打点のウッズ選手に尽きる。一本目以外は投げたところも悪くなかったと思うし、仕方ないと切り替えた方がいい。

松坂投手のメジャーデビュー戦、本調子と言うわけではなかったろうけれど、結果が出て良かった。むしろ、次の本拠地ボストンでの試合が重要だね。

2007年04月05日

4月4日の日記

「NOW JAZZ」など、JAZZのオムニバス盤を聴いた。

WWE「ECW」「スマックダウン」を見た。どう見てもラシュリーよりオートンの方がプロレス上手いな。マット・ハーディーvsケネディは良い試合だった。まさかハーディーが勝つとは思わなかったし。

夜、ヤンキース戦の中継があると知り、深夜2時に備えていたのに中止でガックリ…

2007年04月04日

4月3日の日記

OPETH"Ghost Revernce"、V.A."CONTAMINATED 5.0"を聴いた。

マリナーズが開幕戦、アスレチックス相手に完封勝利とは目出度い。

きんどーちゃんが子供を連れてきた。子供に私を「じぃじぃだよ」とタワケ者が紹介していたが(断じて違う!怒)、「せんせぇ(先生)」と呼ばれた。親より賢いじゃないの。

ジャイアンツもドラゴンズに勝ったそうで嬉しいね。

2007年04月03日

4月2日の日記

テスラ"Mechanical Resonance"、ラッシュ"2112"、"Farewell To The kings"、"Hemisphere"を聴いた。懐かしいわテスラ。

WWE「ロウ」を見た。この日はストーンコールドだけでなく、ロックまでビデオで登場してコメント。やっぱり華があるね。
シナとHBKのタッグも意外と噛み合っていて面白い。普通に強いし。

徹夜でヤンキースの開幕戦を見たが…お粗末なエラー連発で興醒めだった。試合は勝ったけど。パバーノ投手はちょっと可愛そうだった。
飛行機事故で亡くなったライドル投手の追悼試合というだけあって、親交のあったジオンビー選手だけは気合が入っていたように見えた。松井選手はノーヒット、少し力んでいたような…岩村選手の方がリラックスしていたんじゃないかな。

2007年04月02日

4月1日の日記

ハロウィンのライヴDVDを見た。正直、そんなに期待していなかったんだけど、良かった。アンディ・デリスが自身が加入以前の楽曲を一生懸命パフォーマンスする姿に心打たれてしまった。そりゃ、声域など、前任者に及ばないのは確かだが、ロックのシンガーはライヴで正確に歌えれば良いというわけでもないしね。

今年最初の野球中継を拝見。横浜vs巨人はジャイアンツ打線が見事につながって工藤投手をKO。特に谷選手が光ってたねぇ。第二打席での粘りなんか、仮に結果がアウトでも、あれが2番打者の仕事だよ。小笠原選手も吉見投手が初級にインハイを放ってきたのに、次の球を恐れず踏みこんでタイムリーにしたのはさすがだった。ただ、李選手が心配だ。最初は調整不足でボールが見えていないのか?と思ったが、故障箇所をかばっているんじゃないかな?

2007年04月01日

3月31日の日記

昨日購入したCDの内、ナイトウィッシュ"Oceanborn"、サンダー"The Only One"、"Castle In The Sand"、ヨーロッパ"Prisoners In Paradise"を聴いた。
ヨーロッパは昔、持っていたのを中古で売ってしまったものを結局、買い直したことになる。最近はどんなに酷いと感じたアルバムでも、売らないけど。年月を経ると印象が変わることって多いし。

更に今日はカンサス"Power"、テスラ"Mechanical Resonance"、"Psychotic Supper"、シンデレラ"Heartbreak Station"、ファイアーハウス"Firehouse"、"Hold your Fire"、キングダム・カム"Hands Of Time"、ポイズン"Flesh & Blood"、ディープ・パープル"Knocking At Your Backdoor"、サージャント・フ
ューリー"Little Fish"を購入。
昨日今日と買ったものは全部中古だけど、基本的に中古は\500円以上のものは買わない。4桁以上なら、ショップで新譜を買うようにしている。中古ショップでは欲しいものを「買う」というより、掘り出し物を「探す」という感覚なんだろうね。

今年はセ・パともにプロ野球の開幕を楽しめなかったな…

夜は、録り溜めたWWEのビデオを見ながらうたた寝。



楽天で探す
楽天市場



最近のエントリー