blogpeople



~人間考察ブログ・ランキング



私を登録 by BlogPeople





Google

Yahoo!ブックマークに登録

« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月29日

11月28日の日記

ノン・ヒューマン・レヴェル、ディキャピテイテッド、プリティ・メイズ"Sin Decade"、"Spooked"、ピートサンドベリズ・ジェイドを聴いた。
前者の2作は年間ベスト制作の為に改めて聴いてみたんだけど、ノン・ヒューマン・レベルはオープニング曲と叙情的なインスト"Water"をピックアップ、ディキャピテイテッドは絨毯爆撃の如きドラミングは圧巻だが、楽曲として「これだ!」と言うのはないので、1曲も選ばなかった。

WWE「ロウ」「ECW」を見た。「ロウ」は後半のエリック・ビショフ氏への制裁シーンが何故かカットされていた。Why?

2006年11月28日

11月27日の日記

ノン・ヒューマン・レベル、MSG"Tales Of Rock'nroll"、アイアン・メイデン"A Matter Of Life And Death"、マストドン"BLOOD MOUTAIN"を聴いた。MSGは聴いていて、いつも途中で断念したけど、ようやく最後まで聴けた。イマイチだけど。

メニュー用のバナーのデザインに悩む…

夜は実家で鍋を食べた。「水戸黄門」を久々に見て大爆笑。家族団欒の定番ですな。

「のだめカンタービレ」もアホらしいけど、つい見てしまうんだよなぁ…あれを見て玉木宏を見直したね。母は父から「くだらないもん見やがって!」と一刀両断されたらしい。

2006年11月27日

11月26日の日記

祖母のお見舞いに行った。着いた時間が悪かったのか、お昼寝中。顔色は良かったので一安心。

移動の車中で陰陽座をかけたが、母はイマイチ、迫力に欠けるようなコメントを。なので、イン・フレイムスをかけたら、いびきかいて寝てた…

レッズは引き分けたのか。やはり最終戦で決着ですな。

2006年11月26日

11月25日の日記

ジーノ"Runaway To the God"、イン・フレイムス"Come Clarity"を聴いた。

WWEのPPV"サイバー・サンデー"を見た。う~ん、PPV、有料放送としてはイマイチだったかな。

2006年11月25日

11月24日の日記~Wrestle Cafe In Tokyo

フィリップ・セイス"Peace Machine"、エドガイ"Rocket Ride"、ノン・ヒューマン・レヴェルを聴いた。

夜は「風と共に」さん、chizuさん、フッチー氏と高円寺の「Wrestle Cafe In Tokyo」でお酒。献立や内装が若干変わっていた。

店内では昨日、横浜アリーナで開催された「ハッスル・マニア」を放映、「ハッスル」は初めて見たけど、結構面白かった。芸能人が随分リングに上がってたけど、意外に頑張ってたな。鈴木選手や坂田選手がああいう路線に見事にはまるとは思わなかった。時代は変わったわ。

11月23日の日記~仏像展~

061123.jpg

上野の東京国立博物館へ「仏像~一木にこめられた祈り」展を見に行った。私は仏像マニアではないが、展示の大半が全国からつめた国宝か重文という凄まじい企画展であるし、行ってみた。母と妹なぞは「芸術新潮」で予習まで済ませていた。

博物館に向かう電車はそこそこ空いていたので、日程的に良い選択だったのかもと思いながら、現地に着いたら大間違いで入場規制が敷かれていた。幸い昼食時だったので、さほどの待ちぼうけも食らわず入れたけど。

いわゆる一本の木材から削りだされた仏像に焦点を当てた展示なので、大仏さんのようなものはなく、多くは立像…特に十一面観音が多い。こういう技法は奈良から平安時代が全盛であったらしいが、表情は様々だ。

宣伝ポスターやチラシに使用されている国宝、十一面観音菩薩立像(滋賀・向源寺)はさすがに放たれるオーラが違う。写真以上に現物から放たれる美しさや色気まで感じさせる神々しさに衝撃を受け、しばし呆然とさせられた。

「鉈彫」という技法もはじめて知った。模様のように鉈で削った跡をそのまま残しておく技法で、主に東国で流行ったらしい。圧巻は宝誌和尚立像(京都・西住寺)だ。顔が裂けた中から観音菩薩の顔が現れる瞬間を像にしたもので、そのインパクトたるや当時の庶民からすれば、「エクソシスト」級であったろう。

061123a.jpg

展示の後半は江戸時代の円空と木喰による独特の仏像がズラリ。これって信仰というより大衆芸術というか…もちろん、当時の庶民の信仰を支えたのは確かだろうが、ピカソのような芸術の天才の技と比べるべきものだと思った。見ていて思わず微笑んでしまうね。

内面をリフレッシュさせてくれた良い企画展でした。

夜は池袋の「膳丸」で飲み食いして帰宅。

その後、WWE「スマックダウン」を見たが、特に波乱はなかった。ブギーマンは面白かったけど。

2006年11月23日

11月22日の日記

ペイン・オヴ・サルヴェイション"12:5"、ピンク・クリーム69"One Size Fits All"、パンゲア"Manchild"、パパ・ローチ"Infest"、フィリップ・セイス"Peace Machine"、イン・フレイムス"Come Crality"、ジーノ"Runaway To The God"を聴いた。

う~ん…CDカタログにアップロードし忘れたアルバムって結構あるのかもしれない。今日聴いた中だと、パパ・ローチは棚を見ていたら出てきて、たまたま「あれ?これ載ってなかったぞ」と思い出せたもの。

夜は実家で食事。

2006年11月22日

11月21日の日記

ペイン・オヴ・サルベイション"One Hour By The Concrete Lake"、"12:5"、パラダイス・ロスト"Draconian Times"、"One Second"、ファイアーウィンド"Allegeance"、アイアン・メイデン"A Matter Of Life & Death"、スレイヤー"Christ Illusion"を聴いた。

フィリップ・セイスのアルバム・レビューを昨日書いたつもりがアップロードし忘れたらしい。馬鹿丁寧にクレジットまで入れたのにショックだ…しかし、このアルバムは'70年代ロック・ファン必聴だよ。

ピース・マシーン

年間ベストはファイアーウィンド、アイアン・メイデン、スレイヤーを聴きこんだ。ファイアーウィンドはハードな曲はデビュー作で極められてしまってるなぁ、キャッチーな曲か叙情的な曲ばかり4曲残して他はカット。メイデンは先月の来日公演の際に繰り返して聴いていたので、どれがいらないかは既に決まっていたも同然、1、6、7、9曲目をカット。スレイヤーも4、5曲目と9曲目の"Cult"以外はカット。

足踏み機を使って有酸素運動と無酸素運動を交互に繰り返しながらWWE「ECW」を見た。CMの間は腕立て伏せとか、TV画面を見ることが出来ない運動をして、番組の間は足踏みを続けながらTVを見るわけだが、45分で汗だく。番組はポール・ヘイマンのゴリラの着ぐるみを被っての乱入に尽きる。してやったりの表情も最高。Good Job!

2006年11月21日

11月20日の日記

ウィンガー"Ⅳ"、ポール・ギルバート"Flying Dog"、"Space Ship One"、フィリップ・セイス"Peace Machine"、フェア・ウォーニング"BROTHER'S KEEPER"を聴いた。

毎年恒例の年間ベストCD…今はSDカードに突っ込んでるので、いくらでも収録できるが、今日は手始めにフェア・ウォーニングを聴き込んで頭2曲以外をカット。最後の曲も好きなんだけど、無音状態が7~8分もあるのでカット、トラックを分ければ良いのに、何を考えているのか…。

ブラザーズ・キーパー(初回限定盤)(DVD付)

足踏み機、1時間続けたら約450キロカロリーを消費した。約1食分か…WWEを見ながらやれば、あっという間だった。

2006年11月20日

11月19日の日記

ラッシュ"A Show Of Hands"のDVDを見た。

妻が足踏み式の健康器具を購入した。回数や消費カロリーも表示されるのだが、約500回…1000歩分で約130キロカロリーを消費するようだ。ガンバ大阪vsジェフ千葉の試合をTV観戦しながら後半15分で大体270キロカロリー消費できた。これからはWWE見ながらやろうかな。

そのガンバvsジェフはガンバが勝った。こりゃ最終節までもつれるな。

良い姓名の人々リストを改装開始、グルメページもデザインを一新しました。

2006年11月19日

11月18日の日記

陰陽座「鬼哭転生」、「百鬼繚乱」、アイアン・メイデン"A Matter Of Life And Death"を聴いた。

浦和レッズ、嫌な予感がしてたんだよなぁ。それでもブッフバルト監督の今期限りの退任が報じられた事で選手が燃えると思っていたんだけど…名古屋グランパスに足元すくわれたわ。反面、レギュラー4人も出場停止処分を受けている川崎が勝ってしまう事もあるからサッカーはわからん。

最終戦までもつれるのかなぁ…

J2落ちはC大阪、福岡、京都の3チームが無条件降格か、入れ替え戦で踏ん張れるかを争う形に定まりつつあるようだ。

J2からの昇格争いも上位3チームが勝ち点2点以内にひしめいているので、3位は入れ替え戦に臨まなければいけないので大変だ。

2006年11月18日

11月17日の日記

ラッシュ"Grace Under Pressure Live"、ピンク・フロイド"驚異"といったライヴDVDの他、アングラ"Aurora Consurgence"を聴いた。

マイケル・シェンカーが日本公演でわずか3曲でギターを床に叩きつけて、公演を中止したらしい。酔っ払っていたらしくて、演奏もヨレヨレだったらしいけど…懲りない人だ。

2006年11月17日

11月16日の日記

バッド・イングリッシュ"Bad English"、"Backlush"、ウィンガー"Winger"、"In The Heart Of The Young"を聴いた。

東京ヤクルトの岩村選手はデビルレイズが落札か…デビルレイズはどちらかと言うと自前で選手を育てて資金のあるチームに選手を供給するチームと言う印象があったので、意外…しかし、来年はア・リーグ東地区は日本人の密度が増えたね。

「LOST」のvol.5~6を借りて見た。急にストーリーが大展開、もっと借りてくればよかった…

2006年11月15日

進藤美香、畠山博を姓名鑑定してみる

秋田の男児殺害事件、報道された時点で怪しかったですが、やはり容疑者として逮捕されたのは母親でした。その人物像を共に逮捕された男性と共に画数でみてみましょう。

11 18 9 9
天格数=29 人格数=27 地格数=18 外格数=20  総画数=47

姓と名のつなぎ目の文字に凶相あり
天格数と地格数に凶相あり
天格数と外格数に凶相あり
__________

 
10 3 12 0
天格数=13 人格数=15 地格数=12 外格数=10  総画数=25

姓名の最初と末尾の文字に凶相あり
姓と名のつなぎ目の文字に凶相あり
天格数と地格数に凶相あり

まずは進藤容疑者ですが、総画数は賢そうな吉数です。ただ、人格数の27画もそうですが、基本的に下一桁に「7」の付く画数は口数が少なめで、時間をかけないと打ち解けないタイプです。

人格数の27画というのは自立心が強く、頑固で人の好き嫌いが激しい傾向が強いです。凶相も人見知りの激しい方向に歪めていたようです。総じて孤立しやすいタイプなので、その辺を弁えて周囲との交流を大切にすれば、運気は良くなるのですが。

対人運や職業運を示す外格数は20画、浮き沈みが激しいタイプで個性が強く、一般的な業種では浮いた存在になりがちです。

異性との交友関係が激しかったようですが、これは「美」「香」といった異性との関わりを暗示する画数「9」が2文字あって恋愛運を意味する地格数を構成していた事が大きな要因でしょう。

周囲から孤立しがちな運命で、男性に依存する方向に突き進んだ挙句の犯行と言ったところでしょうか。


次に畠山容疑者ですが、この方も外格数が10画、進藤容疑者と同じく、対人運が良くないです。加えてこの方は凶相の影響で感情の浮き沈みがかなり極端…ドメスティック・ヴァイオレンスに走る傾向が見て取れます。今回の事件も彼の主導的役割によって成されたような報道がされていますが、さもありなんという印象を受けます。

人格数は15画、総画数も25画なので、平素は温厚だと思いますが…。

恋愛運を示す地格数は12画…普段はどちらかというと相手に従属しがちですが、別れ話などが起きて理想が崩壊しそうになるとカッと来たり自棄を起こしたり、感情的になる。ストーカー犯罪を起こしやすいタイプでもあります。

ま、こうした傾向は今回の事件とはさほど関係ないと思いますが…ただ、3人で旅行中に事件を起こしたそうなので、子供に騒がれた事で自身の理想的な恋愛、デートのあり方を阻害されたと感じてカッときた
という見方も出来ます。


恐らく、互いに周囲から孤立した環境に身を置いていたと思われますが、そうした二人が巡り会った末がこのような形になるとは、やりきれませんね。

2006年11月16日

11月15日の日記

ウィンガー"Winger"、"In The Heart Of The Young"、フィリップ・セイス"Peace Machine"、ボウリング・フォー・スープ"A Hangover You Don't Deserve"を聴いた。

久々、東京駅まで出かけた。夕方には朝方とは打って変わっての雨に困惑。

松坂投手は落札金額60億か…これからは日本の球団も選手を育ててメジャーに売る流れになるのかもしれない。怪我がなければ、15勝前後は出来ると思うけど、問題は負け数でしょう。それにしても、これだけの金を出して来年プレーオフに出られなかったらGMなり監督のクビが飛びそうだ。

サッカー日本代表vsサウジアラビア戦のさなかに津波警報が発令された。取り敢えず大事無くて良かった。ただ、こういう時に安心しているともう一発来るから油断は出来ない。

WWE「スマックダウン」を見た。ブギーマンの復帰に大受け。Mr.ケネディも良いレスラーなんだけどなぁ…MVPはダメだな。

2006年11月15日

11月14日の日記

昨日購入したウィンガー"Ⅳ"、アヴェンジド・セヴンフォルド"Sounding The Seventh Trumpet & Waking The Fallen"、ボウリング・フォー・スープ"A Hangover You Don't Deserve"を聴いた。
ウィンガーは思っていた以上に充実した内容だった。アヴェンジドはデビュー時、ホント、何処にでもいるようなメタルコアだったのね。

落札額が公表される事はないと思うけれど、松坂投手獲得のためにに本当に50億出したとしたら、他に補強のために金銭を使えないんじゃないの?経営感覚を疑うよ。松坂投手にはテキサス辺りが向いていると思うけれど…

逆に日頃、甲子園で大観衆慣れしている井川投手の方がニューヨークやボストンでも力を発揮できそうだと思う。

2006年11月14日

11月13日の日記

サクソン"BBC Sessions"、"Dogs Of War"を聴いた。サクソン、単独は無理でもフェスで来日公演しないかなぁ…

アヴェンジド・セヴンフォルド"Sounding The Seventh Trumpet & Waking Fallen"、ボウリング・フォー・スープ"A Hangover You don't Deserve"、ウィンガー"Ⅳ"を購入。

夜はcozy-t氏とお酒。自宅近くの飲み屋にはじめて入ったが、安いし、味もなかなか。

2006年11月13日

11月12日の日記

実家に組み立て式の机が届き、これを組み立てた。意外と重労働だった。

昼食を食べ過ぎて、帰宅したのは夕方。

今週はWWE「RAW」の録画を3回試みて全て失敗…こんな間抜けな事初めてだ。

野球のアジアシリーズは北海道日本ハムが全勝優勝した。台湾のチームは投手が良かったね。

いじめ絡みの自殺が学校関係者まで巻き込んで続発。姓名判断の観点から言うと未成年者の自殺は本人の姓名よりも両親の姓名にある家庭運が重要です。

2006年11月12日

11月11日の日記

ディスターブド"Ten Thousand Fists"を聴いた。DVDでオーディオスレイブの"Live In Cuba"をもう一度見たが、ジャムを中心にしたバンドというよりはレコードの再現を重視したライヴ・バンドだったのが意外だった。

浦和レッズが横浜Fマリノスに辛勝。しかし、首位を争う川崎とG大阪が負けるとは思わなかった。

夜は実家でほうとう鍋。

2006年11月11日

11月10日の日記

オーディオスレイヴのキューバでのライヴDVD"Live in Cuba"、ドリーム・シアター"Score"を見た。クリス・コーネルはオフでも独特の佇まいがあるし、歌も上手いなぁ。

WWE「ECW」「スマックダウン」を見た。今週はあまり面白くなかったな。

2006年11月10日

11月9日の日記

フィリップ・セイス"Peace Machine"、オーディオスレイヴ"Revelations"を聴いた。

何と、間違えてトラックバックを全て削除してしまった…(泣)

夜はサラリーマン時代の上司&同僚とお酒。

2006年11月09日

11月8日の日記

フィリップ・セイス"Peace Machine"、オーディオスレイヴ"Audioslave"、"Out Of Exile"、"Revelations"を聴いた。

夜は中野の飲み屋「いろり」であんこう鍋をつつきながらお酒。つまみのサトイモの唐揚が美味しかった。

2006年11月08日

11月7日の日記

アイアン・メイデン"Iron Maiden"、"Killers"、"The Number Of The Beast"、"Piece Of Mind"、アングラ"Aurora Consurgens"を聴いた。アングラはそれなりの作品を作るなぁ。

ジャイアンツは仁志選手をトレードで放出、更にオリックスから谷選手を獲得。守備位置の違いはあれど、似たようなタイプの選手を入れ替えただけという感じだ。

「風と共に」さんはじめ、女子とミスター・ドーナツのポイント・カードで盛り上がった。平和な一日だ…

夜は男ばっかりでお酒。先週、胃がひっくり返ったし、念の為「ウコンの力」を飲んで参加した(苦笑)。ああいう物をはじめて飲んだけど、顆粒は飲みやすいね。

また負けたんか、日米野球。

2006年11月07日

11月6日の日記

アイアン・メイデン"A Matter Of A Life And Death"、アングラ"Rebirh"、"Temple Of Shadows"、マストドン"Blood Mountain"を聴いた。

黒田投手がカープ残留とは思わなかった。近頃ない義挙だな。

久方振りに"Oh"氏に会った。わずかな時間だったが歓談。

2006年11月06日

11月5日の日記

妹から借りたDVD「スーパーナチュラル」を見た。心霊ものだけど、単体としてはさておき、連続ドラマとしての脚本はイマイチかな…。

日米野球第3戦、小林宏之投手は4回までは完璧だったが、5回のハワード選手のフェンス直撃二塁打でショック状態になったかな…。あれ、チェンジアップだったか?インコース寄り低めに最高の投球と見えたが、あれをあそこまで運ぶとは、信じられないバッティングだった。
しかし、小笠原選手や福浦選手、大村選手は昼間の東西対抗と合わせてダブルヘッダーだったそうで、彼らこそプロの鑑だな。大阪では井川投手も投げるそうなので、楽しみだ。

2006年11月05日

11月4日の日記

午前中には帰宅。割とまったりとした一日を過ごした。

夜は日米野球を見た。やっぱり日本側の選手層は薄いかな。MLBはダイ~ハワード~ジョーンズ選手というクリーン・アップをきっちり組んだ上、レイエス選手やフィギンズ選手といった足を生かせる選手がいるし、下位にもマウアー選手やライト選手がいる…こりゃ全敗かもね。

11月3日の日記

アングラ"Aurora Consurgens"、ジーノ"Runaway to The God"、オーディオスレイヴ"Revelations"を聴いた。

昼間は実家に寄って、母親を連れて買い物。自分は洋服の整理棚が欲しかったので。探している寸法のものがあって満足。

昼食にラーメンを食べた後、早々に帰ってJリーグのナビスコカップ決勝戦、鹿島アントラーズvsジェフ千葉をTV観戦。前売りで国立競技場が埋まったというから凄い。
昨日のジャイアンツvsMLB選抜の外野席の入りの悪さにも驚いたが(チケット代高すぎ!)、世の中変わったものだ。
試合は激しいボールの奪い合いが続く展開でほぼ互角。後半、ジェフの阿部選手がシュートをミス・キックし、羽生選手のスピードが落ちてきたように見え始め、「これは流れが変わるかも…」と思ったとき、何と水野選手のゴールでジェフ先制、更にその数分後、コーナー・キックから阿部選手が頭で合わせて2点目、いやはや、あっという間の出来事だった。
既に残り時間も10分を切っていたし…鹿島は本山選手の投入を考えていたらしいが、その時期を見誤ったね。結局、そのまま守りきったジェフが連覇。試合内容も決勝戦らしい好ゲームだったと思う。審判も上手く流していたしね。

しかし、何よりも驚いたのは「こないだやっとガンバが勝ったんでしょ?」とか「鹿島は最近調子よくないみたいじゃないの」とか言ってくる母親だ。「詳しいね。どこで聞いたのそんな話?」と聞いたら「ニュース見てりゃ判るわよ」と言われた。Jリーグも世間話のネタになるようになったのか?そうであれば、日本サッカーの未来は明るいな。

夜はハンバーグ鍋を突きながら日米野球を見た。前日のジャイアンツ戦と違い、さすがに客席は埋まっている。MLB側がスタメンから井口選手と城島選手を外している事は意外だったが、これは勝ちに来ているという事なんだろう。比較的若手の注目株、タイトルホルダーを連ねたMLBオールスターだが、A・ジョーンズ選手がいるのには驚いた。彼がチームリーダーかな。
日本は3失点で、先発の内海投手以外は失点していないので、投手陣は上出来だったが、打線が…先発が球質の重いラッキー投手だったと言うのもあるが…。しかし、8回シールズ、9回ネイサン投手と言う継投では7回までに勝ち越さないと勝ち目がないな。

2006年11月03日

11月2日の日記~父親達の星条旗

アイアン・メイデン"A Matter Of A Life And Death"、"Piece Of Mind"、フィリップ・セイス"Peace Machine"、オーディオスレイヴ"Revelations"を聴いた。

夜、映画「父親達の星条旗」を見に行った。涙は出なかったが、感動した。いろいろな意味でヘヴィな作品だ。
戦闘シーンの描写は「プライヴェート・ライアン」ほど悲惨ではないが、リアルな事は確か。ただ、モノトーンに近い色合いで処理する事で残虐シーンを嫌う方でも鑑賞に耐え得るレヴェルに制御されていると感じた。音響、音楽が素晴らしかったなぁ。何かしら、オスカーを取れると思うな。
しかし、"ダーティー・ハリー"のC・イーストウッドがかほどに見事な映画の監督をしてしまうんだからなぁ、人生とはわからないものだ。

2006年11月02日

11月1日の日記

一昨日購入したアイアン・メイデン"Iron Maiden"、"Piece of mind"、フィリップ・セイス"Peace Machine"、オーディオスレイヴ"Revelations"、アングラ"Aurora Consurgence"、マストドン"Blood Mountain"、トリヴィウム"The Crusade"をまとめて聴いた。
う~む、メイデンが懐かしい。スタジオ盤はカセットだったし、最近はトンとご無沙汰だった。新譜はマストドンとトリヴィウムはインパクトあるな。

昨日の体調不良の影響がまだ残っているのか、WWE「スマックダウン」を見ながら、あっという間に就寝…

2006年11月01日

10月31日の日記

…七転八倒は昼過ぎまで続く。ここ数日、胃腸が疲れているような気がしていたが、一気に爆発したらしい。

夕方にはどうにか落ち着いてWWE「ロウ」「ECW」を見た。

10月30日の日記

サクソン"Saxon"、"Wheels of Steel"、"Strong Arm of the Law"、"Denim and Lwather"、ラッシュ"Presto"、"Roll the Bone"を聴いた。

アイアン・メイデン"Iron Maiden"、"Piece of mind"、フィリップ・セイス"Peace Machine"、オーディオスレイヴ"Revelations"、アングラ"Aurora Consurgence"、マストドン"Blood Mountain"、トリヴィウム"The Crusade"を購入。

夜、Cozy-t氏とお酒。ところが、飲んでいる間は何もなかったが、帰宅後、胃腸がひっくり返るようになって七転八倒…

10月29日の日記

午前中に帰宅。

Jリーグ、前節の惨敗が嘘のようにガンバ大阪が快勝…これは最終節までもつれるのかな。

TVで映画「亡国のイージス」を見た。原作からカットしまくりなことが想像できる展開にガッカリ。役者は良いんだけど。



楽天で探す
楽天市場



最近のエントリー