blogpeople



~人間考察ブログ・ランキング



私を登録 by BlogPeople





Google

Yahoo!ブックマークに登録

« 2006年08月 | メイン | 2006年10月 »

2006年09月30日

9月29日の日記

アイアン・メイデン"A MATTER OF LIFE AND DEATH"…全10曲で72分収録の超大作。「戦争」をテーマとした重厚な作品だ。

A Matter of Life and Death
↑試聴できます↑

ジーノ"RUNAWAY TO THE GODS"…8年ぶりのギター仙人の新作。ヴォーカリストがハイ・トーンのマイケル・フレキシグから、ハスキーがかったマイケル・ボーマンに代わったが、音楽は相変わらず神々しい。

ランウェイ・トゥー・ザ・ゴッズ

いずれも良いアルバムで、独自の音世界を持ったアーチスト、普通の音楽ファンにも聴いてもらいたいので、紹介しておきます。

ヤンキースは完敗だったな…9回までノーヒットで1得点というのも珍しい展開だった。

昨日、たまさぶろう氏が録画してくれたラウドパーク関連のビデオクリップ集やサマーソニック06のライヴ映像を見た。なんか、巨大なステージを使いきれていないバンドも多いね。
アヴェンジド・セヴンフォルドのライヴ映像もはじめて見たが、ドラムは随分と力を抜いて叩いてるんだなぁ。
昼間のパフォーマンスではスタンド席がかなり空いていてびっくりしたが、ヘッドライナーのメタリカが登場した頃はかなり埋まっていてホッとした。

夜は中日vs阪神、ソフトバンクvs楽天戦をTV観戦。阪神は川上投手を打ち砕いて9連勝、ゲーム差を2にまで縮めた。しかし、まさかセ・リーグの優勝争いがここまで揉めるとは思いもしなかった。
ソフトバンクは失点も内外野のお見合いからだし、グダグダ。打線も大村選手とズレータ選手がブレーキ役で噛み合わず、プレーオフに向けて不安材料ばかりが目に付いた。

2006年09月25日

9月24日の日記~スポーツTV観戦三昧Ⅱ

昨日に引き続きTVでスポーツ中継をハシゴ…そう言えば、昨日書き忘れたけど、朝青龍vs千代大海関の取り組みは面白かった。最近、千代大海関は朝青龍関相手になると考えすぎるのか、何も出来ないまま、負けてしまう事が多かったが、この日はらしさを十分発揮で得意の張り手を連打。これに激高した横綱の張り手がまた…あれは左フックだろ。それでも怯まず張り手を放ち続けた大関がまた良かったね。結局頭に血が上りすぎたのか横綱の足がもつれて先に倒れちゃったけど、良いもの見させてもらいました。

…で、この日はまず、ヤンキースvsデビルレイズ。ヤンキースは最多勝をかけてランディ・ジョンソン投手が登板するも、足でかき回してくるデビルレイズに調子を乱されガタガタに。まぁ今年よく見る光景ではあるが。打線も全くつながらず完封負けを喫していた。後半はレギュラー組がほとんど引っ込んでたしなぁ…。しかし控え捕手のニエベス選手はキャッチングがどうにも…松井選手は二塁打を一本打ったが、第一打席にチャンスで止めたバットに当たったボールがピッチャーライナーで併殺。あれは痛かった。

午後には土曜日と同じくロッテvs日ハムとソフトバンクvsオリックスを交互に見た。この日のパは下位チームが揃って下克上で、西武も敗れていた。心配なのはソフトバンクか…ちょっとベンチが後手に回っているというか、リーダーシップが発揮できていない印象だ。そういう面は日ハムにも多少見られたが…。しかし、金村投手が采配批判に及ぶとは思わなかった。あれは仕方なかったと思うなぁ。その辺、生え抜きで百戦錬磨の伊東監督が指揮を執る西武が安定していると言えるのかもしれない。

ソフトバンクの新垣投手はこの日、スライダーのキレが恐ろしく良くて、これは打てんぞと思ってみていたけれど、7回までノーヒットノーランだったのに、突如として崩れた。球数もそんなにいってなかったのにガス欠…握力が落ちたようだったけど、惜しかった。
一方のオリックスのルーキー、中山投手は先週、西武球場で生観戦したが、出だしの制球、リズムの悪さは相変わらず。ところが、気がついたら9回まで投げてた。ピンチでコーチが出てきた時「来るなよ」という表情を見せたのが受けた。ルーキーで1勝しかしてないのにお前はランディ・ジョンソンかよ!みたいな…まぁ度胸は据わってるよね、来年が楽しみだ。

夜は阪神vs巨人、桑田投手の退団騒動が持ち上がったが、敗れたとは言え、チームに影響はないようで試合にはなっていた。福原投手が良かったから仕方ないし、ワンチャンスを物にしたタイガース打線の集中力が見事だった。しかし藤川投手は疲れてるようだね。

2006年09月29日

9月28日の日記

ロジャー・ウォーターズ"IN THE FLESH"、キング・クリムゾン"B'BOOM"を聴いた。

フライリーフ"FLYLEAF"、ジーノ"RUNAWAY TO THE GODS"、アイアン・メイデン"A MATTER OF LIFE AND DEATH"、アンヴィル"SPEED OF SOUND"、ナパーム・デス"SMEAR CAMPAIGN"、ハードコア・スーパースター"HARDCORE SUPERATAR"を購入。

夜はお酒。タフな話題で盛り上がったというか…

2006年09月28日

9月27日の日記

ピンク・フロイド"PULSE"、キング・クリムゾン"ABSENT LOVERS"を聴いた。

パ・リーグは日本ハムの1位通過が決定。プレーオフでライオンズやホークスの巻き返しはなるのか?

WWE「スマックダウン」は世界王座戦でバティスタ完敗。フィンレー&リーガル、シャメールの介入もあったとはいえ、バティスタはブッカーに押されていた。攻め込まれると動きが固くなるというか、止まるんだよなぁ、バティは…。試合後、フィンレーにボコボコにされていたが、どうやら教育係にフィンレーが付くみたいだね。
ミスター・ケネディ!に妙に歓声が集まっていて笑った。

2006年09月27日

9月26日の日記

ジーノ"ZENOLOGY"、"LISTEN TO THE LIGHT"、フェア・ウォーニング"RAINMAKER"、ラスト・クラック"BURNING TIME"、レッド・ツェッペリン"BBC SESSIONS""HOW THE WEST WAS WON"を聴いた。

松井選手はプレーオフに向けて調子を上げてきているみたいだ。

ホワイトソックスがプレーオフ進出絶望になったのは残念。ツインズとは毎年、凌ぎを削っているから予想できたが、まさかタイガースがあそこまで伸びてくるとは思わなかった。

9月25日の日記

ウィズイン・テンプテーション"THE SILENT FORCE"、ディオ"HOLY DIVER"、ラム・オヴ・ゴッド"ASHES OF THE WAKE""SACRAMENT"、ラナ・レーン"LADY MACBETH"、ジーノ"ZENO"、フェア・ウォーニング"FAIR WARNING"を聴いた。

今日は忙しかったな…今週のWWE「ロウ」はイマイチ、盛り上がりに欠けた。クリス・マスターズがスペル・クレイジーに負けたのには驚いた。随分と格が下がったもんだ。

2006年09月24日

9月23日の日記~スポーツTV観戦三昧

一日中、スポーツ観戦

まずはメジャー・リーグ、ヤンキースvsデビルレイズは既に地区優勝を決めたヤンキースは余裕の布陣。ただし、業界最凶の打者の一人、ゲイリー・シェフィールド選手が手首の故障から復帰、ポジションは従来のライトではなく、一塁手。どんな守備を見せるのかドキドキして見ていたが、打球はあまり飛ばなかった。送球はワンバウンドでも無難にさばいていたね。

試合は王建民投手が1失点に抑えて最多勝に並ぶ18勝目。9回にはクローザーのリベラ投手がやはり、故障明けで久々の登場。多少もたついたが、アウトは全て三振だった。驚いたのは折れたバットの先端が捕手のポサダ選手のこめかみを直撃、マスクも吹っ飛び自身もベンチ裏まですっ飛ばされるような強烈な一撃だったが、ほどなくグラウンドに出てきてプレイを続けた。なんというタフさ!いや驚いた。

午後にはパ・リーグの首位攻防戦、ソフトバンクvsオリックス、ロッテvs日本ハムを交互にチャンネルを変えながら観戦。何故か西武vs楽天戦は中継されていなかった。しかし、下位チームが腐らずに試合に臨んでいるので、上位3チームの順位争いは目まぐるしい。今日は上位陣では西武だけが勝って、まずは首位に立ち、マジック点灯。
個人的にはソフトバンクを応援しているんだけど、何かちぐはぐしているんだよなぁ。

野球中継の合間にはJ-リーグ中継、浦和レッズvs清水エスパルスを見た。1-0で浦和が勝つには勝ったが、後半は清水の反撃をしのぐのに一杯一杯で相当しんどそうだった。守備陣が良く頑張ったと思う。GKの山岸選手も鋭いシュートを再三止めていた。

午後はジャイアンツvsタイガース、ガンバ大阪vs川﨑フロンターレと、野球とサッカーの東西対決を観戦、いずれも大阪方が関東勢を撃砕。タイガースはジャイアンツの調子云々以前に、首位を走るドラゴンズに食らいつこうという闘志を感じた。

ガンバvs川崎は川崎にマギヌン選手にいきなりレッドカードが出るし、得点源のジュニーニョ選手まで負傷退場で意気消沈。このため、互いに攻撃サッカーで激しい攻防が期待できたのに、ガンバの一方的な攻撃に川崎が晒される展開になってしまった。結果は4-0…川崎は正面、中央突破に偏りがちな攻撃パターンをディフェンス陣に読まれていたけれど、ガンバは遠藤選手による攻撃の組み立てが変幻自在だった。

以上でスポーツ観戦の一日で大満足。

2006年09月23日

9月22日の日記

バッド・イングリッシュ"BAD ENGLISH""BACKLASH"を聴いた。

ヒョウモンリクガメのコタロウは時々植木鉢の上に登る。降り方がかなり危なっかしく、頭から落ちるような形になるのだが、見ていると両前足を前に突き出してきれいに着地、10点満点並みの演技だなと唸らせた。ところが、そこから一歩足を踏み出すときにバランスを崩してひっくり返った(笑)。動画で録画できなかったのが残念だ。

ホワイトソックスはどうしちゃったんだろ?先発のバスケス投手は絶好調だったけど…9-0でマリナーズに惨敗とは、気持ち的に切れてしまったのかもしれない。

西武もガチガチで楽天に1-0で完封負け。上位3チームの順位争いは混沌としてきた。

2006年09月22日

9月21日の日記

ドリーム・シアター"LIVE AT BUDOKAN"、カテドラル"CARAVAN BEYOND REDEMPTION"を聴いた。久々に"VOODOO!"を聴いたなぁ。これをラウドパークで生で聴くのが楽しみ。

シド・バレットが亡くなっていたとは知らなかった。ご冥福を祈ります。

ヤンキース9年連続地区優勝&プレーオフ進出!!まぁ、あれだけの戦力だから当然といえば当然だけど。今年は苦手なエンジェルスもレッドソックスもプレーオフに進出しないし、ワールドチャンピオンに行けるかもしれない。

昨日は復帰に期待!と書いたブギーマンがWWEを解雇されたらしい。前歯も抜いて生きたミミズまで食らったのに…前代未聞の怪奇派だっただけに残念。

2006年09月21日

9月20日の日記

カテドラル"THE ETHEREAL MIRROR"、"THE CARNIBAL BIZARRE"、ドリーム・シアター"LIVE IN NY"を聴いた。

WWE「スマックダウン」を見た。ミスタ~ッ!ケネディ!!…ケネディ!がUS王座を獲得。これでブギーマンが復帰したら、面白くなりそうかな。調印式でキング・ブッカーがバティスタに机に叩きつけられるシーンは数週間前にもやっていたような気がする。

最近、yahoo!のファンタジー・サッカーに参加した。先週はチーム編成しそこねたんだよなぁ。今週は完璧だ。画数の良い選手を揃え、かつポイント&資金獲得目指して楽しんでます。

2006年09月20日

9月19日の日記

ディオ"HOLY DIVER"、ゼロマインド"WHAT'S IN YOUR MIND"を聴いた。

松井選手の三振判定を巡ってデーモン選手が抗議して退場…三振した本人ではない選手、しかもデーモン選手のようなナイスガイが退場とは珍しい。

2006年09月19日

9月18日の日記

キッス"MTV UNPLUGGED"、"ALIVE Ⅲ"、"REVENGE"、ラナ・レーン"THE BEST OF LANA LANE 1995-1999"、ナパーム・デス"CODE RED..."を聴いた。

ヤンキースはボストンに連敗で小休止。

何とパ・リーグは日ハムが首位か…。一昨年も3位だったけど、ヒルマン監督の力量もあるんだろうね。

ボクシング、川嶋選手の王座決定戦を見たけど、今は強打でKOを狙う時代じゃないね。最終ラウンドまで戦えるスタミナと力はなくても精度の高いパンチを打てる事が今後は大切になってくるんじゃないかな?まぁ日本人はスポーツの世界では大艦巨砲主義に傾きがちだから難しいだろうけど。

WWE「ロウ」、ヴィンス親子、エッジと悪役はキレまくり。PPVが結構楽しみになってきた。ステロイドによるドーピングで出場停止を食らっていたクリス・マスターズが復帰したが、しぼんだ筋肉に驚いた。あんなに違うのか…マスターズは若いから、これからやり直しも利くから将来のことを思えば良かったんだろうけど。

2006年09月18日

9月17日の日記

昨日入手したゼロマインド"WHAT'S IN YOUR MIND"、ラム・オヴ・ゴッド"ASHES OF THE WAKE"、"SACRAMENT"、ミニストリー"HOUSES OF THE MOLE"、"RIO GRANDE BLOOD"を聴いた。ラム・オヴ・ゴッドは本当にパンテラっぽいな。

昨日、西武ドームでの試合を観戦した後、飲んでる間に山本昌投手がノーヒットノーランを達成していたのね。41歳の快挙に拍手!!本人のオフィシャルページのコメントも面白かった。

最早プレーオフは絶望的だが、レッドソックスはヤンキースに意地を見せている。

イチロー選手、6年連続200本安打。凄いという言葉が軽く感じられるほど。

2006年09月17日

9月16日の日記

妹と友人のKatochan氏にTerrorist-AOchan氏の4人でインボイス西武ドームへ西武vsオリックスを観戦に行った。旧西武球場へは'84年「スーパーロック'84」を見に行って以来だわ。

試合前にバイキングでビールと中華料理を食べた上、前日の疲れが祟ったのか、睡魔に襲われ、うつらうつらしながらの野球観戦になってしまった。連れの一人、Terrorist-AOchanは元気でガンガンビールを飲みながら盛り上がっていたけど。

試合は涌井投手は完投しながら3失点で負け投手に。エラーや四球など、守備の乱れが目に付いたし、打線も低調だった。カブレラ選手の特大本塁打だけが「!」だったな…。一方のオリックスは打線に清原、中村、谷、北川選手ら主力がいないにも関わらず、よく頑張った。ルーキーの中山投手は初勝利だったそうで…まだ、見ていて欠点もあるけど(つけ入れられない西武打線がなぁ…)、今後も頑張って欲しい。

試合後は新宿でお酒、途中、川崎で"Thrash Domination"を見てきたCozy-t氏も合流して終電まで盛り上がった。Terrorist-AOchan氏は私が野球観戦中、うとうとしていたのがご不満だったらしく、散々絡まれた。

9月15日の日記

松井選手の特大本塁打は凄かった。ボール、ストライクの見極めも出来ていたし、もう大丈夫じゃないかな。走者で出た際に手首に特大のサポーターを付けたのを見たときはオクタゴンにでも入るのかと思った。

昼間、ラウドパーク関連の音源、映像を貸すため、quarterdollさんと待ち合わせて轟音を聴きながらドライヴ。特に当てのないドライヴをするのも面白くないので、騎西城跡から古河城址を目指した。

騎西城は発掘された食器などの遺跡を博物館で見かける事が多いので、一度訪れてみたかったのだが…驚いた事に丘状の土塁の一部しか残っていない。それが下の写真。脇に解説の看板もあった。元々は沼地にあった堅城だったらしい。今は見る影もない。

060915.jpg

すぐ側に発掘された遺物の展示施設があったけれど、そこも閉館中で入り口脇には巨大なオニグモの巣があって、カマキリが食われていた…。しかし、昔はジョウロウグモやコガネグモの巣を見かける事が多いが、オニグモって…山の中で見た事はあるけど、気候の温暖化で虫の分布も微妙に変わってるのかなぁ?

次に利根川を越えて向かったのが古河城址。ここは城跡が河川工事で破壊され、埋め立てられている。わずかに出城といわれた場所が博物館になっていて、よく見ると堀と土塁が残っている。噴水や奇妙な護岸工事がなされていたけど。博物館はなかなか見応えがあった。江戸時代の古河藩の家老、鷹見泉石(渡辺崋山の国宝の肖像画のモデル)が残した大量の史料が中心だったが、中でも驚かされたのが豊臣秀吉の朝鮮出兵の際の前線基地、肥前名護屋城の絵図面。泉石の時代には破壊されていたはずなのに、縄張りがはっきりわかる。何をネタに製作されたのだろう?

しかし、さすがに20バンド近い出演バンドの音源を一日かかけて聞かせるのは物理的に無理があった。結局、帰宅したのは深夜2:00前後。

途中、ガソリンスタンドで財布を置き忘れて大慌てで探し回るという間抜けな事もしてしまった。

2006年09月15日

9月14日の日記

ファイアーウィンド"ALLEGIANCE"、ナパーム・デス"THE CODE IS RED...LONG LIVE THE CODE"、アンスラックス"MOSHERS..."、オーペス"GHOST REVERIES"を聴いた。やっぱりファイアーウィンドは良いな…

2006年09月14日

9月13日の日記~松井選手の復帰

移動中の電車の中で、妻から松井選手の復帰初打席タイムリーの情報を聞いて涙ぐんでしまった。あとでニュースで見たら、相手がデビルレイズだったから…というようなヒットも多かったが、とにかく、最高の結果が出て良かった。
ムッシーナ投手の復帰戦勝利や、アブレイユ選手の7打点といった話題が吹っ飛んでしまったのは申し訳ない気もするけどね。

WWE「スマックダウン」はサマースラム終了直後だっていうのに、予定調和な内容に困惑…バティスタに力強さがないんだよなぁ。見た目は凄いのに。力の使い方が、まぁ不器用なんだろうけど、その辺はキング・ブッカー様の方が上手いわな。少し、フィンレーとかと試合を重ねさせて鍛え直した方が良いかもしれない。

2006年09月13日

9月12日の日記

さすがに今日は寒くて、夏場から外に放り出していたヒョウモンリクガメのコタロウを自宅内の水槽に戻した。

ラウドパーク予習用の自作CDを聞きまくる。スレイヤーの新作も凶々しさ、スピード感、何れもキープされており、曲も良い。気になったのはデイヴ・ロンバードのドラミングで、ドラム・ロールとか、軽く流してないか?先行シングルの"CULT"は気合入ってたのに…

これだけ報道されているのに飲酒運転絡みの事故は減らない。ここまでくると国民性、文化の問題か?

WWE「ECW」は選手の増強を試みてはいるが、ヒールばっかりだな。サブゥーとビッグショーの抗争も違和感あるし。

2006年09月12日

9月11日の日記

朝方の雷は盛りあがったなぁ…うるさくて眠れないので(どっかからのミサイル攻撃かと思った)、夜明けまでサンダー・ライトニング・ショーを見てたよ。近くとかに落ちて煙あがってたりして。

ファイヤーウィンド"BETWEEN HEAVEN AND HELL""ALLEGIANCE"を聴いた。ラウドパーク用に自分で編集したCDも聴いたけど、ブラック・サバスの"HEAVEN AND HELL"はやっぱり名曲だわ。

斎藤投手は大学進学を選んだそうで…その方がいいですよ。

WWE「サマースラム」明けの今週の「ロウ」は面白かった。エッジは海に放りこまれるし、ヴィンス親子のリムジンは壊されるし。

2006年09月11日

9月10日の日記

ラウドパーク絡みのCDを編集しながら、一日中TVを見ていた。

WWE「サマースラム」、マリナーズvsレンジャーズ、ソフトバンクvsロッテ、西武vs楽天、ジャイアンツvsスワローズ…野球はいずれも投手が良くて、締まった試合内容だった。パ・リーグはプレーオフ出場3チームが決まって、後は順位の確定のみか。首位をめぐる争いが楽しみだ。

松井(秀)選手はマイナーのプレー・オフでチームを勝利に導けなかったね。その代わり、早めにメジャーに戻れるみたいだけど。

2006年09月10日

9月9日の日記

ヘイトブリード"SUPREMACY"を聴いた。ハードコアの王道をいってるね、これ。

公務員ていうのは飲酒運転が法律違反だというのを知らないのか、それとも単に運転の下手くそな奴が多いのか…どうしようもないね。事故を起こさずに違反が見つかった場合、警察から公務員同士ということで目こぼしがあるらしい…という噂を聞いたけど、本当なの?

余裕で地区優勝に進むヤンキースはオリオールズに叩きのめされてた。気になったのはアブレイユ選手だなぁ、ちょっと調子が落ちてきたような…

マリナーズは攻守に亘る城島選手の存在感がでてきたね。

夜は実家近くのイタリア食堂「ラ・アマーティ」で母&妻の誕生会。

2006年09月09日

9月8日の日記

メガデス"Killing is my business..."を聴いた。

ようやく「J-リーグを姓名判断する」ブログの土台が出来た。

夜はお酒。

2006年09月08日

9月7日の日記

母の誕生日、誕生会は日を改める予定。まずはお誕生日、おめでとうございます。

昨日のサッカー日本vsイエメン戦、見忘れてた…まぁ、勝ててよかった。

松井(秀)選手もマイナーでの復帰戦でタイムリー・ヒットを打ったそうで…プレー・オフ期待してるよ!

ディオ"HOLY DIVER"、アングラ"REBIRTH""TEMPLE OF SHADOWS"を聴いた。

2006年09月07日

9月6日の日記

ディサルモニア・ムンディ"MIND TRICKS"、バックヤード・ベイビーズ"LIVE LIVE IN PARIS""PEOPLE LIKE PEOPLE LIKE PEOPLE LIKE US"、アンスラックス"MOSHERS...1986-1991"、ファイアーウィンド"ALLEGIANCE"を聴いた。

今週のWWE「スマックダウン」は面白かった。ザ・グレート・カリもアンダーテイカーにKOされてお役ゴメンかな。ボビー・ラシュリーはフィンレーやリーガル卿に毎週のように鍛えられてるので、将来が楽しみだ。バティスタが心配だよなぁ…
「ECW」はフレアーが出てきた所だけだな。何だよ、あの王座挑戦者決定戦は!途中までは面白かったのに。

2006年09月06日

9月5日の日記

前日に引き続き、妙に忙しく、CDも聴かなかった。

夜はお酒。TERRORIST-AOchanに久々に会ったら妙に太っていて驚いた。しかし、減らず口のキレは相変わらず鋭く、話のネタも豊富だった。

ラウドパークは宿泊場所を探す事になった。あと1ヶ月か…

9月4日の日記

先日購入した中からファイアーウィンド「ALLEGIANCE」、ヘイトブリード「SUPREMACY」、アンアース「Ⅲ IN THE EYES OF FIRE」を聴いた。特にアンアースは良かったね。

何だか忙しい一日だった。

2006年09月04日

9月3日の日記

ムック「朽木の灯」、陰陽座「鬼哭転生」、Dir en Grey「Withering to Death」を聴いた…珍しいな、日本のバンドばかりだ。
ムックはバックの演奏が確かにゴリゴリとラウドに聴こえるけど、ヴォーカルが弱いかなぁ…。
Dir en Greyはデス声っぽいコーラスを入れてるのは他のメンバーか?最近、メタル化したと言われているが、さほどの重量感はない。ヴォーカルの唱法も以前と大きく変わらないと思うし。二本のギターの使い方には工夫が見られて面白いけど。

西武ライオンズは一日で首位奪回。西武は、ここという時には西口投手が抑えるよなぁ。パ・リーグは上位3チームのプレー・オフに向けた主導権争いが激しくなってきて面白い。

横浜が阪神に惨敗する試合を見ていた。阪神もまだまだ首位中日に食らいつくか…と思いながら見ていたが、試合後、横浜の牛島監督が今シーズン限りの辞任を発表。昨年はAクラスだったし、もう1年やってみれば良かったのに…監督を続けにくい環境にあるのかな?

半ば徹夜してサッカー日本代表のサウジアラビア戦を見た。オシム監督も負けると選手をかばうのが天邪鬼というか、面白いね。まぁ、毎度おなじみの「決定力に欠ける」展開という試合だった。攻撃の形は結構出来ていて、押し気味だったんだけどなぁ。サウジにはホームでの再戦でリベンジだな。

2006年09月03日

9月2日の日記

ヤンキースvsツインズ、ここ2試合、復調傾向のA-ロッドのバッティングに大喝采。まぁ順調に行けば、打撃記録の大半はこの選手に塗り替えられるんだろうし。今度はジオンビー選手が調子悪そうだけど。

ジャイアンツはいい感じで先制したんだけどなぁ…ドラゴンズ強いわ。特に二遊間の守備は毎回、驚かされる。

パ・リーグはついに首位が入れ替わった。斉藤投手の勝率は驚異的だね。

アンアース"IN THE EYES OF FIRE"の特典DVDを見た。ライヴ映像を見たけど、向こうのオーディエンスも前で暴れてる人と後ろでまったりしている人との落差が激しいね。

2006年09月02日

9月1日の日記

ファイアーウィンド「ALLEGIANCE」を聴いた。あとディム・ボガー「DEARH CULT ARMAGEDDON」、T-レックス「GREAT HITS」を購入。ディム・ボガーはブラック・メタルとしては音がゴージャス過ぎるというか、緊張感は伝わらないなぁ。セルティック・フロストの新作なんかは逆に怖すぎだけど。

昼間は図書館へ行った後、ペットショップをうろうろ廻った。

涼しくなって来たので亀のコタロウの寝床小屋を作ったが、無視された…

2006年09月01日

8月31日の日記

キッス「MUSIC FROM THE ELDER」、キング・クリムゾン「BEAT」「THREE OF A PERFECT PAIR」「VROOM」、ラッシュ「MOVING PICTURES」を聴いた。

ファイアーウィンド「ALLEGIANCE」、ヘイトブリード「SUPREMACY」、ラム・オヴ・ゴッド「SACRAMENT」、ミニストリー「RIO GRANDE VLOOD」、スレイヤー「CHRIST ILLUSION」、アンアース「Ⅲ IN THE EYES OF FIRE」、ディル・アン・グレイ「WITHERING TO DEATH」、ムック「朽木の灯~ライヴ・アット・六本木」を購入。いずれも10月の「ラウドパーク」に出るから…コルピクラーニみたいに買うんじゃなかったって内容の上、キャンセルまで食らうと泣きが入るけどなぁ。



楽天で探す
楽天市場



最近のエントリー