blogpeople



~人間考察ブログ・ランキング



私を登録 by BlogPeople





Google

Yahoo!ブックマークに登録

« 2005年06月 | メイン | 2006年06月 »

2005年11月03日

ポスト小泉

今回は政治ネタを取り上げてみました。
来年9月の任期満了をもって内閣総理大臣職を辞任する小泉純一郎氏の後継者とされる4人をまとめて取り上げてみました。
まずは以下に画数を並べてみました。

610103
天格数=16 人格数=20 地格数=13 外格数=9 総画数=29

姓と名のつなぎ目の文字に凶相あり
__________




11549

天格数=16 人格数=9 地格数=13 外格数=20 総画数=29

凶相なし
_________




79131

天格数=16 人格数=22 地格数=14 外格数=8 総画数=30

凶相なし
__________




135114

天格数=18 人格数=16 地格数=15 外格数=17 総画数=33

姓名の最初と末尾の文字に凶相あり
天格数と外格数に凶相あり
人画数と外格数に凶相あり

ぱっと見て気がつくのは安部氏と麻生氏がそっくりな画数配置であることでしょうか。

個別の文字の画数は別として、人格数と外格数を入れ替えた以外、違いがありません。共にカリスマ的な個性を有しています。

二人に共通の総画数の29画は決断力、行動力の高さを示しています。もちろん、決断によっては、誤った方向に導く可能性もありますが。

麻生氏の方が良く言えば毅然としているし、悪く言えば冷たい…そういう意味ではこの4人の中で最も小泉総理に似た面を持っていると言えます。安部氏は感情の浮き沈みが表に現れやすい面があります。これが人間的な魅力として支持を集めることもあれば、反発を買うこともあるでしょう。そうした感情のコントロールが成功の鍵を握っています。

ただ、二人とも健康面に不安があります。安部氏はまだ若いですけど。

谷垣氏は人、外、総画数が毛利輝元と同じです。
「毛利輝元って誰?」と思われる方がいるかもしれません。簡単に説明すれば、関が原の戦いで徳川家康に対抗した西軍の総大将です。実際の黒幕は石田三成をはじめとする秀吉側近、官僚系武将だったわけですが、彼らに総大将に祭り上げられた挙句の果てに敗戦、命は奪われませんでしたが、西日本最大の大名の地位を奪われ、領地は1/3に減封されてしまいました。

真面目な方で、上司の意を受けて仕事をこなす能力は高いですが、主体性に欠け、周囲に利用されて転落することがあるタイプです。国家の頂点に立って指導力を発揮するにはどうだろう?というのが正直なところですね。

最後に今回の内閣改造では蚊帳の外の観のある福田氏です。信念と努力の人とでもいいましょうか。目上とぶつかり合うことも辞さない頑固なところがありますが、不思議と人望の集まるタイプで、自らも高い目的意識を持って行動する人物です。

凶相が3つと割と大目で、思い通りに物事が進まない事も多いでしょうが、自棄を起こして投げ出さなければ、時がくるように思います。そういえば、友人にそっくりな姓名の持ち主がいたのを思い出しました。彼も目上とぶつかってよく騒動起こしてたなぁ…

まぁ次の総理大臣は大変でしょ?税制の問題を引き継ぐんだから。増税の法案を通して選挙で負けて退陣…というワンポイント政権になる可能性もあるからね。



楽天で探す
楽天市場



最近のエントリー