Yahoo!ブックマークに登録

« BURRN!・2009年1月号 | メイン | 戦争の日本史13~信長の天下の布武への道 »

戦争の日本史12:西国の戦国合戦

西国の戦国合戦 (戦争の日本史)
山本 浩樹
吉川弘文館
売り上げランキング: 379264

応仁の乱以降、豊臣秀吉による九州征伐までの中国、四国、九州の戦国合戦を扱った一冊。

読んでみて思ったのは西日本の戦国大名の方が合理的、智謀に富んでいる…悪く言えば、冷徹で手段を選ばない傾向がみられるね。

西日本の戦国大名というと江戸期まで残った島津、毛利がすぐ思い浮かぶと思うけれど、これを読むと大内、大友氏を見直すと思う。


 目次
西国の戦国時代 プロローグ

Ⅰ戦国争乱の幕開け
 1.北九州の戦乱
 2.中国地方の戦乱

Ⅱ激動の時代
 1.大内氏から毛利氏へ
 2.伊予河野氏の内紛と海賊衆
 3.大友氏の版図拡大
 4.戦国大名島津氏の草創

Ⅲ激突の時代
 1.毛利氏の山陰征服
 2.毛利氏の北九州進出
 3.四国の争乱
 4.大友氏・毛利氏の全面戦争
 5.毛利氏包囲網
 6.龍造寺氏・島津氏の発展

Ⅳ畿内政権との対立
 1.織田・毛利戦争
 2.長宗我部氏の隆盛と挫折
 3.島津氏・龍造寺氏の隆盛と挫折

戦国の終焉 新たな戦争のはじまり






まとめ買いで送料がおトク!「楽天24」


加藤珈琲


お米の稲田






iTunes Store(Japan)
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
映画館で並ばずにチケットが買える!


blogpeople


~日記ブログ・ランキング


私を登録 by BlogPeople