Yahoo!ブックマークに登録

« BURRN!・2008年8月号 | メイン | BURRN!・2008年9月号 »

戦争の日本史8:南北朝の動乱

戦争の日本史 8 (8)
戦争の日本史 8 (8)
posted with amazlet at 08.08.17
森 茂暁
吉川弘文館
売り上げランキング: 207541
おすすめ度の平均: 5.0
5 ダイナミックなエネルギーあふれる時代

複雑な南北朝の歴史を見事にまとめた一冊だと思う。南北合一後、嘉吉の乱あたりにまで触れており、これらを通して鎌倉時代の崩壊以降、室町時代とはなんだったのか、という形で論じられている。

帝位に就けずに没落していった皇統の人々や、地方の荘園内における領主一族の主導権争いなど、細かい事象にも触れられており、書物としては後半、とっちらかった印象が無きにしも非ずだけれども、知らなかった事、この時代の様々な側面を知ることが出来るので、為になったという好印象の方が強く残る。


南北朝の動乱とは何か~プロローグ
 1、日本史のなかの南北朝時代
 2、なぜ広域化し、長期化したか

Ⅰ内乱の時代の到来
 1、「当今の御謀叛」と鎌倉的秩序の崩壊
 2、新時代到来の予感-鎌倉末期の美濃国船木荘只越郷
 3、悪党の役割

Ⅱ元弘・建武の争乱と南北朝の動乱
 1、元弘三年三月十三日の博多-菊池合戦
 2、元弘・建武の争乱
 3、西園寺公宗と北条時行
 4、軍勢の大移動と南北朝動乱の開始
 5、南北朝動乱の序盤戦

Ⅲ観応の擾乱
 1、観応の擾乱生起の背景
 2、軍事・勲功章・政道
 3、正平の一統
 4、戦争と宗教・芸能
 5、観応の擾乱の余波と地方の情勢

Ⅳ南北合体へのみちすじ
 1、足利義詮の時代
 2、征西府と九州の南北朝
 3、皇統の問題と伏見宮家の成立
 4、太平記的世界の終焉
 5、和平へのあゆみと南北朝の合体

Ⅴ国内の統一と対外関係の変貌
 1、内乱と社会構造
 2、「室町殿」の成立
 3、支配体制の行方
 4、対外関係の変貌

喧騒のあとに~エピローグ
 1、大覚寺統と南朝の末裔
 2、近代史にみる南北朝-近代のなかの追憶






まとめ買いで送料がおトク!「楽天24」


加藤珈琲


お米の稲田






iTunes Store(Japan)
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
映画館で並ばずにチケットが買える!


blogpeople


~日記ブログ・ランキング


私を登録 by BlogPeople