Yahoo!ブックマークに登録

« BURRN!・1986年9月号 | メイン | 戦争の日本史4:平将門の乱 »

BURRN!・1986年10月号

burrn1986-10.JPG

ロビン・マコーリーを迎えて再編されたMSGが巻頭特集されている創刊2周年号。とはいえ、元来情緒不安定なマイケルの発言はどこまで信用して良いものなのか…

他のインタビューでは大ブレイク直前のBON JOVI、まさかあんな事になるとは思わなかったろうなぁ…全体的に今号のインタビューは表面的なコメントが多いね。唯一、イングヴェイ・マルムスティーンは言いたい放題というか、天然と言うべきなのだろうか。傍若無人を超えて、ウケ狙いのギャグにすら感じる。

特集は北欧メタル。この頃はEUROPEを中心にメロディアスな路線が主流だったんだよね。将来性に関しては悲観的な見方を述べられているが、今やまったく正反対の状況になっている。もちろん、この頃はインターネットなんて情報ツールの台頭など、思いも及ばなかったわけだが。

グラビア記事にはMETALLICAのツアーにまつわるメンバーの怪我情報が掲載され、「無事に来日できんのか?」みたいな記事にまとめられているのだが、結果的にこうした危惧は最悪の形で現実となる…


表紙 & 巻頭特集:McAULEY SCHENKER GROUP

インタビュー
IAN GILLAN
ANDERS WIKSTROM
ROUGH CUTT
CINDERELLA
EMERSON,LAKE & POWELL
イングヴェイ・マルムスティーン
BILLY SHEEHAN & STEVE VAI
BON JOVI
RON KEEL

METAL FOCUS
DEF LEPPARD
METALLICA
IRON MAIDEN
POISON

HM PIX NEWS
SAMMY HAGER with STEPHEN PEARCY
EDDIE VAN HALEN with PAUL SYANLEY
RON KEEL with HURRY SCUARY at Rock-May-Kan

特集
・SWEDISH HM/HR SPECIAL

SPECIAL REPORT
DIO +ACCEPT Live at MSG
悩めるアメリカ

STAR IS BURRN!
BATTLEZONE
RACER X
SAVAGE GRACE
PICTURE
DISCHARGE
STORMWITCH

LET'S TALK ABOUT...
・誰でも作れるデモ・テープだが…
・メジャー化するスラッシュの危機
・オジーの詞に隠された真意とは…
・音楽会(クラシック)でノッてはいけないのか?

主なニュース
W.A.S.P.にKING KOBRAを脱退したジョニー・ロッドが加入した。
UFOからポール・レイモンドが脱退した。
・PANTERAからテレンス・リーが脱退した。
・URIAH HEEP、BLACK FOOTが再結成した。
・DESTRUCTIONに新たにハリーなるギタリストが加入した。

主なレコード・レビュー
ALCATRAZZ:"DANGEROUS GAMES"
ANGEL DUST:"INTO THE DARK PAST"
BATTLEZONE:"FIGHTING BACK"
CHASTAIN:"RULER OF THE WASTELAND"
CHERRY BOMZ:"HOUSE OF ECSTACY"
DESTRUCTION:"ETERNAL DEVASTATION"
FLOTSAM AND JETSAM:"DOOMSDAY FOR THE DECEIVER"
IRON MAIDEN:"SOMEWHERE IN TIME"
KUNI:"MASQUE"
SPIDER:"RAISE THE BANNER"
TREAT:"THE PLEASURE PRINCIPLE"
TRIUMPH:"THE SPORT OF KINGS"
THE UNFORGIVEN:"I HEAR THE CALL"
VENGEANCE:"WE HAVE WAYS TO MAKE YOU ROCK"

ポスター
ACCEPT






まとめ買いで送料がおトク!「楽天24」


加藤珈琲


お米の稲田






iTunes Store(Japan)
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
映画館で並ばずにチケットが買える!


blogpeople


~日記ブログ・ランキング


私を登録 by BlogPeople